フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 乗鞍岳 | トップページ | 酪王カフェオレ »

2012年9月22日 (土)

お彼岸に想う

暑さ寒さも今日までらしい。

(朝夕の涼しさは、すっかり"秋"を感じさせる。)

そんなお彼岸の今日、雨の残る朝のうちに墓参りに行って来た。

倒れたままだった実家の墓石は、きれいな元の姿に戻っていた。

Img_1002

今年のお盆に間に合わなかったのは残念だった…と、そう親父は言った。

確かに、もう一年以上が過ぎていた。

 

一区切りがついたような気もしたけれど…。

 

  

実害も風評も今日までだったら、どんなに気が軽くなることだろう。

(と、ふと思ってみた。)

 

…明日があるさ。

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 乗鞍岳 | トップページ | 酪王カフェオレ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hiroさん、こんばんは!
(はじめまして)

最近、子供たちの姿も増えてきたような気がします。
少しずつではありますが、一度は避難した方々が戻り基調にあるのでしょう。
必然的に子供たちの"笑顔"も増え、それが活気を押し上げています。

hiroさんの様な方々に支えられていることを決して忘れてはいけないですね
ありがとうございます。
温かいコメントに感謝致します。

初めまして、富山県のhiroと申します。
私の知り合いの若き住職さんは、幾度と無く福島の子供達の為に、そちらへ足を運んでおられます。
今年の夏休みには、こちらに福島の子供達を招待し思いっきり山やプールで遊ばせておいでました。
来年もこう言う企画があったなら、是非私もお手伝いさせていただきたい!と、思っておりますの。
皆様には風評に負けず、頑張っていただきたいです。

たかchanさん、こんばんは!

余震への対策もあり、修復には大分時間を要してしまったようです。
数メートル先に転がっている墓石を片目に見ながら墓前に手を合わせるのは、
何とも言えぬ違和感がありましたので…。

ボクの周りでは、急激な温度変化に体調を崩す者が多くなりました。
気をつけたいものです。

お墓が元のすがたに戻って良かったですね。
形式的なものとは言え、先祖をまつるシンボルとして
必要なものだと思われます。 
一年以上の時間が必要だったんですね。 

お彼岸を迎えて、朝晩は本当に涼しくなりました。

Shigekinさん、こんばんは!

お墓もだいぶ元の姿を取り戻しているように感じましたね。

>意味のあるものに~

ボクも同感です。
という訳で、また後程!

オレも今日、実家の墓参りに行ってきました。

やっぱり、まだ倒れたままになっている墓もあったりで、あの日の苦々しい感覚が呼び覚まされる感がありました。

ただ、あの日があって良かった等とは口が裂けても言えませんが、会いたい人とその気になればいつだって会えると思っていたのが、実はそうではないという事に気付かされた日でもあります。

あの日の出来事をどう教訓として生かすことができるかが、あの出来事を少しでも意味のあるものにしていくことだと思います。

これからも繋がって行きましょう・・・で、とりあえず次の飲み会は・・・。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸に想う:

« 乗鞍岳 | トップページ | 酪王カフェオレ »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック