フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

福島情報

« 笠ヶ岳【山頂編】 | トップページ | 肉と野菜の農家イタリアン Arigato@郡山市 »

2018年8月12日 (日)

笠ヶ岳【縦走&下山編】

2日目。のんびりと準備を整えた後、槍ヶ岳の北方に朝日を望む。

下山は、笠新道分岐を弓折岳へと進み、弓折乗越から小池新道を下って新穂高温泉へと戻る。

 

笠ヶ岳【山頂編】より続く ~

 

Img_4350_640x426

南アの先には、薄っすらと富士山の姿もconfident

Img_4359_640x426

山頂を見上げる↓

Img_4388_640x427

右手側に新穂高方向と、そのバックに連なる峰々↓

Img_4390_640x427

左手側に剣&立山、水晶&鷲羽岳の稜線↓

Img_4400_640x426

朝日に輝くチングルマの群生↓

Img_4415_640x426

稜線の途中、笠ヶ岳を振り返る↓

Img_4419_640x427

笠新道分岐を過ぎ、途中から右手側へ登って抜戸岳の頂へ↓

(こちらは、スルーされる方も多いようだ)

Img_4430_640x427

これから向かう方向を俯瞰↓

Img_4439_640x426

笠ヶ岳から続く稜線の先(右奥)には、白山の姿も確認できる↓

Img_4453_640x427

秩父平方向を望む↓

(ここからは、ややアップダウンが続くsweat01

Img_4463_640x427

秩父沢方向を眼下に下って行く↓

Img_4471_640x427

秩父岩↓

Img_4474_640x426
Img_4475_640x427

振り返って、稜線を見上げる↓

Img_4478_640x426

抜戸岳の稜線の先に西穂、焼岳、乗鞍、御嶽山。眼下に秩父沢↓

Img_4523_640x427

抜戸岳を振り返る↓

Img_4532_640x427

大ノマ岳へと進んで行く↓

Img_4540_640x427

高山植物に彩られる大ノマ岳周辺↓

Img_4552_640x426

大ノマ岳を過ぎ、大ノマ乗越を挟んで弓折岳を望む↓

Img_4554_640x427

弓折岳分岐へ↓

Img_4558_640x427

弓折岳山頂↓

Img_4559_640x427

弓折岳の頂から双六岳↓

Img_4560_640x427

槍ヶ岳方向↓

Img_4563_640x427

弓折乗越へ↓

Img_4571_640x427

眼下に鏡平山荘を望みながら高度を下げて行く↓

Img_4573_640x427

鏡平山荘↓

(写真では分かり難いが、荷揚げのヘリがホバリングしている)

Img_4575_640x427

鏡平山荘へ↓

Img_4587_640x426

山荘前のテラス↓

Img_4590_640x427

弓折乗越を振り返る↓

Img_4592_640x426

鏡池へ↓

ここは、言わずと知れた北アルプス屈指の絶景スポットshinehappy02

Img_4593_640x427

以前の時(鷲羽&水晶岳)ほどではないものの、この天候なら御の字だろうconfident

Img_4615_640x426_2

【参考】 2013年9月の鏡池↓

Img_9146_640x427

鏡池を過ぎ、抜戸岳を望む↓

Img_4634_640x427

グッと高度を下げ、シシウドヶ原へ↓

Img_4637_640x427

秩父沢を過ぎた後、この日最後となる槍の穂先を見上げる↓

Img_4650_640x426

下りてきた道を振り返る↓

(秩父沢出合から約2時間の林道歩きは、平坦ながら地味に辛いdespair

Img_4657_640x426

わさび平小屋を過ぎる↓

Img_4663_640x426

Img_4664_640x427

笠新道登山口へ↓

前日のコースとのループ完了!good

Img_4665_640x426

新穂高温泉街の恵橋から、ガスに覆われる笠ヶ岳方向を望む↓

Img_4673_640x427

GPSログ↓) ※駐車場からのトータル約32.5km

Gpslog_640x418

 

<前記事>

・笠ヶ岳【笠新道~笠ヶ岳山荘テン場編

・笠ヶ岳【山頂編

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 笠ヶ岳【山頂編】 | トップページ | 肉と野菜の農家イタリアン Arigato@郡山市 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

コメント

cloverらるごさん、こんばんは!

周りの方の情報では、ここ例年にないぐらい安定した夏の天候が
ボクの行く2日前まで続いていた…そうですcoldsweats01

今回は、山頂の柱票と奥穂を重ねて撮りましたcamera
(人の写り込まない向きがそれしかなかったというのもありますが^^;)
新穂高への下山ルートでは、小池新道が最も優しい?気がします。
鏡池は超おススメですよ!shine
新穂高からのんびり登って鏡池山荘泊なんて如何でしょう?

ボクのテン泊装備は、いつも20kgオーバーです><
カメラ一式を別とすれば、水と食料の工夫で大きく差が付くのですが、
パッキングが下手なこともあり、軽量化は大きな課題ですdespair

こんばんは

お天気に恵まれた笠ケ岳山行、どこを切り取っても絵になりますねconfident
星空もまるで昔見たプラネタリウムみたいshine

笠ケ岳山頂標識の先には奥穂がそびえてるのですねshine
奥穂のほうが標高高いのに笠ケ岳のほうが何倍も登るの大変ですsweat01
下山は抜戸岳を踏んで鏡平のほうを下っていくのですね♪
鏡池に映る山々、本当に素敵!
ここは一度行ってみたい所ですが、私はここさえ無理だわ~coldsweats02
下山も長い道のりお疲れさまでした。
ところでザックは何キロぐらいですか?happy01


cloverマインさん、こんばんは!

変化もあって、とてもいい稜線歩きが楽しめました♪
鏡池もありますし、笠新道の往復だけだと、
ちょっと勿体ない?かもしれませんcoldsweats01
逆回りの方も結構いましたが、ボクは笠新道を下りに
使うのはかなりキツイだろうなぁと思い、登りました。
是非、チャレンジしてみて下さい!

cloverFUJIKAZEさん、こんばんは!

北アルプスらしさがギュッと詰まった山旅でしたshine
鏡池は、やはり青空が欲しいですよね…
(この後ガスに覆われたので、絶妙なタイミングではありました^^;)
テン泊登山で天気がいいと、軽く数百枚は撮影しちゃいますcamera
岩場が多いから?でしょうか。雪渓は思ったより綺麗でした。
(倒れ込みませんでしたけど^^;)

笠ヶ岳への稜線も素晴らしいですね~!
新穂高を起点としての山はまだ未踏なのですが、
なんとなくわかって来ました。
鏡池はこのルートにあったんですね。
いつか歩ける日が来るといいです。
笠新道をクリア出来るかどうか?
難関ルートですconfident

こんばんは!
どれも素晴らしい風景ですねぇ・・・。
鏡池なんてため息ものですね(2013年の写真でしたが)。
これでは、SDカードがすぐに一杯になってしまいそうです。
あぁ、私も登ってみたい・・・。
毎日暑いので、こんな雪渓があると、思わず倒れ込みたくなりそうですが・・・見た目ほどはキレイではないのかな?

cloverkiriさん、こんばんは!

ヘトヘトになりながらも、無事に完登できました♪
絶景に囲まれながらの散策は、この上ない癒しの時間ですshine
(故に、山を辞めることは中々出来ませんcoldsweats01
今回のルート(特に2日目)は、飛騨側から望む槍ヶ岳の雄姿と
存在感をこれでもかと言うぐらい堪能できました!

お疲れ様でした。
そして、素敵な景色を見せて下さって有難うございました。
槍の存在感、凄いですね(*´艸`*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576215/67049362

この記事へのトラックバック一覧です: 笠ヶ岳【縦走&下山編】:

« 笠ヶ岳【山頂編】 | トップページ | 肉と野菜の農家イタリアン Arigato@郡山市 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック