フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

2023年1月31日 (火)

伊香保の石段街

おもちゃと人形自動車博物館を後にし、伊香保温泉へ。

伊香保のシンボル「石段街」を散策する。

 

風情に富む石段街の様子を幾つか↓(画像の撮影時間帯は一部前後する)

Img_1637

改修が重ねられ、現在の石段は365段あるという。

各店舗などを眺めつつ、思い思いのペースで散策が楽しめる。

Img_1609

Img_1588_20230131185301

Img_0899

Img_0903

Img_0909

Img_1591_20230131185301

Img_1592_20230131185301

脇の路地にもまた楽しみがある。

Img_1607

所用を済ませ、夕刻の石段街も少し歩いてみた。

Img_0885

Img_0891_20230131185301

****************************************

某人気バラエティ番組(MBS プレバト!!の企画作品も話題を集めているようだ。

こちらを目的に訪れる方も多く、人気番組の影響力はやはり凄まじい。

詳細は、プレバト!!スプレーアート第7弾作品展示にて。

Img_1622_20230131185301

Img_1621_20230131185301

Img_1623_20230131185301

Img_1145

Img_1148_20230131185301

Img_1521

Img_1150

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年1月29日 (日)

伊香保おもちゃと人形・自動車博物館_2023

水澤観世音を後にし、若干下った先の伊香保おもちゃと人形自動車博物館へ。

国内トップの集客数を誇るという私設ミュージアム&アミューズメントパーク✨

こちらも約8年ぶりの再訪。何度観ても見飽きない魅力に溢れている。

 

おもちゃと人形博物館↓(以下、館内の様子の一部を幾つか)

Img_0815

Img_0817_20230129191501

Img_0818_20230129191501

Img_0820_20230129191501

昭和レトロパーク&駄菓子屋横丁↓

Img_0823

(1ゲームだけ遊んでみた^^)

Img_0825_20230129191501

Img_0827_20230129191501

昭和スターロマン館↓

Img_0829_20230129191501

ミニミュージアム↓

Img_0842_20230129192601

自動車博物館↓

Img_0839

Img_0857

Img_0864

ミュージアムショップ(なつかし屋)

Img_0867_20230129191501

シネマワールド↓

Img_0870

Img_0875

こちらにもオーナーの想いが。

Img_0878

カフェ・キャバリーノ(の上部^^;)

Img_0880

今回は、前回の残りも含め全てのブースを巡ることが出来た♪

是非とも現地でその魅力をご堪能頂ければと思う。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年1月27日 (金)

五徳山 水澤観世音

田丸屋の水沢うどんを堪能した後、直ぐ近くの水澤観世音へ。

飛鳥時代に推古天皇の勅願により開基され、現在の本堂は江戸中期のものとされる。

姫を窮地から救ったという伝説に因み、女性の支持が高い点も特徴の一つとのこと。

 

約8年ぶりの再訪となる今回は、門前駐車場から階段を上って境内へと進む↓

前回は北側の大駐車場からなので、こちらはお初)

Img_0786_20230127203501

迫力のある仁王門をくぐって中へ↓

Img_0787_20230127203501

(境内の様子を幾つか)

正面に本堂(観音堂)、右奥に六角堂↓

Img_0789_20230127190301

六道輪廻の相を表すとされる六角堂↓

"地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間界・天人界"の六道を守る地蔵尊が祀られる。

地蔵尊を左に3回廻すことで、己の真心の供養を望める…とのこと。

Img_0808_20230127203401

Img_0807_20230127190301

樹齢約700年とされる「水沢の観音杉」↓

Img_0799_20230127203501

龍王弁財天↓

「此の水は、当水澤観音の霊泉にて、財を成し、病を癒し天寿を全うする…」

Img_0813_20230127203701

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年1月25日 (水)

水沢うどん「元祖 田丸屋」

群馬県渋川市は通称"水沢うどん街道"にある元祖 田丸屋へ。(1/21)

日本三大うどんの一つ「水沢うどん」の元祖とされ、400年以上の歴史を誇る名店。

 

水沢街道沿いに建つ趣のある店舗外観↓

Img_0772

店内は、モダンな和の雰囲気に溢れている。

客席は200席超で、いずれも綺麗に管理されているようだ。

(待合スペース↓)

Img_0784_20230125192601

待合スペースから見たエントランス↓

Img_0783

【メニュー表 → 田丸屋の料理献立

布袋様福膳↓

水と塩で丹念に練られたうどんは、ツルっとした食感とコシのバランスが素晴らしい。

二色つゆ(胡麻&醬油)は、コク深くもスッキリとした味わい。

Img_0780_20230125192601

もりうどん↓

麺と二色つゆは、布袋様福膳と同じだろうか。

Img_0776

もりうどんには、合わせ盛り(舞茸の天ぷらとかき揚げ)を併せてみた↓

油分はやや重めで、食べ応えに比例するかの如く後から胃にのしかかる^^;

Img_0778

メニュー表にはない角煮も頂いてみた↓

濃厚な味わいの肉は、箸でホロホロと崩れる柔らかさ。

Img_0779

(伊香保周辺を巡る旅の様子を何回かに分けてお伝えしたい)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年1月22日 (日)

冬晴れの大安場史跡公園

先日、郡山市田村町にある大安場史跡公園へ。

東北最大の前方後方墳をはじめ、5基の古墳群を有している。

今回は、空撮を併せて周辺を散策してみた。

 

第一駐車場より、ガイダンス施設と1号墳↓

Img_0729

先ずはガイダンス施設内の展示室を見学↓

詳細は割愛するが、こちらも是非押さえてきたいところ。

Img_0730_20230121083101

Img_0738

Img_0740_20230121083801

展示室を後にし、古墳群へと続く"史跡のこみち"を進む。

Img_0746

北側より望む大安場1号墳

約1,600年前に造られた東北最大の前方後方墳で、全長約83m、高さは約12m。

画像は、手前側が前方部となる。

(地震の影響により、古墳の上に登ることは出来ない)

Img_0754

南東側より、主が埋葬されていた後方部を見上げる↓

Img_0769_20230121083101

2号墳↓

1号墳の約100年後に造られたとされる円墳で、直径約15m。

(1号墳と併せ、国の史跡に指定されている)

Img_0758

3号から5号墳はいずれも円墳で、2号墳北の杉林内に位置している↓

Img_0766_20230121083101

【空撮編】

南東側より、郡山市街地をバックに公園の全景を望む↓

奥には、磐梯山や安達太良山、蔵王連峰などの山々が確認できる。

Dji_0575

西側より↓

ガイダンス施設は、古墳の副葬品である腕輪型石製品の形と色がモチーフ。

Dji_0568_20230121083101

(以下の画像は適宜トリミング)

1号墳をメインとした古墳群の全景↓

Dji_0556

前方後円墳の1号墳と円墳の2号墳、それぞれの形がとても分かり易い↓

Dji_0561

南西側より↓

Dji_0570

南側より↓

Dji_0563

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年1月18日 (水)

羽休む冬の使者@大池公園

矢吹町にある大池公園へ。(1/14)

夕刻の限られた時間だったが、約2年ぶりに白鳥たちの様子を伺ってみた。

 

東岸のビューポイント付近より、那須連峰をバックに大池公園↓

Img_1446

かつては餌やりも可能だったが、現在は禁止されているようだ。

(しかし、白鳥は人を見ると寄ってくる^^;)

Img_0725

公園南東部付近からの眺望を幾つか。

(時間的都合により、公園南東部付近のみ散策)

Img_1389_20230118190301

Img_1490

Img_1428_20230118190301

Img_1387

鴨たちの姿も多い。

Img_1396

時間的事情もあってか、飛び立つ姿を確認できたのは一度限り…

その数少ないチャンスを上手く活かせない撮影スキルに改めて落胆><

Img_1417

Img_1421_20230118190301

あゆり大橋の先にチラリと見えるのは、アイコン的存在の六角堂↓

Img_1482_20230118190301

東北本線の車両↓

Img_1454

(参考)2021年1月大池公園の白鳥

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年1月15日 (日)

雪の降り進む裏磐梯

裏磐梯は桧原湖周辺へ。(1/9)

悪天候の中、モノトーン調と化した冬の情景を探ってみた。

 

桧原湖↓

氷紋だったり雪紋だったりと、結氷が進む湖面は日に日に表情を変える。

Img_1371

Img_1375

Img_1382b

Img_1383

Img_1367

因みにこの日、北部はほとんど結氷していなかった。

ほぼ雪原と化した南部と比し、その表情は随分と異なっている。

3年前ほどの状況ではないようだが、この先の寒さに期待する向きが多かろう。

Img_1355

早稲沢地区の一角を流れる川↓

Img_1349

(参考:冬の桧原湖) 2019年2月2020年2月

 

******************************************************

 

打って変わって、こちらは全面結氷の曲沢沼↓

(参考) 2016年12月2020年1月

Img_1329

大沢沼もほぼ結氷していた↓

Img_1338

概ね同様の状況といった神楽沼↓

Img_1343

次の寒波で完全なる"銀世界"へと移り変わりそうな印象だ。

Img_1347

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年1月12日 (木)

鹿狼山

山舟生の羽山を後にし、新地町にある鹿狼山へ。

宮城県境に続く亘理地塁南部(阿武隈山地北部)に位置し、標高は約429m。

眺望の良さと手軽さもあって、県内でも屈指の人気を誇る山の一つ。

 

今回は、水源の森登山口を起点に樹海コースを登って眺望コースを戻る。

登山口前の駐車場から山頂方向を望む↓

Img_0609

"日本一早い山開き"を謳う元旦登山もすっかりお馴染みとなった感がある。

Img_0614_20230112195701

山頂には鹿狼山神社が祀られており、参道を兼ねた登山道を行く。

Img_0615

鳥居をくぐって直ぐの狛犬は、犬ならぬ"鹿"と"狼"↓

Img_0616

樹海の森方向へ↓

Img_0623_20230112195701

手長足長伝説に因む手長明神のイラストが可愛らしい案内板↓

Img_0625

登山道は広く、そしてとても綺麗に整備されている↓

傾斜も緩く難所もないため、登山装備ではない老若男女も多数見受けられる。

Img_0627

途中、海の見える東屋や切り株のベンチなども設けられている。

Img_0632

Img_0646

尾根を進んだ先、山頂直下にある眺望コースとの分岐↓

Img_0652_20230112195701

鹿狼山神社の祀られている山頂を見上げる↓

Img_0653

神社前の鳥居↓

Img_0660

Img_0661_20230112195701

足の病を治す神様として信仰のある足音神社の祠↓

Img_0666_20230112195701

鹿狼山神社↓

Img_0668_20230112195701

鹿狼山神社前より、ベンチの先に吾妻連峰方向↓

Img_0669

宮城県は丸森町方向↓

吾妻連峰同様、蔵王連峰も霞んでしまっている><

Img_0675_20230112195701

宮城県側へと続く亘理地塁の稜線↓

常磐線を利用しての七峰縦走も人気の様だ。

Img_0686_20230112195701

そして、太平洋側↓

海岸沿いに相馬共同火力の新地発電所や松川浦などが確認できる。

今年の初日の出もかなり賑わったとのこと。

Img_0681

山頂南側↓

Img_0680_20230112195701

下山は眺望コースへ↓

Img_0704_20230112195701

コース名から想像する程ではないが、"遠望が樹木の先に見える度"はより高い。

傾斜はあるものの決して急ではなく、家族連れも多く見られる。

Img_0708_20230112195701

Img_0711_20230112195701

下山後に立ち寄った浜の駅松川浦より望む鹿狼山↓

Img_0717_20230112195701

GPSログ↓)

Gpslog_karou

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年1月 9日 (月)

山舟生の羽山@伊達市

伊達市梁川町は山舟生地区にある霊峰「羽山」へ。(1/8)

出羽三山に因む信仰の山で、山頂には羽山神社の奥の院が祀られている。

今回は、麓にある羽生神社の先から出戸羽山と双子岩を併せて巡る。

 

最後の民家脇(防火水槽脇にある看板が目印)を道なりに進む↓

Img_0535

林道とのT字路を左に折れて直ぐの登山口↓

天狗岩の右側から山道へと入って行く。

Img_0538

出戸羽山方向(左)へ↓

山頂までは0.2kmほど遠回りとなる。なお、どちらから回ってもOK。

Img_0540

木々の先に遠望を楽しみつつ山肌を巻く↓

Img_0542_20230109170901

出戸羽山へ↓

羽山稜線上の肩の如きピークで、石祠が祀られている。

眺望は半田山方向が僅かに確認できる程度。

Img_0546_20230109170901

稜線上にある中羽山の看板↓

正式なピークはやや離れたポイントに石祠がある?ようだ。

それでも一応、この先の羽山ピークを踏んで"三山掛け"(三山詣り)ということに。

Img_0552

尾根の先に羽山の頂を望む↓

Img_0554_20230109170901

最後の急登へ↓

Img_0556

羽山(奥羽山)の頂へ。

立派な奥の院が祀られている。が、眺望には恵まれない。

Img_0560

Img_0561

数か所にあるマップだが、山頂付近が微妙に異なっている^^;

Img_0565

半田山(右端)方向↓

Img_0569_20230109170901

三十三観音や六角堂方向に続く稜線↓

Img_0564

下山は双子岩方向へ。

ここより先、ルートが微妙に分かりにくいので注意したい。

南東方向へと下り始めて直ぐのポイントは、道を塞ぐカタチでロープが張られている。

Img_0578

二つの鳥居を過ぎる。

Img_0583

二つの鳥居を過ぎて右へ。

Img_0585

双子岩↓

真っ二つに割られたようなカタチで鎮座する大岩の間を進む。

その先直ぐのポイントに童双神の石祠が建つ。

Img_0589

双子岩を過ぎて振り返る↓

バックは羽山のピーク。

Img_0593

ここもまた分かりにくいポイント^^;↓

画像右奥に進むのが下山道となるが、傾けられた案内板が示す通り左側にも道がある。

Img_0597

その左側へ下ったポイントにある「きつね遊び岩」↓

そこから下らずに巻くと大きな登山道に戻るが、その案内も特にない。

Img_0598

きつね遊び岩の先にある「どんどめき」↓

何を指しているのかは不明^^;

大きな登山道に合流したポイントの「天狗修験岩」も同じく不明><

Img_0601_20230109170901

その先にあるこれまた分かりにくいポイント↓

下画像の奥に進むのだが、この手前には左側に巻くように見えるルートもある。

Img_0603_20230109170901

GPSログ↓)

結果的に迷うことはなかったが、思ったより不案内で分かりにくい印象を受ける。

落葉期という点を差し引いても、それなりの注意をもって臨みたい。

Gpslog_hayama

【参考】山羽生地区自治振興会のHP「やまふにゅーす

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年1月 6日 (金)

白河ラーメン「さくら」@矢吹町

矢吹町八幡町にある手打ち白河ラーメン さくら へ。(1/3)

年末年始で疲れた胃にも優しい?白河ラーメンを求めての再訪となる。

Img_0533t

店内の様子↓

相変わらず綺麗な状態がキープされている。

Img_0531

テーブル席に加え、カウンターや座敷席も。

Img_0532_20230106191701

メニュー表↓

席によって異なるのか、以前とは違うシンプルなものとなっていた。

なお、各メニューの値段に変動はないようだ。ここは嬉しい限り。

Img_0523

Img_0525

チャーシュー麺(醤油・普通盛)

全てがまろやかであっさり目の"白河ラーメン"といった印象は変わらず。

スープ状に浮く油分の少なさもその印象を物語る。

コッテリ系には物足りなさそうだが、この優しさこそが「さくら」の真骨頂とも言えよう。

Img_0526

手打ちの中太ちぢれ麵のコシは中程度。チャーシューは柔らか目だろうか。

鶏がらベースの優しい醤油味のスープと絡んで冷えた体に染み渡る。

Img_0527

ワンタン麵(普通盛り)

具なしタイプのワンタンは、柔らかくチュルチュルとした食感が特徴的。

こちらも全体的にまろやかなあっさり系だ。

Img_0528_20230106191701

狙った訳ではないが、前回と同じメニューとなってしまった^^;

次回は、味噌系も試してみたいと思う。

(参考)矢吹町観光案内所内の紹介記事 → https://ameblo.jp/yabuki-kankou/entry-12596557105.html

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

«雲底を染める初日の出_2023@蓬田岳

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック