フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« デジカメ修理から復活 | トップページ | 惣滝 »

2016年10月23日 (日)

妙高山

新潟県は妙高市に位置する「妙高山」へ。(10/21)

特徴的な円形カルデラを有する成層火山で、標高は2,454m。

 

実は今年夏に火打山とセットで予定するも、急用のため叶わなかった山でもあり…

今回は、単発でのリベンジと相成った次第である。。

 

【参考:8/3の火打山

 

ルートは、燕温泉登山口から北地獄谷を登って燕新道を巡る。

温泉街を抜けて直ぐの登山道入口↓

Img_8610_640x424

車道を10分ほど進んで右手側へ↓

よく整備された登山道を緩やかに高度を上げる。

Img_8615_640x427

ガスが抜けた辺りで、妙高山の頂を見上げる↓

Img_8623_640x427

称名滝(上段)&光明滝↓

Img_1698_640x427

称名滝手前を左側へ。この辺りからグッと登山道らしくなる。

途中、神名山と大倉谷に掛かる雲海を望む↓

Img_1713_640x426

湯道分岐を過ぎ、胸突き八丁へ↓

傾斜は程々。スタンスもよく歩きやすい印象だ。

Img_8635_640x427_2

大谷ヒュッテ側との分岐点「天狗堂」↓

Img_8648_640x427

光善寺池↓

Img_8653_640x427

少し進んで、ダケカンバの先に光善寺池を望む↓

左手に神名山。燕温泉街へと続く北地獄谷を挟んで右手に前山。

Img_8655_640x427

「風穴」と呼ばれる八合目↓

文字通り、バックにある二つの穴からは冷風が吹き出ている。

Img_8656_640x427

途中、八ヶ岳の左手奥に富士山を望む↓

Img_1732_640x427

九合目の鎖場↓

Img_8659_640x427

鎖やロープのほか、足場もきちんと整備されている。

Img_8662_640x427_2

山頂到着(最高峰に当たる南峰)

妙高大神と、右奥に焼山&火打山↓

Img_8670_640x427

広い山頂部は、ゴツゴツとした露岩に覆われている。

南峰から北峰を望む↓

Img_1761_640x427

北アルプスは後立山から穂高連峰まで一望!↓

Img_1765_640x427

白馬三山から続く稜線と、左奥に立山&剱岳↓

Img_1770_640x427

赤倉山を手前に高妻&乙妻山↓

左手に連なるのは、黒姫山だろうか。

Img_1785_640x427

乙妻山の先に、槍ヶ岳&穂高連峰を望む↓

Img_1773_640x427

左手に野尻湖と班目山↓

中央&南アルプスと八ヶ岳。富士山はかなり霞んでいる。

(四阿山なども見えている筈だが、ピンポイントでは分からず…^^;)

Img_1786_640x427

妙高市街地方向↓

燕温泉街は、まだガスの中のようだ。

Img_1793_640x427

南峰からの眺望を満喫し、日本岩と名付けられた大岩の脇を通って北峰へ↓

Img_8676_640x427

焼山&火打山↓

焼山の噴煙は、風に流されてあまり目立ってはいなかった。

Img_1801_640x427

南峰を振り返る↓

Img_1808_640x427

上越市街地と米山。左手に日本海↓

Img_1810_640x427

下山は、「火打→」の看板方向へ↓

Img_8678_640x427

山頂部の岩下に設けられている祠に手を合わせた後、一気に高度を下げていく↓

Img_8679_640x427

黒沢・長助池分岐をさらに下る↓

Img_8683_640x427

長助池の池塘と大倉山↓

Img_1824_640x427

大倉分岐を過ぎ、神名山の中腹を望む↓

紅葉は、ベストシーズンの装いだろう

Img_1835_640x427

黄金清水を過ぎ、大倉谷を俯瞰する↓

Img_1838_640x427

妙高山の頂を見上げる↓

(この日の山頂は、これが結果的に最後となった…)

Img_1849_640x426

再びガスが上がり始めている

Img_1851_640x424

大倉谷のブナ林↓

Img_1863_640x427

モミジもまた色鮮やか

Img_1874_640x427

**************************************************************

折角なので、登山口へと戻る前に妙仙橋から直ぐの「河原の湯」へ。

妙仙橋手前を右手に回り込むように下りる↓

Img_8706_640x427

数分ほどで脱衣所の建物が見えてくる↓

Img_8709_640x427

先客さんと情報交換しながら、のんびり温泉を楽しむ♪

Img_8710_640x427

かなりぬる目の湯加減だが、不思議と温まる

Img_8715_640x427

河原の湯からの帰り道、妙仙橋を望む↓

Img_1886_640x427

**************************************************************

途中、大田切川に注ぐ小さな渓流瀑(権現滝?) を左手に望む↓

Img_1887_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x450

 

夏のリベンジは、山頂からの大展望と紅葉&温泉に恵まれた素晴らしい山旅となった

因みに今回のルートの標準タイムは、"登りは甘く、下りはきつめ"の印象。

時間管理には注意したい。

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« デジカメ修理から復活 | トップページ | 惣滝 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

コメント

Mikikoさん、こんばんは!

紅葉も天候も、いいタイミングだったなぁと思います。
終日好天とはいきませんでしけど、もう十分満足ですね♪
温泉も最高でした~!
結構メジャーらしく、登山者より、温泉目的の方がずっと
多いようです

見事な紅葉ですね。
青い空と紅葉と雲海となんてすばらしいんでしょう。
最後の温泉はただただ羨ましく思いながら見てました

らるごさん、こんばんは!

とてもいいカタチでリベンジすることが出来ました
今回は結構気合が入っていて?仮に大雨でも山頂を目指すつもりでした。
(と言いつつ、晴れの予報は確認済みでしたケド
結果的に大成功の山旅となりました♪

河原の湯は、お気に入りの温泉の一つになりました
混浴ではありますが、男女別の脱衣所がありますし、
湯に浸かってしまえば、かなり白濁しているので気にならないと思います
(実際、ボクの後にフツーにバスタオルを巻いた女性が入ってきました^^;)

こんばんは!

妙高山、一番紅葉見ごろの時に、山頂ゲットおめでとうございますヽ(´▽`)/
錦秋という言葉がぴったりな山景ですね
上から5枚目のお写真、雲海と紅葉がとっても素敵です
燕温泉登山口からの妙高山いいですね
次はこちらから登ってみたくなりましたo(*^▽^*)o
私が登ったときはガスガスだったのでリベンジしなくちゃです

「河原の湯」もなかなか趣がありますね!!
女性専用はありますか?(゚▽゚*)
山も温泉も最高な山行でしたね

FUJIKAZEさん、こんばんは!

紅葉は、丁度いいタイミングだったようです
山なので、どの辺のピークに合わせるか…なんて考えると、
結構難しかったりもしますが、満足満足の山旅でした♪
鵜の浜温泉も良さそうですね!
今回は、妙高山日帰りが必須条件だったので、
効率的に燕温泉を選択した次第です。

こんばんは!
なんとも紅葉が綺麗ですね。
先日、上越へ行った時、鵜の浜温泉にするか妙高山周辺の温泉にするかで迷ったんですよ。
妙高山にしておけば良かったかなぁ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙高山:

« デジカメ修理から復活 | トップページ | 惣滝 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック