フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

福島情報

お出掛け(福島県)

2018年11月17日 (土)

晩秋の沼沢湖

霧幻峡を後にし、金山町にある沼沢湖へ。

県内最深にして東北屈指の透明度を誇るカルデラ湖。その歴史は約5,600年前に遡るconfident

多くは落葉していたものの、北岸一帯に鮮やかな色彩を見ることが出来たmaple

 

妖精美術館前から沼沢湖↓(左奥が前山で、右奥が惣山)

Img_7781_640x426

【空撮編】

右のピークが三坂山

Dji_0367_640x427

沼沢集会所周辺↓

Dji_0371_640x428

沼沢湖畔キャンプ場のバックに洞巌山↓

Dji_0401_640x427

キャンプ場近くの浅瀬↓

Dji_0396_640x427

前山↓

Dji_0404_640x427

惣山↓

Dji_0410_640x427

藤ヶ崎の先に惣山↓

Dji_0387_640x427

美しい色合いを魅せる北岸↓

Dji_0435_640x427

Dji_0397_640x427

錦秋の藤ヶ崎↓

Dji_0417_640x427
Dji_0424_640x426
Dji_0428_640x427

動画編(3分07秒 ・BGM有)

【参考】

〇 初夏の沼沢湖 (2017年6月)

〇 厳冬期の沼沢湖 (2018年1月)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年11月14日 (水)

深まる秋の霧幻峡

美坂高原を後にし、早戸温泉近くの霧幻峡へ。

只見川沿いにある渓谷の一つで、昨今、メディアでも取り上げられる人気スポットshine

川霧が魅せる情景が有名だが、紅葉もまた素晴らしいmaple

 

早三橋から霧幻峡↓

Img_7732_640x426

左岸側に続く「湯の上場崖」(ゆのかみばっけ)と呼ばれる岩壁がハイライトだろう。

Img_7713_640x427
Img_7709_640x427

Img_7720_427x640

因みに"霧幻峡"の名付け親は、地元在住の郷土写真家「星 賢孝」氏。

夏によく見られる川霧に因んだもので、元々は名称の無い場所だったらしい。

参考までに、2014年7月に撮影した霧幻峡付近の様子(上流側から撮影)

Img_3784_640x427

幻想的な川霧は、尾瀬から流れる冷たい清流との温度差によってもたらされるconfident

Img_3871_640x427

橋の中央付近から↓

写真左手側(右岸)金山町、只見川を挟んで三島町となる。

Img_7733_640x427

右岸側には、小さな滝も確認できる↓

Img_7727_640x426

霧幻峡の渡し」の渡し船↓

Img_7746_640x426

因みに「霧幻峡の渡し」を復活させたのもまた、先の「星 賢孝」氏である。

Img_7750_640x428
Img_7744_640x427

早三橋から下流側を望む↓

Img_7729_640x427
Img_7726_640x427

金山町側にある雨沼の展望台より望む霧幻峡↓

旧三更集落の奥に「ブナ坂崩れ」と「堂岩崩れ」と呼ばれる崩落個所を望む。

Img_7764_640x426

廃村集落に残る古民家↓

今も「霧幻庵」と「霧幻亭」として利用されているそうだ。

Img_7776_640x427

早戸温泉のある湯ノ平地区の先に高畑の稜線↓

Img_7778_640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年11月 8日 (木)

滝沢川の甌穴群(2018秋)

喰丸小を後にし、金山町は会津大塩駅の近くに位置する滝沢川おう穴群へ。

形成過程を一か所で見ることができる貴重な甌穴群で、その規模は東北最大shine

昨年9月以来の再訪で、紅葉期は初maple

 

展望スペースの南部から下流側↓

Img_7284_640x427

撮影しながら上流側へと進む↓

Img_7288_640x427
Dji_0270_640x427
Img_7332_640x426
Img_7330_640x427
Img_7328_640x427

第1群は紅葉に囲まれるmaple

Img_7334_640x427
Img_7310_640x426
Img_7306_640x427

展望スペースの北部から上流↓

支流の滝(写真右側)が何故か枯れていたものの、水量そのものは前回より多い印象だ。

Img_7301_640x427

動画編 (34秒 ・ 音声無し)

※来訪者が多く、ドローンでの撮影は第2群の一部に留まった^^;

幽の沢渓谷編へと続く ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年11月 6日 (火)

喰丸小の大銀杏

矢ノ原湿原を後にし、同じ昭和村の宮ノ前地区にある「喰丸小」へ。

今年4月、観光交流スポットとして新たに生まれ変わった廃校(旧喰丸小学校)である。

昔ながらの面影を残す築80年の木造校舎とシンボルの大銀杏は、周辺の景観とも相まって多くの方々から親しまれているconfident

Img_7259_640x427_3
Img_7281_640x427_2

樹齢約120年の大銀杏は、一部に青葉が残るものの概ね黄色に色付いている。

校庭も整えられ、樹の下にはベンチも設けられていた。

因みに、2013年に公開された映画「ハーメルン」のロケ地でもある。

Img_7279_640x427
Img_7260_640x426_2

改修に当たっては、クラウドファンディングにより1,200万円以上を集め、(目標にこそ届かなかったものの)All-in形式のためプロジェクトとして成立した経緯がある。

耐震や耐久性の向上はもちろん、可能な限り以前の風合いを残す手法が採られているという。

Img_7275_640x426

(画角など微妙に異なるが、2015年10月に撮影した旧喰丸小との比較を↓)

Img_7268_640x427
Img_4080_640x427

こういった改修には必ずと言っていいほど批判的な意見が付きものだが、これまでの経緯や将来性に期待し、積極的に応援したいところだ。

Img_7263_640x427_2
Img_4101_640x427

目下、ライトアップが行われており、昭和村の公式サイトではライブ配信もされている。

大銀杏の安定した成長と共に、建物の"経年美化"が楽しみであるconfident

Img_7267_428x640_2

隣接する建物に入る蕎麦カフェ「SCHOLA」(スコラ)と共に、再訪したいと思うcafe

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年11月 4日 (日)

錦秋の矢ノ原湿原

昭和村は下中津川地区にある矢ノ原湿原へ。(11/3)

国内で2番目に古い湿原とされ、貴重な動植物の宝庫でもある。

見頃の最盛期を迎えている紅葉は、湿原を鮮やかに彩っていたmaple

 

朝靄に霞む早朝の矢ノ原湿原↓

Img_7100_640x427
Img_7158_640x426
Img_7192_640x427
Img_7214_640x426
Img_7218_640x427
Img_7255_640x426

夕方の様子↓

(当初は朝だけの予定だったが、濃くなる一方のガスに一旦離脱した次第^^;)

Img_7445_640x427
Img_7451_640x426
Img_7459_640x427

空撮編camera

Dji_0261_640x427
Dji_0266_640x427
Dji_0300_640x427
Dji_0310_640x427
Dji_0324_640x427

動画編movie (5分18秒 ・ BGM有)

 

【参考】 夏の矢ノ原湿原(2015年8月)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月28日 (日)

"秋の桧原湖"東岸の一コマ

雄国山を後にし、錦秋の桧原湖へ。

短時間ではあったが、東岸の一角から穏やかな湖面を眺めてみたmaple

 

磐梯山↓

Img_6641_640x426
Img_6648_640x426

(以下、空撮編camera

Dji_0232_640x426

小野川湖や秋元湖の姿も確認できる↓

Dji_0233_640x427

甚九郎山の西側に続く裾野↓

Dji_0234_640x427

桧原湖北岸方向↓

Dji_0235_640x427

西岸↓

Dji_0236_640x427

細野地区方向↓

Dji_0237_640x427

磐梯山方向を望みながら、右下に見えている小島へと近づいてみる。

(名称不明^^;)

Dji_0242_640x427

美しく紅葉しているmaple

Dji_0243_640x427
Dji_0245_640x427

動画編 (1分21秒 ・ BGM有)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月24日 (水)

秋天の猿楽台地

日暮滝を後にし、猿楽台地のそば畑へ。

昨年より早めの訪問となる今回、終盤を向かえた収穫作業のタイミングと重なった。

ホワイトに染まる開花期とはまた違う秋の風情が美しいconfident

Img_6259_640x427

バックは三倉山↓

Img_6264_640x427

新そばに舌鼓を打ちつつ、季節の移ろいを感じたい。

Img_6269_640x427
Img_6262_640x427t_2

空から望む猿楽台地↓

Dji_0163_640x427
Dji_0172_640x427
Dji_0177_640x428

動画編 (約43秒 ・ 音声無し)

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月20日 (土)

色づく秋の観音沼森林公園

下郷町南倉沢にある観音沼森林公園へ。(10/18)

間もなく紅葉の見頃を迎えようとしている園内の様子を探る。

 

西岸より、観音山を望む↓

1img_6159_640x428

見頃のピークはこれからmaple

(最盛期の様子 → 2017年秋

1img_6162_640x427

畔の雑木林に差し込む朝日が心地良いconfident

1img_6168_640x428

今回は趣向を変え、上空からドローンにてcamera

沼の全景↓

Dji_0159_640x428

特徴的な浮島や水草、周辺の色付き具合などが分かり易い。

Dji_0157_640x427
Dji_0152_640x427
Dji_0153_640x427
Dji_0156_640x426

観音山と右奥に旭岳↓

Dji_0144_640x428

鍋山方向↓

Dji_0145_640x427

下郷町中心部方向と右奥に小野岳↓

Dji_0148_640x427

中央に斎藤山↓

Dji_0158_640x427

土倉山と中央に三倉山↓

Dji_0149_640x427

動画編 (2分50秒 ・ BGM有)

 

【参考】 2017年秋の観音沼森林公園

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年9月 9日 (日)

国見あつかしの郷&飯舘までい館 【道の駅】

国見町は藤田地区のR4沿いにある「道の駅 国見あつかしの郷」へ。

復興のシンボルとして昨年5月にオープンした道の駅で、その規模は東北最大級shine

"食"の充実度も魅力の一つとされ、今回は、その一角にあるレストラン「桃花亭」のランチがメインhappy01

P9090025_640x427

目的は、「国見母さん総菜ビュッフェ」

地元食材をふんだんに使用した料理がおかわり自由restaurant

(11時~15時の間の60分限定セルフサービスで、中学生以上1,080円)

P9090023_640x427ft
P9090026_640x427t

"国見の母さんたちが愛情いっぱい込めて毎日作ってくれるご飯やおかずは、国見の宝"

そのお裾分け…だそうだconfident

P9090027_640x427

こちらは、地元名産が揃う「くにみ市場」↓

P9090019_640x427

オリジナル商品も数多く並べられている。

P9090020_640x427t

お買い得な規格外品がまた嬉しいcatface

P9090021_640x427

バーガー系は、国見町のソウルフードのようだ↓

P9090018_640x427

****************************************************

ちょっと遠回りして、飯舘村にある道の駅 までい館へ。

昨年8月にオープンした地域活性化の拠点形成に資する国交省指定の「重点道の駅」。

規模こそ小さいものの、復興道半ばの飯舘村にあっては比較的集客力があるようだconfident

P9090031_640x428

館内は、杉の香りがとても心地よいconfident

約80個の花玉が飾られている「までいホール」↓

因みに"までい"とは、この地区の方言で「大切に」「丁寧に」「心を込めて」の意。

P9090033_640x427 

なお、福島県内には33箇所の道の駅がある。(2018年8月現在)

実は今回、までい館をもって全33箇所コンプリートと相成ったgood

決して道の駅巡りを趣味としている訳ではないため、スタンプや写真等の"証拠"はないのだが、外出ついでの訪問で数をこなし、この日を迎えた次第♪

今後、さらに計画が進む道の駅も複数あるとのこと。それらも網羅できればと思うconfident

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年8月27日 (月)

夏の鬼沼@郡山市

三ノ倉高原と前後して、郡山市湖南町にある鬼沼へ。

猪苗代湖南部に位置する「入り江」とも「ワンド」とも称される沼で、水深は僅か1mほど。

弘法大師に因む伝説を持ち、古くから民話等が語り継がれている。

 

弱酸性の猪苗代湖と繋がってはいるが、中性の水質を保っているそうだ。

砂州の長さは約100m。増水時は中央の緑地部分が離れ小島と化し、変化も楽しめる。

Img_4858_640x427

右奥に磐梯山↓

20数年ぶりの再訪にして、水量の少ない状況下は初めて。

Img_4857_640x427

鬼沼を俯瞰するポイントの東側から、猪苗代湖と磐梯山周辺↓

Img_4853_640x425

磐梯山の右奥に見えているのは、西吾妻周辺の峰々↓

Img_4845_640x427

飯豊連峰も良く見えている↓

Img_4843_640x427

 

**********************************************************

 

帰りは、会津若松市港町にある中田浜へも足を運んでみた。

こちらもまた20数年ぶりとなるcoldsweats01

(左奥が磐梯山)

Img_4992_640x426

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック