フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« Chanda Ma Ma(チャンダママ) | トップページ | 白孔雀食堂 »

2011年11月 6日 (日)

二岐山(2011年11月)

天栄村の二岐山を歩いてみた。初夏に予定していたが已む無く断念したため、晩秋のリベンジである。

東北百名山にも数えられる特徴的な双耳峰は、県内各地から望むことの出来る秀峰。

Img_7558

今回、挑むは4人の精鋭!?。この界隈は熊が怖いので、やはりパーティは心強い

その名の通り、鍋が御神体という御鍋神社入口の先にある登山道からいざ出陣!

Img_7561

ここは"あすなろ"で有名な山でもある。"明日こそはブナになろう"という想いが短縮されて"あすなろ"になったという説もあるが、どちらも素晴らしい樹木であることは間違いない

Img_7566

急登を過ぎるとブナ平を過ぎ、視界も開けてくる。暫し平地を歩いた後、最後の登りに差し掛かる。

Img_7567

ブナの森に囲まれながら、落葉の積もる登山道を快適に歩む。目指す男岳はもうすぐ。

Img_7570

二岐山頂到着!若干モヤってはいるが、360度のパノラマが楽しめる。好条件の時は、猪苗代湖から磐梯山、飯豊連保まで望める。

Img_7572_2

下郷方面を望む。写真では分かり難いが、会津駒ケ岳や燧ヶ岳も見えている

Img_7579

那須岳方面。雲に隠れる那須岳の前に望むは、三本槍岳。

Img_7589

双耳峰のもう片方、女岳。眼下に天栄村の風力発電を見ながら大戸岳を望む。

それにしても、山頂が無風なのにビュンビュン回るこの風車。奇跡的な場所に設置されているのか、それとも、天栄村七不思議の一つなのかは不明である。。

因みに、男岳と女岳往復は約30分。御鍋神社入口から往復でも3時間程の山行き

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« Chanda Ma Ma(チャンダママ) | トップページ | 白孔雀食堂 »

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二岐山(2011年11月):

« Chanda Ma Ma(チャンダママ) | トップページ | 白孔雀食堂 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック