フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

福島情報

2018年4月18日 (水)

日影山

小野町の北西部に位置する日影山へ。(4/16)

町内を見守るかの如くそびえる里山で、標高は879m

現在唯一の登山口?らしい山の東側から山頂を目指す。

 

運動公園内から日影山を望む↓(中央左は、日影山の後に向かった東堂山)

Img_8650_640x427

登山道入口↓

駐車場がないため、通行等の邪魔にならない位置に適宜止める必要がある。

Img_8562_640x427

牧場の敷地脇に続く作業道を兼ねた登山道を行く↓

Img_8563_640x427

登山道は全域に渡って広く、難所も皆無。

Img_8566_640x427

新緑が眩しいshine

Img_8570_640x426

ほぼ中間地点にある水場↓

写真では判りにくいが、パイプの奥に取水可能な量の水が流れていた。

Img_8572_640x426_2

水場近くで捻りを入れながら成長する桧

Img_8574_640x427

途中にある休憩ポイントから矢大臣山

Img_8576_640x427

山頂付近のなだらかな場所は、かつてヤマツツジが群生していたようだ↓

Img_8578_640x427

山頂到着!

Img_8580_640x425

キジムシロだろうか柱票のそばに咲く可憐な花

他には、僅かだがスミレや水仙などが見られた。

Img_8582_640x427

山頂からは、主に南東方向の眺望が開けている↓

Img_8587_640x427

小野町の中心部↓

右奥には、夏井千本桜の桜並木も確認できる。

Img_8589_640x426

登山道入口へと戻り、民間(ゼノアック)の研究農場を望む↓

Img_8595_640x426

GPSログ↓)

Gpslog_hikage_640x428_2

 

~ 東堂山編へと続く ~

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月16日 (月)

花やしき公園@福島市

福島市飯野町にある「花やしき公園」へ。(4/15)

地元町内会が整備する公園で、"第2の花見山"や"飯野の桃源郷"とも称されるそうだ。

生憎の強風下だったが、時折射し込む西日が満開のハナモモを鮮やかに彩っていたshine

 

駐車場から県道沿いの歩道を行く↓

Img_8420_640x426

右側の散策路へと入り、先ずは展望スペースへ↓

Img_8424_640x426

展望スペースから↓

Img_8462_640x427_2

県道を挟んだ向側の様子↓

Img_8436_640x427

直下にある休憩スペース周辺↓

Img_8439_640x427t

立ち位置を僅かに変えるだけで、頭上まで花々に囲まれるhappy02

Img_8455_640x427

奥の高台にある展望台へと進む。

途中、陽射しに輝くハナモモたち↓

Img_8478_640x426

スッキリとしていれば、遠くに吾妻連峰なども望めるようだ↓

Img_8483_640x427

奥にある展望台(火の見櫓?)から公園内を俯瞰する↓

Img_8499_640x427

中央奥に見えている山は、千貫森だろうか。

Img_8497_640x426

コクのある濃厚な色合いが印象的confident

Img_8510_640x427

Img_8522_640x427t

展望スペースを下り、側道へ。

Img_8536_640x426

花壇を彩るチューリップtulip

Img_8557_640x427

休憩所方向へと進む↓

Img_8539_640x427

休憩所前から↓

Img_8546_640x426

Img_8548_640x426

Img_8554_640x426t

Img_8559_640x427t

 

木々の成長と共に、年々見応えを増しているという。

新たな花の名所としてピックアップして欲しいスポットであるconfident

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月14日 (土)

護真寺&岩崎山史跡公園&長楽寺のサクラ

長沼城址&永泉寺を後にし、長沼地区内の桜スポットを幾つか巡る。

 

護真寺の桜

護真寺の境内にある枝垂桜は、県指定の天然記念物でもあるcherryblossom

先ずは、3年前に訪れた際まだ蕾だったソメイヨシノの参道を行く↓

Img_8297_640x426

距離こそ短いが、桜のトンネルが美しいconfident

Img_8322_640x427

Img_8300_640x427

桜のトンネルを抜けて、階段の先に護真寺の桜↓

こちらが主役^^;

Img_8302_640x427

護真寺の桜の全景↓樹齢は約450年とのこと。

逆光だが、その雰囲気は伝わるだろうか。

Img_8308_640x427

心なしか、前回訪れた時よりやや白っぽい印象を受ける。。

Img_8309_640x427t

<参考> 横田陣屋御殿桜

御真寺のすぐ西隣にある枝垂桜で、こちらも3年ぶり。

この地区で最も早く開花するだけあって、既に最盛期を過ぎていた^^;

(2015年4月の様子 → 横田陣屋御殿桜

Img_8325_640x426

因みに、女優の綾瀬はるか氏も訪れているcatface

(NHK「綾瀬はるかの福島に恋して」)

 

*******************************************************************

 

【岩崎山史跡公園】

鎌倉時代からこの地区の霊地として沢山の供養塔が建てられており、城址(松山城址)でもある。

特に、写真中央奥の枝垂桜が美しいとのことだが、こちらも見頃は過ぎていた^^;

Img_8326_640x427

Img_8327_640x427

第2展望台にある岩崎山供養塔群の一部↓

写真の左奥にも供養塔が幾つもあるようだ。

Img_8335_640x427

第2展望台にある案内板↓

Img_8331_640x429

展望台からの風景は、とても長閑な印象。

Img_8336_640x426

こちらは、第3展望台脇にある石造七観音↓

展望台の視点からはちょっと微妙…^^;

Img_8344_640x426

岩崎山の山頂部(松山城址)↓

(第1展望台)

Img_8330_640x427

 

*******************************************************************

 

【長楽寺の枝垂桜】

何故かあまりPRされていないが、スタンプラリーのチェックポイントでもあるようだ。

市指定文化財の長楽寺山門↓

右奥が枝垂桜cherryblossom

Img_8352_640x426

心あるが故のこと…

Img_8361_640x426

山門を抜けて、枝垂桜↓

Img_8353_640x427

Img_8355_640x427_2

正面に長楽寺↓

Img_8354_640x427

 

花散らしの雨の週末、長沼地区の桜スポットは例年より早い見頃を終えそうである。

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月12日 (木)

長沼城址&永泉寺の桜

大玉村の馬場桜を後にし、お昼を挟んで須賀川市長沼地区へ。

地区内の桜スポットを幾つか巡ってみた。

 

長沼城址の桜

お城山とも呼ばれる長沼城址の南斜面は今、春色に染まっているcherryblossom

(志茂地区から長沼城址全景↓(写真中央の丘陵地))

Img_8287_640x427_2

長沼小学校裏にある駐車場から城址を巡る。

Img_8191_640x427

長沼地区の中心部を望む↓

右奥は、天栄村の妙見山。

Img_8203_640x427

城址らしい、広くなだらかな山頂部↓

Img_8213_640x427

遠望を遮るのもまた、主役たちcherryblossom

Img_8215_640x427

Img_8221_640x427

稲荷神社へと続く参道↓

鳥居前の大銀杏がシンボリック。

Img_8223_427x640

途中にある広場↓

Img_8225_640x427

 

****************************************************************

 

永泉寺のシダレザクラ

長沼城址から数百メートルの場所にある永泉寺へ。

境内に咲く推定樹齢300年のエドヒガンは、美しい樹形が特徴的confident

Img_8231_640x426

Img_8232_640x427

例年、この地区としては開花が比較的早いのも特徴らしい。

Img_8254_640x427

Img_8245_640x427

左奥は、県指定天然記念物のコウヨウザン↓

樹高は約30m。植栽種としては、国内屈指の大木とのこと。

Img_8257_640x426

コウヨウザンとシダレザクラを正面から↓

Img_8278_640x427

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月10日 (火)

倒伏後の初開花!馬場桜@大玉村

大玉村玉井地区にある国の天然記念物「馬場桜」へ。(4/8)

今年3月の暴風で倒伏してしまったが、幹の上半分を切断し、残りを立て直す処置が施されていた。

その被害から約1ヶ月。残っていた花弁が花を咲かせてくれたcherryblossom

Img_8124_640x427

源義家伝説に因むようだ。

Img_8125_640x426

かつての姿↓(案内板より)

残念ながら写真でしか見たことはないが^^;

Img_8125a_640x428

(左奥は大名倉山

Img_8139_640x426

地元保存会などのご尽力により、目下、懸命なリハビリに努めている。

Img_8131_640x427

1,000年以上前からこの地を見守ってきたエドヒガンの生命力に期待したいconfident

Img_8134_640x427_2

Img_8126_640x427

Img_8136_640x427

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月 8日 (日)

妙関寺の乙姫桜

白河関跡を後にし、白河市金山町にある妙関寺へ。

境内にある乙姫桜は、伊達政宗公が将軍家に献上する苗木の内の一本を譲り受けたものと伝えられている

やや濃い目のピンクが特徴的な紅枝垂桜で、推定樹齢は約400年とのこと。

 

入口から見ると、門に垂れかかるように咲いている↓

Img_8048_640x427

境内へ↓

Img_8053_640x427

高さは約13m。

Img_8058_640x427

実は昨年も訪れていたのだが、残念ながら見頃を過ぎてしまっていた…

今年は、丁度いいタイミングとなったようだcherryblossom

Img_8064_428x640

"乙姫桜"の名に相応しい色合いが美しいconfident

Img_8093_640x426

Img_8055_640x427_2

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月 6日 (金)

白河関跡「かたくりの花」群生地

堂の下の岩観音を後にし、栃木県内を幾つか巡ってから福島へと戻る。

途中、3年ぶりに白河関跡の「かたくりの花」群生地を巡ってみた。

 

白河関の森公園駐車場から歩き始める。

(社務所前にも駐車場有)

Img_7941_640x427

芭蕉と曽良の像↓

右奥にある花の里周辺の花々は、これからのようだ。

Img_8039_640x427

Img_8038_640x426

白河神社を中心とした丘陵地全体が群生地となる。

普段着のまま、お散歩感覚で楽しめるのが嬉しいconfident

Img_7944_640x427

Img_7946_640x426

群生地内の花々は、圧巻!

平坦な場所から傾斜地まで、様々な角度から俯き加減に咲く様子を楽しめるhappy01

Img_7975_640x427

Img_8002_640x427

かたくりがメインだが、ニリンソウが目立つポイントも見受けられる。

Img_8000_640x427

Img_7999_640x427

スプリングエフェメラルの王道と言っても過言ではないだろうshine

Img_7949t_640x426

関跡前の境内入口↓

(こちら側からの群生地巡りも可能)

Img_7994_640x426

周辺は、カラフルな花々に彩られている。

Img_8005_640x427

案内図↓

(群生地は、向かって左側の白河関跡全域)

Img_7996_640x426

 

因みに、この週末(例年4月第2土日)は「かたくり祭り」も企画されている。

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月 4日 (水)

堂の下の岩観音

栃木県那須町芦野にある「堂の下の岩観音」へ。

芦野石の露岩とその中腹に建つ観音堂は、目下、春の彩りが美しいcherryblossomshine

Img_7769_640x426

Img_7855_640x427_2

駐車場付近から仰ぎ見るだけの方も多いが、折角なので観音堂まで歩いてみる。

Img_7770_640x426

Img_7773_640x427

Img_7778_640x426

観音堂前から芦野岩の露岩部↓

Img_7782_640x428

Img_7784_640x427

観音堂↓

Img_7786_640x427_2

Img_7787_640x426

Img_7799_640x427

下り始めてから、振り返って露岩部↓

Img_7825_640x427

駐車場前より↓

条件によっては、より鮮明な鏡桜になる?かも。

Img_7838_640x426

四季折々の情景が楽しめそうな印象であるconfident

Img_7843_426x640_4

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年3月31日 (土)

春霞の天狗山

白河市表郷地区にある天狗山へ。(3/29)

3年ぶりとなる今回は、カタクリ群生地の下見を兼ねて「お花畑コース」から山頂を目指す。

 

北東側より望む天狗山の全景↓

Img_7689_640x428

一番奥の広い駐車場へ。

お花畑コースの途中から山頂をピストンした後、再びお花畑コースへと戻る。

Img_7515_640x427

駐車場から下りてお花畑コースへ↓

Img_7516_640x427

Img_7519_640x427

見頃にはまだ早いが、ショウジョウバカマ、カタクリ、キクザキイチゲなどの一部が花を咲かせていた。

因みに、ピークは4月中旬頃とのこと。

Img_7523_640x426

Img_7526_640x426

とてもよく整備された沢沿いのルートを進む↓

Img_7529_640x427

「出会いの沢」と「夢の沢」を隔てる尾根へ↓

Img_7554_640x427

「出会いの鐘」↓

一応"展望台"とはなっているが…^^;

Img_7557_640x427

「夢の沢」を下り、「希望の道」(登山コース)と合流↓

「天狗の庭」と呼ばれる、ちょっとした広場になっている。

Img_7580_640x427

天狗にまつわる文言は中々愛嬌があるcatface

Img_7583_640x427

自生しているように見えるワサビは、地元の方が植えた一株から広がったものとのこと。

Img_7587_640x427

「千年の森」↓

Img_7589_640x427

「天狗の清水」(水場)を過ぎ、8合目の手前付近でみられたカタクリたち↓

多くの花々に囲まれそうなのは、この付近までだろう。

Img_7599_640x427

8合目の階段↓

Img_7609_640x427

階段を上って、稜線へ↓

山頂はその奥に見えている。

Img_7610_640x427

山頂到着~

(柱票や三角点が置かれた南側のポイント)

Img_7612_640x427

霞む那須連峰を望む↓

Img_7619_640x427

やや北にある展望台へ進む↓

Img_7613_640x427

展望台へ↓

Img_7622_640x427

展望台から、表郷地区周辺と遠くに霞む阿武隈山系の山並み↓

スッキリとしていれば、一切経山や安達太良山、蔵王連峰なども見えるようだ。

Img_7633_640x427

以前から気になっているのだが、山名案内の一部に誤表記がある…

Img_7624_640x427

「天狗の庭」まで同じルートを戻る。

山頂の尾根沿いから木の枝越しに白河市の最高峰「関山」↓

こちらは3/25に山開きが行われている。(うつくしま百名山で最も早い)

Img_7636_640x427

三角点のポイントへと戻り、栃木県境方向↓

Img_7637_640x427

途中、夢の沢下流側で多く見られたキクザキイチゲ↓

Img_7673_640x426

Img_7659_640x427

沢沿いを下って駐車場へ。

管理棟に貼られた「天狗の花まつり」ポスター↓

11月の「日本一遅い山開き」と並んで、集客を期待したいところconfident

Img_7679_640x427

 

【参考】 2015年3月下旬の天狗山(登山コース周回)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年3月27日 (火)

一盃山

郡山市と小野町の境界に位置する一盃山(3/24)

伏せた盃のように見える山容が特徴的な里山で、標高は約860m

今回は、柿ノ木登山口から山頂をピストンする。

 

南西側から一盃(いっぱい)を望む↓

Img_7414_640x427

民家脇の案内板から駐車場へと進む↓

Img_7416_640x427t

案内板↓

Img_7417_640x427

駐車場へ↓

Img_7419_640x426

駐車場から進入路を一旦右に折れ、直ぐに左折↓

Img_7422_640x426

納屋前のT字路から緩やかに登っていく↓

Img_7424_640x427

初めは杉林の中をのんびり進む↓

Img_7427_640x427

雑木林へ変わると直ぐ、深沢清水との分岐となる↓

Img_7429_640x427

深沢清水↓

取水可能な量の水流が確認できる。分岐からの距離は数十メートル。

Img_7431_640x427

再び分岐へと戻り、雑木林の中を進んで黒甫林道と合流↓

Img_7432_640x427

林道との合流地点から振り返る↓

Img_7433_640x427

林道からは、蓬田岳から宇津峰山にかけての展望が開けている。

(左から、蓬田岳、沢又山、東山、宇津峰山)

Img_7434_640x427

林道との合流地点を若干進んで、再び登山道へ↓

Img_7440_640x427

「大志の広場」と呼ばれる山頂一帯へ到着↓

Img_7443_640x427

山頂標識のあるポイント↓

「音の岩」を目指して奥へ進む。

因みに、三角点はここから北へ5分ほど歩いた藪の中にあるようだ。

(三角点の標高は、大志の広場や音の岩周辺より4m程度低い)

Img_7445_640x427

音の岩↓

山頂の東端に当たるポイントで、阿武隈山地の主な峰々を望むことが出来る。

Img_7449_640x427

大滝根山方向↓

(左から、高柴山、桧山、大滝根山、羽山、日影山)

Img_7453_640x427

小枝の先に、石の採掘場が目立つ黒石山↓

Img_7478_640x427

高柴山をズーム↓(左奥は、常盤鎌倉岳)

ツツジの咲く頃が楽しみな山の一つshine

Img_7477_640x427

蓬田岳方向↓(中央右寄り)

Img_7469_640x427

道中、最も存在感のある蓬田岳↓

Img_7464_640x427

下山は同じルートを戻る。

途中、黒甫林道手前から郡山市南部↓

Img_7489_640x427

Img_7490_640x427

手前左側に宇津峰山↓

霞んでいるが、須賀川市街地を挟んだ奥に那須連峰が見えている。

Img_7496_640x427

GPSログ↓) ※トータル約1時間半

Gpslog_640x423

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

«直売カフェ こころや@泉崎村

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック