フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 八幡平 | トップページ | 薪ストーブ運転開始(2012) »

2012年10月20日 (土)

秋色の尾瀬2012

秋の尾瀬へ。

平成19年に単独の国立公園として独立し、3座の百名山を含む多様な景観を特徴とする。

2年ぶりとなる今回は、桧枝岐村の御池を起点に燧ケ岳の麓をぐるりと回ってみた。

 

(御池P~沼山峠~尾瀬沼~段小屋坂~見晴(尾瀬ヶ原)~燧裏林道~御池P)

Img_3019

御池から始発のシャトルバス(5:30発)に乗り、沼山峠へ。

沼山峠休憩所前から尾瀬沼を目指す。なお、尾瀬沼までは全て木道である。

Img_2660

ニッコウキスゲで有名な大江湿原を行く↓

Img_2666

大江湿原のランドマーク的存在である「三本カラマツ」も見えてきた↓

Img_2671

福島県最高峰(東北最高峰)の燧ケ岳は、既に朝日を浴びている

Img_2673

最初の目的地、尾瀬沼に到着。

長蔵小屋↓の裏手にある無料休憩所で絶景を堪能しながら朝食を取る。

Img_2683

小屋から裏の休憩所まで「90歩先」とある↓

Img_2684

朝日に染まる三本カラマツ↓

Img_2723

尾瀬沼と燧ケ岳↓

Img_2729

朝食を済ませた後、尾瀬ヶ原を目指す。

朝日が差し込む沼畔も美しい

Img_2756

Img_2766

沼尻平で尾瀬沼北岸コースとお別れし、段小屋坂の樹林帯へと入って行く。

(段小屋坂の紅葉↓)

Img_2821

Img_2829

尾瀬ヶ原東端にある見晴へ到着。

既に殆どの小屋はシーズンオフ。冬に向けての準備作業に追われていた。

Img_2833

ここから周回コースを外れ、草紅葉の尾瀬ヶ原を中田代方面へ向かう

正面には端整な「至仏山」↓

Img_2836_3

振り返れば「燧ケ岳」↓

Img_2840

右に「景鶴山」↓

Img_2841

左に「富士見峠」↓

Img_2844

群馬県側へ入り、竜宮を過ぎると池塘が現れ始める。

池塘に浮かぶヒツジ草の紅葉↓

Img_2887

至仏山と池塘↓

Img_2852

木道は、至る所で入替作業が行われていた↓

Img_2845

牛首を経由して山ノ鼻に至るまで豊富な池塘に囲まれるが、御池に戻る都合からここで引き返す。

15時ぐらいから崩れる天気予報を考慮し、平滑、三条の滝を経由せず燧裏林道を急ぐ選択をする。

御池に至る道中の景色をいくつか↓

Img_2971

尾瀬ヶ原休憩所↓木々に囲まれた雰囲気が素晴らしい。

Img_2974

Img_2978

Img_2979

Img_2989

裏燧橋から平ヶ岳を望む↓

Img_2994

上田代↓

Img_3009

御池へ無事到着↓

帰り支度を終えたあたりで雨が降り始める。

Img_3018

いつ行っても尾瀬の魅力は尽きない

広大な湿原の草紅葉は、燧ケ岳や至仏山から俯瞰するのもいいだろう。

「ぶな平」の紅葉も見頃を迎えており、新そばと温泉を堪能しながら訪れてみて欲しい

GPSログ↓)

Gpslog

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 八幡平 | トップページ | 薪ストーブ運転開始(2012) »

お出掛け(福島県)」カテゴリの記事

山歩き(福島県)」カテゴリの記事

コメント

鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/

玉井人ひろたさん、こんばんは!

鹿の被害は大江湿原が分かり易く、PR写真等で見かけるようなキスゲの群落にはならないそうです。
(ボクはここ最近しか知りませんが)

今回も鹿を目撃しましたし、夏に御池を通り過ぎた際も親子の鹿に遭遇しています。
上手く共存できるといいんですけどネ

実は、私は行ったことが有りません。シカ被害はどうなんでしょうか?誰でもわかるようじゃ最悪でしょうけどね

きゃぶさん、こんばんは!

10月の連休をピークに、訪れる人が一気に減るようです。
ボクは平日を狙って行って来ました
ホントは、季節ごとに訪れてみたいと思っているのですが、
中々実現できません

きゃぶさんも次回訪れる際は(訪れて下さいネ)、
福島県側へも足を延ばしてみて下さい!
新たな魅力に触れられるかと思います

zuccaさん、こんばんは!

今回の最大の目的は、湿原の池塘と紅葉したヒツジ草でした。
(時間の都合で最もオイシイ場所までは行けませんでしたが
サーキュラー使用で何枚も撮影してみたのですが、ボクレベルでは空の写り込みのバランスが難しいですね

我が家から御池まで2時間以上掛かるので、ちょっぴり早起きが必要です
体育の日が絡む連休で霧氷とは、ラッキーですよネ!?

zuccaさんの尾瀬リポートを期待しています

ころっちんさん、こんばんは!

是非とも湿原の木道を歩いてみて下さい
ラムサール条約湿原にも登録されている"世界の尾瀬"ですので。

ボクは、命の洗濯の前に心の洗濯をしてきました
(一点の曇りもない空のように…

たかchanさん、こんばんは!

若い頃は、正直、尾瀬の魅力をあまり理解出来ませんでした…
(だだっ広い原っぱ?なんて発想でしたので)
が、今ではすっかりその虜です

至仏山と燧ケ岳はどちらも夏に登っているので、次回の登頂は
秋を目指そうかと思っています。

アットマンさん、こんばんは!

去年は結局行けなかったので、今年は狙っていました。
紅葉のタイミングは、ライヴカメラを参考にしました。
TVで取り上げるのは、微妙に早めだったりしますので

木々も草紅葉も見事です
そして・・・お天気も、良かったですね~

冬支度中の静かな尾瀬
あぁやっぱりこんな静寂の中で楽しみたい場所ですねっ

ヨネさん、こんばんは!

アップするのが遅かったのですが、尾瀬に行ったのは17日なんです
10月の連休をピークに一気に人が減りますね。
あの休憩所は、必ず立ち寄るお気に入りの場所なんです

夏の尾瀬もいいですネ~。
尾瀬は、どの入口から入るかによっても違った風情が楽しめますので、
また訪れてみて下さい

素晴らしいですね~♪
沢山の写真で 久しぶりに尾瀬を楽しませて頂きました(^o^)丿サンクス
真っ青な空を写す池塘とヒツジグサの紅葉も美しいですね。
尾瀬が日帰りできる距離にあるって すごくうらやましいです。
私が行く時はいつも2泊3日 長蔵小屋と第二長蔵小屋に泊まって・・・いつか10月10日 体育の日の連休に行った時は小雨で 霧氷も見られました。
お天気も良くて 秋の尾瀬 最高ですね

紅葉に見惚れてしまいました
湿原の木道を
歩いて見たい
命の洗濯できそうですね

さすが本物の尾瀬は美しい。
至仏山、燧ケ岳の姿もいいですね。
そして湿原の様子も。
木々の紅葉も素晴らしい。
秋の尾瀬も、初夏とは違う風情でステキです。

こんばんは
紅葉が凄く綺麗、やったね。

尾瀬ヶ原休憩所の木々に囲まれた雰囲気は
とっても素晴らしいです。こんなに素敵な景色、
行楽シーズンなのに、あまり人がいないようで
、ラッキーでしたね。

夏が来れば~夏の尾瀬しか行った
ことがないのですが、秋の尾瀬も素敵ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋色の尾瀬2012:

« 八幡平 | トップページ | 薪ストーブ運転開始(2012) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック