フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« けれど空は青 | トップページ | 磐梯吾妻スカイライン »

2012年8月 1日 (水)

一切経山(2012夏)

吾妻連峰の北東部に位置する一切経山を歩いてみた。

磐梯朝日国立公園内に位置し、福島市街地からもその噴気が確認できる活火山である。

無料開放中の浄土平ビジターセンターを起点とした。

Img_0417

ビジターセンター駐車場から一切経山方面を望む↓

(山頂は見えていない)

Img_0312

センター付近は木道も整備され、とても歩きやすいが、基本的にはガレ場の山である。

Img_0319

活火山故、場所によっては危険である

Img_0323

振り返れば、巨大な火口を開けた吾妻小富士が見える↓

Img_0324

酸ヶ平避難小屋を過ぎ、鎌沼を望む↓

Img_0328

Img_0330

この辺りから一切経山の頂上付近が望めるようになる↓

Img_0331

いよいよ山頂到着!

何とも言い難い雰囲気の「空気大感謝塔」と、すぐ側の三角点↓

Img_0335_2

Img_0336

山頂から望む磐梯山方面↓

Img_0337_4

そして、展望のハイライトともいえる五色沼↓

「吾妻の瞳」とも呼ばれ、その神秘的な色合いに魅了される人は少なくない。

Img_0343Img_0360

道中、見掛けた植物達をいくつか↓

Img_0362_2

Img_0371

Img_0394

ナナカマドが豊富なこの界隈は、針葉樹と相まって紅葉の時期もまた素晴らしい。

Img_0405

駐車場に一旦戻った後、吾妻小富士を歩いてみる。

Img_0419

Img_0412

お鉢巡り(火口一周)は約30分。

火口を覗いてみる

Img_0425

吾妻小富士から望むビジターセンター周辺↓

(今日は、心なしか噴気が少ないようにも感じる)

Img_0424

GPSログ↓)※お鉢巡りを除く

1

一切経山は吾妻山一帯として日本百名山にも指定されているが、小学生ぐらいの子供が多いことからも判る様に、難易度は低くアタックし易いといえる。

磐梯吾妻スカイラインも無料開放されており、とてもアクセスしやすくなっている。

是非とも訪れてみて欲しい

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« けれど空は青 | トップページ | 磐梯吾妻スカイライン »

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

bataさん、こんばんは!(再)

フォトパスに登録されているのですね
オリンパスといえば、E-M1とボクの今のメイン機(CANON 6D)
で、最後まで迷いました

素晴らしい写真を見ると、また出掛けたくなります

今さらですが・・・
なぜ、先日、昭和村?って、なんとなくわかったよ~な???
あはは^^;

一切経山の時のこと、自分のプロフの所にリンクするようにしておきました。
私の時はこんなんでしたぁ~♪

bataさん、こんばんは!

同じ年に登られていたのですネ
魔女の瞳に魅了されましたでしょ
数年前まで最短だったコースが通行止めなので
30分前後?は遠回りとなっています…

昭和村はこの春、南会津町から柳津町へ抜ける途中に寄りました。
(例の?宝探しの一環です)
特に理由はありませんが、記事にはしませんでした^^;)

ボクは、お出掛けが大好きなオッサンです
bataさんの移動距離もハンパないですヨ~

こんばんは☆
気になっていた山の名前、教えていただき、ありがとうございました。

billさんも昭和村を訪れていたんだと、blogを探したのですが、見つけられず^^;
山歩きの所で「一切経山」の名前を見つけ・・・。
偶然にも、私も同じ年の10月に「魔女の瞳」を見たくて、撮りたくて、生まれて初めて山登りをしました。
私にとっては、山登り><
時間もすごくかかったような?
でも、登っただけの感動はありました~☆

billさんのblogを拝見してて、移動距離、すごいなぁ~って、びっくりです^^

kaori.kさん、こんばんは!

一切経山は素晴らしい景観が比較的楽に楽しめるので、オススメ~
荒涼とした浄土平と五色沼のコラボは必見!

一切経は前から歩いてみたかったところです。
雄大な自然、というか荒涼とした大地というイメージです

ころっちんさん、こんばんは!

この沼は「吾妻の瞳」のほかに"魔女の瞳"とも呼ばれます

以前あった最短ルートが閉鎖中のため、避難小屋脇を通る必要があります。
時間的な目安は、登りで1時間半程度でしょうか。
休憩時間込みで往復3時間ぐらいなら歩けるかと思います。
…あくまで目安です~。

ヨネさん、こんばんは!

この日はガスの動きが早く、ボクが山頂に到着して30分ぐらいで湖面が霞むほどになってしまいました…
お花を含む高山植物は、場所によって違いがありますね~。
過酷な環境下を乗り越えて咲いているかと思うと、愛しさを感じます。

活火山特有の景色ですね。
火口を覗くと吸い込まれそうです。
避難小屋があるんですから
ちょっと怖いですね。
それにしても
五色沼の美しいこと!!
この景色の中に飛び込んでいきたい気持ちです
歩くのに所要時間はどれぐらいですか?

写真を見ているだけで、爽やかな気分になりますね。
気持ちよさそうヽ(´▽`)/
真っ青な空と、緑のお山、鮮やかな「五色沼」の青色はお見事ですね
自然の美しさに勝る物はないなぁ~と思います。良い天候に恵まれてよかったですね。

お花も自然環境に合ったところで咲くのが幸せなのかな?

きゃぶさん、こんばんは!

蔵王のエメラルドグリーンも素晴らしいですよね!
(草津白根の湯釜も素晴らしいっスね)
「吾妻の瞳」の写真は、斜光の関係で中央付近が白く光ってしまっているのが残念ですが、
(ボクの腕前の問題?!)
吸い込まれるような景観に魅了され、実は何度も訪れています~
是非是非!!

五色沼、ほんとに素敵な色ですね
その瞳にふらふらとしてしまいそうです
蔵王のエメラルドグリーンも強烈な印象でしたが、こちらは清浄な青っていう感じですね
ええ、是非とも、訪れたいです~

たかchanさん、こんばんは!

この山から再び噴気が上がったのは、ここ数年のことなんです。
震災の影響が最も見受けられるのは、山に至る道路ですね。
波打っています。(未だに復旧工事が終わっておりませぬ…)

もともと、県内でも有数の観光地だけあって、他県から訪れて下さるお客さんもかなりの数に上っているようです。

baocoさん、こんばんは!

車で東北まで足を延ばされたのですね~。(しかも、昨夏…)
(連絡頂ければ、案内したのになぁ
中々自由は利かないと思いますが、また東北を旅してみて下さいね。
(今度は、案内します!)

真夏の青空がまぶしそうです。
活火山という事は、昨年の大震災の影響とかで、少し心配な感じのする山ですが、
入山が規制されていないところをみると、噴火するような気配は無いのでしょうね。
五色沼のきれいな色合いがいいですね。
なだらかそうな山で、初心者でも登れそうです。
 

沼とは思えない「青」、日本にこんな美しい「青色」、あるんですね。

世界遺産級だ!、すばらしい!
「一先ずすべてを忘れてしまったー♪」になりそうだ。

昨年の夏に知ってたら、(東北を車で旅したから)
絶対訪れていただろうなぁ。
                                                         

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一切経山(2012夏):

« けれど空は青 | トップページ | 磐梯吾妻スカイライン »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック