フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

2020年7月 6日 (月)

世界のあじさい園&ゆり園2020@平田村

平田村のジュピアランドひらたにある「世界のあじさい園&ゆり園」へ。

梅雨模様の中、蓬田岳の山麓で見頃を迎えているアジサイ&ユリの花々を愛でる。

 

コロナ禍の影響もあってか、入口は何とも味気ない^^;↓

Img_5095

広い園内は、有料カートで巡ることもできる↓

(一人往復300円)

Img_5103

*****************************************

<ゆり園>

元々は北側の雑木林に設けられていたが、昨年の病害によりこちらへ移転したという。

Img_5099

ガスに隠れた蓬田岳山頂方向↓

奥の雑木林が昨年までゆり園だった場所となる。

Img_5113

園内の様子を幾つか↓

Img_3991

Img_4011

Img_4010

Img_4041_20200706195901

結び木↓

Img_5117

Img_5118

続いて、あじさい園へと移動。

Img_5121

*****************************************

<世界のあじさい園>

案内板によると、目下、約50,000㎡の敷地に800品種が植えられているようだ。

因みに、平成30年には372品種でギネス認定を受けている。

Img_5134

「あまやどり372」と呼ばれる休憩所↓

この日は、リアルに雨やどりをさせて頂いた^^;

Img_5125

休憩所の前にある炭窯↓

貴重な森林文化や山村文化を後世に伝える狙いがあるという。

ほんのりと漂う窯の香りが心地よい♪

Img_5127

園内には3つのコースが設けられているが、それぞれ自由に行き来可能。

先ずは右手側に登ったポイントにある「藤沼湖の奇跡のあじさい」↓

3.11で決壊したダム湖の底に眠っていた種子から育ったものだ。

Img_5138

ゆり園を望む↓

Img_5159

園内の様子をランダムに↓

Img_5187

Img_5176

Img_5182

Img_3963

Img_3890

Img_3877

Img_3947

Img_3928

Img_3880

あまやどり372のデッキより↓

下部にも多くのあじさいが植栽されている。

Img_5205

休憩所前の水鉢(つくばい?)には、あじさいの花が浮かべられていた↓

左端に浮かぶ四つ葉のクローバーがアイキャッチ✨

Img_5131

休憩所内のカウンター席で園内を眺める案山子↓

村長さん手作りの作品とのこと。

Img_5207

*****************************************

「世界のあじさい園&ゆり園」2020案内↓

https://www.vill.hirata.fukushima.jp/news/2020ajisai-yuri/view

****************************************

 

【参考】過去の様子→2016年

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年7月 2日 (木)

Kitchen nakajima 口福@矢吹町

先日、矢吹町小松にある洋食&中華屋さん「Kitchen nakajima 口福」へ。

テイクアウトの"応援メシ"イベントを逃したので、やや遅れて満を持しての初訪問♪

Img_4463

40年来続く「キッチンなかじま」をリニューアルオープンしたお店で、

かつての洋食に拘らず中華系も取り入れた新しいスタイルを目指しているという。

Img_4462

店内は、カウンターやテーブル席の他に小上がりも設けられている。

女性に人気…との事前情報に緊張していたが、たまたまなのか9割方オッサンだった^^;

Img_4461

メニュー表↓

いつもは余り迷わないクチだが、今回ばかりは若干迷う^^;

Img_4448

Img_4449

Img_4453

Img_4454

Img_4455

組み合わせ自由の食べる定食の中から「生姜焼き&チキンソテー」↓

Img_4456

昔ながらの洋食屋さん的雰囲気満点のビジュアル✨

Img_4458

五目あんかけ焼きそば↓

Img_4459

麺は、一部がパリパリとしたおこげのある柔らか麺↓

Img_4460

いずれも、そのビジュアルから予想するままの?深い味わい✨

固定ファンが少なくないというのもう頷ける安定感こそが真骨頂だろう。

************************************

〇 Kitchen nakajima 口福(こうふく)

〇 矢吹町小松251-4

〇 0248-44-2963(月曜定休)

************************************

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月28日 (日)

天空の楽園!田代山&帝釈山

南会津町にある田代山と帝釈山へ。(6/27)

田代山の広大な山頂湿原から稜線を繋いで帝釈山を併せる王道のルートを巡る。

十数年ぶりの再訪となる今回、ワタスゲとオサバグサのハイシーズンを狙い打つ。

 

10km弱の未舗装路を進んだ先にある猿倉登山口↓(南口)

例によって人の入り込まない写真を厳選しているが、2つの駐車場はほぼ満車だった。

(北口(約300m手前の駐車スペース)にトイレ有)

Img_4966

登山道はとても良く手入れされており、危険箇所も特にない。

登山口から入って直ぐの水場↓

Img_4978

樹林帯を抜けた先の小さな湿原「小田代」↓

バックは、田代山の山頂部。

Img_3512

そして、田代山の頂へ↓

広大な山頂湿原を特徴とし、天空や雲上、山上の楽園とも呼ばれ親しまれている。

Img_3542

<参考> 直近の道の駅「番屋」にある案内板の画像↓

台地状に広がる湿原の様子がとても分かりやすい。

Img_5064

湿原の南西端付近を覆うワタスゲ↓

順路(反時計回り)に沿って先へと進む。

Img_3546

弘法沼付近へ↓

正面奥でガスに隠れているのは、会津駒ヶ岳から三岩岳へと続く稜線。

Img_3562

Img_3565

山頂標識↓

ピンポイントで"最高地点"という訳ではない^^;

Img_3581

標識前より左に折れてさらに木道を進む↓

ワタスゲの群生は、ここからが本番!

Img_3583

場所によっては、木道を覆うほど群生している↓

回復傾向の天候と程よい風のお陰で、雨の影響もごく僅か。

Img_3621

モッフモフ✨

Img_3641

弘法大師堂へと続く木道↓

Img_3644

周回ルート途中から帝釈山方向へ↓

Img_3660

避難小屋を兼ねた弘法大師堂↓

帝釈山へは、向かって左脇を進んで樹林帯へと入っていく。

Img_5004

弘法大師堂前のトイレ棟とテラス↓

Img_5003

樹林帯に入ると直ぐに現れるオサバグサ↓(例年の見頃は6月中~下旬)

ケシ科の多年草で、レッドブックデータにも搭載される希少種。

尾瀬界隈でもここ帝釈山周辺が最大の群生地で、国内屈指の個体数を誇るとされる。

林床では、まさに途切れることなく見ることができる♪

Img_3699

帝釈山へと続く樹林帯は、シラビソやダケカンバ等が目立つ。

オサバグサの他に豊富な苔と小鳥の大合唱で、飽きることなく進む。

Img_3679

山頂手前のハシゴやロープのある岩場を超えると、視界が開ける。

振り返って田代山↓

Img_3703

帝釈山の頂へ↓

かつては、アクセスの悪さも手伝って"幻の山"とも呼ばれた隠れたる名峰。

Img_5026

会津駒ヶ岳(中央左寄りのピーク)と山頂部をガスに隠す三岩岳↓

Img_3713

日光連山↓

奥白根山や男体山も確認できる。

Img_3718

中央見寄りに燧ヶ岳と至仏山↓

手前は、馬坂峠へ向かうルートの入口。

Img_3723

田代山へと戻り、弘法大師堂先の周回路を右に折れて木道を進む。

視界が開け、田島方向に七ヶ岳や二岐山なども確認できるようになっていた。

Img_3756

こちら側もまたワタスゲの大群落に囲まれている♪

足元からコンデジにて↓

Img_5034

会津駒から三岩岳に掛けての稜線もクッキリ✨

Img_3831

道中で見掛けた花々を幾つか↓

田代山は花の百名山の一つ。山頂湿原を中心に多くの花々に囲まれている♪

因みに、チングルマは花から果穂まで揃い踏みのタイミングと相成った。

Panelimg_20200628161701

目下、樹林帯で最もみられるのはゴゼンタチバナ。

Panelimg02_20200628161701

ズダヤクシュなどは前半に集中している印象。

Panelimg03_20200628161701

もう間もなく、キンコウカが湿原を黄色に彩る頃となる。

Panelimg04_20200628161701

GPSログ↓)

Gpslog_20200628161701

帰り道、道中にある湯ノ花温泉へ♨

田代山と所縁の深い弘法の湯にて汗を流す。

※シャワーはあるもシャンプー等はなし。

Img_5060

【動画編】 (43秒)

後半の樹林帯に響くのは、ミソサザイのさえずり♪

 

 

  

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月24日 (水)

清水川の梅花藻@郡山市

郡山市湖南町は中野地区へ。(6/22)

清水川の水面を彩る梅花藻の様子を伺う。

 

梅花藻はキンポウゲ科の多年草で、その名は、梅の花に似た白い花に因むとされる。

様々な条件が整わないと生育できないため、各地で絶滅危惧種にも指定される希少種。

Img_3491

小川の様だったり側溝風?だったりと、清水川の態様は様々^^;

しかしそれは、まごうことなき"清き流れ"✨

そこに咲く梅花藻は「金魚草」とも呼ばれ、地元保存会によって守られている。

Img_4926

視界に入る範囲内のほぼ全域に渡って群生する梅花藻↓

今年の開花状況は若干早めに推移しているようだ^^;

Img_4929

時折、イワナやヤマメなどの姿も見ることができる。

Img_3502

清水川の水温は、年間を通して約14℃。

水質はもちろん、水量や流速等の諸条件がこの梅花藻を育んでいる。

Img_3434

実は今回、地元の方から貴重なお話を伺う機会に恵まれた。

水源地や農業用水とのバランス、管理の状況等々、大変興味深いものばかり。

…この場をお借りして改めて御礼を申し上げる所存である。

Img_3480

因みに数年前、極端な水不足で川が干上がったこともあるという…

しかし、幸いにも地中の根が生きていたため大事には至らなかったそうだ。

Img_3464

もちろん、地元の方の愛情の賜物でもあろう。

Img_3478

沈水部分には蕾も残っており、まだまだ楽しめそうだ。(例年の見頃は8月まで)

なお、水量なのか時期的なものなのか、水中で咲いている個体は少なかった。

Img_3437

こちらの枝垂桜は、三春町にある滝桜の子孫とのこと↓

因みに、今年初めて桜と梅花藻の開花が重なったとのことで、その時のお写真を拝見させて頂いた。

遅咲きとなる桜と数輪ながら早咲きの梅花藻のコラボは、かなりのレアケース!

Img_3448

滝桜直系の子孫と清水川の梅花藻↓

…何気に感慨深い。

Img_3451

両岸を彩っているのはヒメフウロだろうか。

ホワイトとピンクの競演が美しいポイント↓

Img_3425

花言葉は「幸福になります」

いつまでも可憐な姿を保って欲しいものである。

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月22日 (月)

ガスに煙る平標山

新潟県湯沢町は谷川連峰の西端に位置する平標山へ。(6/21)

なだらかな山稜に広がる天空のお花畑が美しい名峰で、花の百名山の一つ。

その主役「ハクサンイチゲ」の見頃を狙い、3年ぶりの再訪となる。

 

のんびりと準備を整え、登山口へと入っていく↓

(当初は前回と同じルートの予定だったが、天候状態を考慮し、仙ノ倉山をパスとした)

Img_4805

この日は、県境を跨ぐ移動が解禁されて最初の週末と好天予報が重なり、中々の賑わいぶりであった…

結果的に天候はイマイチだったが、この時期、可能であれば週末を避けるのが賢明だろう^^;

 

樹林帯を抜け、鉄塔の下を過ぎて先に進む↓

Img_4811

苗場スキー場方向を振り返る↓

Img_4814

途中にある松手山の頂へ↓

Img_4821

歩いて来た方向を振り返る↓

Img_4823

ガスに隠れた平標山の頂を見上げる↓

Img_4824

動きこそ早いものの安定的に居座るガスにテンションは上がらない…><

松手山以降、最も視界の効いたタイミングでこの程度↓

Img_4825

山頂手前の木段↓

この付近からハクサンイチゲの群生が現れ始める。

Img_4832

Img_3380

同じくして、ハクサンチドリも見られるようになってくる↓

Img_4834

平標山の山頂到着~

広い山頂ながらも中々の密っぷり^^;

Img_4836

霧雨交じる強風の中、木段を少し下った先へ↓

仙ノ倉山へと続くなだらかな稜線上には、天空のお花畑が広がっているのだが…

Img_3396

視界に入る範囲内でも、ハクサンイチゲの大群落が楽しめる♪

…が、霧雨でレンズが直ぐに濡れてしまう><

Img_3388

Img_3391

ハクサンイチゲに交じって見られるのは、ミヤマキンバイやハクサンコザクラ、イワカガミなど。

Img_3395

Img_3398

一旦、平標山頂へと戻り、平標山の家方向へと下る。

途中で見られたワタスゲの群生↓

Img_3401

平標山の家↓

名物?のカレーは、かなり人気のご様子だった♪

Img_4849

平標山の家前で休憩中、一瞬だけ姿を現してくれた平標山の頂↓

Img_4856

平標山の家を後にし、樹林帯の中で高度をグッと下げて林道と合流↓

約3kmの平坦路を経て登山口へと戻る。

Img_4857

GPSログ↓)

Gpslog_20200622174401

 

【参考】2017年6月の平標山&仙ノ倉山

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月18日 (木)

深緑の矢ノ原湿原

昭和村にある矢ノ原湿原へ。(6/10)

新緑を予定したかったが、昨今の事情により深緑と相成った^^;

 

因みにここは、良くも悪くも湿原の中を貫く遊歩道が設けられていない。

湿原中央付近の俯瞰及び仮想目線の様子は、後段の動画を参照頂きたい。

(駐車場にある案内板↓)

Img_3193

駐車場から徒歩1~2分で湿原へ。

Img_3195

遊歩道(1周約40分)を反時計回りに巡る。

逆回りもOK。

Img_3196

南湿原の北側に位置する矢ノ原沼↓

沼で多く見られるのはヒツジグサやミツガシワなど。

それらの花が見頃を迎えるのはこれからだ。

Img_3208

木立に囲まれた快適な遊歩道を進む↓

Img_3211

尾瀬沼や駒止湿原でも見られない貴重種が存在するという矢ノ原湿原だが、

"国内で2番目に古い湿原"たる風格は、どこか控えめな印象だ^^;

Img_3227

木道脇で見られたワタスゲ↓

Img_3239

ミズバショウ群生地↓

Img_3249

一旦車道と合流した後、湿原側へ若干下りて源兵衛清水↓

Img_3256

車道を進んで右手側に戊辰の役古戦場↓

Img_3267

湿原側に代官清水↓

この清水を汲むためだけに訪れる方も少なくないようだ。

Img_3272

代官清水を過ぎて再び車道から遊歩道へ。

Img_3305

鮮烈な紅葉期とはまた違う趣だが、深緑も美しい✨

Img_3303

Img_3353

Img_3358

Img_3366

<空撮編>

Dji_0308

Dji_0344

(参考)紅葉期の様子 2018年11月

 

【動画編】 (2分25秒・BGM有)

 

 

  

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月14日 (日)

一切経山【不動沢コース周回】~下山編~

一切経山の山頂を後にし、駱駝山を目指してシモフリ新道へと向かう。

登頂編より続く ~

 

東吾妻山と右奥に磐梯山↓を眺めた後、大きく左へ。

Img_4561

大きく口を開けた吾妻小富士と、右に高山&安達太良山↓

Img_2999

なだらかに広い山頂部の一角からシモフリ(霜降)新道入口へ↓

※ここから先、天候次第では難易度が大きく跳ね上がるので注意願う⚠

Img_4572

マイヅルソウが群生する樹林帯へ↓

昨年よりしっかりとした踏み跡は、入山者数の増加を物語っていよう…

Img_4582

樹林帯を抜けると、浄土平周辺の荒涼とした景色が飛び込んでくる↓

これより先の眺望は、魔女の瞳と並ぶ本ルートのハイライト✨

Img_3041

CMの撮影舞台としても有名な磐梯吾妻スカイライン(涅槃坂周辺)

Img_3029

浄土平周辺と中央右寄りに桶沼↓

目下、湿原はワタスゲが最盛期を迎えている♪

Img_3044

福島盆地をバックに駱駝山とシモフリ山↓

Img_3051

高山&安達太良山からシモフリ沢に掛けての眺望↓

…ネット上では中々見られない広角画像📷

Img_3070

駱駝山へと続く稜線↓

Img_3080

駱駝山の山頂手前で見られる奇岩と吾妻小富士↓

Img_3117

Img_3119

僅かに噴気を上げる一切経山の大穴火口(右上部中央寄り)

Img_3122

似た絵の連発で恐縮だが、縦構図↓^^;

Img_4605

一切経山を振り返る↓

Img_3147

駱駝山の頂↓

Img_4614

駱駝山頂より望む涅槃坂周辺↓

最近、この真逆(吾妻小富士側)から見下ろす景色を"実は福島は海外だった"としてTwitter等で話題となっている。

経済新聞などでも取り上げられるほど"バズっている"らしい^^;

Img_4619

シモフリ沢方向を俯瞰↓

不動沢へは、左側へと下りて行く。

Img_3160

途中、もう一つの目玉「白いイワカガミ」に遭遇↓

シロバナイワカガミなのか一般的個体の変種なのかは不明だが、これまた貴重♪

(場所の詳細は敢えて割愛させて頂くが、駱駝山の前後で慎ましく存在している)

Img_3168

一般的なイワカガミ↓は、本ルート上のほぼ全域で見ることが出来る。

Img_3177

何度か樹林帯を過ぎ、小広いザレ地より見上げる一切経山↓

Img_4688

樹林帯の途中にある渡渉ポイントにて涼をもらう↓

Img_3188

 往路の分岐へと合流↓

Img_4714

不動沢登山口へと戻り、下山届を投函して終了~↓

Img_4717

道中で見掛けた花々↓

Panelimg_20200614210401

GPSログ↓)

Gpslog_20200614210401

<参考>

〇前記事:登頂編

昨年7月の一切経山(シモフリ新道経由)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月12日 (金)

一切経山【不動沢コース周回】~登頂編~

吾妻連峰北東部の一切経山へ。(6/9)

不動沢を起点に家形山と駱駝山を併せる周回ルートを反時計回りに巡る。

なお、一番人気の浄土平コースは、6/10に通行規制が解除されている。

 

駐車場脇にある登山口を出発↓

Img_4469

賽の河原手前にある駱駝山(ラクダヤマ)との分岐↓

今回は反時計回りのため直進したが、多くの方が選択するようにオススメは時計回り^^;

Img_4479

「山鳥山」の案内板↓(意味はハッキリとしない^^;)

Img_4482

井戸溝↓

Img_4489

ルートから5分ほど外れるが、一応、慶応山荘へ↓

この日は休業中。なお、通り抜けはできないので、時間管理上シビアな場合はパスする方が無難。

Img_4500

硯石(追分分岐)を直進↓

Img_4504

「大根森」と呼ばれる開けたポイントへ↓

米沢市街地の先に朝日連峰から月山、右側は蔵王連峰が見えている。

Img_4507

そして、五色沼♪↓

Img_2841

これより向かう家形山

Img_4516

碑の前を過ぎ、直ぐに右へと登る。

※刈り払いされておらず、山頂直下も荒廃が進んでいるため注意

Img_4521

ケルンのある山頂部へ↓

Img_4525

因みに、ケルン脇にあるのは三角点ではなく「主図根点」↓

三角点を補助する役割を担っていたとのことで、何気に貴重?らしい。

Img_4526

家形山の頂より望む五色沼と一切経山↓

Img_2887

中央奥に磐梯山↓

Img_2877

家形山を下り、五色沼畔を回って一切経山へと向かう。

Img_2897

最低鞍部付近より五色沼↓

Img_2914

一切経山の北西斜面には、雪渓が数か所残っている↓

アイゼン無しでもOKだが、下る場合は特に注意されたい。

Img_4535

樹林帯を抜け、ややザレた道を登る↓

Img_4539

山頂直下にある大岩と五色沼↓

Img_2928

大岩の上より、家形山から西大巓へと続く一大稜線を望む↓

Img_2943

同じ大岩の上より、五色沼↓

手前側の視界に樹林帯が多く入るため、こちらを好む向きも多い。

Img_2937

そして、山頂の超定番スポットより超定番アングルで五色沼を↓^^;

「魔女の瞳」とも「吾妻の瞳」とも呼ばれる美しいブルーに魅せられる✨

朝日連峰や月山、やや霞んではいるものの鳥海山も確認できる♪

Img_2950

一切経山頂部の柱票↓(右隣に見えているのは一等三角点)

贅沢な時間を貸し切りで過ごした後、次の駱駝山を目指す。

Img_4555

 

下山編へと続く ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月10日 (水)

蓋沼森林公園「見晴台」@会津美里町

久保田の棚田を後にし、蓋沼森林公園へ。

帰り道、只見線通過のタイミングと重なったことから立ち寄ってみた次第。

公園の一角にある見晴台より、会津盆地を行く只見線を望む。

 

案内板↓

Img_4385

管理棟先の広い敷地に位置する見晴台↓

Img_4386

会津盆地を見下ろす眺望が素晴らしい♪

霞んではいるが、磐梯山や安達太良連峰も確認できる。

Img_2733

画像中央に会津鶴ヶ城

Img_2741

田園地帯を駆け抜ける只見線(14時台の上り線)

Img_2766

Img_2779_20200610200201

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月 8日 (月)

久保田の棚田&三十三観音@柳津町

三島町のアーチ3兄弟を後にし、お隣の柳津町へ。

いずれも初となる久保田地区の棚田と三十三観音を巡る。

 

~ 久保田地区の棚田 ~

町の中心部から離れた山間の一角にある棚田で、オーナー制度も導入されている。

派手さは控えめだが、古き良き日本の原風景ともいえる情景が特徴的♪

なお、映画「ジヌよさらば」の撮影地でもある。

Img_2641-640x427

上部に位置する水田脇より、棚田の先に集落を望む。

パンフ等にもある様に、絵的には夕景が最も似合いそうな印象だ^^;

ハナウド?だろか。可憐な白い花が土手を彩っている。

Img_2651-640x427

山から湧き出る清水を利用して作られるお米は、間違いなく美味であろう✨

Img_2713-640x427

集落側より望む棚田↓

決して分かりやすいとは言い難い^^;

Img_4382-640x427

撮影ポイント近くでは、日本タンポポの花を見ることが出来た♪

…が、確認できたのはこの一輪のみで、辺りは西洋タンポポが幅を利かせていた^^;

Pane_tara

<空撮編>

Dji_0294-640x427_20200608185401

Dji_0296-640x427

Dji_0297-640x427_20200608185401

 

*****************************************

 

久保田三十三観音

観音山と呼ばれる小高い丘陵に33体の石の観音菩薩があり、まわり観音とも称される。

中には、十字架を手にした珍しいマリア観音も安置されている。

Img_4324-640x427

Img_4325-640x427

1週230mほどのちょっとした山歩きとなる↓

Img_4323-640x427

Img_4341-640x427

十字架を持つマリア観音↓

Img_4338-640x427

山頂部付近↓

Img_4357-640x427

*****************************************

【動画編】 (1分06秒・BGM有)

 

 

  

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

«アーチ3兄弟@三島町

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック