フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 志津倉山 | トップページ | 焼岳 »

2012年9月14日 (金)

山岳保険のススメ

雄大な自然に抱かれ颯爽と歩を進める登山には、それなりのリスクも伴う

不慮の事故やケガ、遭難によって身動きが出来なくなった場合等、救助隊や捜索隊のお世話にならざるを得ない事態は、決して他人事ではない

そんな万が一の時への備えが「山岳保険」である。

01

多額の山岳救助費用を請求された場合、残された親族や助かった自分自身にとって大きな負担となってしまう訳で、保険に加入しておくに越した事は無い

昨今、山での事故が多発していることを受け、保険も多種多様のようだ。

(ボクは「日本山岳協会山岳共済会」に加入している)

02

「もしも」のためである。コトが起きてしまってからでは後の祭り

山へ行かれる全ての方は、御一考頂きたい。

*************************************************

因みに…

ヘリで空からの山岳救助経験を持つ方の話では、

山の中で最も目立つ(発見されやすい)色は、「とのこと。

(赤色中心の紅葉に紛れては目立たないため、黄色やオレンジと組み合わせると良さそうだ)

 

装備の中に「赤」を取り入れておけば、非常事態の時、より早く発見してもらえる"かもしれない"

参考までに。

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 志津倉山 | トップページ | 焼岳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

山アイテム」カテゴリの記事

コメント

玉井人ひろたさん、こんばんは!

まさにその通りで、シーズン加入のほか、単発掛け捨てもあります。
美味しい商売と評する声もありますが、まぁそんなものでしょう
"保険"ですから。

こういうのが有るんですね。私たちが地域でスポーツや作業をするときにやる掛け捨ての保険の様なものですかね?

ころっちんさん、こんばんは!

そうですね、車の保険と同じですネ。
(自賠責のように強制加入ではありませんが
因みに、保険料は年間3,000円弱です。

ヨネさん、こんばんは!

鋭いご指摘です
実は、ボクの加入している山岳保険は、加入した月から年度末までなのです。
よって、5月に更新加入のボクは自動的に11か月となっています。
ツアーなどでは(強制的に)単発の保険に加入させられたりしますネ。

目立つカラーの件は覚えておいて損は無いと思います。

baocoさん、こんばんは!

保険って色んなジャンルがありますね。
空手の世界にも保険あるのかな?
(ボクみたいな素人には危険ですから

ひめ子さん、こんばんは!

山岳保険に加入している方は、専門誌のアンケートによると約7割に上るそうですが、
専門誌のアンケートなので、実際はもっと低いと思われます。
(親族等のためにも)是非覚えておいて頂きたいです~

山岳保険というのもあるんですね。
車の保険と一緒で
何かあってからでは遅いですものね。
あまり保険料が高額だと加入率も下がりそうですけど

山に登る度に加入するとなると、手間がかかって敬遠されがちですが、
有効期限内で登山をするなら、安心ですね。
「山岳保険」良いことを教えていただきました。
そして、洋服や持ち物は、「赤」オレンジと黄色の組み合わせですね。

どうでもよいことですが、なぜ?期限が11ヶ月?1日なのかしら?
12ヶ月、31日が、個人的にはシックリするのですが。。。妙なことが気になるたちでして(*´v゚*)ゞ

「山岳保険」、初めて知りました。

いつも、勉強になります!m(__)m

山には登りませんが とても貴重なお話だと思いました。
保険に入られてない方って実際どのくらい いるのでしょうね。
「山岳保険」覚えておきます。(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山岳保険のススメ:

« 志津倉山 | トップページ | 焼岳 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック