フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 早池峰山 | トップページ | 薪ストーブ運転開始 »

2011年10月17日 (月)

義経伝説に想ふ

平泉を訪ねてみた。松尾芭蕉も多くの句を残した歴史の街は、今年、世界文化遺産に登録されている。

Dsc03029

藤原家三代ゆかりの毛越寺。四季の美しさを映すという大泉が池が美しい

Dsc03036

池を象徴する出島石組と池中立石の絶妙なバランスに脱帽。義経もここに舟を浮かべたのだろうか?

Dsc03090_3

中尊寺入口にある「武蔵坊弁慶の墓」。通りの多い場所に五輪塔が立つ。

Dsc03042

月見坂を登る。(靴の種類によっては若干疲れそう)より先の杉はさらに大きい。

Dsc03045

坂の途中、東物見台から"夢の跡"衣川古戦場跡を望む。芭蕉の訪れた季節が秋だったら、どう詠まれたであろうか?

Dsc03083

こちらは、伊達氏建立と云われる国重文の白山神社能楽殿。今も神事能が催されるという。

Img_6984

中尊寺のハイライト、金色堂を覆う"覆堂"(金色堂は撮影禁止)。藤原氏眠る金色堂は、今も悠然と輝いていた。

実は今回、20数年ぶりの再訪。月見坂の前に立った時、金箔のテレホンカードをお土産に買った懐かしい思い出が蘇ってきた。…あの頃、ボクはまだ中学生だった

震災復興と相まって今後の賑いは相当なものと思われるが、是非足を延ばして欲しい場所の一つである。

ポチッと↓お願いしますm(_ _)m↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ  人気ブログランキングへ

« 早池峰山 | トップページ | 薪ストーブ運転開始 »

お出掛け(県外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義経伝説に想ふ:

« 早池峰山 | トップページ | 薪ストーブ運転開始 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック