フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

イーハトーブの里を巡る旅

所要で岩手県へ。

自由こそ利かなかったものの、幾つか訪れたスポットの様子をお伝えしたい

 

【猊鼻渓】

高さ50m超の岸壁が約2kmにわたって続く猊鼻渓

国の史蹟名勝天然記念物にして、日本百景の一つ。

Img_8838_800x533

Img_8852_800x533

Img_8859_800x533

Img_8860_800x533_3

エサを求め、舟を追うカルガモ↓

Img_8845_800x533

 

****************************************************************

 

【関山 中尊寺】

比叡山延暦寺の高僧慈覚大師円仁によって開かれた由緒正しき中尊寺

世界文化遺産としてもお馴染みで、ボク自身、3度目となる。

 

東物見台から衣川古戦場跡を望む↓

Img_8877_800x533

紅葉に覆われる峯薬師堂↓

Img_8884_800x533_2

金色堂(覆堂)

Img_8906_800x526_2

 

****************************************************************

 

【宮沢賢治記念館】

花巻市街地を望む高台に建つ宮沢賢治記念館

文学にとどまらず、教育、農業、科学、音楽と、そのマルチな才能に触れる。

Img_8923_800x533_2

Img_8938_800x533_2

テラスから花巻市街地を望む↓

Img_8930_800x533

敷地内にある森↓

Img_8940_800x533

お土産&レストラン「山猫軒」↓

リニューアル工事に伴う記念館の休館(来年4月中旬頃まで)中も営業を続けるとのことだ

Img_8919_800x533

山猫軒脇の展望台から望む早池峰山↓

Img_8916_800x533

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年11月24日 (月)

大将旗山&額取山

郡山市の大将旗(たいしょうはた)山と、額取(ひたいとり)山へ。

福島県中央部に位置し、その名は、いずれも源義家(八幡太郎義家)に由来するという。

御霊櫃(ごれいびつ)峠を起点に、会津と中通りを分ける稜線上をピストンしてみた。

 

駐車場脇の登山道入口↓

Img_8750_800x533

黒岩山頂↓

「黒岩」の柱票が立つ。

Img_8831_800x533

「初恋の小径」↓

ブナ平に掛けて、程よい高さの樹林帯が続く。

Img_8763_800x533

大将旗山山頂到着!

Img_8776_800x533_2

猪苗代湖と磐梯山↓

Img_8770_800x524

那須連峰↓

Img_8773_800x529

大将旗山をやや過ぎた場所から安達太良山方向を望む↓

手前側一番右の頂がこれから向う額取山だ。

Img_8779_800x525

額取山(安積山)山頂到着!

Img_8805_800x533

安積平野↓

郡山市街地の全域が一望できる。

Img_8807_800x533_2

蓬田岳↓は、どこから見てもピラミダル。

Img_8819_800x533

歩いてきた方向を振り返る↓

Img_8800_800x533

猪苗代湖と磐梯山↓

(大将旗山頂と比し、視界に入る樹木が少ない)

Img_8798_800x531

吾妻・安達太良連峰↓

Img_8793_800x516

**********************************************************************

帰り道、郡山市逢瀬地区から大将旗と額取山を見上げる↓

御霊櫃峠(写真左)から額取山頂(写真右のピーク)へ掛けて続く稜線が今回のルート

Img_8834_800x534_2 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年11月21日 (金)

瑞牆山&金峰山

奥秩父の名峰「瑞牆山」と「金峰山」へ。

瑞牆山荘を起点に、二つの百名山を日帰りで巡る。

 

【瑞牆山】(みずがきやま)

針葉樹林帯から突き出た無数の岩塔群が特徴的で、国内でも屈指の奇峰とされる。

瑞牆山荘↓)

Img_8594_800x533

すっかり落葉した広葉樹林の中を進む。

Img_8598_800x533

Img_8601_800x533

富士見平小屋前↓

Img_8602_800x533

天鳥川を渡って直ぐの場所にある桃太郎岩↓

Img_8603_800x532

大ヤスリ岩(の手前の岩だろうか?)↓を右に巻き、山頂へ。

Img_8608_800x533

瑞牆山頂到着!

冷たい風の中、絶景を堪能する(v^ー゜)ヤッタネ!!

Img_8610_800x533

富士山

Img_8615_800x533

後立山連峰↓

Img_8622_800x533

御嶽山↓

Img_8621_800x534

南アルプス方向↓

手前は「大ヤスリ岩」

Img_8636_800x533

これから向う金峰山と富士山↓

Img_8638_800x533
 
 

 
のんびりしたいところだが、次なる目的地「金峰山」へ向け、富士見平小屋まで戻る。

 

*************************************************************

 

【金峰山】(きんぷさん・きんぽうさん)

山頂にあるシンボリックな五丈岩が特徴的で、深田久弥氏も「山容の秀麗高雅な点では、秩父山群の王者」と評している。

なお、山梨県側では「きんぷさん」、長野県側では「きんぽうさん」と呼ぶそうだ。

 

富士見平小屋から小一時間ほどの場所に建つ大日小屋↓

Img_8675_800x533

大日小屋から大日岩を望む↓

Img_8674_800x533

砂払いノ頭↓

この辺からアルペンムード漂う岩場の稜線を行く。

(悪天候時は特に注意を要するだろう

Img_8686_800x533

途中にある「千代ノ吹上」からの眺望を幾つか↓

金峰山頂↓

Img_8689_800x533

瑞牆山↓

Img_8693_800x533_2

富士山↓

Img_8696_800x527

金峰山頂到着!

Img_8703_800x533

五丈岩(五丈石)

Img_8708_800x533

五丈岩に登る人も多数見受けられた。

(ボクはアタックせず)

Img_8718_800x534

千代ノ吹上、砂払いノ頭に掛けての稜線↓

Img_8736_800x533

大弛峠方向↓

Img_8722_800x533

瑞牆山と八ヶ岳↓

Img_8731_800x533

 

山頂でのランチタイムは、富士山や八ヶ岳を眺めながらの贅沢なシチュエーション

(食べてる物は質素だが

 

 

いずれも花崗岩の奇岩群が特徴的で、眺望に優れた素晴らしい名峰という印象だ

 
 

*************************************************************

 

GPSログ↓)

※距離は約15km。普通に歩いて10時間前後を要するので、時間管理に注意したい。

Gpslog_800x484

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年11月18日 (火)

霞ヶ城公園

二本松市霞ヶ城公園へ。

戊辰戦争にまつわる悲運の名城は、今年、築城600年。

丘陵地全体が公園として整備され、"ほんとうの空"の下、四季を通して美しい

 

菊人形と併せて散策した際の様子を幾つか↓

Img_8372_800x533

(箕輪門↓)

Img_8382_800x533

(智恵子の藤棚↓)

Img_8515_800x533

(霞池↓)

Img_8516_800x533

(洗心亭↓)

Img_8520_800x533

洗心亭は、城内に唯一残る江戸時代の建物とのこと。

Img_8528_800x533

ウッドチップが敷かれた歩道もあり、快適に散策できる

Img_8532_800x533

(霞ヶ城の傘松↓)

Img_8534_800x533

(洗心滝と東屋↓)

Img_8535_800x533

(本丸跡↓)

Img_8545_800x533

本丸跡から二段石垣と、その先に安達太良山を望む↓

Img_8548_800x533

二本松市街地を俯瞰する↓

遠くには、蓬田岳や郡山市街地も

Img_8551_800x533

(日影の井戸↓)

「月影の井戸」(千葉県印西市)、「星影の井戸」(神奈川県鎌倉市)と共に、日本三井戸とされる。

Img_8575_800x533

公園内の紅葉↓は、そろそろ終盤だろう。

Img_8488_800x533

Img_8543_800x534

 

因みに、二本松城(霞ヶ城)は「日本百名城」の一つにも数えられているそうだ

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年11月16日 (日)

晩秋の山鶏滝

先日、平田村山鶏滝へ。

初夏以来の再訪となる今回、落葉を踏みしめつつ川の岩場に足を運んでみた。

(参考:6月の山鶏滝

 

遊歩道入口の橋上から↓

Img_8152_800x533

前回は、ヘビが怖くてここまで近づけなかった

Img_8172_800x533

紅葉は、ややピークを過ぎた辺りだろう

Img_8192_800x533_2

山鶏の滝橋↓

Img_8215_800x533

山鶏滝↓

Img_8224_800x533

Img_8244_800x533

Img_8251_800x533

女滝↓

(さらに上流を目指したかったが、薄暗さに負け、この辺で引き返す…)

Img_8256_800x533_4 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年11月12日 (水)

二本松の菊人形

二本松市は霞ヶ城公園で開催中の「二本松の菊人形」へ。

城跡を華やかに彩る菊の祭典は、今年で60回目。

丁度、二本松城築城600年の節目でもあるそうだ

Img_8376_800x533

Img_8388_800x533

*********************************************************************

菊花展ゾーンには、品評会出展作など約950点が並ぶ。

Img_8394_800x534

世界初という「三色千輪咲」↓

(それぞれの色の菊を節木して栽培されるそうだ)

Img_8393_800x533

1,000~1,400個クラスが集う「千輪咲」↓

(一般的には、500個以上のものを大多輪(千輪咲き)と呼ぶそうだが、リアルに"千輪"咲きだ)

Img_8398_800x534

「盆栽競技花」↓

Img_8428_800x533

*********************************************************************

菊人形ゾーン↓(テーマ:「にほんまつヒストリア」)

地元にゆかりの人物や歴史、祭り等が全8場面・40体の菊人形で表現されている↓

Img_8409_800x533

Img_8456_800x533

Img_8463_800x533

Img_8470_800x532

*********************************************************************

新登場の「ガーデンゾーン」↓(ガーデンデザイナー・玉崎弘志氏監修)

愛好家や高校生による作品も展示されている。

Img_8500_800x533

Img_8493_800x533

Img_8506_800x525

 

*********************************************************************

 

開催期間は、今月24日まで。

見頃を迎えている霞ヶ城公園の紅葉と併せて楽しみたい

 

Img_8421coll

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年11月10日 (月)

長床【新宮熊野神社】

喜多方市慶徳町の新宮熊野神社へ。

天喜3年にまで遡るという由緒ある神社は、この時期、黄色に染まる大イチョウとのコントラストが美しい

(11月15日~22日までの間、ライトアップも予定されている)

Img_8291t

大イチョウは、樹齢800年、高さ37m、幹周り8mとのこと。

黄色い絨毯を期待したが、やや早かったようだ

Img_8322_800x533

拝殿の長床(ながとこ)は平安末期の建立とされ、国の重要文化財にも指定されている。

10尺の等間隔に並ぶ円柱の数は、44本。

Img_8308_800x533

Img_8310_800x533

Img_8331t1_800x533
長床の後方に位置する熊野神社本殿↓(県指定重文)

Img_8334_800x533
鐘楼↓(国指定重文)

Img_8313_800x533

黄色に輝くモミジも美しい

Img_8315_800x533
 

今月22日(土)には、イベント(秋の喜多方2014長床ウォーク)も予定されているそうだ。

宝物殿と併せてお楽しみ頂きたい。

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年11月 9日 (日)

ふくしま 道の駅・空の駅まつり

福島空港で開かれた「ふくしま道の駅・空の駅まつり」へ。

"福島の元気は道の駅と空の駅から!"のキャッチフレーズのもと、各種テナントが一堂に会すイベント。

ご当地グルメや特産品が集うとあって、遅い時間帯にもかかわらず中々の賑わいをみせていた

Img_8128_800x533
Img_8131_800x533

Img_8139_800x534
遠くからお越しの県外組↓(お疲れ様です!(o・ω・)ノ)))

Img_8135_800x533
ステージイベントも↓

Img_8132_800x534

 

因みに、福島県内には現在、28の道の駅があるそうだ。

そのうち、ボクが訪れたことがあるのは「24」。

(それが趣味ではないというのもあって…^^;)

 

各駅を巡るのも楽しいだろうなぁ~と思いつつ、会場を後にした

 

***********************************************************************

 

空港ビル内で同時開催中のイベントの様子を幾つか↓

Img_8121_800x533_2

Img_8120_800x533_2

Img_8117_800x533_2

Img_8118_800x533_2
Img_8115_800x534

Img_8124_800x533

 

 

イベントがなくとも、利用客で賑わう空港であって欲しいものだ…

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2014年11月 6日 (木)

薪小屋「1号」

検討開始から足掛け4年。我が家初となる薪小屋が完成した

当初は庭の一角で検討していたが、最終的に駐車スペースの一部を潰すことで決定。

隣地を借用して剪定していた生垣を替えることで、いわば一挙両得を狙ったカタチである。

 

先ずは、生垣のベニカナメを伐採↓
(ボクの作業終了(*´v゚*;)ゞ)

Img_2134t_2

ワイヤーメッシュを入れて土間コンを打ち、既存土間と併せて6本のアンカーナットを埋め込む。

(犠牲にした駐車スペースは、0.7mほど)

単なる"囲い"ではなく、小屋として一定の強度を確保し、地盤沈下のリスクも払拭したいためだ。

コンクリート仕上げによる湿気対策上のメリットも大きい。

Img_2215t_2
数日間の養生の後、匠の手による作業は僅か1日!

~なんということでしょう♪( ̄▽ ̄)

Img_2298_800x600_2
材料は、ポリカの屋根を止める垂木(杉)を除いて、全てヒノキを使用。

防腐剤無しでも高い耐久性を誇り、結果的にローコストという

特有の香りと風合いを楽しむため、敢えて無塗装である。

Img_2300_800x600_2
サイズは、概ねH2.2×W3.6×D1.0(m)

薪を効率よく回転させるため上下2段とし、奥行きは前後2列分を確保した

(写真ではカーポートの支柱が邪魔に見えるが、搬入出に支障はない)

Img_2307_800x600_2

壁板の間隔はもう少し広くても良さそうだが、雨や雪よけはもちろん、地震や強風による薪の落下防止の効果も期待できる。

プロの刻み加工とあって、当たり前ながら耐震性も十分

Img_2310_800x600
薪搬入後の様子↓

軒下保管と併せると、1シーズン弱の量を手元に確保した計算となる。

(絵的には…もっと形のいい薪を入れておけば良かったかなぁ

Img_8105_800x533

一応DIYも検討していたが、ボクのスキルではクオリティとコストのバランスを高いレベルで実現するのは難しい

なお、一次保管場所にも簡易な薪小屋を設置すべく検討中だが、これまた長期のプロジェクトとなりそうだ

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック