フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 臓器移植問題に思う | トップページ | 赤面山(2012年6月) »

2012年6月24日 (日)

自殺者報道の側面を読む

先日、県内屈指の規模を誇る某病院の医師の話を聞く機会があった。

中でも興味を引いたのは、震災後の自殺者数の推移についてである。

結論から先に言うと、「震災前後で福島県の自殺者数に大きな変化は見られない」そうだ。

Img_9971

そこで、1週間ほど前にネット上を駆け巡ったこのニュース↓が若干気になった。

震災以降、福島県は異常な数で自殺者が増加している

 

然るべき立場の方の発言とされるが、どうも実態とは異なっているようである。

(昨年の第一四半期に一時的な増加がみられたデータはあるようだが)

Img_9949

確かに、原発問題を苦に自らの命を立たれた方は皆無ではない。

しかし、一部の扇動的ともいえる発言が被災地の空気をより重くしているのだ。

 

それでなくとも風評被害との戦いは全く先が見えてこないのに、復興の機運に水を差して欲しくはない。

本心では"他人事"なのに、さも原発問題に重大な関心を寄せているかのような発言は、別の意味で耳が痒くなるだけである。

Img_9979

 

(まぁ原発問題に関しては、岩手出身の某センセーだって逃げるぐらいだから、

扇動的な意見があるのは仕方ないが…) 

********************************************************** 

さらに医師は続ける。

自殺企図者は全入院患者の約3割を占めるに至り、"已む無く"治療を要する患者のスペースをも圧迫している。

社会構造の問題解決なくして医療費問題の解決はない、と。

**********************************************************

余りにも根が深いこの問題。

人生の選択肢から「自殺」の文字が消えるのはいつの日か。

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 臓器移植問題に思う | トップページ | 赤面山(2012年6月) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

baocoさん、こんばんは!

本当に、ほんとうに、ホントーにありがとうございます!!!!!!
そのお気持ちだけで十分嬉しいです~~。

落ち着いて考えてみれば、福島沖に降り注いだ放射性物質は
いつまでもそこに留まってはいない訳で、つまるところ、
検査を突破して市場に流通する食品なら安全と言うことになります。

…と言っても、まぁナンですが。本当にありがとうございます。
baocoさんの様な方が一人でもいる限り、福島県民は前を向いて歩いていけるのです。

今後とも、よろしくお願いします。
(ベタな内容でスミマセンm(_ _)m)

福島県沖で水揚げされたタコとツブ貝の販売開始のような、明るいニュースもあります!
被災地での、農業、漁業の問題の大きな一歩のような気がして嬉しかったし、
県外販売が開始されれば、絶対買いますからね!
                                                     

たかchanさん、こんばんは!

確かに、疑いだしたら本当にキリがありません。
今まさに"情報リテラシー"を問われる時代なのだと思います

「人生の楽園」いいですね。
あのテーマソングに乗せて映し出される映像とナレーションが素晴らしいです。

Shigekinさん、こんばんは!

全く以て同感です。過剰演出も甚だしい。
中立的な報道から各々が検証すべきなのに、論点がズレたままでは話にもなりません。
いつまで福島県民の"特殊扱い"が続くものやら…。

(どうせなら"税金免除"ぐらい大胆に特殊扱いして欲しいものです

報道される事が真実を伝えているのかというと、 どうもすべてとは
とても言えないようですね。 やはりある一面をとらえて強調して報道される
事もあるようです。 疑い出せばきりがないのかもしれませんが、全てを
信じることは疑問です。 「そういう考え方、見方もあるね。」 というくらいの
感じで受け取る方がいいと思っています。 コメントにならず、スミマセン。
最近はあまりTVを見なくなりました。  必ず見るのは「人生の楽園」です。  

潜在的にあったような問題を原発問題と差し替えられてもという感じですね。その方が話がセンセーショナルになるからなのでしょうが。何か事件があると似たような事件が続々報道されているのを見ると、その節操の無さにうんざりさせられます。もっと中立的な立場での報道を願いたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自殺者報道の側面を読む:

« 臓器移植問題に思う | トップページ | 赤面山(2012年6月) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック