フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 冬の大信不動滝 | トップページ | ホワイトフォール"白霧の滝"@裏磐梯 »

2017年2月 6日 (月)

雄国沼の雪景色

北塩原村は桧原地区にある雄国沼へ。(2/4)

雄子沢登山口を起点にスノーシューで往復する。

(雄国山を目指す予定で入山するも、ガスの山頂を避けるべく雄国沼へ変更と相成った次第

 

雄子沢登山口↓

写真は無雪期の登山道方向。トレースは保安林の看板前から直ぐ左に折れている。

Imgp1177_640x432

こちらは、同じ登山口から沢沿いに延びる冬期限定のトレース↓

上写真のルートと程なくして合流するので、どちらも選んでも大きな違いはない。

Imgp1203_640x432

初めのうちは、無雪期の登山道よりずっと沢に近い場所を抜ける↓

Imgp1179_640x432

土曜日の昼前にもかかわらず、途中、約1.7kmの地点でトレースが消滅↓

多くの方はここで引き返していたが、ボクは予定通り先を目指すことにする。

Imgp1184_640x432

周辺の様子を確認しながら、概ね無雪期のルートに近いポイントをラッセルしていく

こういった森の中でも極めて精度の高いGPSは、本当に心強い

(地図とコンパスも持参している)

Imgp1189_640x432

今回、同行者が冬山初級者のため、ルートファインディング、ラッセルともボクが担当…

ただ、膝まで埋まることは殆どなく、思ったより楽なのは幸いだった

Imgp1191_640x432

雄国休憩舎の北側へ↓

Imgp1193_640x432

雄国休憩舎到着!(スタートから約2時間)

晴れていれば、休憩舎のバックに雄国山の頂が見えるのだが…

Img_4137_640x428

誰の作品だろう?休憩舎の前には雪だるまが置かれていた

Img_4130_640x465

広くて快適な休憩舎内の様子↓(無人&無料)

チップ制のトイレもある。

Imgp1197_640x432

雲の動きを伺うも好天の兆しが見られないため、一面に広がる"ウォームグレーの世界"を眺めて帰ることにする。

雄国山頂方向↓

Img_4159_640x426

山麓のグラデーションが美しい↓

Img_4173_640x427

山頂から金沢峠方向へと延びる稜線↓

僅かだが、北西から南西に掛けて青空が顔を覗かせてくれた。

Img_4156_640x427

休憩舎の正面に雄国沼↓

繋がっているように見えるが、手前の木々のある部分は陸地。

Img_4132_640x429

対岸のガスに隠れている山は、古城ヶ峰↓

Img_4149_640x427

猫魔ヶ岳もガスの中↓

Img_4139_640x427

Img_4174_640x427

金沢峠から天狗岩、二子山へと続く稜線↓

ニッコウキスゲで黄色に染まる湿原は、そのすぐ手前に位置する。

Img_4182_640x427

金沢峠の展望台付近をズーム↓

Img_4166_640x427

帰りは、自分のトレースを辿って雄子沢へ。

(途中ですれ違ったのは一組のみ)

Img_4160_640x427

穏やかなブナの森の中、緩やかに高度を下げる↓

Img_4196_640x426

Img_4202_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x448

 

【参考】: 2012年7月の雄国山

【参考】: 2016年6月の雄国沼&猫魔ヶ岳

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 冬の大信不動滝 | トップページ | ホワイトフォール"白霧の滝"@裏磐梯 »

山歩き(福島県)」カテゴリの記事

コメント

らるごさん、おはようございます!

遠望と青空とのコラボを楽しみしているのですが、
中々出会えずにいます…
雄国から猫魔ヶ岳に掛けては鉛色っぽい感じでしたけど、
逆に晴れの日では表現できない雰囲気でもあるので、
冬の厳しさを感じて頂けたのなら幸いです♪
それにしても、会津の文字が出てくるあたり、さすがですね

カッコ付けて書いてますケド、冬山は日帰り経験しかないので、
ボクの掘る雪洞は怪しいかもです

こんばんは!

ニッコウキスゲ咲き乱れる雄国沼は存じてますが、厳冬期の雄国沼そして周辺の森はモノトーンの世界で美しいですね
シーンと静まり返り、雪に音が吸い込まれそうです。
灰色の雲の中に覆われた猫魔ヶ岳、冬の厳しさを感じます。
下から6枚目のお写真、好きです^^
私、性格暗いのかなあ
billさんラッセル、ルーファイすごいです!!
きっと雪山でビバークなんてなっても、立派な雪洞掘ってくれそう
会津の雪景色、ありがとうございます(o^-^o)

マインさん、こんばんは!

雄国山へ登られてたんですね♪
ボクはいい天候に恵まれたことがないので、
課題ばかり残ってます
冬の間も、傾斜の緩い雄子沢からの人気は高く、
ツアーが入っていたりもするようですね。
また起こし下さい

こんばんは!
雄国山は雄小沢登山口より何回か
レンゲツツジが咲く時期に行きました。
懐かしい~!
晴れでなくて残念でした。
雪の雄国山も少し気になっていましたが
道は雪がいっぱいですね。
今年、また訪れてみたいです。

Peeさん、こんばんは!

北の大地が魅せる奥深さとはまた違いますが、
雪のない浜通りから国内有数の豪雪地帯である奥会津まで、
変化に富む福島の景色は、決して飽きることはないですね
今シーズンは、あるべきところ(スキー場等)にはちゃんと雪があるそうで、
久々にメリハリのある冬らしいとのことです

FUJIKAZEさん、こんばんは!

ここ暫く青空に映える雪景色に出会えていないのですが、
厳冬期らしさの漂う荒涼とした情景も悪くないなぁと思いました。
(最近の記事は、殆どモノトーン調ですね
立春を過ぎたとはいえまだ寒さが続くそうなので、
冬ならではの情景を求めて動きたいと思っています

ψ(`∇´)ψわぁお~
北海道かと見間違えるような景色
雪に覆われると 景色が一変するよねぇ!
近所でも 背丈を超える雪の山に
迷子になりそうだもの
寒いけど きれいだよねぇ雪景色って。。。。!
お疲れさまぁ~!

こんばんは!
何とも素敵な景色ですねぇ・・・。
山麓のグラデーションなんて、みとれてしまいそうです。
青空に映える雪景色も素敵ですが、雪雲に覆われた荒涼たる風景もまた素敵ですよ。
一度、体験してみたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雄国沼の雪景色:

« 冬の大信不動滝 | トップページ | ホワイトフォール"白霧の滝"@裏磐梯 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック