フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

福島情報

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

夏の鳳凰三山【縦走&下山編】

目を覚ますと、期待通りの好天に気持ちが昂る!

準備を整え、地蔵岳を目指して鳳凰小屋のテン場を後にする。

 

夏の鳳凰三山【初日編】から続く~

 

鳳凰小屋前から登山道へ↓

Img_3244_640x427

オベリスクが見えてきた↓

Img_3251_640x427

花崗岩が風化した砂礫地帯の急斜面を登る↓

富士山や岩手山と似たようなものだが傾斜はキツイ。ただし、事前の情報ほど歩き難くはない印象だ。

Img_3254_640x427

賽ノ河原直下の基部からオベリスクを望む↓

オベリスクは花崗岩の尖塔で、鳥のくちばしに似た形がシンボリック。

Img_3282_640x426

雲海に覆われる甲府盆地方向↓

Img_3283_640x426

これから向かう観音岳↓

中央奥には、富士山の姿が

Img_3279_640x427

賽ノ河原↓

子宝を願う者が1体を持ち帰り、願いが叶うと2体を持って供えたとされ、多くのお地蔵様が並んでいる。

Img_3287_640x427

皆、優しい表情で手を合わせておられる

(バックは、甲斐駒ヶ岳)

Img_3286_640x427
Img_3294_640x426_2

より高い位置から周辺を望むべく、オベリスクの直下へと向かう↓

Img_3296_640x427_2

賽ノ河原と、これから向かうアカヌケ沢ノ頭↓

バックは、白峰三山(北岳&間ノ岳&農鳥岳)

さらに奥に続く南アルプス南部の山域まで見えている。

Img_3328_640x427

中央にアサヨ峰を挟んで甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳↓

左手前に伸びているのは、オベリスクの影

甲斐駒と仙丈に登ったのはもう20年位前になるが、その時の様子は今でもよく覚えている

Img_3330_640x426

オベリスクの北側に回り込み、諏訪盆地を挟んで右奥に蓼科&八ヶ岳↓

バックには、北アのほぼ全域が確認できる

Img_3311_640x427

甲斐駒の右奥に穂高&槍↓

Img_3304_640x426

富士山

その神々しい存在感は、やはり圧倒的だ

Img_3325_640x427

稜線上の至る所に見られるタカネビランジ↓

パッと見は北ア界隈のコマクサ風だが、近付くと明らかに違う。

Img_3331_640x428

賽ノ河原へと戻り、稜線を進んでアカヌケ沢ノ頭から白峰三山↓

Img_3359_640x427

アカヌケ沢ノ頭からオベリスク↓

鳳凰の名に相応しい貫録が感じられる

Img_3364_640x427

これから向かう稜線と、その先に観音岳↓

Img_3367_640x427

鳳凰小屋分岐のある鞍部↓

Img_3389_640x427

途中、地蔵岳を振り返る↓

Img_3391_640x427

鳳凰三山の最高峰「観音岳」の頂へ↓

Img_3450_640x426

鳳凰三山きっての絶景スポットから、時計回りにその眺望を。

辿ってきた稜線↓

(左に甲斐駒。中央に地蔵岳。右奥に蓼科&八ヶ岳)

Img_3458_640x427

八ヶ岳から奥秩父に広がる峰々↓

Img_3472_640x427

薬師岳と富士山↓

Img_3488_640x426

南アルプス南部↓

Img_3500_640x427

白峰三山↓

因みに、右のピーク北岳は国内第2位の高峰

この日は、標高トップ10の殆どを見ることができた!

Img_3501_640x427

仙丈ヶ岳&アサヨ峰&甲斐駒ヶ岳↓

Img_3459_640x427

これから向かう稜線↓

Img_3523_640x426_2

縦走路の最後となる薬師岳へ↓

Img_3541_640x427
Img_3547_640x425

富士山の頂には、傘がかかり始めている…

Img_3543_640x427

白峰三山↓

Img_3545_640x426

辿ってきた稜線↓

Img_3546_640x427

縦走路からの絶景を思う存分堪能した後、樹林帯を下って行く。

難所はないが、標高差約1,750mを一気に下るため、油断は禁物だ

Img_3556_640x427

途中にある巨岩「御座石」↓

Img_3576_640x427

苔生した樹林帯を抜け、林床に笹の広がる一帯を更に下る↓

Img_3582_640x427

カラマツの小枝の先にオベリスクを望む↓

Img_3584_640x427

急傾斜を下りきり、なだらかな林道を戻る↓

Img_3593_640x427

林道の途中から青木鉱泉へとショートカットする↓

かつては看板があったようだが、今回は見られなかった…

Img_3595_640x427

無事に青木鉱泉へと到着!

折角なので、帰る前に青木鉱泉で汗を流す

(日帰り入浴1,000円)

P7270004_640x427

男風呂の様子↓

ぬるめの湯加減がまた丁度いい

(シャンプーやボディソープも備え付けられている)

P7270001_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x418

 

(前記事 : 夏の鳳凰三山【初日編】

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年7月29日 (日)

夏の鳳凰三山【初日編】

南アルプス北東部に位置する鳳凰三山(鳳凰山)へ。(7/26~27)

地蔵岳、観音岳、薬師岳の三山の総称で、花崗岩が織りなす白い山肌を特徴とする。

日本百名山の一つで、地蔵岳にある岩塔"オベリスク"がシンボリックな名峰だ。

 

今回は、青木鉱泉からドンドコ沢ルートを登って鳳凰小屋にて一泊し、美しい三山の稜線を縦走した後、中道ルートを下る周回コースで巡る。

青木鉱泉

Img_3108_640x427

ドンドコ沢登山道へ↓

Img_3110_640x426

河川工事中の小武川を一旦渡る↓

(仮設橋で再び左岸側へと戻る)

Img_3111_640x427

橋上から鳳凰山の稜線を望む↓

Img_3112_640x427

ドンドコ沢沿いに緩やかに高度を上げて行く↓

※途中で再び右岸側へ渡渉するが、そのポイントがやや分かり難い印象だ

Img_3113_640x427

次第に九十九折の道となり、グッと高度を上げて行く↓

(因みに、この日の高低差は約1,200m)

Img_3118_640x427

南ア周辺で見られるカイタカラコウ↓

Img_3119_640x427

バイケイソウ↓

Img_3123_640x427t

水の豊富な山だけに、ルート上の至る所でこうした沢が見られる↓

Img_3134_640x427

幾つもの滝を見ながら歩けるのもこのルートの特徴

Img_3135_640x427

南精進ヶ滝↓

(落差約50mの段瀑)

Img_3140_640x427

観瀑スペース上部側から1段目の滝壺↓

Img_3143_640x427

全景↓

Img_3144_427x640

再び樹林帯の中を進みながら道中に咲く花々を愛でる。

シモツケソウ↓

Img_3127_640x427

センジュガンピ↓

Img_3131_640x426

タマガワホトトギス↓

Img_3152_640x426_2

やや奥まった場所にある鳳凰の滝をスルーし、白糸滝へと進む。

Img_3148_640x427

白糸滝↓

Img_3159_640x427

写真で見るより涼感を感じられ、とても心地よい

Img_3160_640x426

標高2,000mを越え、五色滝へ↓

Img_3163_640x426_2

落差は約70m。途中の岩に当たっているので、段瀑?となろうか。

さらに滝壺まで近づけるが、この位置でも飛沫を浴びる^^;

Img_3164_640x427

幾つかの潜流瀑も見られ、中々見応えがある

Img_3177_640x427

五色滝を過ぎて僅かな木段を登ると、次第に傾斜が緩んでくる↓

Img_3181_640x427
Img_3185_640x427

鳳凰小屋手前で地蔵岳のオベリスクが姿を現す↓

Img_3190_640x427

右奥の岩塔がオベリスク。中央のコルは賽ノ河原↓

Img_3198_640x427

途中に咲くヤマホタルブクロ↓

Img_3145_640x426t

そして、今回のもう一つの主役「タカネビランジ」↓

この地の固有種で、稜線の砂礫地を中心に多く見ることができる

Img_3201_640x426

鳳凰小屋へ到着↓

(スタッフさんの心遣いがまた素晴らしい

Img_3213_640x427

正面のテラス↓

Img_3208_640x427

テラス脇にある水場↓

ザブザブと流し放題である点が豊富な水量を物語る。

Img_3203_640x424

稜線側を見上げる↓

Img_3211_640x427

今日のボクの宿(テン場)

キレイに整地されており、テン場としてはかなり快適

(設営は、ペグのみ使用可)

Img_3210_640x427

山荘前に咲く花々↓

(クルマユリ)

Img_3220_640x425

トリアシショウマ↓

Img_3221_640x425_2

キオンの一種?だろうか↓

Img_3227_640x428

ヤマハハコ↓

Img_3229_640x426

ミヤマシシウド↓

Img_3231_640x426t

翌日の好天を祈りつつ、眠りについた

 

 

夏の鳳凰三山【縦走&下山編】へと続く~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年7月25日 (水)

乃が美の「生」食パン@福島郡山店

先日、郡山市本町にある「乃が美」はなれ福島郡山店

大阪に本店を持つ高級生食パンの専門店で、県内ではこちらが唯一となる。

P5260050_640x427

各地に"はなれ"を持つだけに、既に食されている方も多いだろう。

P5260053_640x424_2
P5260048_640x426

混んではいたが、回転自体は比較的速い。(イートインスペース無し)

P5260049_640x427

「生」食パン↓(1本(2斤)864円)

詳細は公式サイトを参照頂くとして、おすすめ通り何もつけずに頂くのが一番!

P5260057_640x427

しっとりモチモチの食感と、ほのかな甘みが実に美味しい

生地部分よりファンが多いという"耳"の香ばしさもまた素晴らしい

…ついつい、食べ過ぎてしまう^^;

P5260059_640x427  

 

〇公式サイト:乃が美

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年7月21日 (土)

猛暑に霞む大戸岳

会津若松市の最高峰「大戸岳」へ。

大川ダム(若郷湖)を挟んで小野岳と対峙するかの如くそびえる会津の名峰。

 

今回は、現在唯一の登山口となる闇川(くらかわ)から山頂をピストンする。

…暑さ故の途中退散も想定していたが、何とかミッションをクリアできた次第^^;

(駐車スペースがないため、付近住民の邪魔にならないよう配慮が必要となる)

Img_3055_640x427

因みに、今年の山開きは8月4日とのこと。

Img_3056_640x427

【参考】 小野岳の山頂から望む大戸岳↓(昨年4/28)

今回のルートは、写真の裏側となる。

Img_6154_640x427

通行規制中の荒俣林道を進む↓

Img_3059_640x427

20分ほど歩いた先にある登山道入口↓

Img_3062_640x428

お姥様に道中の無事を祈願し、本格的な登山道へと入って行く↓

Img_3063_640x426

前半は刈り払いが進んでいることもあり、快適に歩くことができる。

五合目には、かつて炭焼小屋があったそうだが…その面影は全く見られない。

Img_3069_640x426

中ッ手清水↓

(少なくともこの日は)浮遊物などが多く、飲もうという気にはなれなかった

なお、この付近から先、右手側が切れ落ちた地形が続くので要注意

Img_3073_640x427

稜線に出た後、風ノ三郎(風ノ又三郎)と呼ばれる露岩部へ↓

道中、最も開けたポイントとなる。

Img_3079_640x427

蟻ノ戸渡り的な痩せ尾根↓

右も左も深く切れ落ちており、ルート上で最も高度感がある

Img_3080_640x427

大戸岳の山頂部を目前に望む↓

Img_3091_640x427

再び藪漕ぎに難儀する最中、ふと目前で咲いていた小さき花に癒される

Img_3093_640x427

大戸岳山頂到着!(右奥に一等三角点)

Img_3094_640x426
思ったより開けた印象の山頂部だが、生憎の天候で遠望は効かず

中央は、桑原ルートが廃道の旨を示す看板↓

Img_3096_640x427

スッキリとしていれば、磐梯山や安達太良連峰などが望めるようだ

Img_3098_640x427

帰りは、来た道を忠実に戻る。

Img_3099_640x427

営林署の看板を飲み込みながら成長する樹木↓

Img_3104_640x427_2

無事にお姥様の前まで戻り、大荒俣川に沿って歩いていく。

Img_3105_640x427

河川工事がなされているとはいえ、透き通った水の流れが美しい

Img_3106_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x428

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年7月17日 (火)

海上自衛隊「護衛艦」一般公開@相馬港

新地町にある相馬港3号埠頭で開催された海上自衛隊「護衛艦」一般公開へ。(7/15)

県内唯一のイベントで、2艘が同時に公開されるのは今回が初めてとのこと。

3連休の中日と好天に恵まれ、多くの来訪者で賑わっていた

(ボクの休みはこの日のみ><)

P7150011_640x427

駐車場まではスムーズだったが、会場入口のずっと手前から行列に…

乗船まで約1時間を要したが、内陸部より過ごし易い陽気に助けられた印象だ^^;

P7150012_640x426

会場配置図↓

P7150017_640x427

先ずは、「さわぎり」へ↓

右舷側から乗船し、反時計回りに甲板上を巡る。

P7150022_640x427

さわぎり(DD157)は、佐世保の第13護衛隊に属する全長137m、幅14.6mの護衛艦

(機船内部は立入禁止)

Img_2793_640x427

アスロックSAM8連装発射機↓

Img_2803_640x426

76mm単装連射砲↓

Img_2810_640x426
Img_2812_640x427

砲弾と同重量の模型↓

P7150052_640x427_2

76mm単装連射砲前から船首部分↓

Img_2807_640x427

誰か見つかった?

Img_2818_640x427

船尾の先にもう一艘の護衛艦「とね」↓

Img_2828_640x427

海自ヘリ(SH_60K)

Img_2834_640x427
Img_2839_640x426
P7150058_640x426

甲板上から、音楽演奏会の様子を望む↓

Img_2867_640x427

ヘリ格納庫へ↓

Img_2849_640x427

奥は、さわぎり限定グッズ等の販売やPVコーナー↓

Img_2869_640x427

隊員によるアトラクションも↓

Img_2872_640x427

「さわぎり」を後にし、「とね」へと向かう。

Img_2879_640x425_2

とね(DE234)は、第12護衛隊(呉)の護衛艦で、全長109m、幅13.4m

Img_2885_640x427

「とね」の船首と「さわぎり」↓

Img_2891_640x427

76mm砲↓

Img_2894_640x426

メインマストと8連装発射機↓

Img_2901_640x427

高性能20mm多銃身機関砲(CIWS)

Img_2915_640x427

高速小型水上標的1型↓

Img_2928_640x427

 

*************************************************************

 

自衛隊車両展示コーナーの一部↓

Img_2938_640x426
Img_2947_640x427

 

*************************************************************

 

売店を経て、岸壁から望む「とね」↓

Img_2957_640x427

「さわぎり」↓

Img_2978_640x429

相馬市側に位置する2号埠頭北側から↓

P7150065_640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2018年7月12日 (木)

大池公園の大賀ハス@矢吹町

矢吹町にある大池公園へ。

公園北側の日本庭園で咲き始めたという大賀ハスが今回の目的

 

平成26年に突然枯れてしまったが、東京農大との連携による再生プロジェクトが功を奏し、順調に回復しているようだ。

Img_2745_640x427

全体としてみれば、植生はまだほんの一部に過ぎないが…

この日確認できた蓮の花は、僅か2輪ほど。

Img_2749_640x427

大賀ハスは、千葉県の検見川遺跡で発見された推定2,000年以前のハスの実から花を咲かせた古代ハスの一種。

千葉市から譲り受けたこの地のハスはその純系とされ、淡いピンクの色合いが美しい

Img_2764_640x427t

居合わせた関係者の方曰く、見頃は咲き始めから4日間ほどとのこと。

タイミングが合えば、花が開く時に奏でる特有の"音"を聴くこともできるという。

Img_2777_640x426t_2
Img_2769_640x427t

蕾の個体も多く、もう少し楽しめそうだ

Img_2767_640x427

決してベストの状態ではなかったが、昨年のリベンジは果たせたかと思う。

かつての賑わいが早期に戻ることを願いたい

Img_2765_640x427

 

****************************************************

 

短時間ではあったが、直ぐ隣にある六角堂周辺の様子も伺ってみた。

Img_2786_640x427
Img_2783_640x427

 

【参考】 昨年7月の大池公園

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年7月 9日 (月)

石都々古和気神社のアジサイ

石川町下泉にある石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)へ。(7/6)

古くから山岳信仰の聖地とされ、境内のある八幡山は、かつての城跡でもある。

数少ない祭祀遺跡の一つとして、考古学的にも貴重な存在らしい。

 

今回は、花の名所としての"八幡山あじさい"が一番の目的。

小雨降る中、見頃の紫陽花に囲まれながら参道を散策してみた。

Img_2636_640x425

案内板↓

現在は、隣の旧役場跡地が無料駐車場となっている。

Img_2637_640x425

町指定の文化財でもある2対の飛翔狛犬↓

(向かって左が雌獅子で、右が雄獅子)

Img_2640_640x426

雌獅子には、3匹の子獅子が寄り添っている↓

Img_2638_640x427

雄獅子↓

Img_2639_640x427

かつては名物でもあった急な階段をのぼる↓

現在は、多くの人に優しい参道へと改修された

Img_2643_640x427

敷地内で見られる紫陽花は、主に青系が主体となるようだ。

Img_2645_640x428
Img_2646_640x426
Img_2647_640x427
Img_2648_640x428

参道と紫陽花のコラボは、雨もまたよく似合う。

Img_2652_640x426
Img_2654_640x426

途中の「木の根径」は、古くからある参道をうまく残している。

Img_2658_640x426

登山道で見られるような木の根とはまた違って、比較的歩き易い^^;

Img_2657_640x426

「木の根径」から先が一番のハイライトだろう

モミジなども多く、紅葉スポットでもあるようだ。

Img_2664_640x426
Img_2670_640x427
Img_2679_640x427

足元には、"差し色"の花も↓

Img_2681_640x427

石門の手前へ↓

Img_2683_640x426

石門↓

Img_2691_640x427

「勾玉岩」前を左に折れ、本社本殿へと最後の階段をのぼる。

(直進すると「あじさい小径」へと続く)

Img_2694_640x427

勾玉岩前から本社本殿↓

Img_2697_640x426
Img_2698_640x429

本社本殿↓

詳細は他に譲るが、特徴のある御朱印も人気とのこと。

Img_2706_640x426
Img_2713_640x427

額殿↓

Img_2699640x427

五重塔と高野槇↓

Img_2709_640x426

剣石と末社↓

Img_2704_640x427_2

城碑↓

Img_2715_640x427

あじさい小径の案内板↓

Img_2716_640x427

あじさい小径の南側を上部から↓

概ね、参道の紫陽花と同じようだ。

Img_2718_640x426

雨脚が強くなってきたため、止む無く境内を後にする。

Img_2734_640x426
Img_2735_640x427

来た道を戻る。

Img_2736_640x427

階段部分は特に注意して歩きたい。

Img_2740_640x426
Img_2742_640x426

鳥居前の階段を慎重に下りて駐車場へ↓

Img_2743_640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年7月 5日 (木)

大志集落 俯瞰@尻吹峠

金山町は尻吹峠にある大志集落の俯瞰ポイントへ。(6/30)

昨今、TV等でも取り上げられるようになり、撮り鉄以外の方にも人気のスポット

 

只見川の川霧が見られる時期だが、残念ながらこの日は期待値に遠く及ばず…

雄国山へ向かう前の時間調整を兼ね、周辺を散策してみた。

Img_2376_640x426_3
Img_2392_640x425t

手前側が大志地区で、奥は中川地区の集落↓

バックは、新潟県境の沼ノ峠山とその周辺の峰々となる。

只見線と絡めずとも、山里の風景として十分に美しい

Img_2388_427x640_3

送電線の鉄塔脇に位置する俯瞰ポイント↓

(上部側から二つ手前のカーブにもPスペースがあり、徒歩でショートカット可能)

P6300008_640x427_2
俯瞰ポイントに至るルートは、細い砂利道が続く↓

普通車でも下回りをヒットすることはなさそうだが、道路脇の雑草が気になるところ…

ここから下る場合は特に

P6300006_640x427_2

北西方向に頭一つ高く見える御神楽岳↓

Img_2385_640x427_2

 

****************************************************************

 

前後するが、R252沿いの「金山ふれあい広場」から望む大志集落↓

到着時は、尻吹峠の俯瞰ポイント付近もガスの中だった

Img_2286_640x428

列車の通過とタイミングが合わず…^^;

Img_2288_640x427

尻吹峠から下りて、再びふれあい広場へ↓

Img_2466_640x429

上流側に架かる上井草(うわいぐさ)橋↓

Img_2478_640x427

案内板↓

Img_2475_640x427
Img_2476_640x426t

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年7月 1日 (日)

雄国山&ニッコウキスゲ彩る雄国沼

北塩原村にある雄国山へ。(6/30)

雄国沼の北側に位置する外輪山で、標高は約1,271m。

今回は、雄国パノラマ歩道を使って雄国山とその先の雄国沼を巡る。

 

ラビスパ裏磐梯の駐車場脇にある案内板↓

特に理由は無いが、西口を登って東口に下りてみた。

Img_2481_640x427

西口は、ラビスパ裏磐梯を右手に進む↓

因みに、路上駐車の取り締まりが厳しい雄子沢からの移動組も多かったようだ

この日の雄子沢駐車場は、朝6時の段階で満車だったという…

Img_2482_640x426

敢えて遅い昼時をスタートとしたが、飯豊連峰もよく見えていた

Img_2483_640x426

桜峠の区画脇を進む↓

Img_2484_640x426
Img_2487_640x426

樹林帯は比較的なだらかで、よく整備されている↓

Img_2494_640x427
東口ルートとの合流地点↓

表記上は東口の方が200m程短いが、駐車場の位置関係から同等かむしろ長い印象を受ける。

Img_2503_640x426

やや開けた場所を中心に開花前のヨツバヒヨドリが群生している↓

最盛期には、沢山のアサギマダラが見られそうだ。

Img_2593_640x426

雄国山頂到着!

振り返って、展望台と三等三角点↓

Img_2514_640x426

古城ヶ峰をバックに雄国沼を俯瞰↓

Img_2515_640x427

金沢峠と会津盆地↓

Img_2517_640x426

飯豊連峰(左奥)と、右に飯森山周辺の峰々↓

Img_2518_640x427

桧原湖と吾妻連峰↓

Img_2520_640x426

磐梯山↓

Img_2530_640x427

猫魔ヶ岳周辺↓

Img_2531_640x426_2

これから向かう雄国沼北西部の湿原をズーム↓

Img_2537_640x426

山頂を後にし、雄国沼を眺めながら下って行く↓

遠雷が響く状況に下山するか迷うも、約1.5km先の雄国沼休憩舎まで下りることとした。

Img_2542_640x427

雄国沼休憩舎へ到着↓

携帯電話不感地帯(au)のため雨雲の動きは確認できないが、勘を頼りに?雄国沼を先に巡ることに決定!

Img_2550_640x427

左手側に沼を望みながら足早に向かう

Img_2552_640x426

金沢峠の展望スペースは、もちろんパス。

Img_2553_640x427

次第に大きくなる雷鳴を気にしつつ、木道を急ぐ

Img_2554_640x426

"当たり年"との前評判どおり、例年にない花数のニッコウキスゲが美しい

Img_2562_640x427
Img_2563_640x426
Img_2560_640x427tt

猫魔ヶ岳方向↓

右のピークに猫石が確認できる。

Img_2568_640x427

これまた当たり年のコバイケイソウは、残念ながら見頃を終えていた^^;

Img_2572_640x427

明るい空が広がる雄国山を望む↓

1,236mピークを雄国山と紹介するサイト等もあるが、厳密には、右隣のなだらか部分が雄国山の頂となる。

Img_2573640x426_2

雄国休憩舎へと戻ると、いよいよ雨が降り出してきた

雷雨が過ぎるのを待つため、約40分ほど休憩舎内で待機する。

登山装備の方はいいが、普段着で歩いていたツアー客の様子が心配されるところ…

Img_2587_640x426

休憩舎前のテラスから、雨上がりの雄国沼方向を望む↓

ここで雄子沢への下山とラビスパ裏磐梯への送迎を申し出てくれた2人組がいた

大変ありがたかったが、元のルートを選択。天使の様な御二方には心より感謝申し上げる次第

Img_2589_640x426

山頂の手前から、薄っすらと霞む雄国沼の全景↓

Img_2603_640x427

山頂手前で見られたサンカヨウの実↓

Img_2608_640x426

ガスに覆われた樹林帯を進む↓

視界は一時的に10m未満となる時もあったが、概ね下記の様な状況で推移した。

Img_2614_640x426

向かって右側の東口へ↓

Img_2621_640x427

西口ルートと比し、大木が目に付く印象を受ける。

中には、トルネード型?のブナも↓

Img_2626_640x427

登山口から駐車場へ戻る途中、ガスに覆われた山頂方向を望む↓

Img_2634_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x428

 

【参考】 2107年2月の雄国山

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック