フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

宇津峰山(2014年5月)

須賀川市北東部に位置する宇津峰山へ。

阿武隈山系に属する独立峰で、標高僅か676.9mの低山ながら南北朝時代に南朝最後の砦となったとされる。

4か所ある登山口のうち、今回は宮田口(須賀川市塩田)から山頂をピストン。 

 

(宇津峰↓(何気に"逆さ宇津峰")

Img_1289_1024x768

登山道入口↓

Img_1292_1024x768_2
Img_1315_1024x768
「雲水峰(うつみね)清水」↓

ふくしまの名水30選にも選ばれている。

Img_1316_1024x768_2
鳥居をくぐり、登山道を行く。

Img_1294_1024x768
途中にある「こかげ広場」↓

(ここから南側にある西音森山は、眺望に恵まれない…

Img_1314_1024x768
山頂到着~

Img_1295_1024x768

Img_1297_1024x768

Img_1304_1024x768_2
古戦場の面影を残す土塁↓

Img_1300_1024x768

宇津峰城址↓

Img_1305_1024x768
福島空港方向↓

Img_1301_1024x768
蝦夷嶽方向↓

Img_1310_1024x768

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2014年5月26日 (月)

三ノ倉高原の菜の花畑

喜多方市の三ノ倉高原を訪ねてみた。

5.4haの敷地に植えられた300万本の菜の花畑が見頃を迎えている。

(6月1日まで「菜の花フェスタ」開催中!)

Img_2357_1024x683

空模様こそパッとしなかったが、その色合いは鮮やかだった

Img_2362_1024x683

Img_2372_1024x683

Img_2374_1024x683

Img_2378_1024x683

Img_2385_1024x683

Img_2386_1024x683

三ノ倉高原は、夏のひまわり、秋のコスモス、そして冬のスキーと一年中楽しむことが出来る

昨夏のひまわり畑の様子

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年5月22日 (木)

笠ヶ森山 & 幻の大滝

須賀川市と郡山市湖に跨る笠ヶ森山へ。

笠ヶ森山は、丸い傘のような山容と山頂に建つTV中継用反射板が特徴的な標高1,013mの分水嶺である。

 

(笠ヶ森山:画像中央)

Img_2252_1024x683

Img_2300

登山道入口↓

(一方通行ほどの縛りではないようだが、入口と出口のルートは別々に設定されている。)

Img_2254_1024x683

新緑に包まれた登山道を歩む。

先日(5/18)山開きを迎えたばかりとあって、藪漕ぎの心配は当分なさそうだ

Img_2256_1024x683

Img_2266_1024x683

下山道との分岐点↓

Img_2269_1024x683

にわとり峠付近↓ (名前の由来は不明…)

Img_2270_1024x683_2

Img_2271_1024x683

トリカブトの群生↓

Img_2288_1024x683

山頂直下に至ると、ややきつい勾配となる

Img_2279_1024x683

山頂到着!

Img_2283_1024x683

鎮座するTV中継用反射板↓

Img_2281_1024x683

山頂からの眺望↓

天候がよければ、猪苗代湖や磐梯山、飯豊連峰等を望めるようだ…

Img_2284_1024x683

Img_2286_1024x683

下山ルートに従ってのんびりと戻る。

標高の割りには、小川が多いなぁという印象の山である。

Img_2296_1024x683

登山道出口到着~

(駐車場のある入口までは、歩いて10分少々)

Img_2297_1024x683

GPSログ↓)

Gpslog_1024x667

 

***** 幻の大滝 ***********************************************

 

笠ヶ森山の後、近くにある幻の大滝を訪ねてみた。

Img_1177_2

目的地までは、駐車場から2km程歩かなければいけない…

Img_2306_1024x683

途中、岩を飲み込んで成長を続ける巨大なケヤキを左手に見ながら進む↓

(反対側には祠も建っているそうだ)

Img_2309_1024x683

思ったより遠く、またその道程も決して易しいとはいえない…

ある程度の準備は必要だ

Img_2314_1024x683

ようやく幻の大滝が見えてきた。

(この辺で、車にNDフィルターを忘れたことに気づく…

Img_2315_1024x683

水量も程々だったので、滝の直下まで近付いてみた。

Img_2334_1024x683_2

Img_2339_1024x683_2

もう少し歩き易い遊歩道なら、より多くの方に楽しんで頂けるのになぁと思いつつ駐車場へと戻る。

…その辺も含め、「幻の大滝」の名に相応しい名瀑といえるのかもしれない

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年5月18日 (日)

芦ノ牧温泉駅

会津若松市大戸町にある会津鉄道 芦ノ牧温泉駅を訪ねてみた。

猫の駅長「ばす」で有名な味わい深い木造の小さな駅舎である。

Img_2246_1024x683

Img_2222_1024x683

Img_2219_1024x683

猫駅長(名誉駅長)のプロフィール↓

Img_2215

本来であれば駅長の雄姿をお伝えしたいところだが、残念ながら現在は撮影禁止。

人間に例えるなら、100歳超!というご高齢であるため、様々なストレスが与える影響を考慮してのものだろう。

…ここはひとつ、敬意を表してそっとしておきたい

 

因みにボクが訪れた時は、駅員室内の別邸?で休んでおられた↓

Img_2220_1024x683

駅構内にある駅長室はこんな感じ↓

Img_2216_1024x683

駅舎はもちろんだが、趣のある周辺の様子を幾つか↓

Img_2237_1024x683

Img_2225_1024x683

駅に隣接する会津鉄道神社↓

Img_2228_1024x683

鉄道関連アイテムの展示室となっているトロッコ列車

(会津鉄道AT301・国鉄キハ3018)

Img_2229_1024x683

Img_2230_1024x683_3

内部には、子供心をくすぐられるジオラマ模型がある↓

Img_2232_1024x683

芦ノ牧温泉駅↓

名誉駅長もいる。(駅名看板の下)

Img_2233

鶴ヶ城↓

赤瓦も再現されている。

Img_2234_1024x683

会津芦ノ牧温泉街を阿賀川に架かる芦ノ牧橋から望む↓

Img_1171_1024x768

 

周辺の観光スポットと併せてお楽しみ頂きたい

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年5月15日 (木)

こんにゃく餅@菓子司 陣野

塙町にある菓子司 陣野を訪ねてみた。

山の恵み「あけび」の風味を表現したという生菓子「こんにゃく餅」が目的である。

もち米と蒟蒻粉による柔らかな生地に小さな羊羹が練りこまれた生菓子は、独特の食感と程よい甘さが人気の逸品。

(塙駅のすぐ側に立つ店舗↓)

Img_1158_1024x768

こんにゃく餅↓(山ふぐ餅)

Img_2199_1024x683

Img_2203

町特産の蒟蒻粉を使用したプルプルの食感は、餅というよりマシュマロに近い。

あけびを表現した上品な甘さは、クセがなく誰にでも食べやすい風味が特徴的

Img_2206

天領↓は、蒟蒻粉をベースに、きな粉と白ゴマを練りこんだもの。

こんにゃく餅よりコシがあってコク深い味わいは、天領の名に相応しい

(湿気に弱い天然きな粉の特性から期間限定とのこと)

Img_2207

 

因みに、昭和39年に来町したプロレスラーのジャイアント馬場氏がこの地の蒟蒻を絶賛したことが開発のきっかけだそうだ。

その独特の味わいを是非ご賞味頂きたい

 

(店舗・通販に加え、道の駅 はなわでも購入可能)

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年5月12日 (月)

桧原湖の桜島

裏磐梯は桧原湖の孤島「桜島」にも遅い春がやってきた

荒涼とした磐梯山北壁をバックに花を咲かせるその姿は、印象的で美しい

 

今回は、鉄板の撮影スポット「磐梯桧原湖畔ホテルさんの中庭」へお邪魔させて頂いた。

(特別な手続きは不要だが、フロントへの申し出は当然必要だ)

Img_2194_1024x683

快く開放して下さることに感謝しつつ湖畔側へ回ると、桜島を真正面に望む絶好のビュースポットが広がっている

Img_2146r_1024x683

好条件の撮影タイミングを求めて数時間待つ方がいるというもの理解できる

(この日は残念ながら陽射しや穏やかな湖面には恵まれなかった…)

Img_2177r_1024x683

若干ピークを過ぎた感は漂うが、GW明けに楽しめるこの眺望は素晴らしい

Img_2178_1024x683

周辺の様子を幾つか。

(残雪と新緑のコラボも美しい↓)

Img_2173_1024x683_2

(場所によっては、水芭蕉もまだまだ見頃↓)

Img_1090_1024x768

(大小様々な島が数多く点在するのも桧原湖の特徴↓)

Img_1086_1024x768

 

因みに、桜島の例年の見頃は5月10日前後とのこと。

(ピークは僅か3~4日ほどで過ぎてしまうとか…

桧原湖に浮かぶ貴重な桜スポットをご覧頂きたい

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年5月 8日 (木)

笠間つつじ公園

ひたち海浜公園に引き続き、笠間市にある笠間つつじ公園を訪ねてみた。

43回目を迎えたつつじ祭りが行われている園内では、様々な品種・約8,500株のつつじが見頃を迎えている。

Img_2105_1024x683

天候にこそ恵まれなかったが、園内を彩る満開のつつじはとても綺麗だった

Img_2108_1024x683

公園全体が小高い丘になっており、市街地の先に関東一円の山々を望むことが出来る。

Img_2115_1024x683

Img_2122_1024x683

Img_2127_1024x683

展望台のある山頂は、ちょっとした広場となっており、のんびり寛ぐ人の姿も見られた。

Img_2120_1024x683

***************************************************************

折角なので、笠間つつじ公園のすぐ傍に建つ笠間稲荷神社を訪ねてみた。

笠間稲荷神社は、日本三台稲荷神社にも数えられる由緒正しい神社。

境内には、茨城県の天然記念物に指定されている2株の藤がある。

(大藤↓)

Img_2133_1024x683

Img_2136_1024x683

茨城県最大の大きさを誇るという八重藤↓

見頃こそ過ぎていたものの、葡萄の房の様な花の姿が印象的。

Img_2140

Img_2142_1024x683_2

樹齢400年におよぶ二株の藤樹の株は、凛とした雰囲気に包まれる。

Img_2143_1024x683

***************************************************************

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年5月 6日 (火)

ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園を訪ねてみた。

目的はもちろん、見頃のピークを迎えているネモフィラである。

 

肌寒く、時折小雨の混じる生憎の天候の下、主役はやや俯き加減だったが…

それでも、ブルーに彩られたみはらしの丘は美しい

Img_0979_1024x768

Img_1012_1024x768

Img_1017_1024x768

Img_0995

Img_1023_1024x768

Img_1028_1024x768

Img_1029_1024x768

Img_0989

※写真は、全てコンデジ撮影

 

次回は、好条件下を狙ってみたいと思う

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年5月 2日 (金)

越代の桜

古殿町大久田地区にある「越代(こしだい)の桜」を訪ねてみた。

越代の桜は、樹齢約400年、高さ約20mのヤマザクラで、林野庁「森の巨人たち百選」や、県の天然記念物にも指定されている。

平地の桜がすっかり葉桜となった頃、ようやく花を咲かせる巨木にファンは少なくない

Img_2046

越代の桜とその周辺の様子を幾つか↓

Img_0974_1024x768

Img_0969_1024x768_2

Img_2055_1024x683_2

Img_2049_1024x683

Img_2079_1024x683_2

Img_2087_683x1024_3

 

因みに、5月6日まで越代のサクラ祭りが開催されている。

薄紅色に染まる遅咲きの一本桜をお楽しみ頂きたい

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック