フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

3年目のモミジ

3年前、我が家に移植したモミジがようやく鮮やかに色付いてくれた

元々は実家の敷地内にあったものだが、程よい大きさとその紅葉の美しさに感動し、頂いたのだった。

(掘り起こしから植樹まで全てボクの手作業(*´v゚*)ゞ)

 

手前味噌で恐縮だが、嬉しかったのでクローズアップしてみたい

Img_8071_800x533

Img_8073_800x535

(ヤマモミジと思われるのだが…違うのかな??)

Img_8076_800x533

 

***************************************************************

2年前は、やや枯れ気味の色褪せたオレンジ↓

Img_3404_800x533
そして昨年は、何故か"赤色"だった…

しかも、決して鮮やかとは言い難い

Img_0013_800x600
気象や撮影条件の違いを考慮しても、今年はいい具合に色付いている

樹形はもう少し整える必要があるが、ようやく落ち着いてきた証であろう

Img_8095_533x800

 

***************************************************************

 

因みに、造園業者が植樹した別の2本(種類は異なる)の紅葉はこれから。

こちらは当初から安定的な"赤色"。今年も磐石と思われる

 

プロと素人の違いなのか、単純に"種の違い"なのかは不明である

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年10月29日 (水)

幕滝

福島市土湯にある幕滝を訪ねてみた。

幕川温泉から渓谷沿いを20分ほど歩いた先にあり、県北地区で最大の滝とされる。

 

2軒ある旅館(水戸屋&吉倉屋)の間↓を抜け、遊歩道へ入る。

Img_8066_800x533_2

Img_8017_800x533

途中、このような木橋↓を何度も渡りながら奥に進んでいく。

Img_8020_800x533
倒木を削った橋の先にあるこの小さな滝↓は、温泉水が湧き出ているようだ

湯ノ花の成分が流れに沿ってこびり付いている。

Img_8065_533x800_2

最後の「たきみ橋」↓を渡ると、いよいよ幕滝到着

周囲は、高い岩壁に囲まれている。

Img_8033_800x533_2
観瀑台の手前から幕滝全景↓

Img_8039_533x800_3
観瀑台の上から滝壺↓

岩の合間から幾筋にも渡って流れ落ちる湧水が美しい

Img_8050_800x533
同じ場所から、滝全体↓(落差は約30m)

Img_8057_533x800_4
 

メインの幕滝と、幾筋もの小さな滝が一つの滝壺に流れ落ちる様は実に素晴らしい

(観瀑台の位置と大きさがちょっと惜しい気もするが…)

 

秘湯とセットで楽しみたい

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年10月27日 (月)

家形山

吾妻連峰東部の家形山を歩いてみた。

五色沼を挟んで一切経山の北側に位置し、家の屋根を連想させる山容がその名の由来とされる。

今回は、浄土平から入り、一切経山を経由する。

"吾妻の瞳"や"魔女の瞳"と称される神秘の「五色沼」を存分に堪能できるルートだ

 

高湯ゲートから磐梯吾妻スカイラインを浄土平へと向う。

Img_7822_800x533

福島盆地に広がる雲海が美しい!

Img_7838_800x527

Img_7820_800x533
この辺りから先は、荒涼とした景観に包まれる↓

Img_7836_800x533
浄土平ビジターセンターを起点に、先ずは一切経(いっさいきょう)山へ。

Img_7845_800x533

噴気の上がる斜面を右手に進む。

Img_7847_800x533
鎌沼との分岐↓

Img_7859_800x533

避難小屋を抜けると、ガレ場が続く。

鎌沼↓

Img_7866_800x529_2
吾妻小富士↓

消え始めた雲海の先に、福島市街地が見えている。

Img_7871_800x520
一切経山頂到着~

なだらかで広い山頂は、展望抜群!

Img_7882_800x533

磐梯山↓

会津盆地も雲海の中だ。

Img_7884_800x533
箕輪山とその先に安達太良山↓

Img_7886_800x533
五色沼↓

コバルトブルーに輝く美しい湖面に魅了される

Img_7898r_800x533_2

いつ見ても美しい

Img_7921_800x533

Img_7920_800x533
光の向きや加減によって、微妙に色が変わって見える

(遠くに広がる雲海は、米沢方面)

Img_7901_800x527_2
沼のバックにある高台のような山が、これから向う家形山↓

Img_7915_800x532

Img_7982_800x523
沼を眺めながら、一切経山の北西面を下っていく。

Img_7931_800x533_2
鞍部から望む五色沼↓

Img_7935_800x533
不動沢口との分岐↓

一切経山から来ると、この指標の少し手前に山頂へのルートがある。

Img_7974_800x533

指標の傍に建てられた碑↓

(訪れた方は、必ず一読して頂きたい)

Img_7975_800x533
家形山の山頂へ到着!

一切経山とは打って変わって、人も少なく静かだ

Img_7951_800x532
因みに、最高地点はシラビソの森の中。

感覚的にもGPS上でも、ケルンの位置の高さとそう変わらなそうだ

Img_7968_800x533_2
蔵王連峰(左奥)と福島盆地↓

Img_7952_800x534
五色沼と一切経山↓

(沼を一周することは出来ない)

Img_7954_800x533
帰りは、同じルートで浄土平へ。

今回は省略したが、鎌沼を巡るコースを併せるのもオススメだ

 

GPSログ↓)

Gpslog_800x533

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年10月24日 (金)

裏見ノ滝 【日光市】

栃木県日光市にある裏見ノ滝を訪ねてみた。

松尾芭蕉も訪れた由緒ある滝で、日光三名瀑の一つ。

その名のとおり、かつては裏側から滝を見ることが出来たそうだ。

Img_7801_800x534
駐車場から約500mの遊歩道を行く。

歩き易い靴が良さそうだ。

Img_7803_800x533

Img_7799_800x533_2
紅葉の見頃はもう少し先だが、観瀑台へ至る道中も美しい

Img_7736_800x533_2

Img_7796_800x533

Img_7787_800x533

裏見ノ滝の様子↓

Img_7753_800x533_4

Img_7756_800x533_2

 

因みに、芭蕉がここで詠んだ句は…↓

「暫時は滝に籠るや夏の初」

 

初夏でなくとも、暫く篭れそうな滝である

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年10月21日 (火)

薪ストーブ慣らし焚き ~2014

本格的な暖房シーズンを前に、薪ストーブを試運転してみた。

(観葉植物の置場と化している)ストーブ周辺を片付けた後、薪や小物を搬入して準備完了!

焚き付け用の木端等を利用し、軽く焚いて各部を馴染ませる。

 

夜間や朝方こそやや寒さを感じるものの、日中の室温は約20度前後

暫しの間は、焚いたり焚かなかったりを繰り返す。

Img_7662_800x535
揺らめく炎を眺めていると、着実に近付く晩秋の訪れを感じさせられる

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年10月18日 (土)

庭木の紅葉状況

我が家の庭木の紅葉は、例年より何故か早目に推移しているようだ

カツラやヤマボウシ、ドウダンツツジの一部は見頃だが、ナツハゼや桜に至っては、既に落葉してしまっている…

 

まぁ、コナラやモミジ類はまだ青く、全体的には"色付き始め"といった感の今日この頃。

借景となっている隣の公園の雑木林も青々としている)

Img_7609_800x533

Img_7580tiltshift_800x533

Img_7588_800x534

Img_7585tiltshift_800x533

Img_7569_800x533

Img_7615_800x533

Img_7619_800x533

Img_7570_800x533

Img_7593tiltshift_800x533 

雑木林の風情に富み、紅葉も美しいホオノキやナナカマド、蔦類も欲しいところ

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年10月13日 (月)

甲武信ヶ岳

奥秩父の名峰「甲武信ヶ岳」を歩いてみた。

山梨・埼玉・長野の県境に位置し、千曲川(信濃川)や荒川、笛吹川の源流を有する分水嶺。

甲武信(コブシ)の名は、甲州・武州・信州の三国に因むとされる。

 

長野県川上村の毛木平を起点に、反時計回りに周遊する。

(登山道入口↓)

Img_7230_800x533

※今回は、3連休ではないボクの都合と来る台風の影響を考慮し、急遽決まったテン泊の山旅。

因みに、オジサン3名…

 

沢を幾度も渡りながら徐々に高度を上げていく。特に危険な箇所はない。

滑滝↓

Img_7243_800x533
千曲川・信濃川の水源地標↓

Img_7249_800x533_2
国内最長の川の"源"がコチラ↓

(黄色のチェーンにはカップが繋がれている)

Img_7252_800x533
367kmにも及ぶ"旅のスタート地点"かと思うと、何気に感慨深い

Img_7253_800x533

尾根上に出てもなお樹林帯だが、ようやく山頂や富士山が見え始める。

(甲武信ヶ岳山頂↓)

Img_7267_800x533
(富士山↓)

Img_7269_800x533
山頂到着!

Img_7273_800x533

夕陽と八ヶ岳のシルエットが美しい↓

Img_7301_800x534
日没点は、中アの木曽駒ヶ岳付近だろうか。

Img_7322_800x534

甲武信小屋↓到着。

Img_7329_800x533
満場に近い小屋前のテン場↓

Img_7332_800x533

10年以上前から山を共にしているが、今回のメンバーが揃うのは震災後初。

少々のお酒を嗜みながら多々な話題に触れるひと時は、実に楽しいものだ

 

…しかし、オッサン連中が狭い一つのテントに集う状況は誠に悲劇的で、もはや事故と言っても過言ではない

文字通り「川」の字となって寝る訳だが、一番"若造"のボクは必然的に重役のセンターを担う。

そこは、酔っ払いが奏でる"いびき"をサラウンドで楽しめるという特典付だった…

 

******* 2日目 ********************************************************

 

(気分の悪い目覚めとは裏腹に)外は期待通りのいい天気!

樹木の向こうには、広大な雲海が↓

Img_7340_800x524
徒歩2、3分の場所にある展望スペースから↓

Img_7359_800x535
リサーチ不足のボクたちは、ここで大きな過ちを犯してしまう…_| ̄|○

雲海に浮かぶ御来光という好条件にも関わらず、「御来光は樹木の陰に隠れて見えない」というガセネタに惑わされ、山頂へ向わなかったのだ…

 

テントを撤収し、再び山頂へ(十文字峠方向への分岐点でもある)。

既に陽の位置は高かったが、しかし、素晴らしい眺望が広がっていた

Img_7379_800x528
富士山~

Img_7378_800x524_2
農鳥岳、間ノ岳、北岳↓

Img_7412_800x534
甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳と中央アルプスの峰々↓

Img_7413_800x523
八ヶ岳と、その奥に穂高連峰↓槍の穂先も確認できる。

右側の雲海に浮かぶは浅間山。

Img_7422_800x533
登ってきたルートを俯瞰する↓

Img_7428_800x533_2
雲海に包まれる関東平野↓

Img_7430_800x533
山頂からの眺望を堪能した後、分岐から十文字峠方向へ向う↓ 

(右が埼玉、左は長野県)

Img_7433_800x533

埼玉県最高峰「三宝山」↓到着。

一等三角点の山ながら、眺望には恵まれない…

Img_7440_800x533
三宝山の直ぐ近くにある三宝岩↓

Img_7474_800x533
三宝岩からの眺望↓

(甲武信ヶ岳と富士山)

Img_7458_800x527
(東京方向↓)

Img_7453_800x532
基本的に樹林帯の中ではあるが、1日目のルートよりは展望が開けている。

尻岩↓

Img_7479_800x533
武信白岩山↓

度重なる落雷によって足場がもろく危険なため、山頂は立入禁止

Img_7494_800x533
上記スポットから↓

Img_7496_800x532

Img_7501_800x531
大山↓到着。

ここからの眺望も実に素晴らしい。

Img_7532_800x533
十文字小屋↓到着

群生するシャクナゲが有名とのこと。中々個性が感じられる山小屋だ。

Img_7544_800x508
小休止の後、駐車場を目指して沢沿いを下る。

Img_7551_800x533

Img_7555_800x533

GPSログ↓)

Gpslog_800x546_3

ドタバタとした2日間だったが、天候にも恵まれ、楽しい山旅であった

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年10月 9日 (木)

那須フラワーワールド

栃木県那須町にある那須フラワーワールドを訪ねてみた。

チューリップに始まる花の楽園は、今、ケイトウやサルビア、コスモス等が一面に咲き誇る。

那須連峰をバックに秋色に輝く様子を幾つか↓

Img_7218_800x533

Img_7168_800x534

Img_7105_800x535

Img_7189_800x533

Img_7131_800x533

Img_7155_800x533

Img_7107_800x533

Img_7208_800x534

Img_7154_800x534

Img_7148_800x533_2

Img_7133_800x533

Img_7076_800x533

Img_7110_800x533

Img_7109_800x534

Img_7142_800x535

Img_7186_800x533
 

秋の花は、今月下旬頃まで楽しめるという。

那須連峰を見渡せる好天時がベストであろう

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年10月 5日 (日)

モンベル ステラリッジ1型(山岳用テント)

ボクが山で使用しているテントは、モンベルのステラリッジ1型

自立式&ダブルウォール構造で、軽量コンパクトながら高い耐風性と防水性を併せ持つ。

デフォルトでシーム処理が施され、防水生地のバスタブ構造と相まって安心感は抜群!

Img_0037_800x599

設営、撤収は共に簡単明瞭。

グランドシートは、地面の性状がいい時には敷かずともOKだろう。

本体生地はもちろん、ポールや張り縄も丈夫で、設計思想の高さが伺える。

導入から数年経つものの、雨漏れや破損箇所は皆無だ。

Img_2052_800x533

****************************************************************

テン泊のデメリットの一つとして、荷物が大きく重くなることが上げられる。

衣食住の全てをパッキングする以上、仕方ないが決して楽ではない…

因みに、ボクの標準的なテン泊装備はこんな感じ↓(食料等は含まず)

Img_1662_800x600

最近はウルトラ・ライト志向もあって、ビバーク用のツェルトをテント代わりにする方も散見される…

****************************************************************

日程的な都合もあり、今シーズンのテン泊はもう終わりとなりそうだ…

 

 

ポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック