フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月26日 (金)

明神滝

高清水自然公園を散策した後、天栄村湯本地区にある明神滝へ。

赤石川支流の黒沢に掛かる滝で、落差は約10m。

二条に分かれて流れ落ちる様が美しい。

 

国道118号線から2km程進んだ先の道路(橋)上から手軽に観瀑できる。

Img_2202_640x427

Img_2189_640x427

橋の上で微妙に場所を変えつつ粘ること約30分。

一向に雲に隠れようとしない太陽に根負けし、滝壺付近へは結局下りず仕舞い…

Img_2200_640x427

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2015年6月24日 (水)

高清水自然公園 ひめさゆり群生地

南会津町は界地区にある高清水自然公園へ。

そこは、ユリ科の植物「ひめさゆり」の国内最大の群生地。

7haの敷地に約100万本が自生している。

Img_2063_640x427

整備された木道に沿って園内を巡る↓

まだ蕾も数多く、見頃のピークはこれからだろう

Img_2114_640x427

Img_2149_640x426_2

やや俯き加減に咲くその淡いピンクの花は、見る者を魅了して止まない

Img_2165_640x426

Img_2171_640x428

Img_2135_640x427

色味の濃い固体が多いのもこちらの特徴らしい。

Img_2109_640x427

群生地内にあるワラビは、ひめさゆりと共生しているという。

強い日射や風、モグラなどの食害からひめさゆりを保護しているそうだ。

Img_2176_640x428

貴重な群生地の保護に当たられている関係者の皆様には、心より敬意を表したい

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2015年6月20日 (土)

東山大滝

七日町通りを散策した後、会津東山温泉の先にある大滝へ。

湯川の上流に位置し、東山ダムからさらに10kmほど県道を進んだ場所にある。

 

【大滝】

落差は約10m。看板から若干下った場所が観瀑ポイント。

涼風がとても心地いい

Img_1947_640x427

Img_1954_640x426

(大滝の頂部↓)

Img_1957_640x427

(すぐ上流にある小さな滝↓)

Img_1964_640x427

 

【小滝】

(ダム側からみて)大滝の手前に位置する湯川の支流。落差は約8m。

大きな岩の上を幾筋にも分かれながら、サワサワと穏やかに流れている。

(道路からもよく見える)

Img_1968_640x427

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2015年6月18日 (木)

長門屋 七日町店

阿弥陀寺の御三階を後にし、同じ七日町通りにある「長門屋 七日町店」へ。

平成19年オープンの七日町店は、レトロな通りによく馴染む蔵造構えが特徴的

 

因みに、本店の「長門屋」は1848年創業の老舗で、会津駄菓子発祥の地でもある。

Img_1919_640x428

和カフェスペースのある開放的な店内↓

Img_1927_640x427

Img_1933_640x427

時の会津藩主 松平容敬公の命による"庶民向けの素朴なお菓子作り"が今も受け継がれている。

Img_1930_640x427

Img_1932_640x426_3

迷った末、外しの選択?で、「会津起き上がり最中」と「わらび餅」を購入してみた^^;

Img_1934_640x427_2

会津の民芸品「起き上がり小法師」を模した起き上がり最中は、自分で中に餡を入れる。

Img_4892_640x467

わらび餅は、これからの季節、特に喜ばれそう

Img_1937_640x427

Img_4903_640x480

*******************************************************

併せて、大正浪漫の雰囲気漂う七日町通りを散策

車はもちろん、鉄道や観光周遊バスでのアクセスも良好だ。

Img_4838_640x480

JR只見線の七日町駅

駅舎内にある駅カフェは、会津17市町村のアンテナショップも兼ねている。

Img_1909_640x427

決して大きな通りではないものの、様々なお店が軒を連ねる七日町通り。

Img_1924_640x427

Img_1920_640x427_2

Img_1921_640x427

Img_1940t_640x426

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2015年6月16日 (火)

阿弥陀寺 御三階 【DC特別公開】

会津若松市七日町にある阿弥陀寺へ。

本堂に隣接する「御三階」は、鶴ヶ城の遺構として唯一現存する貴重な建物。

ふくしまDCの特別企画として、今月末まで一般公開(一階部分のみ)されている。

Img_1886_640x427

Img_4841_640x457

本堂と御三階(左側の建物)

Img_1904_640x427

外観上は三階に見えるが、内部は四層構造とのこと↓

※内部へ入ることは出来ない。

Img_1893_640x427

内部の詳細は割愛させて頂く…

Img_1898_640x427

**************************************************

折角なので、「御三階」が建っていた鶴ヶ城本丸内へも足を運んでみた。

手前は、鶴ヶ城をモチーフとしてデザインされたキャラクター「お城ボくん」↓

Img_2041_640x427

天守閣の東側にある御三階跡↓

本丸内唯一の高楼建築物だったそうだ。

Img_2023_640x427

現在も発掘調査中とのこと。

Img_2021_640x427

天守閣から俯瞰してみた↓

Img_1993_640x427

参考までに、4月に空撮した際の写真から↓

(赤○部分が御三階跡)

Img_0384_640x427
因みに鶴ヶ城天守閣は、今年、再建50周年

様々なイベントが企画されている

Img_1972_640x427

 

 

ポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2015年6月12日 (金)

那須岳

栃木県北部に位置する那須岳へ。(6/11)

福島県側からもよく目立つ雄大な山容は、多くの方々から親しまれている。

今回は、峠の茶屋駐車場を起点に「茶臼岳」、「朝日岳」、「三本槍岳」を巡る。

 

(登山指導センター脇にある登山道入口↓)

Img_4732_640x480

茶臼岳と朝日岳の鞍部に建つ「峰ノ茶屋跡避難小屋」を目指して進む↓

Img_4737_640x480

「峰ノ茶屋跡避難小屋」↓

やや風はあるものの、この山にしては穏やかといった具合だろう

Img_4743_640x480

先ずは、那須連峰の主峰「茶臼岳」へ。

Img_4746_640x480

茶臼岳山頂到着!

Img_4756_640x480

(那須岳神社の石祠↓)

Img_4750_640x480

残念ながら霞んでいるが、飯豊連峰の姿も確認できる

火口の先に、朝日岳と三本槍岳を望む↓

Img_4751_640x480

噴気は数ヶ所から立ち昇っている。

何度か訪れているが、比較的穏やかな印象を受けたのは気のせいだろうか。

Img_4759_640x480

火口北側から峰ノ茶屋跡避難小屋付近を俯瞰する↓

Img_4761_640x480

一旦避難小屋前へと戻り、剣ヶ峰を左に撒いて朝日岳へ。

朝日岳分岐(朝日の肩)までは、落石等に十分注意したい

Img_4766_640x480_2

朝日岳山頂到着!

しかし、空は相変わらずスッキリしない…

Img_4769_640x480

茶臼岳を望む↓

Img_4776_640x480

続いて、三本槍岳へと向う。

熊見曽根を越え、1,900m峰付近から望む三本槍岳(向って左側のなだらかな峰)

Img_4782_640x480

途中、平坦な清水平の木道を歩く。

(北温泉分岐から三本槍岳方向↓)

Img_4785_640x480

「三本槍岳」山頂到着!

那須連山の最高峰は、福島県だったりする。

 

その名は、かつての藩政時代、会津、白河、大田原の三藩が境界確認ため山頂に"三本の槍を建てた"ことに由来するという。

Img_4790_640x480

目前でどんどん新しいガスが生まれては、東へと流れていく

大展望は期待できないと判断し、サッサと引き揚げる

(南会津方向↓)

Img_4796_640x480

GPSログ↓)

Gpslog_640x441
 

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2015年6月10日 (水)

あぶくま洞月の世界「竹取物語」

田村市滝根町にあるあぶくま洞で開催中の「竹取物語」へ。

洞内の「月の世界」にて繰り広げられる光の演出は、ふくしまDCに因んだ特別企画

 

(今回は昨年4月以来の再訪となるため、「月の世界」のみを観覧)

竹灯と幾千のイルミネーションが織り成す光の物語"の様子を幾つか↓

Img_1787_640x427

Img_1780_640x427

Img_1771_640x427

Img_1777_640x427

Img_1791_640x427_2

Img_1806_640x427

(出入口のゲートも光のトンネル↓)

Img_1845_b_640x427

一般ルートを巡ると、一番最後の部分でイルミネーションが楽しめる

常設を期待したいが、開催は今月末までとのことだ。

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2015年6月 4日 (木)

四阿山

浅間山の翌日、四阿山(あずまやさん)へ。

ゆったりと裾野を広げる山容がその名の由来とされ、最近はファミリーにも人気が高いという。

 

今回は、菅平牧場を起点に山頂を経由し、北西に連なる根子岳(ねこだけ)へと周る。

(菅平牧場管理事務所前↓)

Img_4608_640x480
シラカバの森を進むに従って、次第にダケカンバが混じってくる。

双方の違いが分かり易い。

Img_4618_640x480
小四阿付近から次第に視界が開け、富士山から北アルプスまで一望できる

(烏帽子岳&上田盆地↓)

Img_1664_640x411
(菅平&北アルプス↓)

Img_1666_640x412
中四阿(なかあずま)付近から山頂を望む↓

Img_4639_640x480
根子岳との分岐↓を過ぎ、

Img_4645_640x480
木段↓を上ると、

Img_4646_640x480

四阿山頂到着!

Img_4647_640x480
山頂からの眺望を幾つか

(草津白根山↓)

Img_1682_640x427

(浅間山↓)

Img_4650_640x480

(富士山↓)

Img_1691_640x413
(後立山連峰↓)

Img_1702_640x417
(根子岳と白馬の峰々↓)
Img_1706_640x414

(雨飾、高妻、妙高方面↓)

Img_1714_640x406_2
続いて、根子岳へ。

分岐から先のルートは急傾斜地で、残雪も見られた。

(四阿山との鞍部から根子岳山頂を見上げる↓)

Img_4661_640x480
根子岳山頂到着!

Img_1716_640x427
根子岳山頂からの眺望を幾つか↓

(四阿山↓)

Img_1717_640x427
(北アルプスの峰々↓)※四阿山頂からの眺望とほぼ同様。

Img_1726_640x417
(穂高、大キレット、そして槍の穂先↓

Img_1737_640x418
北アの大展望を正面に、緩やかな傾斜を菅平牧場へと戻る

Img_4678_640x480

帰り道、散り際のミネザクラと咲き始めのヤマツツジが印象的だった

(根子岳は、花の百名山の一つにも数えられている)

Img_1750_640x426

Img_4720_640x481
GPSログ↓)

Gpslogazuma_640x433
 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

2015年6月 2日 (火)

浅間山

長野と群馬の県境に位置する浅間山へ。

現在の噴火警戒レベルは「1」で、火口から半径500m以内の立入りが禁止されている。

※入山にあたっては、最新の情報をチェックしたい

 

今回は、車坂峠から入り、山頂(前掛山)と第一外輪山の峰々を巡る。

(行きは、向って右の表コースを選択↓)

Img_4462_640x480

最初の避難壕を過ぎ、「トーミの頭」を望む↓

Img_4475_640x480

トーミの頭から黒斑山(くろふやま)

Img_4482_640x480
黒斑山との分岐から、湯の平へ。

「草すべり」と呼ばれる急傾斜地の細い道を下って行く。

Img_4484_640x480

中々の高度感

Img_4490_640x480

浅間山頂は、まだガスの中…

Img_4494_640x480

火山館との分岐を過ぎ、トーミの頭を見上げる↓

Img_4499_640x480

賽の河原の分岐を過ぎ、山頂を見上げる↓

先程まで覆っていたガスが抜け、荒涼とした山容が見て取れる。

Img_4501_640x480

火山礫の道を進みながら、Jバンド方向を望む↓

Img_4502_640x480

立入禁止の看板前から望む浅間山頂(釜山)

写真では判りにくいが、立ち昇る噴煙が確認できる。

Img_4509_640x480

左側のピークが前掛山↓

Img_4510_640x480

避難壕を左に見ながら進む↓

Img_4514_640x480_2

浅間山頂(前掛山)到着!

バックは、本来の山頂である釜山。

Img_4526_640x480
第二外輪山の稜線↓

残念ながら、ガスで遠くは望めず…

Img_4521_640x480

中央に第一外輪山の一つ「牙山」(ぎっぱやま)

左側でガスに覆われているのは、剣ヶ峰。

Img_4524_640x480

一旦下った後、賽の河原↓からJバンドを目指す。

Img_4534_640x480

Img_4536_640x480

Jバンドへ進む↓

Img_4538_640x480

第一外輪山の峰々↓

Img_4539_640x480

これから進む稜線を仙人岳から↓

(左手に見える筈の浅間山頂は、ガスに覆われてしまった…)

Img_4553_640x480

黒斑山山頂↓

噴火警戒レベルによっては、ここが「浅間山頂」となる。

Img_4573_640x480

黒斑山付近で出会ったカモシカ↓

Img_4568_640x480

中コースの途中から、車坂峠を俯瞰する↓

Img_4587_640x480_2
GPSログ↓)

Gpslog_640x423

 

 

 

更新の励みにポチッと↓お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 人気ブログランキングへ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック