フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 東鉢山七曲りから望む裏磐梯 | トップページ | 川桁のそば畑@猪苗代町 »

2016年8月19日 (金)

背あぶり山

白布峠を後にし、会津若松市港町にある背あぶり山(背炙山)へ。

会津盆地と猪苗代湖を隔てる高原台地上の山で、山頂周辺は公園として整備されている。

 

因みにその名は…

昔の人々がこの山を越える途中、朝は東から上る太陽を、帰りには沈む夕日を背中にあびながら家路についたこと…に因むそうだ。

 

県道374号線に面した駐車場にある入口↓(山頂まで徒歩5分)

クマの絵が怖すぎる^^;

Img_0152_640x427

山頂到着!

磐梯山と猪苗代湖を望む↓

Img_0159_640x427

キャンプ場↓

バックは天栄&那須方向。

Img_0156_640x427

猫魔ヶ岳から磐梯山に掛けての稜線↓

Img_0191_640x427

藤ヶ崎と、その右手に材木山↓

猪苗代湖を挟んで川桁山。

Img_0186_640x424

休憩所跡地↓

Img_0180_640x427

かつては、この地にもスキー場があった…

Img_7941_640x428

リフト脇にある看板↓

Img_0164_640x427

車道を兼ねた広いルートを歩いてレストハウスへ向かう↓

Img_0070_640x427

レストハウス側の登山道入口↓

こちらから山頂までは、のんびり歩いても15分ほど。

Img_7936_640x427

レストハウス↓

Img_0193_640x427

Img_0196_640x427

レストハウス内の案内板↓

Img_7951_640x427

県道を挟んで向側の公園へと向かう↓

TV局などの無線塔が目立つ。

Img_0197_640x427

豊臣秀吉が奥州仕置の際に休憩したとされる「関白平」↓

Img_0207_640x427

その脇を"おけいの碑"へと進む↓

Img_0208_640x427

黄金丘(GOLD HILL)

Img_0214_640x427

黄金丘にある「おけいの碑 (墓」↓

日本人初のアメリカ移民"おけい"は、僅か19歳でその生涯を閉じたという

Img_0218_640x428

黄金丘前から、会津盆地を望む↓

Img_0220_640x426

南側へと移動し、風車群を望む↓

Img_0223_640x426

背あぶり山風車群の先には、布引山の風車群も見えている↓

Img_0213_640x425

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 東鉢山七曲りから望む裏磐梯 | トップページ | 川桁のそば畑@猪苗代町 »

山歩き(福島県)」カテゴリの記事

コメント

らるごさん、こんばんは!

この時期は、リアルに"アチチ"な山です
一時期、山頂のキャンプ場近くでクマが目撃され、
入山禁止だったのですが、解除されたので訪ねてみました♪
(クマの絵は、注意喚起の意味合いからは"アリ"かもしれませんが)

おけいさんは、今回改めてその功績を辿ってみた次第です。
19歳で天に旅立だれたということは(現代の平均寿命から単純計算すると)、
あと60年以上は生きられたとことになる訳で…
…何事もそうかもしれませんが、先陣を切られた方の御労苦には
誠に頭の下がる思いです。

FUJIKAZEさん、こんばんは!

風車群は、確かに賛否ありますね…
(関係業界にいる知人曰く、これから、まだまだ増えるそうです)
過去に紹介したこともありますが、風車群を売りにした
観光スポットもありますし、原発に頼らない新エネルギーの
開拓といった観点からは、決して全否定し難い雰囲気もどこかあり…
何もかも、バランスが大事といったところでしょうか。

環境を破壊しながら自らを滅亡に向かわせている人類は、一方で
高等な頭脳を持ち合わせてもいる訳で…
上手く共存したいものですね。

こんばんは✿

背あぶり山、なんかアチチな感じがしますが、眺望が素晴らしいですね
それにしても熊の絵が凶暴すぎてコワい\(◎o◎)/
おけいの碑、勉強になりました
昔、カリフォルニアに連れて行かれ、入植は失敗に終わり。
19歳では会津が恋しかったでしょうに。

こんにちは!
背あぶり山っていうのですか。
眼下に見下ろす猪苗代湖が実に絵になりますね。
しかし、せっかく風光明媚な山なのに、風車群が残念な気がします。
最近、風車は全国各地にありますが、あれはねぇ・・・。
以前住んでいた御前崎にも沢山ありましたが、決してエコとは思えません。
近寄ると凄まじい低周波の音が耳を突きます。
真下までくると、まるで刀が振り下ろされる様で恐ろしい・・・。
あれでは野鳥も近づかなくなるでしょうし、実際、当たって死ぬ野鳥は沢山います。
何か別のモノに変えて欲しいものです。

アットマンさん、こんにちは!

この辺りは、冬もまた厳しい寒さに晒される地方です。
背に日を浴びながらの山越えが日常だった時代とは、
当時の装備等も考慮すると、相当過酷なものだったろうと…
焼かれるべき煩悩?も、現代人よりずっと小さかったのかも
しれません。
簡単に景色を楽しめる今の時代、そして先達に感謝です

「今晩は」
背炙山とは 面白い名前ですね。
朝日・夕日など太陽は 毘盧遮那仏、大日如来などの仏さん。
朝日・夕日を背にして炙られながらの、峠越えは きついですね。
仏教では身を焼くのは 煩悩、少し意味合いが違ってきます。
重荷を背負っての峠越え、夏場の荒修行、行倒れするかも・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背あぶり山:

« 東鉢山七曲りから望む裏磐梯 | トップページ | 川桁のそば畑@猪苗代町 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック