フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

福島情報

グルメ・クッキング

2019年7月 2日 (火)

柏屋食堂@本宮市

高林寺を後にし、本宮市仲町にある柏屋食堂へ。

創業100年を超える老舗で、拘りの素材を使った料理に多くのファンが集う。

中でも「名代ソースかつ丼」は、県内でも屈指の逸品と評されるお店の看板メニュー✨

Img_5083-640x426

いつも混んでいる印象があるが、タイミングよく駐車場を確保できたので入店^^;

満席の1F奥より2F和室へと通される。

Img_5097-640x427

2F席の様子↓

Img_5089-640x427

お品書き↓

Dsc_0004-640x432

丼ものだけにあらず、単品から定食、麺類、アルコール等々、多様に揃う。

Dsc_0005-640x434

看板メニューの風味を生かしたお菓子…もあるようだ^^;

Img_5088-640x426

「上名代ソースかつ丼」(普通盛り)

サクサクの衣に絡むのは、大正元年から継ぎ足しで続くという秘伝のタレ✨

無菌の柔らか豚肉と毎日精米されるという地場産コシヒカリ、そして新鮮キャベツが絶妙なハーモニーを奏でる♪

Img_5091-640x427

最大の特徴であるタレは、程よい甘みと風味が素晴らしい♪

衣はカリッと薄く、油ものが苦手な方でも挑戦し甲斐はあろうかと思われる。

なお、デフォルトのライスは控え目なので、特に成人男性は大盛り(無料)がベターかも。

Img_5094-640x427

会津のイメージが強いソースかつ丼だが、ここ本宮市にも素晴らしい名店がある。

長らく愛される老舗の魅力は、看板メニュー以外でも存分に味わえるとのこと♪

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年5月27日 (月)

田舎のまんま屋「めだかのがっこ」@北塩原村

北塩原村は桧原地区にある「田舎のまんま屋 めだかのがっこ 」へ。(約3W前)

平成28年にオープンしたお食事処で、旧校舎(桧原小中学校)を利用した建物が特徴的。

そこには、"限界集落の地を活気づけたい"との思いが込められているという。

Img_3481-640x426_1

診療所南東北桧原診療所と日帰り湯桧原ふれあい温泉「湖望」が隣接する建物↓

Img_3493-640x426

店内には、かつての校歌や卒業作品等がディスプレイされている↓

Img_3483-640x427_1

Img_3487-640x426_1

Img_3486-640x427

店舗入口のメニューボード↓

Img_3482-640x427_1

お品書き↓

Img_3484-640x427_1

Img_3485-640x427_1

山塩ラーメン↓

近くの専門店奥裏磐梯らぁめんやに近い、山塩らしいコクのあるスープが特徴的✨

Img_3491-640x427_1

ソースかつ丼↓

会津の定番的存在ともいえる"王道の味わい"が楽しめる✨

Img_3489-640x425_1

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年5月10日 (金)

手打ちそば「やまと路」@喜多方市

鳥屋山の帰り道、喜多方市山都町にある「やまと路」へ。

2012年、県内でも屈指のそば処にオープンした比較的新しいお蕎麦屋さんで、

"挽き立て"、"打ち立て"、"茹で立て"の「三立てそば」が楽しめるお店♪

Imgp1845-640x432

古民家をリノベーションした建物は、落ち着いた雰囲気に包まれる。

Imgp1847-640x432

メニュー表(一部)

Imgp1848-640x432

天ざるそば↓

天ぷらは、海老、舞茸に季節の野菜(茄子、さつま芋、タラの芽、ゼンマイ)

風味豊かな蕎麦味噌は、店頭で購入可能♪

Imgp1851-640x432

十割そばは、コシも香りも味わいも実に素晴らしい✨

Imgp1849-640x432

ぶっかけ納豆↓

そばは同じだろう。納豆との相性も抜群だ。

Imgp1852-640x433

(案内)

Panf01-640x461   

Panf02-640x457  

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年4月11日 (木)

ワンダーファーム森のキッチン

いわき市四倉町にあるワンダーファーム森のキッチンへ。(4/7)

トマトのテーマパークとも称され、買い物や食事、トマト狩り等が楽しめるスポット。

敷地内にある森のキッチンでは、ビュッフェスタイルで旬の地元食材を堪能できる♪

Imgp1809-640x432

正に老若男女。幅広い年代の方々が集う↓

Imgp1815-640x432

ボクでも違和感はなさそうだ^^;

Imgp1819-640x432

1時間の中で、好みの料理が食べ放題♪

Imgp1820-640x432

と言っても、そう沢山食べることが叶わなくなってきているが^^;

Imgp1818-640x432t

敷地内に隣接する「森のマルシェ」内の様子↓

Imgp1802-640x433
Imgp1806-640x433 
Imgp1805-640x432
Imgp1804-640x432

トマト狩りの出来るハウスが複数棟並んでいる↓
Imgp1824-640x433

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年3月 6日 (水)

お食事処 かなざわ@須賀川市

先日、須賀川市森宿の国道4号線沿いある「お食事処 かなざわ」へ。

"かなざわ食堂"とも呼ばれ、「特製もつラーメン」の看板でもお馴染みの老舗。

今回の目的は、その看板メニュー …数年ぶりの再訪にして初となる^^;

 

駐車場や立地条件的なこともあってか、ドライブインの如き佇まいの店舗↓

"ドライブイン"として案内するサイトもあるようだ。

Imgp1753_640x431

店舗内の様子↓

Imgp1746_640x432

壁には、競輪選手の色紙が多く掲げられている。

何か繋がりがあるのだろうか?

Imgp1745_640x431

メニュー表↓

定食を中心に沢山のメニューが揃う。

Imgp1740_640x432

一部は写真付き↓

過去に「上ホルモン定食」を何度か頂いているが、根強いファンが多いというのも頷ける納得の味わい

…個人的なイチ押しは、コチラかな^^;

Imgp1742_640x432
Imgp1743_640x432

一番人気の「特製もつラーメン」↓

炒め野菜とモツの香ばしさに味噌ベースのスープが良く絡み、やや濃い目のしっかりとした味わい

中太麺との相性もいいと思う。(手打ちではないようだが)

Imgp1749_640x432

モツは、程よい大きさにカットされており、子供でも食べやすいだろう。

すりおろしニンニクは、入れるかどうかの選択が可能。(今回はIN)

なお、レンゲは穴あきタイプも付属する。

Imgp1751_640x432tt

後からライスを入れ、オジヤ風にして食べるのがオススメのようだ↓

ボクは普通に^^;

Imgp1741_640x432

こちらは、「しょうが焼き定食」↓

食堂メニューの王道といった、言わば普遍的な味わい。

Imgp1747_640x432

香ばしいタレが絡む柔らか肉が美味しい♪

スパゲティが冷たかったのはご愛敬か^^;

Imgp1748_640x431

**********************************

〇 お食事処 かなざわ

・ 須賀川市森宿字ヒジリ田54-33

・ 0248-75-2839 (木曜定休)

**********************************

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年1月18日 (金)

手打中華「彩華」@西郷村

先日、西郷村米地区にある手打中華「彩華」へ。

いわゆる"とら系"のお店で、白河ラーメンの中でも王道の一つに数えられるという。

店主のモットーは、「上品な味づくり、店づくり」とのことだ。

P1130009_640x427t
P1130008_640x426

店内の様子↓(全席禁煙

タイミングよく入店できたが、直ぐに行列となっていた^^;

P1130004_640x427

メニュー表↓

P1130001_640x426
P1130002_640x427

チャーシューメン(普通盛り)

スープは、あっさり風味ながらコクもあり、飲み干す方も少なくないようだ。

手打ちの中太麺ともよく絡み、炙りチャーシューの香ばしさが全体を引き立てている。

P1130005_640x427

チャーシューは、歯応え、香り、旨味ともに素晴らしい

持て余すことのない量がまた絶妙だ。

P1130006_640x427

ワンタンメン(普通盛り)

柔らか過ぎない具入りワンタンは、オーソドックスなチャーシューとの相性もいい

P1130007_640x426

 

**********************************************

・ 手打中華 彩華

・ 西白河郡西郷村米字上畑137-1 (0248-48-0260)

・ 定休日:毎週火曜+第1月曜

**********************************************

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年12月 9日 (日)

仙台屋食堂@小野町

あぶくま洞を後にし、小野町にある仙台屋食堂へ。

創業100年を超す老舗ラーメン店で、昔から変わらぬ味と盛りの良さに定評がある

その原点は、仙台出身の初代がこの地で引き始めた屋台にあるという。

Pc050009_640x427t

いつも行列…のイメージだが、幸いにもすんなりと入店できた♪

で、席に着くより先に普通盛りor大盛りの別を聞かれることとなる^^;

Pc050001_640x427

メニューは至ってシンプル!

普通盛りでも一般的な量の倍近い300g。大盛りに至っては、450gとなる^^;

盛りの良さは、食料が豊かではなかった時代から続く"安くてお腹いっぱいに…"の仙台屋スピリット

Pc050002_640x426t

中華そば(普通盛り)

なみなみに盛られ、トレー上でスープがこぼれながら運ばれてくるというダイナミックさもまた特徴的。

シンプルな見た目に甘じょっぱい香りがほんのりと漂う。

自家製の麵は細中麺といったところ。茹で具合やスープの濃さ等も選択できるようだ。

(麺のデフォルトは、かなり硬め)

Pc050004_640x427t

味わいは、どこか"懐かしい"…という感じ。

古くからのお客さんを大切にする店主の心意気が伝わってくる。

この"懐かしい"感覚こそが仙台屋の個性であり、真骨頂であろう。

(評価が二分するというのも分かるが)ボクは"アリ"だと思う。

 

***************************************

〇仙台屋食堂

〈住所〉 小野町小野新町字本町33-5

〈営業〉 10:30~16:00(材料がなくなり次第終了)

〈定休〉 日曜

***************************************

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月 7日 (日)

会津山塩 「奥裏磐梯らぁめんや」

白霧の滝を後にし、桧原湖畔に位置する「奥裏磐梯らぁめんや」へ。

会津三大ラーメンの一つで、貴重な会津の山塩を使ったラーメンが人気のお店

 

かつてSio-Yaだった店舗は、変わることのない佇まいが嬉しい

Pa030004_640x427

玄関を開けて中に入ると、会津山塩の関連商品などが並べられている。

左側は、桧原地区の歴史館(入館料100円)

Pa030022_640x427
Pa030021_640x426

古民家的雰囲気が落ち着きを感じさせる↓

Pa030020_640x426
Pa030012_640x426
Pa030013_640x427

窓の外には、桧原湖↓

ガスに覆われているが、中央奥は磐梯山となる。

Pa030009_640x428_2

メニュー表↓

Pa030007_640x427

会津山塩ラーメン(普通盛り)

Pa030015_640x427

山塩のスープは、透き通るような淡い色合いが特徴的。

あっさりとまろやかながらコク深く、太ちぢれ麺との相性が素晴らしい

チャーシューは柔らかく、こちらもあっさりめだ。

Pa030016_640x427

****************************************************

〇奥裏磐梯 らぁめんや

〇北塩原村大字桧原字荢畑沢1034-19

〇0241-34-2200

〇AM10~15時(火曜日定休)

****************************************************

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月 2日 (火)

さすいち@いわき市

いわき市小名浜にある海鮮レストラン「さすいち」へ。(9/30)

漁港に位置する鮮魚直営店ならではの新鮮な海の幸を堪能できる

東日本大震災で全壊の被害から復活を遂げたお店で、数年ぶりの再訪となる。

P9290021_640x427t

店舗は、朝7時から魚料理を楽しめるビュッフェ「小名浜総菜」と、鮮魚やお土産などを扱う「さすいち直売店」が併設する。

正面右奥のレストランへ↓

P9290020_640x426

パンフ↓

01_640x430

待合室に立て掛けられている箸袋の説明書き↓

P9290004_640x427

因みに、ボクの箸袋はキンメダイだった↓

P9290005_640x427

店内の様子↓奥は座敷席となる。

P9290019_640x427_2

メニュー表↓

P9290006_640x427

「イクラ丼」と「サーモン・いくら丼」、「海鮮茶わん蒸し」をオーダー↓(2名)

P9290007_640x426
P9290008_640x427
P9290009_640x427

イクラ丼(1,750円で小鉢、味噌汁、香の物、水菓子が付く)

課題だった?ご飯は、ふっくら&モチモチで、プリプリのイクラとの相性も素晴らしい

P9290011_640x427t

サーモン・いくら丼(1,820円で、他はイクラ丼と同内容)

脂ののったサーモンと新鮮なイクラの組み合わせは、王道ともいえよう

(イクラ丼同様、酢飯と普通の白米のいずれかを選べる)

P9290012_640x427t

海鮮茶わん蒸し↓

磯の香りが全体に染み渡る

P9290014_640x426

水菓子↓

葛餅にきな粉とオリジナルソースが程よく絡んでいる。

P9290017_640x426t

大きなショッピングモールなどが並ぶ激戦区にあって、老舗ならではの伝統を貫いて欲しいものである

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年9月17日 (月)

ダイニングキッチン CIELO BLU@那須塩原市

先日、栃木県は那須塩原市にあるダイニングキッチンCIELO BLU(チェロブルー)へ。

所用ついでに近場のランチを検索したところヒットした洋食屋さんで、今回初となる。

 

国道4号線から少し入った場所にある店舗↓

田園地帯の一角に位置している。

P9010013_640x426_2

Card

開放的な店内の様子↓奥には座敷席もある。

P9010004_640x427

メニュー表↓

P9010001_640x426

「やしおポークのステー」と「おとな様ランチ」をオーダー

P9010002_640x427

やしおポークのソテー↓

熟成肉と濃い目の特製ソースがとてもよく絡んでおり、食欲をそそられる

遅い時間だったせいもあるのだろうか、ライスは及第点に及ばず…

P9010010_640x427_2

おとな様ランチ↓

お子様ランチならぬ"おとな様"仕様で、このお店を代表するメニューのようだ♪

旗が立っていたりするとなお面白そうだが、そこは"おとな様"なのだろう^^;

古き良き洋食屋さんの王道といった味わい楽しめる

P9010006_640x426

デザート↓

ショコラケーキに生クリーム&ブルーベリーソースもまた王道の組み合わせだろうか

P9010012_640x426

ボリューム感も良く、アットホームな雰囲気がお子様連れにも人気とのこと

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック