フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

相模屋旅館@新野地温泉

福島市は土湯温泉町にある新野地温泉相模屋旅館を訪ねてみた。

海抜約2,000mにある天頂の湯は、昔から胃腸、神経痛に効く名湯として知られる野趣満点の秘湯

日本秘湯を守る会の会員でもある)

Dsc05901

旅館の外観は、ビミョーに近代的か…

(もっと秘湯感があってもいいかも

Dsc05902

やっぱ、この提灯でしょ

Dsc05898_2

ロビーは、こんな感じ↓

Dsc05876

日帰り入浴料(500円)を支払い、目的の野天風呂へ。

味わいのある建物内部を進む。

Dsc05892

扉を開けると、目に飛び込んでくるのはこの噴気!

(手前の湯は工事中か?)

Dsc05877

男湯と女湯の分岐点↓

程よい風のせいか、噴気が発する音はあまり気にならない。

Dsc05880

男湯の様子はこんな感じ↓

(偶然にも、写真撮影の僅か数分間だけ誰もいなかった

Dsc05883

Dsc05885

鬼面山を望みながら、白濁のお湯を楽しむ

丁度イイ湯加減に、思わず「あ゛~ッ」の言葉がついて出る

Dsc05888

湯上りは、ロビーにあるこの色紙に記されたビックネームに驚愕してみたりする

Dsc05895_3 

それにしても、実に素晴らしい温泉である

内湯こそ試してはいないものの、露天の雰囲気はまさに秘湯の名に相応しい

 

新野地温泉の界隈は、直ぐ側を走る磐梯吾妻スカイライン(無料開放)を起点に観光名所にも事欠くことはない。

風情豊かな名湯を訪ねてみて欲しい

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2013年5月28日 (火)

クマガイソウの里@福島市

福島市松川町は水原地区にあるクマガイソウ自生地を訪ねてみた。

環境省のレッドブックデータにも記載されるクマガイソウは、乱獲によって絶滅が危惧される希少種。

ここ水原地区の自生地は、国内屈指の規模を誇るとされる貴重な自生地である。

Img_6625

その自生地は、水原の自然を守る会によって管理されている。

Img_6578

環境協力金(300円)を納め、入口から約500m先にある自生地へ、いざ出発!

Img_6582

道中は、植物の案内板やベンチも設置され、それぞれのペースで楽しむことが出来る。

Img_6588

Img_6589

いよいよ、自生地へと到着~

Img_6600

この群生は、まさに圧巻!しばし見とれてしまう

Img_6601

Img_6604

Img_6598

Img_6617

んー、素晴らしい

花そのものはややグロテスクな感が漂うが、貴重な群生地を前に、そんなことは雲散霧消!

(道中に見掛けた植物達↓)

Img_6584

Img_6666

Img_6590

Img_6651

Img_6671

 

水原地区のクマガイソウは、例年、5月20日頃から見頃を迎えるという

その貴重な自生地で、人間の我侭と環境問題に思いを馳せてみるのも悪くない。

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2013年5月26日 (日)

西会津ふるさと なつかしcarショー(10th)

西会津町ロータスインで開催されたなつかしcarショーを訪ねてみた。

個人的にほぼ毎年のように訪れているこのイベントは今年、10回目の節目を迎えた

(志向性の強い内容につき、詳細は割愛させて頂く

Img_6470_2

(mini軍団)

Img_6401

(この日、ボクの最大のリコメンドcar ・ TOYOTA 2000GT)

Img_6425

(ヨタ8)

Img_6446

(BMW・イセッタ)

Img_6466

(バーキン7)

Img_6551_2

(フェアレディ・SR311)

Img_6550

(others…)

Img_6444

Img_6479

Img_6484

Img_6493

Img_6478

Img_6542_2

Img_6533

**************************************************************

喜多方市を中心に活動するご当地アイドル・KIRA☆GIRL

Img_6422

(西会津町のミス・おとめゆり※本来は、3名とのこと。

Img_6528

**************************************************************

 

今や、全国的な規模に成長したともいわれるこの旧車イベント

不動産級の価値を誇るスーパーカーは勿論、古き良き時代を彷彿とさせる名車が揃う。

(興味があってまだの方は)来年こそ是非訪れてみて欲しい

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2013年5月22日 (水)

蓬田岳(2013年5月)

福島県中通りは石川郡の最高峰、蓬田岳を歩いてみた。

標高1,000mに満たないながらも阿武隈高地屈指とされるその端正な山容は、信仰の山に相応しい風格を備える東北百名山の一つである

Img_6387

今回は、腰のリハビリを兼ねて蓬田新田登山口から山頂を目指す。

GWのイベントで訪れたジュピアランドひらた駐車場から山頂を望む↓

Img_6288

駐車場から直ぐの登山道入口↓

Img_6293_2

程なくして現れる二つ目の鳥居。登山道は、参道でもある。

Img_6297

Img_6299

杉に囲まれた登山道を過ぎると、次第に雑木林の中へと入っていく。

(補助ロープ設置箇所がいくつかあるが、難易度は極めて低い)

Img_6302

差込む日差しと新緑の緑が実に美しい!

Img_6304

沢又ルートとの合流地点からは、なだらかな道を歩む。

Img_6327

Img_6329

山頂到着~!

(展望のいい場所は、菅船神社とTV塔を過ぎてからとなる

Img_6342

織り込み済みとはいえ、霞により遠くを望むことが出来ないのは残念…

Img_6343

Img_6344

帰りは、往路と別ルートとなる探検コースを行く。

Img_6353

木チップ敷きの快適な登山道は、雰囲気のいい雑木に囲まれる

Img_6360

道中に咲く花々を少々↓

Img_6312

Img_6319

Img_6352_2

Img_6366

Img_6368

東京スカイツリーと同じ高さをウリにする展望台「ジュピアランドひらた634」へ。

Img_6374

その展望デッキからの眺めはコチラ↓

Img_6372

芝桜残るプロムナードから望む蓬田岳↓

Img_6381

抜群のアクセスの良さと2時間弱の軽い"登山感覚"が魅力の蓬田岳は、丁度この時期、ジュピアランドの芝桜に加え、新緑と山ツツジが楽しめる

********************************************************

昨年、ソールを張替えた靴を初めてフィールドで使用してみたのだが(僅かな時間ながら)インソールと併せ抜群のフィッティングを実感できた。

最新モデルの良さは認めるが、履き慣れた靴の安定感は捨て難い。

********************************************************

GPSログ↓)

Gpslog

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2013年5月12日 (日)

元祖 円盤餃子「満腹」@福島市

福島市仲間町にある餃子のお店「満腹」を訪ねてみた。

昭和28年創業の満腹は円盤餃子発祥のお店で、様々なメディアでも紹介される有名店。

福島市の登録商標でもある"円盤餃子"とは、フライパンの形に合わせて餃子を並べて焼き、そのままひっくり返すことからそう呼ばれている。

Dsc05831_2

「満腹を知らずして餃子を語る事なかれ」との声も少なくない元祖の暖簾は、多くの著名人もくぐっているようである。

Dsc05833_2

Dsc05834_2

コチラ↓が円盤餃子

しっかり味のしみ込んだ具と絶妙な硬さの皮は、あっさり目のタレとの相性も抜群!

特に、ビールとはベストマッチ!

Dsc05836_2

円盤餃子よりやや大きめのコチラ↓は水餃子。

具は同じだろうか?これまた美味しい。

タレは、インするか(餃子を)つけるかを自分で選択する。

Dsc05839_2

稲荷神社のバラック街からスタートした「バァさまの教え」は、しっかり受け継がれているようだ。

1_4

 

その昔、福島市の餃子店は会社帰りの人々が餃子とお酒で一日の疲れを癒した名残から、今でも多くの店が夕方から営業しているという。

2003年にはふくしま餃子の会も結成され、加盟する17店舗において個性溢れる味が楽しめる。

県都の新しい名物を味わってみて欲しい

 

*********************************

○元祖 円盤餃子「満腹」

・福島市仲間町1-24

024-521-3787

(火曜定休)

*********************************

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2013年5月10日 (金)

矢祭山公園のツツジ@矢祭町2013

矢祭町は奥久慈県立自然公園内に位置する矢祭山を訪ねてみた。

見頃を迎えている山ツツジが目的である。

Img_5917

今回は、久慈川を挟んで向かい側の展望台から矢祭山を望むことにする。

Img_5884

鮎で有名な久慈川と矢祭山↓

(久慈川の取れたて鮎を楽しめるのは、6月からとのこと)

Img_5901

矢祭山駅↓は"撮り鉄"の間でも有名スポット

Img_5883

駅から徒歩10分程の場所にある夢想滝↓

Img_5892

暑い中、息を切らしながらも展望台到着!

で、そこからの絶景は…

Img_5908

え???

…気を取り直して矢祭山の遊歩道を歩いてみる^^;

Img_5916

Img_5920

Img_5954

Img_5996

Img_5961

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2013年5月 6日 (月)

ジュピアランドひらた芝桜まつり@平田村

平田村はジュピアランドひらたにて開催中の芝桜まつりを訪ねてみた。

ジュピアランドひらた芝桜まつりは、1.7haの敷地に約14万株の芝桜が咲き誇る中、4月28日から5月19日まで開催されている。

Img_5725

Dsc05799

例年、GW中の開花状況は4分咲き程度とのことだが、今年は7部咲きとやや早めに推移しているという。

Img_5718

~ボクが訪れた5月5日の様子をご紹介~

コチラ↓は、かかしコンテスト

Img_5734

地元、菅布祢太鼓保存会による太鼓の演奏↓

Img_5772

昨年に引き続き開催されたSmile Againミニコンサート↓

(参考:昨年の様子

(スマイルアゲイン実行委員会代表 門馬氏↓)

Img_5782

Img_5783

Img_5784

Img_5778

Img_5780

Img_5776

(アロマオイルマッサージ等↓も無料!)

Img_5771

(今回初参加となった、A-yan!関西をアートで盛り上げるNPO代表の田中やんぶ氏↓)

 

Img_5770_2

大阪市阿倍野区昭和町の子供たちと福島県平田村の子供たちによる鯉のぼりを通した触れ合いに心が温まる。

Img_5804

鯉のぼりの半分を大阪の子供たちが描き、もう半分に福島の子供たちが絵やメッセージを書き入れていく。

Dsc05789

そして、青空に3匹の鯉のぼりが泳ぐ。

今後、更に増やして行きたいという

Dsc05811

***********************************************************

因みにボクは(知人が関与するイベントとあって)昨年に引き続き裏方として参加させて頂いた。

僅かの時間だったが田中氏と会話する機会に恵まれ、彼の才能は勿論、地元と子供たち、そして福島を愛する志の高さに敬服し、胸が熱くなった。

(人として、男として、カッコよ過ぎる!)

スマイルアゲイン実行委員会及び関係者の皆様には、心より感謝を申し上げたい。

***********************************************************

Img_5730

あぶくま高原の小さな村で人の温もりを感じた一日

来年もまた訪れることを誓い会場を後にした。

なお、芝桜の見頃はまだまだ続く。

是非とも訪れてみて欲しい

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2013年5月 2日 (木)

ぱん工房 くらむぼぉん@西郷村

西郷村にある「ぱん工房 くらむぼぉん」を訪ねてみた。

素材は勿論、水への拘りからこの地を選んだという「くらむぼぉん」は、2008年オープンの比較的新しいパン屋さんである

(この界隈は、甲子高原の自然が育む美味しい地下水に恵まれる)

Img_5595

場所は、白河から南会津方面へ抜けるR289沿いに位置するため分かり易い。

(このお店を越すと甲子街道の峠道へと入っていく)

カフェも併設する明るい店内は、清潔感抜群で雰囲気もよろしい

Dsc05768

Dsc05769

夕刻だったこともあり、疎らとなってしまった品揃えの中からコチラ↓を選択。

(敢えて、過去に購入実績の無い商品を選んでみた)

Img_5614

あっさり目の仕上がりから、素材等の良さは十分にうかがい知る事が出来る

もちろん美味しいが、カフェスペースでコーヒーと共に出来たてを頂くのがベストだろう

(因みにボクは、食パンでも何でも(ジャム等をつけずに)そのまま食べる派である)

 

拘りのお店が至るところに見られる昨今、穴場を求めて東奔西走してみたい

 

 

*********************************

○ぱん工房 くらむぼぉん

西郷村大字真船字観音山3-16

0248-25-6006

(水曜定休)※休日の場合は営業

*********************************

 

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック