フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

和風とんこつ「SUGAZO」

白河市は萱根にあるラーメン店「SUGAZO」を訪ねてみた。

空き店舗を改装し5月にオープンしたばかりとあって、流石に綺麗である

Dsc04399

国道4号線に面しており、場所も分かりやすい。

駐車スペースは、お店の前に数台分が確保されている。

Dsc04397

和風の店内で出迎えてくれる店員さん達は、何故か皆揃ってヒップホップ系…

もちろん、BGMもヒップホップ系

(でも、不思議なことに店員さんを見るとジェロを連想してしまう。 ← 演歌だろぅ

Dsc04396

麺に加え、写真付きで紹介されていた「ごはんもの」から一品チョイスする。

そういえば、どこにも「白河ラーメン」の文字は見当たらない

先ずは、つけめん「和風とんこつ しょうゆ」↓

Dsc04392

豚骨と節系のダブルスープに炙ったチャーシューとコシのある麺がよく合う!

濃い目だが、このぐらいの方が旨味が出るのだろう。

続いて、らーめん「和風とんこつ 甘辛」↓

Dsc04395

想定外の酸味に驚く…。コクのあるキムチ鍋のスープ風といった感じか。

麺などは同じと思われる。

こちらは、チャーシュー丼↓

Dsc04393

かなりの量に見える写真だが、ラーメンどんぶりよりは遙かに小さい。

バラチャーシューに香ばしいタレが絡んでとても美味しい!

(今回はたまたまだったのか、ライスは及第点)

 

ハーフサイズメニューも用意されるなど、女性の人気も高いという

是非とも訪れてみて欲しい。

*******************************************

場所:白河市萱根北街道端3

TEL:0248-27-1271

(水曜定休)

*******************************************

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2012年6月27日 (水)

赤面山(2012年6月)

西郷村の赤面山を歩いてみた。

日光国立公園内に位置するここは那須・甲子連峰の東端を形成しており、福島百名山にも数えられている。

所用により昼頃からのスタートとなったため、白河高原スキー場跡を基点とした。

 

駐車場付近から望む赤面山方面↓(山頂は見えない)

Img_9984

今回のコースは、約3分の2をゲレンデ部分が占めている。

ゴロゴロとした岩の上を進むのだが、岩を外すと粘土質の土となってしまう。

こういうのは、微妙に疲れる。

Img_9985

何だか不案内だなぁと思っていたら、ゲレンデを登りきった所でようやく標識と出会う。

Img_9987

Img_9988

僅かだが、清々しい森林の間を抜けながら進む。

Img_9989

のんびり歩くこと約1時間15分。山頂へ到着!

Img_9995

山頂からは、360度の大パノラマが広がる。

Img_9996

那須岳方面を望む↓この界隈で風のない穏やかな天候は、かなり貴重。

Img_0001

頂上付近から望む景色をいくつか↓

Img_0005

Img_0004_5

Img_9999

Img_0011

Img_0006

因みに、今回起点とした旧白河高原スキー場は、前身の赤面山スキー場だった時代(かれこれ20年以上前だがスキーデビューを果たした思い出の場所でもある。

あの頃、スキーはまさに最盛期を迎えていた。

ユーミンや広瀬香美の曲をダビングしたカセットテープを掛けちゃったりなんかして、意気揚々とゲレンデに向かったものだ

今思えば、ここは那須から郡山にかけての夜景を見渡せる素晴らしいゲレンデだった。

Img_0028

万感の思い?を胸に無事下山!

償還期間が終了し、現在無料となっている旧那須甲子有料道路を経由すれば抜群のアクセスを誇る。

是非とも訪れて頂きたい。

今回のGPSログはコチラ↓

Gps

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2012年6月24日 (日)

自殺者報道の側面を読む

先日、県内屈指の規模を誇る某病院の医師の話を聞く機会があった。

中でも興味を引いたのは、震災後の自殺者数の推移についてである。

結論から先に言うと、「震災前後で福島県の自殺者数に大きな変化は見られない」そうだ。

Img_9971

そこで、1週間ほど前にネット上を駆け巡ったこのニュース↓が若干気になった。

震災以降、福島県は異常な数で自殺者が増加している

 

然るべき立場の方の発言とされるが、どうも実態とは異なっているようである。

(昨年の第一四半期に一時的な増加がみられたデータはあるようだが)

Img_9949

確かに、原発問題を苦に自らの命を立たれた方は皆無ではない。

しかし、一部の扇動的ともいえる発言が被災地の空気をより重くしているのだ。

 

それでなくとも風評被害との戦いは全く先が見えてこないのに、復興の機運に水を差して欲しくはない。

本心では"他人事"なのに、さも原発問題に重大な関心を寄せているかのような発言は、別の意味で耳が痒くなるだけである。

Img_9979

 

(まぁ原発問題に関しては、岩手出身の某センセーだって逃げるぐらいだから、

扇動的な意見があるのは仕方ないが…) 

********************************************************** 

さらに医師は続ける。

自殺企図者は全入院患者の約3割を占めるに至り、"已む無く"治療を要する患者のスペースをも圧迫している。

社会構造の問題解決なくして医療費問題の解決はない、と。

**********************************************************

余りにも根が深いこの問題。

人生の選択肢から「自殺」の文字が消えるのはいつの日か。

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2012年6月18日 (月)

臓器移植問題に思う

改正臓器移植法の施行後初となる幼児の脳死判定により、臓器移植が行われたのは周知の通り。

幾つかの"命"が救われ、そして、新たなる人生がスタートした。

(幼児と家族のご英断には、敬意を表さずには居られない)

 

因みに、ボクは10年以上前から意思表示カードを所持し、全面的に提供「可」である。

(古いので、黄色のカードだが

Thumbnail9

勿論、臓器提供に賛否両論はあろう

他人の臓器を頂いてまで生きようとするのは自然に反する、との声や、

己が生きるために他人の死を期待する「死を待つ医療」との意見もある。

また、意思表示のできない自分にメスを入れられるのを嫌う向きも当然と言える。

Img_9943

"全会一致での解決"は有り得ないであろう永遠のテーマ。

不幸にも臓器提供ができる状況下に陥ってしまった時、その臓器は提供しなければ灰となり土となる。

しかし、何のアクションも無ければ生きることが困難だった人のもとで自分の臓器が第二の人生を歩むという選択肢を失う。

 

~臓器提供で助かる人は、自分の大切な人かもしれないし、自分自身かもしれない~

 

Img_9956_2

 

…本当に難しいテーマである。

臓器提供に関する様々な情報は、(社) 日本臓器移植ネットワークを参照願う。

賛成であっても反対であってもいいのだ。

いずれにしても、できるだけ多くの方がその意思を表示しておくことが重要だと思う

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2012年6月14日 (木)

eTrex30j (ガーミンGPS)

山用として使用しているハンディGPSを更新した。

今回選択したのは、ガーミン(GARMIN)社製のeTrex30j

これまでは同じガーミンのeTrex Venture(英語版)を使用していたが、昨シーズン途中で故障により引退したままだったのだ

(写真右がeTrex30j)

Img_9928

ベンチャーからの更新なので、eTrex10j(若しくは英語版のeTrex10)でも全然OKだが、このシリーズはモデルチェンジを機に価格が下がったこともあり、折角なので地図表示機能付を検討していた。

(それでもまだ割安感を感じる程ではない

Img_9932_2

比較対照はeTrex20j

20Jも性能は十分だが、休憩時(止まった状態)でも正しい方角を示す30jの方が折角の地図を最大限に生かせるだろうとの思いからである

20Jには無い気圧高度計も、位置情報の正確性を期すためには多少なりとも役立ってくれるだろう。

(10j、20j、30jとも測位性能は共通とのこと)

 

残念なのは、背面の出っ張りがやや大きいこと。黒い部分は、クリップに見えて実はクリップではない

また、ボタンの感触と「カチッ」というやたら大きな音もほとんど変化なし…

(まぁこの辺は好みの問題もあろう)

*********************************************************

因みに、本体にプリインストールされている地図は縮尺が小さ過ぎてとても使えないので、TOPO10MPlus(日本登山地図)を併せて購入した。

今回、高価な日本語版にした最大の理由はここにあったのだ

(英語版では正常に作動しない)

Img_9937

この地図は中々素晴らしい!

登山用だけに10m間隔の等高線や主要ルートのマーキングは当然としても、都市部や郊外の描写(1/25,000)が思ったより詳細なのは嬉しい誤算

(山地図が要らない方には、シティナビゲーターもある。)

*********************************************************

早速電源を入れてみた。

転送済みのセットモデルを購入したので、電源オンで即使用可能!

284_2

313_3

 

新eTrexシリーズ最大のウリは、世界初の3測位システム同時受信対応であること。

これはアメリカのGPSに加え、ロシア版GLONASSと日本の準天頂衛星「みちびき」の電波を受信できるため、測位性能が向上するというものである

410

スタンバイまでの時間も早く、特に時間を要するコールドスタートからのタイム差に至っては、比較にも値しない。

(ボクの古いVentureと比較するのはナンセンスだが)

 

電池の持ちも圧倒的(シリーズ最長)。測位性能に至っては"言うに及ばず"である。因みにボクは、カシミールで作成したウェイポイントをGPSに転送し、ナビやログの記録が基本スタイル。

このモデルで地図表示機能付モデルの素晴らしさを知ったので、存分に味わってみたいと思う。

 

<スクリーンショットを幾つか↓>

340_2

990

1030

1896

2032

 

*********************************************************

 

GPSを紹介しておきながらナンだが、あくまで基本となる紙ベースの地図を決して疎かにしている訳ではない。

カシミールは経線・緯線に加え磁北線も表示して印刷することができるため、コンパスが使い易いのだ

Img_9938

*********************************************************

昨今、高機能アプリをインストールしたスマホを山用GPSとして使用されている方も少なくなかろう。

もちろん否定はしないが、非常時に電池切れで使えない!なんて事がないよう注意頂きたい。

遭難時の位置の推定はもちろん、「繋がってナンボ」の携帯電話だからである。

 

GPSやスマホ、コンパスを組み合わせることにより、道に迷うリスクは相当軽減されると思われるが、落石や落雷、滑落等の危険性はそう変わるものではない。

"慣れと過信"は事故を招く要因の一つ。改めて肝に銘じておく必要がありそうだ

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

 

 

2012年6月12日 (火)

ゑびす庵@福島市

福島市荒井の「ゑびす庵」を訪ねてみた。

操業50年以上を誇る老舗うどん店は、原発事故により全村避難が続く飯舘村で最後まで営業を続けていた。

Dsc04228_2

場所はアンナガーデン直ぐ近くの元旅館。通りに面しているため分かり易い。

店内は、福島市街地を望む中々のロケーション↓

Dsc04219_2

"美味しく食して頂くため"麺は注文から約9分の茹で時間を要するという。

Dsc04213

までいライフ」精神の元、箸は使い捨てではなく「エコはし」を使用している

因みに、「までい」の意味は「丁寧」とか「心を込めて(た)」といったあたり。

(日常会話では、ほとんど聞かなくなった言葉の一つだが)

Dsc04215

いよいよ運ばれてきた!

こちら↓は「ざるうどん」。素材の良さを存分に味わえる

Dsc04220

こちら↓は、海老と卵がトッピングされた「ゑびす庵うどん」

Dsc04221_2

お新香がさり気なく美味しいところも流石である

他にも丼モノや一品料理も楽しめる

県都を眼下に美味しい食事を堪能して欲しい

**************************************************

○住所:福島市荒井字横塚3-179

○TEL:024-563-7605

**************************************************

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2012年6月10日 (日)

大陶器市

福島市で開催中の大陶器市を訪ねてみた。

国内有名窯元の作品、約50万点が揃う全国大陶器市振興組合主催のイベントである。

Dsc04198

大型テントに囲まれた展示ブースは、時折小雨が舞う生憎の天候ながらも中々の賑わい振り

Dsc04201

食器類はもちろん、花瓶や置物、家具等々、多岐に渡る作品群が所狭しと並べられている。

(高級品だけじゃなく、身近な品々も多数揃う

Dsc04202_2

Dsc04203

Dsc04205_2

Dsc04206

Dsc04208

Dsc04209

伝統の逸品に触れつつ、素晴らしい景観を誇る会場周辺を散策してみて欲しい

********************************************

○開催期間:6/9(土)~6/17(日) (10:00~18:00)

○場所:あづま総合運動公園 

********************************************

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2012年6月 6日 (水)

献血 ~LOVE in Action~

暫くぶりとなるため偉そうには言えないが、献血してきた。

目標は「12週間スパン」なのだが、残念ながら達成できてはいない。。

因みに、いつも400ml全血献血である。

(成分献血は、戻される時の感触が苦手…)

Img_9853

まぁ、献血については敢えて語るまでもなかろう。

日本赤十字社ではLOVE in Actionプロジェクトを展開し、特に若い世代への献血を呼び掛けているそうだ

ラジオ番組「LOVE in Action」パーソナリティ、小林麻耶氏のレポート↓も興味深い。

(ボクもご一緒したい…c(>ω<)ゞ)

Img_9861

輸血を必要とする人は、1日平均で約3,000人にも上るという

献血に要する時間は、受付開始から採血後の休憩まで含め40分程度。

"救える命のため"に、献血へのご理解とご協力を。

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2012年6月 4日 (月)

鎌倉岳&見株山@古殿町(2012年6月)

古殿町にある鎌倉岳見株山を歩いてみた。

先ずは鎌倉岳。竹貫鎌倉岳とも呼ばれ、標高669.1mの町のシンボルである。

Img_9810

町役場の脇を抜け、鎌倉岳遊歩道の駐車場↓側から山頂を目指す。

Img_9784

駐車場脇にあるのは、長寿の強清水↓

高齢(103歳)
富士登山で日本一になられた地元の故・五十嵐氏が愛飲していたという。

Img_9785

駐車場から数分で遊歩道入口へ到着。

山頂はここから約100m。中々の急登で、鎖も設置されている。

Img_9790

天狗の足跡が残る?岩の脇を過ぎる。

Img_9808

山頂へ到着!

Img_9792

町の中心部を望む↓

写真中央に見える三角の山は、先日訪ねた蓬田岳

Img_9803

*****************************************************

続いて、見株山へ。

町の中心部から10km以上離れた高原地帯に位置する標高841.8mの古殿町最高峰である。

2か所ある登山口(北と南)のうち、南を選択。(北は藪に覆われている

 

Img_9829

一般車両は途中までしか入ることは出来ないが、歩く距離はごく僅か。

Img_9817

頂上到着~。

Img_9828

鳥居の先にある展望台↓の名は、「見株山頂富士見台」

Img_9818

条件が揃った時、ここから248km離れた富士山を望むことが出来るそうだ

Img_9824

空が澄んだ状態の時、また訪れてみたい。

富士山とまではいかないが、いわき市の小名浜近郊と太平洋を望むことが出来た

Img_9823

見株山近くにある中瀬牧場

出会いのパワースポットだそうだ。

Img_9816

時間的都合で行く事は出来なかったが、見株山の麓にある「入道の湯」で汗を流すのもいいだろう。

*****************************************************

帰りのプチ休憩は「道の駅 ふるどの」↓で。

元々は、町の特産品が並ぶ生産物直売所「おふくろの駅」である。

Img_9830

*****************************************************

古殿町の2座は、手軽で景色のいい素晴らしい山であった。

是非とも足を運んでみて欲しい

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2012年6月 2日 (土)

庭のヒメサユリ開花

庭の一角に植えておいたヒメサユリが開花した

春先に近所の植物園から購入したもので、環境省のレッドデータブックにも記載されている貴重な花である。

Img_9649

淡いピンクが特徴的なユリ科の花で、福島県近郊の山間部にしか自生していないとも言われている。

Img_9647

我が家のそれは何故かとても小さいのだが、今後増えてくれるとありがたい。

その他、初夏の庭の様子を観察してみた

Img_9783

ヤマホタルブクロ↑。ヒメサユリと一緒に購入したものである。

Img_9753

カルミア↑は咲き始め。花も綺麗だが、蕾を好む方も少なくないらしい

Img_9773

ブルーベリー↑の蕾。丈夫で管理し易い。秋の紅葉は抜群!

Img_9750

ピークを完全に過ぎた芝桜↑しかし、僅かに残る花は儚くも美しい

Img_9754_2

白く可憐に咲くコデマリ↑これまた丈夫。

Img_9763

雑草と見違えそうな小さな青い花↑(名前は失念…)

Img_9658

陽光桜のサクランボ

 

ヒメサユリの花言葉は「飾らぬ美」。黙して飾らずとも素の美しさは十分に伝わってくる。

"問わず語りの中身無し"にならぬよう心掛けたいものである

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック