フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 風薫る新緑の江竜田の滝 | トップページ | 南湖公園のスイレン&コウホネ »

2017年6月18日 (日)

平標山&仙ノ倉山

花の百名山「平標山」と、谷川連峰の最高峰「仙ノ倉山」へ。(6/15)

高山植物に彩られた平標山周辺から仙ノ倉山へと続く美しい稜線を巡る。

 

今回は、新潟県側の元橋駐車場から松手山を経由し、帰りは平標山から平元新道を下るルート。

(元橋P→松手山→平標山→仙ノ倉山⇔平標山→平標山乃家→元橋P)

 

駐車場奥からスタート↓(駐車料600円・トイレ有)

Img_8479_640x427

一旦、舗装路を進んで登山道入口へ↓

Img_0493_640x427

樹林帯の中、高度を上げていく↓

コースは全般的によく整備されている。

Img_0494_640x427

途中の開けた1,411mピーク付近から苗場スキー場と筍山を望む↓

Img_0495_640x427

鉄塔脇を抜け、再び樹林帯へ↓

Img_0497_640x427

松手山↓(1,614m) ピークというより、尾根の肩に近い。

振り返って苗場山方向を望む。

Img_8488_640x427

平標山を見上げる↓(中央左寄りに一の肩。山頂はその右寄りのピーク)

ここから先は、灌木帯の尾根を行く。

Img_8484_640x427_2

途中、松手山を振り返る↓(中央右寄り)

Img_0513_640x426

山頂手前に群生するハクサンイチゲ↓

Img_8495_640x426

Img_8500_640x427

平標山山頂到着!(1,984m)

振り返って広い山頂部と苗場山方向↓

Img_8511_640x427

中央奥に巻機山↓

Img_8522_640x427

ガスが掛かり始めた筍山↓

Img_8515_640x427

これから向かう仙ノ倉山もガスの中…↓

Img_8525_640x427

幸いにも10分程でガスが抜け、なだらかな稜線とその中に続く登山道が現れる↓

因みに、この登山道が概ね県境となっているようだ。

(向かって左が新潟県。右が群馬県)

Img_8526_640x427

お花畑に囲まれての稜線歩きは、とても心地いい♪

ガスの動きが気になるが、これだけ視界が開けていれば御の字だ

Img_8555_640x427

Img_8539_640x427

主となるのは、ハクサンイチゲ(白)、ハクサンコザクラ(紫)、ミヤマキンバイ(黄)

Img_8546_640x427

Img_8589_640x427

幾つかの緩やかなピークを越えて、仙ノ倉山山頂へ↓(2,026m)

Img_0525_640x427

Img_0526_640x427

Img_0527_640x427

休憩しながら様子を伺うも、ガスは中々抜けず…

魚沼市街地方向?だろうか↓

Img_8568_640x427

巻機山方向↓

Img_8573_640x426

30分ほど粘り、已む無く引き返す。

途中、平標山を望む↓

Img_8587_640x427

ミツバオウレン↓

Img_8588_640x426

再び平標山へと戻り、一瞬ガスの抜けた仙ノ倉山を振り返る↓

谷川岳の姿も薄っすらと。

Img_8603_640x427

帰りは、平標山乃家方向へ↓

Img_0541_640x427

途中、僅かな雪渓を過ぎて更に高度を下げる。

湿気が多いのだろう。モウセンゴケやタテヤマリンドウ等も確認できる。

Img_0544_640x427

平標山乃家の脇から平標山(左)と仙ノ倉山(右)を見上げる↓

Img_8611_640x427

平標山乃家前から平元新道を下る↓

Img_0552_640x427

ほぼ木段で整備されている。

Img_0560_640x427

林道と合流し、駐車場まで約3kmを戻る。

…これがまた地味に長い^^;

Img_0563_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x423

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 風薫る新緑の江竜田の滝 | トップページ | 南湖公園のスイレン&コウホネ »

山歩き(県外)」カテゴリの記事

コメント

らるごさん、こんばんは!

評判通りの素晴らしい山でした♪
らるごさんも絶対に楽しめると思います
(仮に、花の時期をず外したとしても…です)
谷川岳への縦走もいずれは計画したいところですが、
車の問題もあるし、諸々の事情を考慮すると
結構ハードルが高くなっちゃいますね^^;
でもでも、それを凌駕するぐらいの魅力はありそうです。

こんにちは!

平標山~仙ノ倉岳、今の時期のお花畑は素晴らしいですね
ハクサンイチゲの白い絨毯も素敵ですし、ハクサンコザクラの優しい紫、そして黄色いミヤマキンバイの大競演はもうため息ですo(*^▽^*)o
谷川岳につながる稜線は壮大です
billさんならずっとずっと縦走できそうですね
今年は角田山に行けたので来年は平標山目指したいわ
足を鍛えないとですね
素敵なお写真、ありがとうございました!

silent-fieldさん、こんばんは!

管理人さんもいて、バッチリ?徴収されました
仕方ないですケドね…

Peeさん、こんばんは!

花もさることながら、稜線の美しさにも
惹かれるものがありますね
稜線の美しい場所は沢山ありますが、
こちらは比較的楽に楽しめる印象です♪

ハルさん、こんばんは!

あえて平日狙いでしたが、それでも関西や北東北からの
来訪者もいて、その人気ぶりが伺えました。
梅雨時期は、山も遠ざかりがちになりますよね
でも、山は逃げませんので!
体調を整えつつ、時期を見計らって山を楽しみましょう♪

あの駐車場は今は有料ですか?恐れ入りやした。

billさん(v^ー゜)ヤッタネ!!
お疲れ様~!
振り返った仙ノ倉の雪の稜線ステキ~!
駆け抜ける登山者を
ほっこり癒す高山植物が健気で愛らしいですね

1枚目の看板。最近写真で見た看板です。
やっぱりどの山も旬な季節があるんですかね。
花もたくさん咲いていて、撮り応えがありそうです。

私は全然どこも登らないうちに梅雨入りしてしまいました。
しばらくは、皆さんの写真で楽しむことにします。

マインさん、こんばんは!

お邪魔させて頂きました~
何年も前から温めておいたミッションをようやくクリアです^^;
花といい稜線の眺望といい、かなりお気に入りの山となりました♪
ここを歩くと、谷川岳へ縦走してみたくなりますね
下山時の林道歩き(特に河川敷に入ってから)は、
ここで良かったのかな?と、一瞬不安になりました

ようこそ、平標山へ
花もいっぱい咲いてたようですね。
ここは、ガスがかかりやすい山なんですよ。
平標、仙の倉への稜線は、見えたら堪りませんね。

下山の林道歩きは長い長い道のりです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平標山&仙ノ倉山:

« 風薫る新緑の江竜田の滝 | トップページ | 南湖公園のスイレン&コウホネ »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック