フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

福島情報

山歩き(県外)

2019年4月 4日 (木)

焼森山ミツマタ群生地

焼森山と鶏足山を後にし、ミツマタ群生地へと下りる。

群生地までは、鶏足山の北側から並柳方向へと向かう途中で左に折れる新ルートを選定してみたが、案内はなく、やや分かりにくい印象^^;

 

焼森山&鶏足山(登頂編)より続く ~

 

保全協力金(200円)を支払った後、群生地内へと進む。

Img_1720-640x425

ミツマタは高さ約2mの樹木で、枝が必ず3本に分かれることからその名が付いたという。

その樹皮は、紙幣の原料としても知られている。

Img_1722-640x428

見頃を迎えているミツマタに囲まれながらの散策♪

林床を埋め尽くす大群落は圧巻✨

Img_1727-640x426

ミツマタのトンネルに囲まれる。

Img_1742-640x427

Img_1749-640x427t

満開になると、半球体の様な形となる↓

Img_1732-640x427

Img_1756-640x426

Img_1759-640x427

遊歩道の最上部より↓

Img_1769-640x427

上からは、全体が白っぽく見える。

Img_1818-640x427

Img_1819-640x426

出口付近より、群生地上部を望む↓

Img_1858-640x427

Img_1854-640x427

Img_1879-640x427

群生地入口付近にある堰には、イワナなど約50匹の魚が生息しているとのこと↓

因みに、町長が私費で購入したものだそうだ

Img_1718-640x427

駐車場手前から新ルートを歩いて「いい里さかがわ館」へと戻る↓

Img_1892-640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年4月 2日 (火)

焼森山&鶏足山(登頂編)

栃木県茂木町にある焼森山と茨城県城里町にある鶏足山へ。

標高400m級の里山で、栃木&茨城界隈の好展望が楽しめる。

昨今人気の"ミツマタ群生地"を抱く山としても有名。

 

今回は、いい里さかがわ館を起点に焼森山~鶏足山~ミツマタ群生地を巡る。

いい里さかがわ館)↓

Img_1641-640x426

ミツマタ群生地へと向かう無料シャトルバスもあるが、運動を兼ねて歩くことにする。

Img_1642-640x427

いい里さかがわ館の先から焼森山を望む↓

Img_1645-640x430

アスファルト道から登山道へ↓

Img_1646-640x427

一の越と呼ばれる稜線↓

Img_1648-640x427
岩場↓

脇道もあるが、岩の上を進むのもいいだろう。

Img_1649-640x427

山頂手前にある「こだま岩」↓

Img_1651-640x426

宇都宮市街地方向↓

スッキリとしていれば、遠くに日光や那須連峰などが望めるようだ。

Img_1652-640x426

南西方向↓

Img_1653-640x427

焼森山の頂へ↓

眺望は、概ね「こだま岩」に近い印象。

(中央右寄りのピークがこれから向かう鶏足山)

Img_1662-640x427

那須連峰方向↓

Img_1672-640x427

山頂から若干下り、鶏足山を望む↓

Img_1674-640x427

下小貫方向との分岐を直進↓

Img_1675-640x427

弛み峠↓

この付近から先のルートは、茨城県境となるようだ。

Img_1676-640x427

ミツマタ群生地へと続く「ミツマタの小径」↓

Img_1678-640x427

鶏足山の頂へ↓

Img_1681-640x426

条件が良ければ、富士山も見えるようだ^^;

Img_1682-640x427

見晴台へと進む↓

Img_1687-640x429

見晴台↓
Img_1688-640x427
Img_1691-640x427

(見晴台からの眺望を幾つか)

南東方向↓

Img_1692-640x427

東方向↓

Img_1694-640x427

北方向↓

Img_1696-640x427

北東方向↓

Img_1697-640x427

南西方向に焼森山↓

Img_1700-640x427

山頂を過ぎて直ぐの護摩焚石↓

(左奥のピークは焼森山)

Img_1707-640x427

並柳方向と鶏石との分岐↓

(鶏石を見るため、一旦直進する)

Img_1708-640x427

鶏石↓

Img_1711-640x427

下部から見上げる↓
Img_1712-640x427

並柳分岐へと戻り、ミツマタ群生地への新ルートのある並柳方向へと進む。

 

~ ミツマタ群生地編へと続く ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年1月 3日 (木)

栗駒山麓の冬景色

東北の名峰「栗駒山」へ。(12/31~1/1)

冬季初となる今回、南東側斜面の一部をスノーシューにて散策する。

(天気の都合&宿に入る前の時間調整のため、山頂は目指さず^^;)

 

起点となる宮城県側の「旧いこいの村跡地」から山頂方向を望む↓

Img_8730_640x427

ゲート前から冬季通行止めの車道を進んで行く↓

(裏掛コース方向には僅かながらトレースが残っていた)

Img_8731_640x427

スノーシューでの沈み込みは平均で30cm前後。ショートカット時は膝上に達する。

スローペースとはいえ、鈍った身体でのラッセルは地味に辛い

Img_8733_640x426

(山頂付近は別だが)天気は、時間の経過とともに比較的安定してくれた

Img_8751_640x427

帯状に白く輝いて見えているのは、太平洋↓

Img_8749_640x426

何度かショートカットし、再び車道を進む↓

Img_8754_640x427

成長中の雪庇↓

Img_8753_640x426

途中、野うさぎが付けてくれたトレースを辿る↓

Img_8757_640x427

いわかがみ平へ到着↓

相当な強風が吹き抜けるのだろう。駐車場には殆ど雪が付いていない。

Img_8764_640x427

東栗駒コースとの分岐付近↓

Img_8762_640x427

避難小屋↓

入口の除雪が面倒なので、休憩は栗駒レストハウス前を選択^^;

Img_8784_640x426
Img_8777_640x427

栗駒レストハウス手前から岩手県側↓

そこだけ雪のない駐車場は、まるでポットホールのようにも見える。

Img_8772_640x427
Img_8780_640x427

休憩の後、ほぼ同じルートを戻る。

帰りは、下り斜面ならではの浮遊感を満喫♪

Img_8787_640x427

まだまだ控え目なシュカブラ(風紋)

Img_8785_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x425 

****************************************************

 

<翌朝>

初日の出を目的に「旧いこいの村跡地」を目指すも、目前で吹き溜まりに行く手を阻まれる…

やむなく、雪煙舞い上がる強風の中で日の出を待つこととした

(駐車場とそう大きくは変わらないが^^;)

Img_8817_640x427

栗駒山麓から望む2019年の初日の出

Img_8819_640x427
Img_8842_640x427
Img_8847_640x427
Img_8868_640x427

 

【参考】 2106年秋の栗駒山

 

 

~ 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年6月19日 (火)

花の稜線「南蔵王」

宮城県刈田郡にある蔵王連峰へ。(6/18)

刈田峠から不忘山まで続く南蔵王の主稜線は、花の百名山にも数えられている。

20数年ぶりとなる今回、梅雨の合間の穏やかな一日に恵まれた

 

蔵王エコーライン沿いにある登山道入口↓

Img_1366_640x427

多くは背丈を越える樹木に覆われるが、視界の開けた場所はとても爽快♪

Img_1367_640x427

最初のピーク「前山」へ↓

Img_1392_640x427

振り返って、刈田岳&熊野岳↓

中央奥には、月山が見え始めている。

Img_1393_640x427

山形県側の眺望↓

Img_1394_640x427

安達太良&吾妻連峰↓

Img_1399_640x427

朝日連峰↓

Img_1395_640x427

飯豊連峰↓

Img_1400_640x427

主に西側の景色を望みながら、杉ヶ峰へと進んで行く↓

Img_1402_640x427

杉ヶ峰手前から、北東側の眺望↓

Img_1403_640x425

杉ヶ峰の頂へ↓

Img_1426_640x427

杉ヶ峰から蔵王連峰最高峰の熊野岳を望む↓

Img_1428_640x427

エコーラインの先に月山↓

Img_1433_640x427

芝草平と呼ばれる湿原へ↓

Img_1493_640x427

目下、チングルマの大群落が広がっている↓

(バックは、南屏風岳)

Img_1451_640x427
Img_1454_640x427

チングルマに囲まれながら、先へと進む↓

Img_1484_640x427

ミネザクラ

Img_1465_640x427

芝草平の南側にある登山道から西へ延びる木道↓

Img_1495_640x427

芝草平南部のチングルマは花を終え、果穂へと移行しつつある↓

Img_1502_640x426

後烏帽子岳方向との分岐を過ぎ、左前方に馬ノ神岳↓

Img_1513_640x427

南蔵王の稜線上で最も高いピークとなる屏風岳へ↓

Img_1525_640x444

屏風岳から北東側に広がる大雲海↓

Img_1427_640x428

南屏風岳へ向けては、主に稜線の東側の眺望が開けてくる↓

Img_1536_640x426

南屏風岳と、左奥に不忘山↓

Img_1544_640x427

南屏風岳↓

(振り返って、熊野岳)

Img_1595_640x427

ここから視界の開けた稜線歩きとなる。左奥に不忘山。右は1,732ピーク↓

ここから先、足元にはハクサンイチゲが目立ってくる。

P6180006_640x427

雲海の先に福島県↓

(安達太良&吾妻連峰)

Img_1613_640x427

不忘山到着!

P6180040_640x427

歩いて来た方向を振り返る↓

P6180041_640x427

安達太良&吾妻連峰方向↓

P6180045_640x427

仙台市街地方向↓

残る雲海を望みながら、同じルートで登山口へ。

P6180046_640x427

道中で見掛けた花々↓

Img_1416_c_640x512
Img_1541c_640x512
P6180083c_640x512

GPSログ↓)

Gpslog_640x420

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年3月19日 (月)

残雪の角田山

新潟県新潟市にある花の名峰角田山」へ。(3/17)

2年ぶりとなる今回は、角田浜を起点に桜尾根を登って灯台コースを下る。

 

当初、春の花を求めて関東地方の某所を予定していたが、目的の花が終盤過ぎとのことから、急きょ、白羽の矢を立てた次第。

前夜の変更だったが、たまたま同じタイミングで角田山を予定していた地元在住の山友(M氏)にご案内を頂いた。

 

越後七浦シーサイドラインを渡り、燦燦カフェ前から日本海を振り返る↓

Img_7283_640x426

登山道入口↓

Img_7282_640x428

至極当たり前の注意書きが幾つかある↓

ピン長やチェーンスパイク、石突きのキャップを外したストックの使用も厳禁

Img_7286_640x428

本来であれば、雪割草ロードになるであろう登山道の様子↓

シーズン手前であることに加え、まだ肌寒い気候が蕾のままにしているようだ…

Img_7287_640x427

極僅かだが、一部で花を咲かせてくれていた

Img_7289_640x427

オウレンの一種↓(セリバオウレン?)

Img_7290_640x426

灯台コースと合流し、山頂へ↓

Img_7292_640x427

山頂到着~

越後平野を望むスポット(向陽観音)を目指し、さらに進む。

Img_7296_640x427

山頂にある避難小屋(健養亭)↓

Img_7298_640x425

向陽観音前へ↓

Img_7301_640x425

観音堂↓

Img_7317_640x427

向陽の鐘↓

Img_7300_640x426_2

案内板↓

飯豊、浅草、御神楽、そして磐梯山も望めるらしい

Img_7303_640x428

日本海と新潟市街地方向↓

Img_7307_640x427

左に宝珠山、右に菅名岳&大蔵山↓

スッキリとしていれば、中央奥に磐梯山が見えるようだ。

Img_7309_640x423

粟ヶ岳方向↓

Img_7310_640x427

向陽観音を後にし、山頂広場へと戻る。

右手側に長者塚遺跡↓

Img_7320_640x427

根明けが進む山頂周辺の残雪↓

Img_7321_640x427

健養亭の中にて小休止↓

(写真は帰り際の様子。入った時はもう少し混み合っていた)

Img_7336_640x425

ダルマストーブの優しい暖かさが嬉しい

Img_7324_640x427

帰りは、灯台コースを下る。

桜尾根との分岐から灯台コースの木道↓

Img_7293_640x427

途中、日当たりのいい場所で咲くカタクリ↓

Img_7341_640x427

ハイシーズンなら、カタクリの大群落に囲まれる

Img_7339_640x427t

灯台コースのハイライトは、やはり、角田岬を中心とした日本海側の眺望だろう

遠くに佐渡を望みながら尾根を下って行くルートは、とても快適♪

Img_7342_640x427

右手側に見えるカッタン岩↓ロッククライマーも集うらしい。

Img_7347_640x427

灯台手前の最後のピーク↓

Img_7349_640x427

向かって左側の尾根↓

右下は越後七浦シーサイドライン

Img_7357_640x427

最後のピークを過ぎ、角田岬灯台を眼下に高度を下げて行く↓

Img_7363_640x427

Img_7375_640x427

海抜ゼロの海岸線を経由して駐車場へ↓

Img_7381_640x425

帰りに立ち寄ったカーブドッチワイナリーから角田山を望む↓

P3170001_640x425

GPSログ↓)

Gpslog_640x425

 

【参考】 2016年4月3日の角田山

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年3月11日 (日)

日本一低い山「日和山」

宮城県仙台市にある日和山へ。(3/10)

日本で一番標高の低い山として、宮城野区蒲生の太平洋沿岸に君臨している。

元々は6mほどの築山だが、3.11の津波と地盤沈下によって現在の標高になったという。

 

その標高は「3m」。国土地理院の地形図に掲載されている山としては最も低い。

因みに、自然の山で最も標高が低い山は、徳島県徳島市の弁天山。

 

駐車場脇にある遊歩道入口↓

(河川復旧工事中のため、登山口から500mほど手前に設けられている)

Img_7208_640x426

遊歩道入口から日和山方向を望む↓

山らしきものは何も見えない…

Img_7209_640x427

遊歩道の途中で、いよいよ日和山が見えてきた↓

写真のほぼ中央^^;

Img_7212_640x427

日和山をズーム↓

仕方ないが、工事用のネットや仮設建物などがちょっと残念…

Img_7213_640x426

日和山へ↓

Img_7216_640x427

登山口の反対側から日和山↓

Img_7218_640x427

登山口から日和山の全景を望む↓

Img_7221_640x427

山頂到着!

登山口から山頂まで、約3秒!

Img_7225_640x427

山頂からの眺望を幾つか

真正面に太平洋

Img_7228_640x427

七ヶ浜方向↓

Img_7229_640x425

南側には、福島県まで続く海岸線↓

Img_7231_640x428

泉ヶ岳方向↓

Img_7236_640x426

蔵王連峰↓

Img_7237_640x426

そしてここは、様々な想いが胸を打つ場所でもある。

Img_7219_640x427

Img_7227_640x425

登山口脇の窪地から、山っぽい(いや、山だが^^;)アングルで↓

Img_7241_640x427

Img_7244_640x427

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年10月12日 (木)

紅葉の焼石岳(後編)

泉水沼を後にし、横岳分岐へ。

ここから望む1,511m峰(西焼石)と小岩沢上流域の美しさに暫し見惚れる。

 

紅葉の焼石岳(前編)より~

 

中央奥にそびえるのは、鳥海山↓

Img_2654_640x427_2

Img_2661_640x427

焼石岳山頂到着!

Img_2668_640x426

鳥海山↓

Img_2676_640x427

焼石沼と三界山↓

Img_2685_640x427

南元内岳と牛形山、六沢山方向↓

Img_2695_640x427

岩手山↓

Img_2704_640x427

早池峰山↓

Img_2700_640x427

東焼石岳と胆沢平野↓

Img_2697_640x425

胆沢平野に特徴的な散居集落↓

日本の原風景の一つとされる名所を俯瞰する。

Img_2713_640x427

泉水沼と横岳↓

Img_2722_640x426_2

栗駒山↓

Img_2720_640x427

中央奥に月山↓

Img_2728_640x428

山頂から360度の大展望を堪能した後、下山開始。

横岳分岐手前から、やはりこの眺望

Img_2756_640x426

泉水沼周辺↓

Img_2761_640x427

やや下って、中央に「つぶ沼」↓

Img_2772_640x427

胆沢ダムと、(左から)ウバ沼&中沼&石沼↓

Img_2775_640x427

銀明水避難小屋&銀明水↓

Img_2794_640x426

銀明水を過ぎ、紅葉と緑が入り混じる森を行く↓

Img_2809_640x427

つぶ沼との分岐を右へ↓

Img_2811_640x427

柔らかな光が樹林帯を照らす↓

(中沼コース程ではないものの、ぬかるんだ場所が多い^^;)

Img_2821_640x427

石沼を俯瞰する↓

Img_2823_640x427

石沼の先に焼石連峰↓

Img_2834_640x427

早朝、ガスに隠れていた胆沢盆地↓

Img_2841_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x419

 

【前記事:紅葉の焼石岳(前編)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年10月10日 (火)

紅葉の焼石岳(前編)

岩手県は奥州市にある焼石岳へ。(10/8)

十数年ぶりの再訪となる今回は、初めての紅葉期♪

花の名峰が魅せる"秋の装い"を伺う

 

6時過ぎの「つぶ沼」↓

Img_2459_640x427

Img_1612_640x436

R397を挟んで、登山道入口↓

Img_1613_640x427

登り始めは、美しいブナの森を緩やかに高度を上げる↓

(この付近の紅葉はまだまだこれから)

Img_2464_640x427

展望の開けた場所から、左前方に早池峰山↓

Img_2477_640x427

胆沢平野を覆う雲海↓

遠くのなだらかな山容は、室根山だろうか。

Img_2482_640x427_2

石沼分岐付近から眼下に石沼と、東焼石岳方向を望む↓

Img_2489_640x428

天気もいいので予定を変更し、石沼へ下りた後、中沼コースへ合流することに。

石沼分岐↓

(地図上では破線ルートだが、予想よりしっかりとしている)

Img_2485_640x427_2

石沼の湖畔へ↓

その名の由来なのだろうか?大岩がゴロゴロとしている。

Img_1615_640x427

石沼の様子↓

そこは、静寂に包まれた美しい空間が広がっている

紅葉こそピークの手前だが、その美しさの片鱗は十分に感じ取れよう

Img_2523_640x427

Img_2509_640x427

Img_2518_640x427

石沼を離れ、続いて中沼を目指す。

途中にある湿地↓

Img_1616_640x427

定番スポットである中沼からの眺望↓

Img_2528_640x426

Img_2534_640x427

Img_2547_640x426

中沼を過ぎ、木道を進む↓

Img_2548_640x427

上沼↓

Img_2555_640x427

沢の様な登山道を進む↓

Img_1619_640x427

銀明水前の広場↓

Img_1622_640x427

東北屈指の名水としても名高い「銀明水」↓

飲んでみれば納得だろう

Img_1625_640x427

目下、この界隈は紅葉のピークを迎えようというところ

銀明水前から辿ってきた道を振り返る↓

Img_2568_640x426

Img_2563_640x427

小さな名もなき滝を右手に、木道の補修作業地点を進む↓

Img_2576_640x427

奥州市街地方向↓

Img_2592_640x427

木道を過ぎると、若干高度を増す↓

Img_2595_640x427

Img_2596_640x427

横岳(左側のピーク)と、焼石岳の山頂↓

Img_2603_640x427

右手側に広がる草紅葉と天竺山↓

Img_2619_640x426

歩いて来た方向を振り返る↓

Img_2630_640x427

姥石平↓

Img_2635_640x427

紅葉のピークを過ぎた横岳の東面↓

Img_2636_640x427

東焼石岳↓

Img_2639_640x427

泉水沼から焼石岳↓

Img_2643_640x427

名残咲きのハクサンイチゲ↓

Img_2663_640x427

 

後編へと続く)

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年7月30日 (日)

宝篋山@つくば市

茨城県は、つくば市北東部に位置する宝篋山へ。(7/29)

筑波山や関東平野などの眺望に優れた里山で、小田山とも称されている。

 

今回は、宝篋山小田休憩所前から極楽寺コースを登り、小田城コースを下る。

宝篋山小田休憩所↓

Img_0849_640x427

案内板↓

Img_0852_640x424

駐車場から山頂(アンテナ施設付近)を見上げる↓

昨今、人気が高まっているとの事で、7時過ぎの到着で駐車場はほぼ満車…

Img_0854_640x427

歩き始めは、水田脇の農道を進む↓

Img_0855_640x427

極楽寺公園を過ぎ、常願寺コースとの分岐を左へ。

五輪塔↓

Img_0861_640x427

小さな滝が幾つか続く沢に沿って徐々に高度を上げる↓

休憩ポイントも多く、思い思いのペースで楽しめそうだ。

Img_0866_640x427

Img_0869_640x427

Img_0865_640x427

山頂手前にある宝篋城跡への案内板↓

折角なので、そちらを回ってみることに。

Img_0880_640x427

宝篋城中心地は、城跡らしく広い台地状となっている。

Img_0882_640x427

いよいよ山頂へ。

Img_0884_640x427

山頂到着!

Img_0885_640x427

宝篋印塔を中心にベンチ等が設けられ、とても広い。

Img_0886_640x427

北側に望む筑波山↓

残念ながら日光連山はガスの中…

Img_9475_640x420

霞んではいるものの、筑波山の全景が望めただけでも大満足♪

Img_9488_640x427

スッキリとしていれば、東京都心部や富士山、太平洋なども見渡せるという

Img_9480_640x427

Img_9490_640x427

帰りは、小田城コースへ。

Img_0889_640x427

下浅間神社↓

Img_0891_640x427

下浅間神社鳥居前からの眺望↓

Img_9493_640x418

途中、大峰平展望所方向へ↓

こちらは人通りが少ない?ようだ。何より、肝心な展望所そのものがよく分からなかった^^;

Img_0892_640x427

要害展望所↓

Img_0894_640x427

要害展望所からの眺望↓

Img_0897_640x425

GPSログ↓)

H_gpslog_640x431

 

今回の山旅は、当初予定していたグループ登山の代わりに急きょ決まったもので、天気予報が比較的安定していた茨城県を目指すことに。

初心者含む3名で、宝篋山&筑波山の2座日帰りというドタバタした一日と相成った

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年6月18日 (日)

平標山&仙ノ倉山

花の百名山「平標山」と、谷川連峰の最高峰「仙ノ倉山」へ。(6/15)

高山植物に彩られた平標山周辺から仙ノ倉山へと続く美しい稜線を巡る。

 

今回は、新潟県側の元橋駐車場から松手山を経由し、帰りは平標山から平元新道を下るルート。

(元橋P→松手山→平標山→仙ノ倉山⇔平標山→平標山乃家→元橋P)

 

駐車場奥からスタート↓(駐車料600円・トイレ有)

Img_8479_640x427

一旦、舗装路を進んで登山道入口へ↓

Img_0493_640x427

樹林帯の中、高度を上げていく↓

コースは全般的によく整備されている。

Img_0494_640x427

途中の開けた1,411mピーク付近から苗場スキー場と筍山を望む↓

Img_0495_640x427

鉄塔脇を抜け、再び樹林帯へ↓

Img_0497_640x427

松手山↓(1,614m) ピークというより、尾根の肩に近い。

振り返って苗場山方向を望む。

Img_8488_640x427

平標山を見上げる↓(中央左寄りに一の肩。山頂はその右寄りのピーク)

ここから先は、灌木帯の尾根を行く。

Img_8484_640x427_2

途中、松手山を振り返る↓(中央右寄り)

Img_0513_640x426

山頂手前に群生するハクサンイチゲ↓

Img_8495_640x426

Img_8500_640x427

平標山山頂到着!(1,984m)

振り返って広い山頂部と苗場山方向↓

Img_8511_640x427

中央奥に巻機山↓

Img_8522_640x427

ガスが掛かり始めた筍山↓

Img_8515_640x427

これから向かう仙ノ倉山もガスの中…↓

Img_8525_640x427

幸いにも10分程でガスが抜け、なだらかな稜線とその中に続く登山道が現れる↓

因みに、この登山道が概ね県境となっているようだ。

(向かって左が新潟県。右が群馬県)

Img_8526_640x427

お花畑に囲まれての稜線歩きは、とても心地いい♪

ガスの動きが気になるが、これだけ視界が開けていれば御の字だ

Img_8555_640x427

Img_8539_640x427

主となるのは、ハクサンイチゲ(白)、ハクサンコザクラ(紫)、ミヤマキンバイ(黄)

Img_8546_640x427

Img_8589_640x427

幾つかの緩やかなピークを越えて、仙ノ倉山山頂へ↓(2,026m)

Img_0525_640x427

Img_0526_640x427

Img_0527_640x427

休憩しながら様子を伺うも、ガスは中々抜けず…

魚沼市街地方向?だろうか↓

Img_8568_640x427

巻機山方向↓

Img_8573_640x426

30分ほど粘り、已む無く引き返す。

途中、平標山を望む↓

Img_8587_640x427

ミツバオウレン↓

Img_8588_640x426

再び平標山へと戻り、一瞬ガスの抜けた仙ノ倉山を振り返る↓

谷川岳の姿も薄っすらと。

Img_8603_640x427

帰りは、平標山乃家方向へ↓

Img_0541_640x427

途中、僅かな雪渓を過ぎて更に高度を下げる。

湿気が多いのだろう。モウセンゴケやタテヤマリンドウ等も確認できる。

Img_0544_640x427

平標山乃家の脇から平標山(左)と仙ノ倉山(右)を見上げる↓

Img_8611_640x427

平標山乃家前から平元新道を下る↓

Img_0552_640x427

ほぼ木段で整備されている。

Img_0560_640x427

林道と合流し、駐車場まで約3kmを戻る。

…これがまた地味に長い^^;

Img_0563_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x423

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック