フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月29日 (月)

遅春の白河フラワーワールド

白河市南湖にある白河フラワーワールドへ。

南湖公園に隣接する花の公園で、那須フラワーワールドの姉妹店(園)

目下、ジャーマンアイリス等が見頃を迎えている。

 

アーチをくぐり、右側で入園料(500円)を支払う↓

Img_7808_640x426

本家ほどではないものの、中々美しい

園内の様子をランダムに↓

Img_7901_640x426

Img_7813_640x427

Img_7823_640x427

Img_7877_640x428

Img_7819_640x427t

Img_7880_640x427t

お子さん達も楽しめそう↓

Img_7824_640x418

ジャーマンアイリスのあるスペースへ↓

Img_7837_640x426t

Img_7836_640x427

Img_7840_640x427

Img_7849_640x427

Img_7865_640x427

Img_7860_640x427

Img_7845_640x426t

園芸コーナーや休憩処も設けられており、のんびりと楽しむことが出来る

来場者には、無料で花の苗が配られていた♪(期間限定??)

Img_7809_640x419

Img_7911_640x426

 

開園期間は、4月中旬~6月中旬とのこと。

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月25日 (木)

四季の里 緑水苑のクリンソウ

郡山市喜久田町にある四季の里 緑水苑へ。(5/23)

五百川に隣接する自然型池泉回遊式の花庭園で、その敷地は約3万坪。

目下、クリンソウの群生地が見頃を迎えている。

 

入口を入って直ぐ右手にある牛の木(樹齢600年以上のケヤキ)

Img_7591_640x426

休憩処前の水路に咲くクリンソウ↓

群生地より一足先に咲いたとのことだが、まだまだ見頃♪

Img_7593_640x427

順路に沿って園内を巡る。

木の化石「珪化木」の前を通って、万葉植物園へ↓

Img_7595_640x427

木漏れ日がとても心地いい

中央は、シンボリックなカツラの大木↓

Img_7598_640x427

池の先に春霞の安達太良山を望む↓

何となく、兼六園(徽軫灯籠)をイメージさせられる。

Img_7786_640x426

「夢の島」にある四阿↓

比較的新しいそうだ。

Img_7792_640x427

見頃を過ぎたツツジ園を通り過ぎ、順路後半にあるクリンソウ群生地へ↓

ハンノキの林床に咲き誇る様子は、各地の名だたる群生地もかくやの美しさ

Img_7680_640x427

Img_7700_640x427

Img_7639_640x426

Img_7650_640x427

Img_7660_640x427

Img_7712_640x427

Img_7744_640x426

クリンソウ群生地を抜け、蓮池の脇を抜けて休憩処へと戻る↓

Img_7773_640x427

Img_7778_640x426

 

【参考】 中禅寺湖 千手ヶ浜のクリンソウ(昨年6月)

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月23日 (火)

吾妻小富士

東吾妻山を下りた後、浄土平の定番スポット「吾妻小富士」へ。

秀麗な山容とすり鉢状の火口を持ち、春先の雪形(雪うさぎ)もまた特徴的

駐車場から火口壁までは約10分。お鉢巡りをしてもトータルで小1時間ほどだ。

 

一切経山の途中から望む吾妻小富士↓

(標高1,707m。火口の直径約450m。1周約1.5km)

Img_7127_640x427

東吾妻山の帰り道、蓬莱山の中腹から浄土平と吾妻小富士を望む↓

Img_7212_640x426

"空へと続く階段"を上る↓

Img_7219_640x432

火口壁到着↓

Img_7221_640x427

火口内部の様子↓(高低差約70m)

Img_7235_640x427

浄土平駐車場を振り返る↓

Img_7224_640x427

立ち上る噴気は、ピーク時よりかなり少な目だ↓

Img_7226_640x427

東吾妻山↓

Img_7238_640x427

高山&安達太良連峰↓

Img_7242_640x427

吾妻小富士の山頂部へ↓(標高1,707m)

Img_7244_640x427

山頂部付近から火口と一切経山↓

Img_7246_640x427

福島市街地↓

Img_7250_640x427

浄土平東側は、荒涼とした雰囲気↓

Img_7266_640x427

GPSログ↓)

※一切経山&鎌沼、東吾妻山、吾妻小富士

Gpslog02_640x428

 

お鉢巡りをせずとも、階段を上った先から左へ3~4分ほどのポイントで荒涼とした大地と福島市街地を望む展望が楽しめる

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月21日 (日)

東吾妻山(2017年5月)

残雪の一切経山&鎌沼を堪能した後、姥ケ原から東吾妻山へ。

なだらかな山頂からの眺望は、吾妻連峰でも屈指の絶景とされる。

 

姥ケ原分岐から山頂を望む↓

Img_0207_640x427

木道を過ぎて数十メートルは消え掛けの残雪↓

しかし、直ぐに安定的な?残雪の中を進むことになる

(トレースは複数付けられていた)

Img_0211_640x427

山頂到着!

一切経山ほどではないものの、かなり広い。

Img_7169_640x427

Img_7185_640x426

一切経山周辺↓

Img_7160_640x427

Img_7191_640x427

福島市街地をバックに吾妻小富士↓

Img_7161_640x427

家形山から東大巓付近に掛けての稜線↓

Img_7163_640x427

西吾妻山周辺の峰々↓

Img_7170_640x427

磐梯山から雄国山周辺&裏磐梯三湖(秋元、小野川、桧原)

遠くに奥会津の峰々も薄っすらと確認できる

Img_7192_640x427

猪苗代湖↓

Img_7193_640x427

折角なので、山頂南西部にある展望台周辺まで足を延ばしてみた↓

※ほぼ全域にわたって雪が残るものの、トレースは皆無^^;

Img_0216_640x427

展望台西側の池塘↓

Img_7196_640x427

展望台へ↓

Img_0219_640x427

展望台からの眺望は、山頂からのそれとほぼ同じ^^;

(川桁山の東側がより開けて見える程度)

Img_7198_640x427

中央右のピークが川桁山↓

Img_7199_640x428

帰路は、一旦山頂を経由する↓

日の当たる木道の一部のみ雪が消えている。

Img_7207_640x427

山頂を下り、蓬莱山の裾野から僅かに噴気を上げる火口を望む↓

Img_7211_640x427

吾妻小富士と浄土平↓

樋沼周辺の残雪もかなり解けている。

Img_7212_640x427

砂利道を避けるべく、再び木道を抜けて浄土平駐車場へ↓

Img_0228_640x427

外観工事中のビジターセンター前から、一切経山方面を望む↓

Img_0229_640x427

吾妻小富士編へと続く)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月19日 (金)

残雪の一切経山&鎌沼

福島市は吾妻連峰北東部に位置する一切経山へ。

"魔女の瞳"開眼の知らせを受け、タイミングを見計らっていた。

 

昨秋の噴火警戒レベル引き下げに伴い、3年ぶりに浄土平から山頂へと向かう。

浄土ビジターセンター南側の木道をスタート↓

Img_0179_640x427

大穴火口から上る噴気を望む↓

風はとても弱く、天気は申し分ない

Img_0180_640x427

姥ヶ原分岐を右へ↓

Img_0188_640x427

所々かなりの雪渓が残るものの、アイゼンなしでも十分だ↓

Img_0189_640x427

鎌沼分岐を右へ↓

Img_0194_640x427

酸ヶ平避難小屋の先を望む↓

今の残雪量だとショートカットにはならないが、雪渓を進む方も少なくないようだ。

Img_0195_640x427

途中、酸ヶ平湿原と鎌沼を振り返る↓

左に東吾妻山。右は中吾妻の稜線。

Img_7063_640x427

山頂方向を望む↓

避難小屋の少し先から雪は消えている。

Img_0197_640x427

広い山頂部へと到着!

Img_0200_640x427

傾いた柱票のバックに吾妻連峰↓

Img_7073_640x427

振り返って、東吾妻と右奥に磐梯山↓

Img_7069_640x427

山頂北側に位置する五色沼("魔女の瞳"(吾妻の瞳))

朝日連峰から月山、鳥海山まで見える絶好のコンディション♪

Img_7087_640x425

目覚めたばかりの"魔女の瞳"は、コバルトブルーとホワイトのコントラストが美しい

Img_7083_640x427

光の加減などによって、色合いが微妙に異なって見える"瞳"

Img_7107_640x426

中央奥に蔵王連峰。右眼下に福島盆地↓

Img_7116_640x427

五色沼の展望ポイントを後にし、谷地平湿原と吾妻の峰々を右手に戻る↓

Img_7118_640x427

吾妻小富士&高山。バックに安達太良連峰↓

Img_7124_640x426

鎌沼分岐へ戻って右へと進み、前大巓を望む↓

Img_7136_640x427

鎌沼と東吾妻山↓

Img_7139_640x427

無雪期ルートの上部に付けられたトレースから↓

Img_7146_640x427

歩いて来た方向を振り返る↓

Img_7150_640x427

東吾妻山へは鎌沼西岸から直登できるが、折角なので雪の残る湖岸を巡る↓

Img_0203_640x427

Img_7154_640x425

Img_7158_640x427

姥ヶ原東側の分岐から東吾妻山を望む↓

(山側の木道を姥ヶ原中の十字路分岐まで戻る)

Img_0206_640x427

東吾妻山編へ続く)

 

【参考】 2014年10月の一切経山&家形山

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月17日 (水)

吉美根ふじ園@須賀川市

須賀川市は吉美根地区にある吉美根ふじ園へ。

所有者(村越建設工業)が無料開放しているもので、散策路や休憩用ベンチ等も設けられている。

そのご厚意に甘え、美しい"二季草"を満喫してみた

 

駐車場は、敷地前のコミュニティセンター(吉美根プラザ)を利用できる。

Img_7001_640x427

甘い香りに包まれながら、淡い紫のカーテンの下を散策する

Img_6992_640x427

Img_6940_640x427

ふじ棚は3本の木から成るようだ。

左に写る桜の大木も、ふじに囲まれている。

Img_6982_640x427_2

花の房は、長いもので1mほどになるという。

Img_6984_640x427

Img_6954_640x426

Img_6946_640x427

敷地内では、白や青、ピンクといった種も楽しめる。

Img_6934_640x427

Img_6988_640x427

Img_6986_640x426

今週末頃までは十分楽しめそうな印象だ

Img_6960_427x640

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月13日 (土)

Cafeオヤジ@猪苗代町

猪苗代町三ツ和はR49沿いにある「Cafeオヤジ」へ。(5/3)

アンティーク風のカフェで、ランチメニューのクオリティの高さも人気のお店

因みに、郡山市富田町にある食堂「焼オヤジ」の姉妹店とのこと。

 

店舗前は狭いが、駐車場は全部で20台分ほどあるようだ。

Img_0013_640x427

店内の様子↓

Img_0016_640x427

ディスプレイされている雑貨等も拘りのモノらしい

Img_0017_640x427

Img_0023_640x427

メニューの一部↓

Img_0019_640x427

ライスは、無料でサイズ変更が可能。

(今回は、いずれも「中」 (200g)

Img_0021_640x427

コンビプレートの定番から、「地鶏の唐揚」&「焼メンチ」↓

Img_0026_640x427

コンビプレート5月限定メニューの中から、「極太アスパラ肉巻き焼」&「鶏ムネオニオンマヨチーズ焼」↓

Img_0027_640x427

全てに厳選された素材が使われており、雑味のないしっかりとした味わいが特徴的。

野菜中心の小鉢が繊細さを演出する一方、ライスの盛り付けが妙に豪快だったりと、不思議なアンバランス感覚がまた"Cafeオヤジ"の名に相応しい

(写真のライスは、やや手直ししている^^;)

Img_0018_640x427

 

【Cafeオヤジ】

・ 猪苗代町三ツ和字家北770-1 (野口英世記念館 向)

・ TEL  0242-93-9387 木曜定休)

・ 営業時間  11:00~21:00 (L.O 20:00)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月10日 (水)

高蔵寺のシャガ@いわき市

いわき市高倉町にある高蔵寺へ。(5/9)

徳一大師の開基寺ともされ、境内にある三重塔は、県の重要文化財に指定されている。

その境内では、約50万本のシャガの群生が見頃を迎えていた

 

駐車場に車を止め、境内へ↓

Img_6915_640x427

弘法大師像とお地蔵様↓

Img_6814_640x427

三重塔へと続く参道↓

Img_6818_640x433

Img_6822_640x427

三重塔全景↓

安永3年(1774年)の建立とされ、その高さは約13m。

Img_6831_427x640

Img_6832_640x426

三重塔の上部側にある観音堂↓

Img_6838_640x427

境内に咲き誇るシャガ↓

Img_6850_640x427

Img_6862_640x427_2

Img_6885_640x427

三重塔とシャガの群生↓

Img_6890_640x427

Img_6902_640x427

Img_6906_427x640

14時過ぎの来訪だったが、日当たりの関係から、もう少し早めの時間帯がベターかも^^;

シャガの花は、もう少し楽しめそうだ

Img_6863_640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月 6日 (土)

空から望む絶景【猪苗代&裏磐梯】

猪苗代町で開催されたヘリコプター空中遊覧へ。(5/3)

ジャパンフライトサービス世界のガラス館のコラボによるGW期間限定のイベント。

一番人気のロングコースで、"空の散歩"を楽しんでみた

(世界のガラス館脇の臨時ヘリポート「空の駅」を起点に磐梯山周辺を1周)

 

河京ラーメン猪苗代店の屋上展望台から望む磐梯山↓

(右側の建物が世界のガラス館。左側は猪苗代地ビール館

Img_6546_640x427

離陸後、上昇&旋回しながら猪苗代湖を望む↓

Img_0041_640x427

さらに旋回し、吾妻山方向へ↓

Img_0048_640x422

磐梯山(表)

Img_6580_640x427

猪苗代町営磐梯山牧場の桜並木

Img_6578_640x426

安達太良連峰↓

Img_6589_640x427

磐梯山東壁↓

Img_6592_640x427

いよいよ裏磐梯へ↓

中央右寄りのピークは、西大巓。

Img_6601_640x420

裏磐梯地区の中心部↓

左奥に飯豊連峰。

Img_6610_640x426

吾妻連峰をバックに秋元湖↓

Img_6611_640x421

さらに左へと旋回↓

Img_6613_640x427

磐梯山麓(裏)と、毘沙門沼↓

扇状に山体崩壊の痕跡が見て取れる。

Img_6632_640x427_2

桧原湖↓

Img_6635_640x413

五色沼湖沼群

エメラルドグリーンに輝く弁天沼を始め、大小様々な色や形の湖沼群が美しい

Img_6647_640x427

Img_6664_640x427

磐梯山北壁↓

Img_6677_640x436

吾妻連峰方向を振り返る↓

小野川湖は、西大巓の手前に見えている。

Img_6688_640x424

荒々しい磐梯山北壁と、銅沼(あかぬま)

Img_6706_640x427

Img_6698_640x427

中央に八方台駐車場↓

バックは猪苗代湖。

Img_6724_640x427

雄国山と飯豊連峰↓

手前のなだらかな稜線のピークが雄国山。飯豊山頂はその上方に見えている。

Img_6734_640x427

雄国沼の全景↓

Img_6740_640x422

沼の一部がようやく解け始めている↓

Img_6747_640x410

会津盆地↓

Img_6767_640x407

猪苗代方向へ旋回↓

Img_6775_640x416

猪苗代湖の全景↓

Img_6773_640x426

古城ヶ峰と磐梯山↓

Img_6779_640x427

アルツ磐梯スキー場と、メローウッドゴルフクラブ↓

Img_6789_640x426

名残惜しいが、着陸の時が近付いてくる…↓

Img_6800_640x427

最後に、磐梯山と吾妻&安達太良山方向を↓

Img_6807_640x419

「空の駅」へ↓

Img_6810_640x430

 

因みにこのイベント、目下、定期開催を検討中とのこと。

空から望む四季折々の絶景を楽しむためにも、その実現を切望したい

 

 

【参考:空から望む鶴ヶ城周辺の桜 (2015年4月 愛's八重桜遊覧)

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月 3日 (水)

大昭和祭り@白河市

白河市で開催された大昭和祭りへ。(4/29)

粋な人情味あふれる"昭和"を模した祭りで、9回目となる今年のテーマは「和」

残念ながらフィナーレとなる今回、最初で最後の訪問と相成った。

 

会場内の様子をランダムに↓

Img_9959_640x427

懐かしいパネルが並ぶマイタウン南側↓

Img_9958_640x427

大昭和ステージ↓

(フラやチア等々、11組の演奏が披露されていた)

Img_9961_640x426

伝承遊びコーナーの一角にあったベーゴマ↓

Img_9965_640x427

「10年後に届くポスト」↓

Img_9966_640x427

菅原文太主演の映画「トラック野郎」で実際に使われたデコトラ"望郷一番星"↓

マニア垂涎の1台だろう

Img_9973_640x428_2

Img_9974_640x427

Img_9976_640x427

フリーマーケットブースの先に望む小峰城

Img_9977_640x427

引き車も人気の様だった↓

Img_9983_640x427

クラッシックカーの展示ブース↓(写真は極一部)

Img_9990_640x427

Img_0004_640x427_2

Img_0002_640x427_2

Img_0005_640x427

やっぱ、これは外せない?!

Img_9993_640x427

運営本部前で披露されていた太鼓↓

Img_0007_640x426

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年5月 1日 (月)

湯野上温泉駅の桜

小野岳を下りた後、湯野上温泉駅へ。(4/28)

国内唯一の茅葺屋根を持つ駅舎で、大内宿湯野上温泉の玄関役を担う。

満開の桜に彩られた趣のある駅周辺を散策してみた

 

無料駐車場から駅へと続く"プチ桜坂"↓

Img_6318_640x427

Img_6319_640x427

駅舎正面↓

Img_6320_640x423

駅に隣接する「親子地蔵の湯」(足湯)

Img_6331_640x427

駅舎内部の様子↓

外観同様、素朴な雰囲気に包まれる

Img_6176_640x427

Img_6177_640x427

入場券(140円)を購入し、ホームへ↓

Img_6288_640x427

バックにそびえる山は、先ほど登った小野岳

Img_6310_640x427_2

反対のホームへ↓(徒歩で線路を横切る)

Img_6295_640x428

Img_6307_640x427

Img_6190_640x427_2

Img_6366_640x427_2

Img_6236_640x427

Img_6194_640x427

駅舎南側↓

Img_6327_640x425

北側にある某撮影スポットから↓

Img_6495_640x427

Img_6529_426x640

小野観音堂へと向かう道の途中から、湯野上温泉駅周辺の様子↓

Img_6428_640x427

 

【参考】 2014年1月の湯野上温泉駅

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック