フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« どら焼きのどらや@猪苗代町 | トップページ | 竜頭の滝@奥日光 »

2017年1月27日 (金)

厳冬の庵滝@奥日光

栃木県日光市の庵滝(いおりだき)へ。(1/25)

前白根山から続く庵沢に掛かる滝で、弓張峠から外山沢沿いを進んだ先にある。

観光スポットの激戦区ながら、この時期は穏やかなスノーシュートレックが楽しめる

 

赤沼茶屋と男体山↓

スタート時の一瞬だけ、朝日が差し込んでくれた♪

Imgp1128_640x432_2

刻々と変化する天候の中、遊歩道を小田代原方向へと進む↓

暫くは、スノーシューを履かなくても十分な圧雪状態が続いていた。

Imgp1132_640x432_2

途中にある戦場ヶ原展望台からの眺望↓

Imgp1135_640x432_2

車道に出て、暫く道なりに進む↓

Imgp1140_640x432_2

バス停前の小田代原展望台から、風雪に霞む"貴婦人"↓

Img_3933_640x427_2

再び車道へ戻り、弓張峠の大きなカーブの所にあるゲートの先へ↓

この日は、ボクが最初の来訪者だった

Imgp1141_640x429_2

かつての観測所とされる建物を右手に↓

ここから先は、やや小狭な木々の中を進むようになる。

Imgp1142_640x431_2

トレースは所々消えがち…。周囲や足元を確認しつつ慎重に進みたい。

Imgp1145_640x432_2

Imgp1146_640x433_2

一旦やや広いポイントへ出ると、前方に大きく切れ込んだ谷が見えてくる↓

目的地は、概ねその鞍部付近。

Imgp1148_640x432_2

水の流れる音が聞こえ始めると、程なくして木々の合間に氷瀑の庵滝が見える↓

Imgp1153_640x433_2

庵滝到着!貸切状態!!

規模的には雲竜渓谷に遠く及ばないが、これはこれで?味わいがある

Img_3935_640x426_2

向かって右岸側から↓

(高さ約20m)

Img_3982_640x427_2

その反対側から↓

Img_3987_640x426_2

滝の直下↓

完全に凍ってはいない。

Img_3951_426x640

滝の裏側へ↓

(山側を背にして左側の庵滝本体)

Img_3962_640x425_2

奥の氷柱は、何故か先端が丸みを帯びている↓

Img_3967_640x426_2

反対側の氷柱↓

Img_3970_640x427_2

歩いて来た谷側方向を望む↓

Img_3963_640x427_2

氷瀑の庵滝を存分に堪能し、辿ってきた道を戻る。

途中、ようやく2組目とすれ違う

Img_3973_640x427_2

折角なので、小田代原展望台から遊歩道をぐるっと巡ってみる。

Img_4018_640x427_2

Imgp1159_640x432

小田代原↓

左中央奥に貴婦人。晴れていれば、大真名山や小真名山などが望める。

Img_4008_640x427_2

貴婦人は、往路よりクッキリ

Img_4009_640x426_2

起点の赤沼茶屋駐車場へと戻り、再び男体山を見上げてみる↓

Img_4025_640x427_2

帰り道、逆方向だが車で三本松付近へ↓

(戦場ヶ原と庵滝の方向を望む)

Img_4069_640x426_2

GPSログ↓)

地図上でいう庵滝は、庵沢下流側から5番目に当たる「外山滝」を指すらしい。

実際の地形的にもGPSログ上でも、確かにそのようだ。

Gpslog_640x393_2

 

【参考 : 2016年2月の雲竜渓谷

【参考 : 2015年2月の小田代原&戦場ヶ原

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« どら焼きのどらや@猪苗代町 | トップページ | 竜頭の滝@奥日光 »

滝巡り」カテゴリの記事

コメント

らるごさん、こんばんは!

庵滝は今回が初めてだったのですが、ルートの整備状況からか、
夏場の方が大変?との意見もあるようです
トレースを大きく外さなければ、ラッセルという程ではなかったですし、
傾斜もあまりきつくないので、思ったより親しみやすいと感じました
ただ、ホワイトアウトの様な状況だとキツイので、GPSは必須ですね。
貴婦人はいつ見ても本当に美しいです
ネット上にある素晴らしい写真を拝見すると、何度も行ってみたくなっちゃいます

こんにちは✿

厳冬期の奥日光は美しいですね
庵滝、初めて知りました!
素晴らしい氷柱ができてるのにびっくりです
こんなところに、単独で行けちゃうなんて羨ましいです✿
ところで、billさんが最初の方だったとか。
その日一番乗りって言うことは深い雪のラッセルも大変だったのでは?
機動力がすごいですw(゚o゚)w
お蔭様でコタツにあたりながら、奥日光楽しんでおります(≧∇≦)
雪原に佇む貴婦人は感動的ですヽ(´▽`)/
ありがとうございます!

マインさん、こんばんは!

中々見応えのある氷瀑でしたよ♪
(どこと比べるかにもよりますが
貸し切りだったのはいいのですが、
逆に写真に人が入らないので、大きさの対比が
出来ないのが逆説的に残念です。。
日光は片道約2時間程度。山へ通う者の感覚的には
十分"近い"と言えるのですが、頻繁に通うとなると…
ここはやっぱり庶民なので^^;

ハルさん、こんばんは!

雲竜渓谷、今年も行かれたんですね♪
ネット上にアップされた写真を拝見するに、氷柱の規模は
昨年同期をかなり上回っているようですね。
雲竜と迷ったのですが、未踏の地を優先してみた次第です。
周囲でも、雲竜渓谷に行きたいという声が多いのですが、
土日祝日を外し、且つ早出しないと益々厳しくなりそうですね><

ここにもプチいや立派な氷漠が見れる場所があるんですね。
青空が一瞬でな残念でした、寒そうな写真ばかりです
日光は近いんでしょうか?

billさん、おはようございます。

寒そうな映像です。こんな極寒の地を物ともせずに進むbillさん、逞しいですね。
私も雲竜へ行って来ましたが、沢へ落ちたり、カメラが凍ったり、ド素人丸出しのヘッポコ山行になっちゃいました。
私は冬は大人しく近場の低山かな。絶景は他の方のブログで楽しみます。(笑)

Peeさん、こんばんは!

独り占めして来ちゃいました~
この時期ならではの自然の造形美を堪能すべく、
名所巡りに勤しみたいと思う今日この頃です♪
貴婦人は、一年を通して写真愛好家が訪れる場所とのことです。
ボクも条件のいい時を狙ってみたいのですが、
往復の交通費等々を考えると、近くて遠い場所ですね

(*゚▽゚)ノ
極寒の滝独り占め~!!
凄い氷瀑だね~(o^-^o)きれいだな~!
小田代原の貴婦人ってホントに孤高の人って感じ
男体山の懐かしいなぁ!
札幌に住んでても、深雪の中には入って行く勇気はないわよ~!
車の轍とか、人の足跡をよっこらしょって辿って
大股の足跡だと転ぶよねぇ~!
足の長さかなハハハ
酷寒さの中お疲れさまぁ~


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬の庵滝@奥日光:

« どら焼きのどらや@猪苗代町 | トップページ | 竜頭の滝@奥日光 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック