フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

福島情報

2017年8月15日 (火)

唐松岳&五竜岳【下山&高山植物編】

ガスに覆われた五竜岳頂上を後にし、同じルートを戻る。

(【唐松~五竜岳編】から続く)

 

唐松山荘からここまで約2時間半。帰りも同等のペースなら15時前には到着できそうだ。

(コースタイム上は、復路の方が20分程短い^^;)

最悪の事態も想定しツェルト持参だが、ここはどうにか踏ん張りたいところup

幸いにも暑さは程々で、最も怖い稜線上での雷も避けられそうな雰囲気が後を押す。

 

八峰キレットとの分岐↓

Img_1124_640x427

これから帰るルートの全景を望む↓

せめてこの程度のまま経過してくれるのを期待しつつ、重い足を運ぶsweat01

Img_0015_640x427

再び五竜山荘へ↓

Img_1128_640x427

五竜山荘前から五竜岳を望む↓

どんどんガスが下がってきているcloud

Img_1130_640x427

遠見尾根分岐↓

Img_1137_640x427

若干明るさが戻るも、しかし、ここまで…><

Img_0019_640x427

シラビソの上で餌を咥えたホシガラス↓

(天候的にも雷鳥との出会いが期待されたが、残念ながら今回は…)

Img_1146_640x428

牛首を越え、唐松山荘へ。

Img_1150_640x427

この時点で、約14時50分foot

何とか15時前に戻ることが出来たので、ザックを回収し、下山するrun

(15時をリミットとしたのは、グラートクワッドリフトの最終(16:30)に間に合わせるため)

Img_1153_640x421

途中、鹿島槍から続く稜線を望む↓

Img_0021_640x427

同じ場所から白馬村方向を望む↓

Img_1157_640x427

八方池手前を第3ケルン方向へ↓

Img_1160_2

第3ケルン前から八方池とガスに覆われる白馬三山↓

Img_0022_640x427

因みに、朝の様子↓(再掲)

Img_9901_640x427

ガスの中、どこか哀愁漂う八方ケルン↓

Img_1161_640x427

黒菱第3ペアリフトで駐車場へ↓

Img_1166_640x427

黒菱駐車場から唐松岳方向を振り返る↓

Img_1167_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x444

今回日帰りが実現できたのは、夏時間のリフト(始発5:45)に加え、この時期にしては暑さが程々だった事が挙げられる。

(リフトを使わないと往復2時間弱プラス。ゲレンデ歩きは、時間以上に疲れる^^;)

まぁこれらの条件に左右されない方もいるだけに、自分の今の体力&スキルが分っただけでも得られたものは小さくない。

もし翌日が好天だったら朝の絶景&空気感を楽しめた訳で…その妥協点は悩ましいthink

 

*********************************************************************

 

今回のルート上に咲いていた花々をコラージュで↓

"やっつけ写真"で恐縮だがcoldsweats01

Img_cr

道中目立っていたのは鮮やかなピンクの「シモツケ」と、釣鐘の様な花が特徴的な「ハクサンシジャン」。

またどういう訳か、ルート上のコマクサは小ぶりな個体が多かった。。

Img_cr2

久々にウスユキソウの姿も目にすることが出来たshine

因みに、高山植物メインの方は八方池山荘の先を木道側へ進むのがいいだろうconfident

Img_cr3

 

前記事↓

①【八方尾根~唐松山荘編

②【唐松~五竜岳編

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月13日 (日)

唐松岳&五竜岳【唐松~五竜岳編】

唐松山荘前にて、本日のルートを再検討する。

(【八方尾根~唐松山荘編】より)

 

当初の計画は、五竜山荘のテン場で一泊して八方尾根へと戻るプランだった。

しかし、翌日の好天が見込めない状況から、唐松山荘にザックをデポし五竜岳往復へと変更。

さらに、唐松山荘へ15時までに戻れれば、テン泊せず一気に下ることとした。

(間に合わなければ唐松山荘でテン泊)

 

先ずは、アタックザックへ最小限の荷物を押し込み、唐松岳の頂へと向かう↓

Img_9948_640x427

唐松岳頂上到着!

Img_1072_640x428

唐松山荘を振り返る↓

Img_9952_640x427

剣、立山、槍、穂へと続く稜線↓

山荘前で見えていた剱岳頂上には、若干ガスが掛かり始めている。

Img_9973_640x426

Ⅲ峰から不帰ノ嶮、白馬三山へと続くルート↓

白馬岳頂上もガスに…

Img_9968_640x427

雨飾山から菅平高原へ掛けての眺望↓

Img_9959_640x427

これから向かうルートの全景を望む↓

(左端に唐松山荘、右に五竜岳)

Img_9956_640x427

一旦、唐松山荘へと戻り、五竜岳へ向けて最初の岩場「牛首」へ↓

(比較的安定した足場とチェーンのお陰で、思ったより危険な印象はない

Img_1079_640x427

唐松山荘を振り返る↓

Img_1084_640x427

五竜岳へと続く稜線↓

Img_1086_427x640

Img_9993_640x427

途中の大黒岳直下にあるケルン↓

Img_1095_640x427

最低鞍部付近から五竜岳を望む↓

Img_1098_640x427

どうやら、定番らしい?スポット↓

Img_1101_640x427

振り返ると、信州側にガスが湧く夏らしい光景が広がり始めている↓

Img_9998_640x427

白岳頂上付近から望む五竜岳↓

Img_1104_640x427

五竜山荘到着~

Img_1113_640x427

暫し休憩の後、いよいよ五竜岳へ↓

Img_1114_640x427

途中、無情にも山頂がガスに覆われてしまう…despair

(山頂付近の岩場は、牛首より難易度が高そうな印象だ)

Img_1116_640x427

唐松岳から続く稜線を振り返る↓

(この後、唐松岳の頂上付近もガスに覆われる)

Img_0004_640x427

間近に迫る鹿島槍↓

Img_0010_640x427

山頂手前にて、奇跡的に現れた雲の隙間から望む立山&剣↓

Img_1120_640x427

五竜岳頂上到着!

(残念ながら、眺望は全く得られなかったcrying

Img_0014_640x427

 

前の記事:【八方尾根~唐松山荘編

次の記事:【下山&高山植物編

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月11日 (金)

唐松岳&五竜岳【八方尾根~唐松山荘編】

北アルプスは後立山連峰の名峰「唐松岳」と「五竜岳」へ。(8/10)

白馬八方尾根を起点に唐松岳、五竜岳を巡り、夏の稜線漫歩を満喫するshine

(詳細は後述するが、結果的に前夜泊の日帰りと相成った^^;)

 

出発前、標高1,500mの黒菱駐車場脇にてご来光を待つ。

Img_9766_640x427

モルゲンロートに染まる白馬三山↓

Img_9800_640x426

日の出ポイントは、飯綱山辺り?だろうか?

Img_9809_640x427

先ずは、黒菱第3ペアリフトにて黒菱平へ↓

Img_9812_640x427

グラートクワッドリフトへ乗り換え、八方池山荘へと向かう。

前方左は、鹿島槍ヶ岳と五竜岳↓

Img_0993_640x427

白馬村周辺を振り返る↓

Img_9815_640x427

リフトを降り、標高1,830mの八方池山荘前へ↓

Img_0998_640x427

山荘脇から歩き始める↓

Img_0995_640x427

登りは、尾根道を選択。

Img_1006_640x427

道中、ほぼ全域に渡って様々な高山植物に囲まれるhappy01

時間管理上、じっくりと撮影は出来ていないが^^;

(ハクサンシジャン↓)

Img_1009_640x427

八方山ケルン↓

八方池山荘から唐松岳に掛けて、6つのケルンが続く。

Img_1014_640x427

振り返ると、雨飾から菅平に掛けての山並みがshine

中央に八方池山荘↓

Img_9830_640x426

鹿島槍、五竜、唐松を望む↓

Img_9838_640x426

不帰ノ嶮をバックに第2ケルン(息ケルン)

この辺りで標高2,000mを超える。

Img_1016_640x427

どこか愛らしい「八方ケルン」↓

Img_9846_640x427

いよいよ八方池へ↓

ミルキースカイな空と微風に揺れる水面ながら、飛騨山脈の稜線は実に美しいconfident

Img_9847_640x426

北東側から↓

ゴンドラ組よりも早く到着出来たため、人も疎らでのんびりと楽しめる(*^ー゚)b

Img_9849_640x427

池の南側にある"定位置"から白馬三山↓

Img_9867_640x427

Img_9883_640x427

南西側の分岐から若干戻って、第3ケルン前から↓

Img_9901_640x427

やや進んで、八方池と第3ケルンを振り返る↓

Img_9908_640x427

僅かだが、心地良いダケカンバの樹林帯を過ぎる↓

Img_1032_640x427

扇雪渓↓

Img_1048_640x427

最終となる丸山ケルン↓

Img_1057_640x427

ここからの眺望も素晴らしく、道中一番と評する方もconfident

Img_9929_640x426_2

Img_9936_640x427_2

Img_9933_640x427

唐松山荘手前で傾斜がやや緩み、切り立った岩場を回り込む↓

Img_1062_640x427

丁度、荷揚げのヘリが何度か往復していた。

Img_1063_640x427

立山&剣岳をバックに作業中のスタッフ↓

Img_1065_640x427

唐松山荘↓

Img_1068_640x427

山荘前から唐松岳↓

Img_1070_640x427

五竜岳&剣岳から続く北アの主峰たち↓

Img_9945_640x427

 

次の記事:【唐松~五竜岳編

最終記事:【下山&高山植物編

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月 7日 (月)

観音川渓谷の滝群@下郷町

下郷町南東部にある観音川渓谷へ。(8/5)

釜滝や三輪滝などを中心に、幾つかの滝を巡る。

 

今回は、本来の目的が大白森山だったため旧国道から入渓したが、甲子トンネルの下郷側入口付近から沢沿いを進む方法もあるとのこと。

いずれにしても、藪漕ぎや不安定な足場での渡渉を余儀なくされるため、細心の注意を払いたいdanger

 

旧国道の車両規制地点から徒歩にて甲子峠方向へと向かう↓

Img_0924_640x427

荒廃の進む旧国道を行く↓

甲子温泉側ほどではないが、かつては有名な"国道"だったcatface

Img_0927_640x427

GPSで確認しながら、滝近くの安全に下りられそうなポイントを探す。

通行規制の場所から約2.2km地点(滝の北東付近)に決定↓

Img_0929_640x427

視界を遮られる程ではないものの、傾斜地の藪漕ぎとなるsweat01

尾根状の地形を確認しながら、それに沿って進むのがベターだろう。

(写真左側奥の沢には下りないよう注意したい)

Img_0960_640x427

観音川沿いから上流側を望む↓(左奥からの本流と三輪滝のある支流の合流部)

釜滝は、下流側直ぐ傍にある砂防ダムの下に位置している。

最も遠方となる三輪滝から巡るべく、写真右手方向へ進む。

Img_0934_640x427

周囲は、柱状節理の岩が盛大に崩落している↓

(写真の左側奥へと進む)

Img_0937_640x427

支流を流れる滑滝↓※名称不明

Img_9692_640x426

岩の崩落個所上部から三輪滝方向へ進む↓

Img_9694_640x426

名称不明の滝↓(奥には右岸を進む)

この時点で、フィルター類が持参した2本のレンズ用ではないことが判明…

車へ戻る気になるような場所でもなく、一気にテンションガタ落ちとなったcrying

Img_9701_640x427

Img_9696_640x427

右岸上部の山側にも上ってみた↓

…が、こちらは進まない方がいいだろう。

Img_9700_640x426

ここから先は普通の登山靴では滑り易く、水に浸からずして進むのは極めて困難><

(幸いにも水深は膝下20㎝ほどだった)

Img_0945_640x418

轟音と共に三輪滝が見えてきた↓

Img_9713_640x427

三輪滝↓

落差は20m程だろうか。中々美しいconfident

Img_9706_640x427

勢いのある水飛沫がとても心地いい♪

Img_9712_640x427

一旦、観音川との合流地点まで戻り、観音川上流へ。

柱状節理の露岩と観音川↓

Img_9715_640x427

Img_9717_640x427

段状の滑滝↓※名称不明

Img_9720_640x427

Img_9724_640x427

観音川を下って、砂防ダムの下にある釜滝を上流側から↓

特徴的なポットホール(甌穴)が見て取れる。

Img_9727_640x426

独特の色合いが美しいshine

(左上部は砂防ダムからの流れ)

Img_9756_640x426

Img_9742_640x426

深さは、少なくとも1.5m以上はありそうだ。

Img_9741_640x427

Img_9744_640x427

Img_9747_640x426

Img_9764_640x427

下流側を望む↓

Img_9750_640x426

旧国道へと戻って大白森山を目指すも、ガスの動きから途中で山行きを断念…

何だか不完全燃焼の一日となってしまったcoldsweats01

Img_0966_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x422

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月 3日 (木)

長照寺のハス@猪苗代町

猪苗代町三ツ和にある長照寺へ。(7/30)

慶長8年の建立で、「野口英世」博士の菩提寺でもある。

門前にある休耕田を利用した池(約8a)では、目下、ハスの花が見頃を迎えている。

Img_9578_640x427

Img_9643_640x427

ハスの花は全部で7種。昼頃の来訪だったが、結構咲いていてくれたhappy01

(早朝に開き始め、昼過ぎには閉じるという)

左奥は、山頂をガスに隠す磐梯山↓

Img_9585_640x420

Img_9689_640x428

Img_9672_640x427

Img_9630_640x426

Img_9659_640x423

蝶やトンボ等も羽を休めていた↓

Img_9650_640x427

Img_9653_640x427

Img_9676_640x427

Img_9685_640x427

9月下旬頃まで楽しめるとのことconfident

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月 1日 (火)

曇りのち雨の筑波山

宝篋山を後にし、5年ぶり2度目となる筑波山へ。

 

若干早目の昼食を取りつつ見上げる山頂は、残念ながらガスに覆われている…cloud

テンションの下がる中、2座登頂に拘る同行者に押されるカタチで駐車場を出発coldsweats01

前回同様、筑波山神社から白雲橋コースを登り、女体山&男体山と巡って御幸ヶ原コースを下る。

 

筑波山神社へと続く参道↓

Img_0901_640x427

杉の巨木が目に留まる境内を過ぎ、登山道へ↓

巨木は、登山道周辺でも見られる。

Img_0902_640x427

街中散策の延長のような若者や家族連れに交じり、整備された登山道を進む↓

Img_0903_640x427

迎場コースとの分岐を左へ↓

Img_0905_640x427

白蛇弁天↓

"ここに住む白蛇を見た者は財を成すことが出来る"そうだが、今回もまた白蛇には出会えなかった…gawk

Img_0906_640x427

つつじヶ丘コースとの分岐↓

Img_0907_640x427

弁慶七戻り↓

この辺りから次第に見所でもある奇岩群が増える。

Img_0910_640x427

弁慶七戻りを過ぎて振り返る↓

Img_0914_427x640

母の胎内くぐり↓

Img_0918_640x427

陰陽石↓

Img_0919_427x640

国割り石↓

この辺りで雨が降り出す…rain

Img_0921_640x427

北斗岩↓

Imgp1322_480x640

女体山山頂到着!

Imgp1324_640x480

双耳峰の南東側に当たる女体山は、筑波山の最高峰。

Imgp1325_640x480

混雑する連絡路をようやく抜け、ケーブルカー山頂駅のある御幸ヶ原へ↓

売店で小休憩した後、もう一方の峰「男体山」へと進む。

Imgp1327_640x480

男体山頂到着!

Imgp1328_640x480

ほんの一瞬だけ、眼下の一部が開けてくれたconfident

Imgp1332_640x480

帰りは、御幸ヶ原コースへ↓

Imgp1334_640x480

白雲橋コースのような奇岩群は見られないが、こちらも巨木の残る樹林帯が続く。

Imgp1335_640x480

男女川(みなのがわ) 源流部↓

ここを過ぎて直ぐ雨脚が強まる…despair

Imgp1338_640x480

ケーブルカーの線路脇を過ぎる↓

Imgp1340_640x480

どしゃ降りの中、筑波山神社へ↓

無事下山の報告で手を合わせた後、駐車場へと戻る。

Imgp1342_640x480

GPSログ↓)

T_gpslog_640x433

 

ドタバタながらも、何とか筑波山塊の2座を踏破できた今回の山旅。

全身お洒落な装いの初心者(メタボなオッサン)の同行で標準タイムを大幅に超えるスローペースとなったが、お陰で蒸し暑い割には楽であった♪

装備が甘かったりマナーを守らない(知らない)登山者が少なくない等、お手軽な山ならではの光景が目に付きがちな点は残念な印象だが…

 

好条件下で、また再訪してみたいconfident

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年7月30日 (日)

宝篋山@つくば市

茨城県は、つくば市北東部に位置する宝篋山へ。(7/29)

筑波山や関東平野などの眺望に優れた里山で、小田山とも称されている。

 

今回は、宝篋山小田休憩所前から極楽寺コースを登り、小田城コースを下る。

宝篋山小田休憩所↓

Img_0849_640x427

案内板↓

Img_0852_640x424

駐車場から山頂(アンテナ施設付近)を見上げる↓

昨今、人気が高まっているとの事で、7時過ぎの到着で駐車場はほぼ満車…

Img_0854_640x427

歩き始めは、水田脇の農道を進む↓

Img_0855_640x427

極楽寺公園を過ぎ、常願寺コースとの分岐を左へ。

五輪塔↓

Img_0861_640x427

小さな滝が幾つか続く沢に沿って徐々に高度を上げる↓

休憩ポイントも多く、思い思いのペースで楽しめそうだ。

Img_0866_640x427

Img_0869_640x427

Img_0865_640x427

山頂手前にある宝篋城跡への案内板↓

折角なので、そちらを回ってみることに。

Img_0880_640x427

宝篋城中心地は、城跡らしく広い台地状となっている。

Img_0882_640x427

いよいよ山頂へ。

Img_0884_640x427

山頂到着!

Img_0885_640x427

宝篋印塔を中心にベンチ等が設けられ、とても広い。

Img_0886_640x427

北側に望む筑波山↓

残念ながら日光連山はガスの中…

Img_9475_640x420

霞んではいるものの、筑波山の全景が望めただけでも大満足♪

Img_9488_640x427

スッキリとしていれば、東京都心部や富士山、太平洋なども見渡せるというconfident

Img_9480_640x427

Img_9490_640x427

帰りは、小田城コースへ。

Img_0889_640x427

下浅間神社↓

Img_0891_640x427

下浅間神社鳥居前からの眺望↓

Img_9493_640x418

途中、大峰平展望所方向へ↓

こちらは人通りが少ない?ようだ。何より、肝心な展望所そのものがよく分からなかった^^;

Img_0892_640x427

要害展望所↓

Img_0894_640x427

要害展望所からの眺望↓

Img_0897_640x425

GPSログ↓)

H_gpslog_640x431

 

今回の山旅は、当初予定していたグループ登山の代わりに急きょ決まったもので、天気予報が比較的安定していた茨城県を目指すことに。

初心者含む3名で、宝篋山&筑波山の2座日帰りというドタバタした一日と相成ったcoldsweats01

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年7月26日 (水)

サカイ スイーツマーケット

三十三観音史跡公園の後、サカイ スイーツマーケット(SAKAI SWEETS MARKET)へ。

"お菓子を楽しむ"をコンセプトにお菓子のさかいが提案する新しスタイルのお店とのこと。

 

今回は、イートインスペースで冷たいスイーツをのんびり堪能してみた。

Img_0825_640x411

店内の様子↓

Img_0824_640x427

オーダーしたのは、「酪王カフェオレソフト」と「台湾かき氷」(2名)

Img_0822_640x428

酪王カフェオレソフト↓

福島県民お馴染みのあの味が絶妙なバランスで再現されており、とても美味しい!

香ばしいコーンもまた、お菓子屋さんならではのクオリティgood

Img_0815_640x427t

台湾風かき氷(マンゴー)↓

フワフワとした食感の台湾かき氷と、王道ともいえるマンゴーのコラボshine

この季節、外せない一品といえようconfident

Img_0820_640x427t

 

******************************************************************

酪王カフェオレ繋がりで…^^;

 

【番外編】

お菓子の老舗「柏屋」から発売されて話題となった酪王カフェオロールも頂いてみた。

(7/1から数量限定で販売中)

Img_9343_640x426t

こちらも酪王カフェオレの風味が活きている♪

"プレミアム"を謳うだけに?一部商品を販売休止にしてまで扱っているそうだ。

Img_9345_640x427t

 

酪王カフェオレに因む商品は他にも多数揃っているので、それぞれ楽しんで頂ければと思うconfident

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年7月22日 (土)

三十三観音史跡公園@矢吹町

矢吹町滝八幡にある三十三観音史跡公園へ。

見頃を迎えているヤマユリ群生地や磨崖仏群などを巡る。

 

(第一駐車場にある案内板)

Img_0827_640x420

ヤマユリ群生地↓

整備された雑木林の中に木チップ敷きの遊歩道が続く。

Img_9452_640x427

心地良い独特の香りに包まれるconfident

(苦手な方には申し訳ないが^^;)

Img_9386_640x427

Img_9436_640x428

Img_9401_640x426

Img_9408_640x426

*********************************************************

【三十三観音磨崖仏群】

隈戸川沿いの岩壁に観音菩薩をはじめとする37体の磨崖仏が彫刻されている。

Img_0826_640x427

Img_9352_640x427

Img_9355_640x427

Img_9356_640x427

(来た道を振り返る↓)

Img_9359_640x427

*********************************************************

【馬尾滝】

磨崖仏群の上流側(遊歩道の末端)にある小さな小さな滝。

水量は乏しいが、直上にある滝八幡神社付近の湿地が源と考えれば納得である。

Img_9361_640x427

*********************************************************

【滝八幡神社】

源義家凱施の折、矢柄で屋根を葺き建立したとされ、それが町名の由来でもあるそうだ。

Img_0833_640x418

鳥居前の様子↓

水芭蕉の姿も幾つか見られる。

小さな湿地から流れ出た水が馬尾滝となって隈戸川へ流れている。

Img_0835_640x427

Img_0836_640x427

中央の流れが馬尾滝の上流部。

Img_0834_640x427

*********************************************************

【ウバユリ群生地】

東屋の脇あり、間もなく開花を迎えようというタイミングだったcoldsweats01

数年に一度しか咲かない種もあるそうだが、こちらはどうなのだろう?)

Img_9364_640x426

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年7月20日 (木)

農村食堂 里のカフェ@石川町

石川町梁瀬にある「農村食堂 里のカフェ」へ。(7/17)

元々小さな個人商店だった建物を改装した所謂"農家レストラン"で、昨年オープンしたばかりとのこと。

アットホームな雰囲気と確かな味わいが口コミで広まり、最近はメディアでも取り上げられているというconfident

 

店舗入口↓

Img_0779_640x422

店舗南側のスペース↓

季節によっては花や苗の販売もされているそうだ。

因みに、奥にはバラ園を中心としたお花畑が広がっている。

Img_0809_640x427

店舗に入って直ぐ右側に置かれているメニューボード↓

(メニューは、季節によって変動するとのこと)

Img_0785_640x427

店内の様子↓

Img_0790_640x424

壁際には、町ゆかりの小物等がディスプレイされている↓

Img_0789_640x427

今回は、「ふわトロハンバーグ」と「担々うどん(冷)」をオーダー。(2名)

早速、厨房前のテーブルで前菜を盛り合わせる。

Img_0806_640x427

メインを待つ間、何から何まで"自然そのまんま"の前菜を頂くcatface

ブルーのボトルに入った地元産の天然アルカリ水(ph9)がまた美味いgood

Img_0787_640x427

ふわトロハンバーグ(1,000円)

肝心の?ハンバーグは、大量の野菜に隠れて見えていないcoldsweats01

Img_0792_640x463

ハンバーグと御対面~!(一部に橋を入れた後の写真で恐縮^^;)

豆腐で練り上げられているだけに、とろけるような"ふわトロ"の食感が特徴的confident

Img_0794_640x427tt

担々うどん(800円)

野菜は、ついさっき畑から採ってきたかの如き新鮮ぶりshine

(前菜や「ふわトロハンバーグ」に盛られた野菜も同様)

Img_0796_640x427

自家製小麦粉を使用した麺は、最近では珍しいコシのない柔らかさ。

豆乳を使ったスープは、やや濃い目の印象だ。

Img_0798_640x427t

妙にお洒落な最近の農家レストランとは違って、"農村食堂"の名が示す通り、どこかホッとする雰囲気が一番の特徴だろう。

新鮮な野菜と素材が織り成す"家庭っぽい味わい"は、特に女性やヘルシー派に喜ばれそうな印象であるconfident

 

***********************************************

○農村食堂 里のカフェ

住所:石川町字梁瀬455-3

TEL:0247-57-6909

定休:基本的に水曜日(農繁期等の事情により変動あり)

***********************************************

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

«喜多方レトロ横丁'2017

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック