フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 里美かかし祭 | トップページ | 夕刻の滑津橋 »

2016年11月 8日 (火)

秋深まる霊山

伊達市は霊山町石田地区にある霊山へ。(11/7)

標高825mの低山ながら特徴的な奇岩群が美しく、歴史的にも貴重な名峰の一つである。

今回は4年ぶりの再訪にして、初の紅葉シーズン

 

紅彩館の先にある登山者用駐車場から望む霊山(りょうぜん)

Img_2425_640x426_2

登山道入口↓

Img_2424_640x427

林道を進んだ後、整備された登山道へと入って行く。

Img_2441_640x427

先ずは、「宝寿台」と呼ばれる大岩の上へ↓

Img_2443_640x427

宝寿台の上から国司沢の先に吾妻&安達太良の峰々↓

Img_2449_640x427

南側の山麓↓

眼下は、霊山こどもの村

Img_2452_640x427

続いて「国司沢」へ↓

Img_2461_640x427

今年の紅葉はやや遅めとのことで、目下、最盛期の様相

荒々しい岩場と紅葉のコントラストが美しい

Img_2466_640x427

右に折れて「甲岩」の上へと登ってみる↓

吾妻山は薄っすらと雪を纏っていた。

Img_2478_640x427

甲岩から「天狗の相撲場」へ下りる↓

Img_2497_640x427

天狗の相撲場からの眺望↓

Img_2510_427x640_2

Img_2514_640x427

国司池との分岐を「護摩壇」側へ↓

Img_2518_640x427

岩間を進む↓

Img_2523_640x426

Img_2525_640x426

大岩のトンネルの先に「護摩壇」↓

Img_2531_640x426

護摩壇から福島市街地方向↓

Img_2537_640x427

「国司館跡」を過ぎてすぐ上部にある「霊山城跡」へ↓

Img_2571_640x427

Img_2573_640x427

霊山城跡そばの「西物見岩」から伊達市街地方向↓

紫明峰の奥に蔵王連峰の姿も確認できる。

Img_2589_640x427

続いて、霊山の最高峰「東物見岩」へ。

Img_2596_640x427

東物見岩↓

眺望が開けているのは、太平洋側となる。

Img_2600_640x427

霞んではいるが、海岸線の様子が確認できる。

Img_2601_640x427

東物見岩直下にある「学問岩」↓

ここから「蟻の戸渡り」方向へ。

Img_2615_640x427

蟻の戸渡り↓

やせ尾根状の岩場だが、樹木と相まって高度感は低い。

Img_2618_640x427

展望スペースから望む「猿跳岩」↓

Img_2626_640x427

Img_2628_640x427

無線中継所跡分岐を「弁天岩」方向へ。

「五百羅漢岩」と呼ばれる大岩↓

(ハシゴなどは掛けられていない)

Img_2640_640x427

五百羅漢岩の上部から↓

Img_2647_640x427

「弘法の突貫岩」前を進む↓

Img_2655_640x426

弁天岩↓

Img_2661_640x427

弁天岩から錦霞渓を望む↓

Img_2664_640x426

雲切岩の下を抜けて、大山祇神社跡↓

Img_2675_640x427

大山祇神社跡から戻り、「日暮岩」方向へ↓

この先、樹木倒壊による通行止めの看板があるが、ロープ等による通行止め措置はされていない。

(実際のところ特に問題なく通過できるが、あくまで"自己責任")

Img_2681_640x427

左奥に日暮岩↓

眺望を楽しんだ後、霊山庵方向へ進んで登りのルートと合流し、登山口へ。

Img_2690_640x427

登山口付近では、まだまだ青葉が目立つ↓

Img_2707_640x427

駐車場から再び霊山を見上げる↓

Img_2713_640x428

GPSログ↓)

Gpslog_640x442

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 里美かかし祭 | トップページ | 夕刻の滑津橋 »

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

福島でも屈指の紅葉の名所の一つなんですけど、
ハイシーズンに訪れるのは、何気に初めてでした
今一つと言われる今年の紅葉ですが、中々どうして
その美しさに見惚れながらの山行きとなりました♪

Mikikoさん、こんばんは!

見事な秋晴れの下、紅葉散策を楽しむことが出来ました
多くの人々が楽しめる低山の割に眺望に富む名山だと思います♪
(もっと空気が澄んでいれば、遠くの山々もクッキリと見えたんですケド

こんばんは!
紅葉ですねぇ・・・。
肉眼で見ると、きっと見とれてしまって、動けなくなってしまいそうですねぇ・・・。

見事な秋晴れですね。
紅葉もきれいですが、
それぞれの場所で見せる岩の表情が面白いですね。
それにしても遠くの山々まで見渡せますねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋深まる霊山:

« 里美かかし祭 | トップページ | 夕刻の滑津橋 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック