フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

竜頭の滝@奥日光

庵滝の帰り道、戦場ヶ原から直ぐの竜頭の滝へ。

湯川に掛かる渓流瀑で、その名は、滝つぼ近くで二股に分かれる様子に因むとされる。

日光三名瀑の一つとしても名高い奥日光の観光スポット

 

竜頭の橋から滝上流部を望む↓

川底は、男体山の噴火による溶岩とのこと。奥には中禅寺湖。

Img_4032_640x427

竜頭の橋から上流側の流れ↓

湯ノ湖から戦場ヶ原を経由してきた湯川は、この橋を境に川幅がグッと広がる。

Img_4033_640x427

足元に注意しながら遊歩道を下る↓

Img_4036_640x427

途中にある観瀑スペースから↓

Img_4051_640x427

滝つぼ傍に建つ龍頭之茶屋の観瀑台へ↓

Imgp1164_640x431

観瀑台から滝正面↓

特徴的な"二つの頭"は、雪と氷で判り難い…

Img_4044_640x426

氷瀑も悪くないが、やはり、紅葉の時期がベストシーズン?かも。。

Img_4042_640x428_2

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月27日 (金)

厳冬の庵滝@奥日光

栃木県日光市の庵滝(いおりだき)へ。(1/25)

前白根山から続く庵沢に掛かる滝で、弓張峠から外山沢沿いを進んだ先にある。

観光スポットの激戦区ながら、この時期は穏やかなスノーシュートレックが楽しめる

 

赤沼茶屋と男体山↓

スタート時の一瞬だけ、朝日が差し込んでくれた♪

Imgp1128_640x432_2

刻々と変化する天候の中、遊歩道を小田代原方向へと進む↓

暫くは、スノーシューを履かなくても十分な圧雪状態が続いていた。

Imgp1132_640x432_2

途中にある戦場ヶ原展望台からの眺望↓

Imgp1135_640x432_2

車道に出て、暫く道なりに進む↓

Imgp1140_640x432_2

バス停前の小田代原展望台から、風雪に霞む"貴婦人"↓

Img_3933_640x427_2

再び車道へ戻り、弓張峠の大きなカーブの所にあるゲートの先へ↓

この日は、ボクが最初の来訪者だった

Imgp1141_640x429_2

かつての観測所とされる建物を右手に↓

ここから先は、やや小狭な木々の中を進むようになる。

Imgp1142_640x431_2

トレースは所々消えがち…。周囲や足元を確認しつつ慎重に進みたい。

Imgp1145_640x432_2

Imgp1146_640x433_2

一旦やや広いポイントへ出ると、前方に大きく切れ込んだ谷が見えてくる↓

目的地は、概ねその鞍部付近。

Imgp1148_640x432_2

水の流れる音が聞こえ始めると、程なくして木々の合間に氷瀑の庵滝が見える↓

Imgp1153_640x433_2

庵滝到着!貸切状態!!

規模的には雲竜渓谷に遠く及ばないが、これはこれで?味わいがある

Img_3935_640x426_2

向かって右岸側から↓

(高さ約20m)

Img_3982_640x427_2

その反対側から↓

Img_3987_640x426_2

滝の直下↓

完全に凍ってはいない。

Img_3951_426x640

滝の裏側へ↓

(山側を背にして左側の庵滝本体)

Img_3962_640x425_2

奥の氷柱は、何故か先端が丸みを帯びている↓

Img_3967_640x426_2

反対側の氷柱↓

Img_3970_640x427_2

歩いて来た谷側方向を望む↓

Img_3963_640x427_2

氷瀑の庵滝を存分に堪能し、辿ってきた道を戻る。

途中、ようやく2組目とすれ違う

Img_3973_640x427_2

折角なので、小田代原展望台から遊歩道をぐるっと巡ってみる。

Img_4018_640x427_2

Imgp1159_640x432

小田代原↓

左中央奥に貴婦人。晴れていれば、大真名山や小真名山などが望める。

Img_4008_640x427_2

貴婦人は、往路よりクッキリ

Img_4009_640x426_2

起点の赤沼茶屋駐車場へと戻り、再び男体山を見上げてみる↓

Img_4025_640x427_2

帰り道、逆方向だが車で三本松付近へ↓

(戦場ヶ原と庵滝の方向を望む)

Img_4069_640x426_2

GPSログ↓)

地図上でいう庵滝は、庵沢下流側から5番目に当たる「外山滝」を指すらしい。

実際の地形的にもGPSログ上でも、確かにそのようだ。

Gpslog_640x393_2

 

【参考 : 2016年2月の雲竜渓谷

【参考 : 2015年2月の小田代原&戦場ヶ原

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月24日 (火)

どら焼きのどらや@猪苗代町

猪苗代町は蚕養地区にある"どら焼き専門店"「どらや」へ。(1/20)

厳選された素材と拘りの製法から生み出される奥深い味わいは、老若男女問わず多くのファンを持つという。

 

Img_9256t640x426

猪苗代店の外観↓

現在は会津若松市内にも店舗を構えているが、こちらが生誕の地。 

Img_9255_640x426

主なメニュー↓(パンフより)

季節により、イチジクやカボチャ等のオリジナルも加わるようだ。

Panf

この日は昼前の到着だったが、ショーケースにはキウイとクルミが少々という状況↓><

僅かであれば「生どら焼き」を準備できるとのことだったので、そちらの出来立てを購入することに。

個人的に楽しみにしていた季節限定の「焼芋どら焼き」は、残念ながらお預けとなってしまった…

Img_9259_640x426

定番の「生どら焼き」↓

Img_3922_640x427

上質な生クリームとつぶ餡は見た目よりあっさりとした印象で、しっとりと焼き上げられた皮の風味がまた素晴らしい

洋菓子派も納得の味わいといえそうだ

 

(会津若松店では、2種類の皮(しっとり系&ふっくら系)から選べる) 

Img_3924tt_640x426

Img_3930_640x426

 

オンラインでの購入も可能なので、興味のある方は是非ともご賞味頂きたい。

 

 

【公式サイト:どら焼きのどらや

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月21日 (土)

寒天の小野川湖

北塩原村は剣ヶ峰にある展望スポット「お立ち台」へ。(1/20)

天気予報から期待したほどの射光は得られなかったが、しかし、裏磐梯が魅せる冬の情景はとても美しい

 

白布山をバックに小野川湖↓

Img_3830_640x424

吾妻から安達太良に掛けての峰々を望む↓

Img_3843_640x427

先客さん曰く、ダイヤモンドダストが見えている!とのことだが…ボクにはよく分からなかった^^;

Img_3847_640x427

Img_3886_640x427

Img_3856_640x426

凛とした磐梯山を望む↓

Img_3896r2_640x426

Img_3882_640x427

刻々と変化する様子に魅了され、-15℃の中で小一時間ほど滞在してしまった

Img_3899_640x426

Img_3903_640x427

 

 

【参考:昨年3月のお立ち台】 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月19日 (木)

冬の山鶏滝'2017

平田村は中倉地区にある山鶏滝へ。

寒波による結氷を期待し、昨年に引き続く再訪である。

が、しかし…またも氷瀑はお預けとなってしまった

 

【参考:昨年1月の山鶏滝

 

折角なので、これまでとは別アングルから撮影した滝の様子を含めてお伝えしたい。

先ずは、定番「山鶏滝の橋」上から山鶏滝全景↓

Img_3749_640x428

本当は、こんな感じ↓を期待していたのだが…

平田村公式HPより)

Yamadoritakifuyu

橋を渡って、山鶏滝不動尊(瀧鶏山不動尊)へ↓

Img_3753_640x427

Img_3754_640x418

不動尊の脇に建つ不動明王↓

Img_3755_640x426

南岸側から望む山鶏滝↓

Img_3758_640x427

弘法の護摩炉↓

Img_3761_640x427

男滝(上段中央)&女滝↓

男滝手前には、倒木が寄りかかっている…

Img_3773_640x427

再び戻って橋を渡り、東屋前付近から山鶏滝の全景を望む↓

Img_3797_640x426

山鶏滝の傍に下り、不動尊と橋を望む↓

Img_3805_640x427

Img_3815_640x427

(川岸から山鶏滝全景↓)

Img_3811_640x426

遊歩道へと戻り、滝の上流側から望む山鶏滝↓

Img_3817_640x427

Img_3818_640x427

 

いつかまたリベンジしてみたい

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月14日 (土)

滑滝@鮫川村

鮫川村は渡瀬地区にある滑滝(なめらだき)へ。

渡瀬川に掛かる渓流瀑で、江竜田の滝の上流部に位置する。

薄っすらと雪化粧し、モノトーン調と化した景色が美しい

 

入口にある看板↓

Img_9226_640x425

地形を利用した観瀑スペースも設けられている↓

Img_9228_640x426

観瀑スペースの下流側↓

(川岸へ下りて撮影)

Img_3675_640x425

Img_3682_640x427

観瀑スペースの上流側↓

(観瀑スペースから撮影)

Img_3693_640x427

 

****************************************************************

 

折角なので、ちょっと北上して強滝(こわだき)へも立ち寄ってみた↓

 

Img_3721_640x427

Img_3734_640x427

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月 8日 (日)

烏峠

泉崎村の最高峰「烏峠(からすとうげ)へ。

かつては"烏ヶ峰"と呼ばれた標高484.9mの里山で、その歴史は平安時代にまで遡る。

山頂には、特徴的な権現造りの本殿を持つ烏峠稲荷神社が建てられている。

 

北西側から山頂を見上げる↓

Img_9189_640x448

複数あるルートのうち、今回は表参道入口から山頂を目指す↓

Img_9183_640x449

山頂まで、1.3kmとある。

Img_9185_640x448

Img_9134_640x448

つれづれの道分岐を右へ↓

Img_9137_640x449

想い出の道分岐↓

Img_9139_640x448

アスファルトの車道と合流↓

Img_9140_640x449

福島空港方向↓

Img_9141_640x449

アンテナ施設の脇を進む↓

Img_9147_640x448

山頂到着~

Img_9149_640x448

西側の開けた方向↓

Img_9151_640x448

稲荷神社の楼門脇を右手に進む↓

Img_9153_640x449

神社南側にある広い敷地↓

Img_9154_640x448

東屋脇から、那須連峰&二岐山に掛けての稜線↓

Img_3633_640x427

関山↓

Img_3638_640x427

稲荷神社へ↓

Img_3642_640x427

Img_9157_640x449

楼門↓

Img_3644_640x427

拝殿↓

Img_3646_640x427

拝殿の左側に回って三角点へ↓

Img_9163_640x449

権現造りの本殿↓

周囲の浮き彫りや透かし彫りは、技術的にも美術的にも高い価値を持つという。

(修復作業中なのであろうか、この日はネットで覆われていた)

Img_9167_640x448

本殿裏にある三等三角点↓

Img_9168_640x449

一旦戻り、弘法の道を通って登山口へ戻る↓

(本殿裏からの道とも繋がっている)

Img_9170_640x448

途中の開けた場所から北側方向↓

晴れていれば、安達太良から吾妻連峰まで望めるようだ。

Img_3656_640x427

ズームすると、遠くに郡山市街地が見えていた↓

手前左側は、JR東北本線の泉崎駅。

Img_3653b_640x427

林床は、綺麗に手入れされている↓

Img_9175_640x448

林道との分岐から振り返る↓

つれづれの道方向へと遠回りして登山口へと戻る。

Img_9176_640x448

GPSログ↓)

Gpslog_640x448

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月 3日 (火)

水石山

いわき市は三和町にある水石山へ。(1/1)

標高735mほどながら、太平洋を望む眺望と山頂一面に広がる芝生が特徴的な里山。

初日の出がメインの今回、車で山頂直下の水石山公園へ向かう。

(年末年始の交通規制をチェックしておきたい。)

 

公園駐車場に車を止め、徒歩数分の山頂へ↓

Img_9118_640x424

山頂部にある展望台↓

Img_9121_640x428

展望台で"その時"を待つ。

ガスはあるが、無事に出会えそうだ

Img_3576_640x427

来た~

Img_3581_640x428

Img_3601_640x426

Img_3604_640x427

北東方向↓バックは、屹兎屋山だろうか。

Img_3615_640x427

北西方向↓

Img_3616_640x427

右奥でガスを纏うは、蓬田岳↓

Img_3620_640x427

南側方向↓は、太平洋と湯ノ岳から三大明神山に掛けての稜線。

Img_3621_640x427

小名浜港↓

Img_3623_640x426_2

太平洋を望む湯ノ岳↓

こちらも賑わっていることだろう。

Img_3629_640x427

山頂部に広がる特徴的な芝生は、馬の放牧地とのこと。

次回は、名の由来となった巨石も訪ねてみたい

Img_9127_640x431

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック