フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« ポータブルソーラー充電器 | トップページ | 会津田島祇園祭 »

2013年7月15日 (月)

富士山

言わずと知れた富士山を歩いてみた。

これはもう説明の必要はなかろう。先日、世界文化遺産への登録が決定した日本の最高峰

何故かこのタイミング?となってしまった今回、人生初のツアー登山でもある。

(中央道から望む富士山↓)

Img_0004

コースは、バスにて富士スバルラインから五合目へ向かい、吉田ルートを歩くメジャールート。

(五合目の様子↓)

Img_0011

Img_0013

先ずは、レストハウスで昼食。弁当も"富士山"してる↓

Img_0008_2

レストハウスにあるこの像↓は、101歳にして富士山登頂に成功した五十嵐貞一氏。

因みに、福島県人である。

Img_0015

準備を整え、出発~!

ツアー故、もちろんガイドの指示に従う。

Dsc00213

Img_7887 

帰り道、疲れたら(疲れなくとも)途中からこんな手段も選べるようだ

Dsc00211

【これはやめようネ↓】

*****************************************************

ボクが言うのもおこがましいが、あまりにも準備不足な面々が多過ぎるようだ。

大自然相手なのだ。お気楽な観光地気分で行けるのは五合目までと思って欲しい。

ご注意あれ

*****************************************************

Img_0021

吉田ルートは、終始、この山中湖を望みながら歩くこととなる。

Img_0037

時折小雨の舞う曇り空の下、ボクの山歩き史上、最も遅いペースで前へと進む…

Img_0018

Img_0031

Img_7898 

本日の宿、本八合目にある「富士山ホテル」へ到着!

標高は既に3,400mに到達。Img_0049

到着後、直ぐに夕食↓

Img_0052

宿から望む夜景

Img_0054

Img_0062

ベッドルームの様子↓は…

(山ではフツー

Img_0057

******** 2日目 *******************************************

0時30分頃起きて準備を整え、いざ山頂へと向かう。

当然ながら、山頂までは数珠繋ぎ…

(左下から右側に伸びる光の帯は、登山者の列)

Img_0063

まだまだ暗い3時半過ぎ、肌寒い山頂へ到着!

強風の中、4時半頃の御来光を待つ。

次第に空が白んできたが…んー、雲が多いなぁ

Img_0080

お、

Img_0082

お、お、

Img_0090

ん?…あ、雲の合間に見えている

Img_7984

…まぁ何も見えないよりは良しとしよう

火口の様子と頂上からの景色↓

Img_7991

Img_0089

左奥に八ヶ岳もキレイに見えている

Img_0087

名残惜しいが、サッサと帰らねばならぬ

頂上から下りに入るまで20分弱を要するほどの大渋滞を抜ける

下り始めても、人、人、人の列…

Img_8023

Img_8029

無事に五合目へと戻り、バスに乗車。富士吉田市内で温泉と食事を済ませ、一路福島へ。

日本最高峰であり、百名山の一つであり、世界遺産でもある富士山1泊2日の旅は、アッという間だった

 

因みに、富士山を望むことが出来る最北限の地は福島県(二本松市の麓山とされる)

先の五十嵐氏も併せ、福島と富士山の間には、何かと縁があるようだ

 

GPSログ↓)

※何故か山頂付近のデータが欠損してしまったが、間違いなく山頂へは辿り着いている

Gps

 

ポチポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« ポータブルソーラー充電器 | トップページ | 会津田島祇園祭 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

コメント

2年信州組☆ヨネさん、こんばんは!

さすが!いいトコ突いておられます

人の多さは覚悟の上でしたが、それでもやっぱり…
(正直、もう当分いいかな
今度は、色々な場所から"眺めて"楽しみたいですネ

程度の差はあれ、高山病になる方の多さにも驚き
ボクのいたグループは、半数以上の方が何らかの症状を訴えてました…
(因みにボクは、全然余裕でしたケドね

世界遺産登録を機に、改めて入山マナーについて再考したいものです

夏の富士山登山の混雑はすごいと聞いていましたが、
今年は特に登山客が増えそうですね。増えると山をなめた輩も多そうですなぁ
山小屋でのベッドルームの様子は一応通路はあるんですね(笑)
富士山弁当!凄い商魂!仕切りが富士山型になっている
だけで、スペシャル富士山弁当になってる( ´艸`)プププ

自分のペースで登れないと疲れそうですが、大丈夫でしたか

広島県人さん、こんばんは!

南ア5連敗ですか…。
(6度目の正直に期待しましょう!
ボクは甲斐駒&仙丈から北岳越しに眺めて以来、
いつかは…と思っていた富士山をようやく歩いてきました。
色々な意味で?懸案事項だった山をクリアしたので、
今後はまた地道に行こうと思います。

ご無沙汰をしております。富士山行かれましたか。相変らずあの行列は凄いですね。歩きなれた方には少し…。私は16日〜17日で聖岳に行ってきました。富士山近いけど、ガスって何も見えず。これで南アルプスは5連敗です。

Mikikoさん、こんばんは!

覚悟の上ではありましたが、
まさに、人ひとヒト・・・でした!

天候は、タイミングが悪いとガスで全く何も見えない!
なんて事もフツーにあるのが山ですから、
良かったんだと思っています

山小屋の寝室は、特に女性には過酷かもしれません。。
基本的に、あのような空間に老若男女がすし詰め状態で
雑魚寝ですからネ

きゃぶさん、こんばんは!

そうなんです、このタイミングで行っちゃったんです
(ホントは去年までに押さえておきたかったのですが…)
正直言って、もうコリゴリ…かな
有名観光地を行き交うツアー御一行サマのあの感じが
そのまま山で再現されてます…

天候勝負な山にあって、これだけ眺められたので
良かったのかなぁと思います

玉井人ひろたさん、こんばんは!

聞きしに勝る人!でした。
ガイドさん的には、想定より少なかった?ようですが…。
観光地化が進み過ぎると、登山としての魅力は減ってしまいそうです。

ころっちんさん、こんばんは!

やぁホント、アリの行列そのままって感じでした
(覚悟はしていましたが…)
これでも、御来光に間に合っただけ良かったんです!
間に合わずに登山道の途中で日の出時間を迎えたグループも
多かったので

ほとぼりが冷めるまでには、もう少し時間がかかるかも?
しれませんが、あの端正な姿を拝みに行ってみて下さい

Peeさん、こんばんは!

101歳で富士登山を成功された五十嵐氏は、90代半ばの頃から
毎年制覇していたそうですヨ
(確か、古殿町出身の方だったような…)
周囲の相当な理解と協力が必要そうですネ(;´▽`A``

baocoさん、こんばんは!

とうとうやっちゃいましたヨ
福島もそうですが、日常的に富士山を見ることはできない人からすると、
車窓からその姿が見えただけでも神々しさを感じさせられます
なんといっても、あの裾野の広さは素晴らしい
夏休み、是非仰ぎ見に行ってみて下さい!

たかchanさん、こんばんは!

世界遺産効果は、相当なモノのようです。

やはり、この山を上っておられる方は多いですね。
ボクの周りでも、登山はせずとも富士山だけは登ったことがある!
という方が少なくありません

うわあ、人ひとヒト・・・ですねえ。

でも、夜景が綺麗
朝陽も見られて良かったですね。
天と地の間の空間が神秘的です。

お布団がずら~り。楽しそう♪でも、梁の下はちょっと怖いかも。

わ~このタイミングで・・・行かれたんですね
やっぱりすごぉい人ですね~
行列が苦手とおっしゃってたので、いろいろと苦難が多かったでしょう
でもでもそれを補って余りある、ご来光
雲の合間からというのも、神秘的で素敵ですよね

聞きしに勝る人出ですね

うわっ
スッゴイ人の多さですね(アリの行列みたい・・・
富士登山より人に疲れたのではないですか~?
でも山頂から見る
空が白んできた最初の1枚は
鳥肌が立つほど神秘的な写真で・・好きです
私は登山は無理なので
ほとぼりが冷めた頃
また下から富士山を拝みに行きたいと思ってます

o(*^▽^*)oやったね!
登山!
頂上まで登るのに数珠つなぎかぁ!
それでも、いい景色ときれいな朝日
101歳で富士登山したのが福島県民だなんて
ウチの88歳のグータラジジイに教えなきゃ( ´艸`)プププ

うらやましい~~!!、とうとうやったね(^v^)
山頂からの景色には鳥肌やったで~

夏休みには、トリオを連れて、
そのお姿、
(下から)仰ぎ見に行けたらええな~!と思ってます。

ゆっくりとしたペースのツアー富士登山、お疲れ様でした。 
文化遺産登録で、登山者も増えたんでしょうね。

私はもう40年も前に勤め先のメンバーで
登ったのが最初で最後で、それ以来登っていませんが 
覚えているのはコークスの山を登っている感覚だった事と、
須走りを一気に駆け降りた事くらいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山:

« ポータブルソーラー充電器 | トップページ | 会津田島祇園祭 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック