フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« こんにゃく餅@菓子司 陣野 | トップページ | 笠ヶ森山 & 幻の大滝 »

2014年5月18日 (日)

芦ノ牧温泉駅

会津若松市大戸町にある会津鉄道 芦ノ牧温泉駅を訪ねてみた。

猫の駅長「ばす」で有名な味わい深い木造の小さな駅舎である。

Img_2246_1024x683

Img_2222_1024x683

Img_2219_1024x683

猫駅長(名誉駅長)のプロフィール↓

Img_2215

本来であれば駅長の雄姿をお伝えしたいところだが、残念ながら現在は撮影禁止。

人間に例えるなら、100歳超!というご高齢であるため、様々なストレスが与える影響を考慮してのものだろう。

…ここはひとつ、敬意を表してそっとしておきたい

 

因みにボクが訪れた時は、駅員室内の別邸?で休んでおられた↓

Img_2220_1024x683

駅構内にある駅長室はこんな感じ↓

Img_2216_1024x683

駅舎はもちろんだが、趣のある周辺の様子を幾つか↓

Img_2237_1024x683

Img_2225_1024x683

駅に隣接する会津鉄道神社↓

Img_2228_1024x683

鉄道関連アイテムの展示室となっているトロッコ列車

(会津鉄道AT301・国鉄キハ3018)

Img_2229_1024x683

Img_2230_1024x683_3

内部には、子供心をくすぐられるジオラマ模型がある↓

Img_2232_1024x683

芦ノ牧温泉駅↓

名誉駅長もいる。(駅名看板の下)

Img_2233

鶴ヶ城↓

赤瓦も再現されている。

Img_2234_1024x683

会津芦ノ牧温泉街を阿賀川に架かる芦ノ牧橋から望む↓

Img_1171_1024x768

 

周辺の観光スポットと併せてお楽しみ頂きたい

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« こんにゃく餅@菓子司 陣野 | トップページ | 笠ヶ森山 & 幻の大滝 »

お出掛け(福島県)」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、こんばんは!

会津鉄道は、至るところに風情があっていいですね
陣屋本陣屋敷って、会津武家屋敷?(旧滝沢本陣?)
えー!凄くないですか?!!(゚ロ゚屮)屮
行った事ありますよ~
今の時期、その位の時間ならまだまだ明るいので、
バッチリ確かめられると思います
是非、くぐってみて下さいネ

( ´艸`)プププ
ジオラマの中に「ばすちゃん」も住んでる?
駅長室もその中に?って、そんな感じに空想のひと時を・・・・・・・。
ウチのは19歳7ケ月で亡くなりましたので、推定年齢だけど
まだ大丈夫よ
(=^・^=)ネコの働く駅??なんて、風情があって
行ってみたいけどねぇ!
会津地方にはまだまだ、色々昔のものが残ってるんでしょうね。
ちなみに、この札幌の友達は会津のあの陣屋本陣屋敷のお嬢さまよ。
「“八重の桜”の撮影に家使われたんよ。見た?
容保公(綾野剛)が直々に来たんだって」このミーハはあたしよりスゴ!
彼女は八重さんと同じくクリスチャンなので歴史認識的に、「長州憎し!」はない
「帰ったら、一度行ってみてよ」と言われてるけど
あたしゃ、GReeeeNの扉がピンクか緑なのかが気になる!
郡山に誰が迎えに来るか分からないけど、何度も逃してるから
今回は絶対くぐるぞ~
でも、着くの16:48だわ(゚m゚*)暗くなってるかも????

元広島県人さん、こんばんは!

本来の駅長さん?は、おキレイな女性の方です。
(この方も結構有名だったりします)
ここに住み着いた猫さんは、名誉駅長の称号を授かり
駅のシンボル的存在として君臨しているようです。

ホントに和やかで落ち着いた場所でした。
古き良き日本の原風景の一つが、ここにはあります。

ころっちんさん、こんばんは!

人気者を求めてやってくる人は、必ずしも配慮の出来る方とは
限らないですからネ…
動物の権利や尊厳も尊重されて然るべき…だと思います。

大きな赤いポストのあるノスタルジックな雰囲気に
思わずシャッターを切っちゃいました。
寂れた電柱もまた味わいがあっていいなぁと思う景色です

Mikikoさん、こんばんは!

丁度、記事更新のタイミングと重なった?でしょうか
この駅は、猫の駅長と人間の駅長(女性の方)とのコラボで
話題となりました。
一時は、猫の駅長の何気ない日常を求めて多くの方が訪れたそうです。
…まだまだ元気でいて欲しいものです。

手前の線路は、展示スペースとなっているトロッコ列車に繋がっています。

まだこんな和かな場所あるんですね。駅長猫は100歳とはご長寿なこと。でもどんな縁があって駅長になったんでしょうか?もっともっと長生きしてほしいですね。

ご高齢のばす駅長に優しい配慮。
人間だってシツコイ方はストレスですものね~
まだまだ現役で頑張ってほしいです!
懐かしの赤ポストといい
タイムスリップしたようで
木のベンチに座ってボ~っとするのもいいですね

前回のにコメントしてココログに戻って「いいね」を押したら、あれ?写真が違ってる・・・ことに気が付きまして、再度遊びに来ました

「猫が働く駅」ってテレビで観たことがあります。
もうかなりの歳なんですね。いつまでも元気でいて欲しいですね。

線路の分岐点、カッコいいですね。手前は廃線になっているのかしら?
のどかだなあ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芦ノ牧温泉駅:

« こんにゃく餅@菓子司 陣野 | トップページ | 笠ヶ森山 & 幻の大滝 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック