フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

はじまりの美術館

しおや蔵で皿そばを堪能した後、すぐ隣に建つ「はじまりの美術館」へ。

明治初期の蔵を改装した小さな美術館で、オープンは約3年前。

社会福祉法人安積愛育園が運営主体となり、身近で親しみ易い地域の拠点を目指しているという。

Img_0304_640x427

Img_0396_640x427

元々は"十八間蔵"と呼ばれた細長い蔵だったとのこと。

十八間(約33m)の一本の梁が特徴的で、今もその梁を活かし、釘を使わない工法が用いられているそうだ。

その建築再生への可能性が高く評価され、第33回福島県建築文化賞を受賞している。

Img_0306_640x425

エントランスホールの様子↓(正面入口側を撮影)

むき出しの梁や束などがとてもいい雰囲気を醸し出している。

Img_0309_640x427

笑達」氏による似顔絵ブースと、カフェスペース↓

Img_0377_640x427

来場時点の会場内(有料スペース)の様子↓

※館内は一定条件の下で撮影可能

Panf_461x640

受付を済ませ、奥へ↓

Img_0310_640x427

目下開催中の企画展「プランツ・プラネッツ」について↓

001_451x640

鈴木祥太」氏のブース↓

Img_0313_640x427

Img_0364_640x427t

浅野春香」氏と「宮原克人」氏のブース↓

Img_0322_640x427

Img_0320_640x427

吉田あさぎ」氏と左奥に「蒲生卓也」氏のブース↓↓

Img_0327_640x427

Img_0337_640x427

片桐功敦」(+I am flower project)と「今村文」氏のブース↓

Img_0341_640x427

Img_0354_640x427

Img_0347_640x427

Img_0345_640x427

9/10に予定されている関連企画↓

002_640x391

西側入口↓

Img_0382_640x427

南西側から↓

Img_0385_640x426

北西側から↓

Img_0390_640x427

建物西側で開催中のワークショップ「秘密基地」↓

Img_0303_640x427

建物北側からは、磐梯山を望むことができる↓

Img_0387_640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月27日 (日)

しおや蔵@猪苗代町

猪苗代町新町にあるそば処「しおや蔵」へ。

強豪ひしめく猪苗代町内において最も古いお蕎麦屋さんであり、工芸品の取扱いや各種体験教室等も催されている。

(実は、ボクもかつて人生初のそば作り体験をした場所であり、十数年ぶりの再訪となる

 

店舗入口↓

Img_0405_640x427

道路側から↓

(店舗入口は、道路から入って右側)

Img_1222_640x427

店内の様子↓

Img_1227_640x427

お品書き↓

Img_1232_640x428t

夏の人気メニューは、特に女性に支持されているという。

Img_1226_640x427

若干迷ったが、結局オーダーしたのはオーソドックスなこちら(皿そば)↓^^;

Img_1224_640x427

そばは、コシがあってモッチリとしている。ダシの効いたつゆとの相性もイイ

少し食べ進んでから生卵を入れてみたが、違和感なくというか…想像通り?の味わい

Img_1236_640x427

一通り所用を済ませての帰り道、そば畑と磐梯山を望む(川桁地区より)

秋の新そばも楽しみだ

Img_0406_640x428_3

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月23日 (水)

クマ目撃!クマ対策についての考察<vol2>

先日布引高原を訪れた際、実はクマを目撃していた

(注意喚起の看板も設けられており、いても何ら不思議ではない場所であるが^^;)

 

この日は関係者様のご厚意により、立入禁止区域での撮影許可を頂いて車で向かう途中に子熊に遭遇…

その後、親熊と思われる個体を確認し、遠くからではあるが撮影に成功した

Img_0262_640x426

立入禁止区域内の某所から望む風車群↓

(33基ある風車のうち31基を目視できるが、広角16mmでは全てを写せない)

Img_0230_640x427

そうこうしているうち、前方500m弱の車道上にクマを確認!

体長は1.3mほどだろうか。写真中央に小さな黒い影が写る↓(望遠300㎜)

Img_0250_640x427

以下、トリミング↓

Img_0243

Img_0250b

Img_0251

居合わせた方と情報交換の後、車窓から目撃地点付近を見回したが、既に姿を捉えることは出来なかった…

(目撃情報は、関係者へ伝達済)

 

因みに今回が2回目の目撃で、いずれも車道上である。

それらしき気配を感じたことは度々あるが、過去記事で取り上げた対策が功を奏しているのだろうか。。

いずれにしても、これまでのところ登山中での遭遇事例がないのは幸いである。

 

******************************************************************

 

実は先月、新たなクマ対策としてクマ撃退スプレーを導入していた。

「カウンターアソールト」(CA230)

 

主成分は赤唐辛子エキス。十分な撃退効果を持ちつつも致死的な性能はないため、動物愛護の観点からも推奨されるようだ。

その効果は国内でも実証済みで、忌避効果が確認されている唯一のスプレーとの事。

Img_0300_640x426

なお、一応「山アイテム」にカテゴライズしてみたものの登山で常時携帯となると、中々の"荷物"であることが分かる

当たり前ながら、有事の際にサッと取り出して使えなければ全く意味がない。

 

現時点では、状況に応じて携帯するか否かを判断することにしている。

因みに、過去記事の観音川渓谷と今回の布引高原は携帯しているが、北アの唐松&五竜岳には持参していない^^;

…万が一のための対策であり、今後、自分なりに状況を見極めていきたいと思う。

 

******************************************************************

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

 

 

 

2017年8月19日 (土)

夏霧に霞む布引高原

郡山市湖南町は赤津地区にある布引高原へ。

昨年9月以来となる今回、雨模様の合間を縫って早朝の様子を伺う。

 

夏霧の中、標高1,000m強の高原台地は幻想的な光景に包まれていた。

Img_0083_640x423

ひまわりは、丁度咲き始めたばかりとの事。

長雨の後、大輪の花を伸び伸びと咲かせて欲しい

Img_0079_640x426

Img_0101_640x427

Img_0027_640x427

Img_0074_640x427

参考までに、昨年9月1日の様子↓

(約25万本のひまわり畑が4つあり、それぞれ開花期が異なる)

Img_0659_640x426

6時前の磐梯山は、まだガスの中

手前は猪苗代湖。

Img_0042_640x427

猪苗代湖東岸には、雲海から湖に流れ込む滝雲も見られた↓

Img_0052_640x427

背あぶり山の風車群↓

Img_0061_640x427

今年は、三井住友海上も協賛されているそうだ↓

Img_1200_640x424

その社名と、「スマイルとうほくプロジェクト」のロゴがひまわりで形作られている↓

Img_0132_640x427

暫くすると、磐梯山が姿を現してくれた↓

Img_0169_640x427

 

今回、布引高原生産組合の「増子保雄」氏より、布引高原にまつわる貴重なお話を聞く機会に恵まれた。

気さくさと芯の強さが同居するそのお人柄は、スケールの大きさを物語る。

先人たちの苦労の結晶が、この先もずっと愛され続けることを願いたい

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月15日 (火)

唐松岳&五竜岳【下山&高山植物編】

ガスに覆われた五竜岳頂上を後にし、同じルートを戻る。

(【唐松~五竜岳編】から続く)

 

唐松岳頂上山荘からここまで約2時間半。帰りも同等のペースなら15時前には到着できそうだ。

(コースタイム上は、復路の方が20分程短い^^;)

最悪の事態も想定しツェルト持参だが、ここはどうにか踏ん張りたいところ

幸いにも暑さは程々で、最も怖い稜線上での雷も避けられそうな雰囲気が後を押す。

 

八峰キレットとの分岐↓

Img_1124_640x427

これから帰るルートの全景を望む↓

せめてこの程度のまま経過してくれるのを期待しつつ、重い足を運ぶ

Img_0015_640x427

再び五竜山荘へ↓

Img_1128_640x427

五竜山荘前から五竜岳を望む↓

どんどんガスが下がってきている

Img_1130_640x427

遠見尾根分岐↓

Img_1137_640x427

若干明るさが戻るも、しかし、ここまで…><

Img_0019_640x427

シラビソの上で餌を咥えたホシガラス↓

(天候的にも雷鳥との出会いが期待されたが、残念ながら今回は…)

Img_1146_640x428

牛首を越え、唐松岳頂上山荘へ。

Img_1150_640x427

この時点で、約14時50分

何とか15時前に戻ることが出来たので、ザックを回収し、下山する

(15時をリミットとしたのは、グラートクワッドリフトの最終(16:30)に間に合わせるため)

Img_1153_640x421

途中、鹿島槍から続く稜線を望む↓

Img_0021_640x427

同じ場所から白馬村方向を望む↓

Img_1157_640x427

八方池手前を第3ケルン方向へ↓

Img_1160_2

第3ケルン前から八方池とガスに覆われる白馬三山↓

Img_0022_640x427

因みに、朝の様子↓(再掲)

Img_9901_640x427

ガスの中、どこか哀愁漂う八方ケルン↓

Img_1161_640x427

黒菱第3ペアリフトで駐車場へ↓

Img_1166_640x427

黒菱駐車場から唐松岳方向を振り返る↓

Img_1167_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x444

今回日帰りが実現できたのは、夏時間のリフト(始発5:45)に加え、この時期にしては暑さが程々だった事が挙げられる。

(リフトを使わないと往復2時間弱プラス。ゲレンデ歩きは、時間以上に疲れる^^;)

まぁこれらの条件に左右されない方もいるだけに、自分の今の体力&スキルが分っただけでも得られたものは小さくない。

もし翌日が好天だったら朝の絶景&空気感を楽しめた訳で…その妥協点は悩ましい

 

*********************************************************************

 

今回のルート上に咲いていた花々をコラージュで↓

"やっつけ写真"で恐縮だが

Img_cr

道中目立っていたのは鮮やかなピンクの「シモツケ」と、釣鐘の様な花が特徴的な「ハクサンシジャン」。

またどういう訳か、ルート上のコマクサは小ぶりな個体が多かった。。

Img_cr2

久々にウスユキソウの姿も目にすることが出来た

因みに、高山植物メインの方は八方池山荘の先を木道側へ進むのがいいだろう

Img_cr3

 

前記事↓

①【八方尾根~唐松岳頂上山荘編

②【唐松~五竜岳編

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月13日 (日)

唐松岳&五竜岳【唐松~五竜岳編】

唐松岳頂上山荘前にて、本日のルートを再検討する。

(【八方尾根~唐松岳頂上山荘編】より)

 

当初の計画は、五竜山荘のテン場で一泊して八方尾根へと戻るプランだった。

しかし、翌日の好天が見込めない状況から、唐松岳頂上山荘にザックをデポし五竜岳往復へと変更。

さらに、唐松岳頂上山荘へ15時までに戻れれば、テン泊せず一気に下ることとした。

(間に合わなければ唐松岳頂上山荘でテン泊)

 

先ずは、アタックザックへ最小限の荷物を押し込み、唐松岳の頂へと向かう↓

Img_9948_640x427

唐松岳頂上到着!

Img_1072_640x428

唐松岳頂上山荘を振り返る↓

Img_9952_640x427

剣、立山、槍、穂へと続く稜線↓

山荘前で見えていた剱岳頂上には、若干ガスが掛かり始めている。

Img_9973_640x426

Ⅲ峰から不帰ノ嶮、白馬三山へと続くルート↓

白馬岳頂上もガスに…

Img_9968_640x427

雨飾山から菅平高原へ掛けての眺望↓

Img_9959_640x427

これから向かうルートの全景を望む↓

(左端に唐松岳頂上山荘、右に五竜岳)

Img_9956_640x427

一旦、唐松岳頂上山荘へと戻り、五竜岳へ向けて最初の岩場「牛首」へ↓

(比較的安定した足場とチェーンのお陰で、思ったより危険な印象はない

Img_1079_640x427

唐松岳頂上山荘を振り返る↓

Img_1084_640x427

五竜岳へと続く稜線↓

Img_1086_427x640

Img_9993_640x427

途中の大黒岳直下にあるケルン↓

Img_1095_640x427

最低鞍部付近から五竜岳を望む↓

Img_1098_640x427

どうやら、定番らしい?スポット↓

Img_1101_640x427

振り返ると、信州側にガスが湧く夏らしい光景が広がり始めている↓

Img_9998_640x427

白岳頂上付近から望む五竜岳↓

Img_1104_640x427

五竜山荘到着~

Img_1113_640x427

暫し休憩の後、いよいよ五竜岳へ↓

Img_1114_640x427

途中、無情にも山頂がガスに覆われてしまう…

(山頂付近の岩場は、牛首より難易度が高そうな印象だ)

Img_1116_640x427

唐松岳から続く稜線を振り返る↓

(この後、唐松岳の山頂付近もガスに覆われる)

Img_0004_640x427

間近に迫る鹿島槍↓

Img_0010_640x427

山頂手前にて、奇跡的に現れた雲の隙間から望む立山&剣↓

Img_1120_640x427

五竜岳頂上到着!

(残念ながら、眺望は全く得られなかった

Img_0014_640x427

 

前の記事:【八方尾根~唐松岳頂上山荘編

次の記事:【下山&高山植物編

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月11日 (金)

唐松岳&五竜岳【八方尾根~唐松岳頂上山荘編】

北アルプスは後立山連峰の名峰「唐松岳」と「五竜岳」へ。(8/10)

白馬八方尾根を起点に唐松岳、五竜岳を巡り、夏の稜線漫歩を満喫する

(詳細は後述するが、結果的に前夜泊の日帰りと相成った^^;)

 

出発前、標高1,500mの黒菱駐車場脇にてご来光を待つ。

Img_9766_640x427

モルゲンロートに染まる白馬三山↓

Img_9800_640x426

日の出ポイントは、飯綱山辺り?だろうか?

Img_9809_640x427

先ずは、黒菱第3ペアリフトにて黒菱平へ↓

Img_9812_640x427

グラートクワッドリフトへ乗り換え、八方池山荘へと向かう。

前方左は、鹿島槍ヶ岳と五竜岳↓

Img_0993_640x427

白馬村周辺を振り返る↓

Img_9815_640x427

リフトを降り、標高1,830mの八方池山荘前へ↓

Img_0998_640x427

山荘脇から歩き始める↓

Img_0995_640x427

登りは、尾根道を選択。

Img_1006_640x427

道中、ほぼ全域に渡って様々な高山植物に囲まれる

時間管理上、じっくりと撮影は出来ていないが^^;

(ハクサンシャジン↓)

Img_1009_640x427

八方山ケルン↓

八方池山荘から唐松岳に掛けて、6つのケルンが続く。

Img_1014_640x427

振り返ると、雨飾から菅平に掛けての山並みが

中央に八方池山荘↓

Img_9830_640x426

鹿島槍、五竜、唐松を望む↓

Img_9838_640x426

不帰ノ嶮をバックに第2ケルン(息ケルン)

この辺りで標高2,000mを超える。

Img_1016_640x427

どこか愛らしい「八方ケルン」↓

Img_9846_640x427

いよいよ八方池へ↓

ミルキースカイな空と微風に揺れる水面ながら、飛騨山脈の稜線は実に美しい

Img_9847_640x426

北東側から↓

ゴンドラ組よりも早く到着出来たため、人も疎らでのんびりと楽しめる(*^ー゚)b

Img_9849_640x427

池の南側にある"定位置"から白馬三山↓

Img_9867_640x427

Img_9883_640x427

南西側の分岐から若干戻って、第3ケルン前から↓

Img_9901_640x427

やや進んで、八方池と第3ケルンを振り返る↓

Img_9908_640x427

僅かだが、心地良いダケカンバの樹林帯を過ぎる↓

Img_1032_640x427

扇雪渓↓

Img_1048_640x427

最終となる丸山ケルン↓

Img_1057_640x427

ここからの眺望も素晴らしく、道中一番と評する方も

Img_9929_640x426_2

Img_9936_640x427_2

Img_9933_640x427

唐松岳頂上山荘手前で傾斜がやや緩み、切り立った岩場を回り込む↓

Img_1062_640x427

丁度、荷揚げのヘリが何度か往復していた。

Img_1063_640x427

立山&剣岳をバックに作業中のスタッフ↓

Img_1065_640x427

唐松岳頂上山荘↓

Img_1068_640x427

山荘前から唐松岳↓

Img_1070_640x427

五竜岳&剣岳から続く北アの主峰たち↓

Img_9945_640x427

 

次の記事:【唐松~五竜岳編

最終記事:【下山&高山植物編

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月 7日 (月)

観音川渓谷の滝群@下郷町

下郷町南東部にある観音川渓谷へ。(8/5)

釜滝や三輪滝などを中心に、幾つかの滝を巡る。

 

今回は、本来の目的が大白森山だったため旧国道から入渓したが、甲子トンネルの下郷側入口付近から沢沿いを進む方法もあるとのこと。

いずれにしても、藪漕ぎや不安定な足場での渡渉を余儀なくされるため、細心の注意を払いたい

 

旧国道の車両規制地点から徒歩にて甲子峠方向へと向かう↓

Img_0924_640x427

荒廃の進む旧国道を行く↓

甲子温泉側ほどではないが、かつては有名な"国道"だった

Img_0927_640x427

GPSで確認しながら、滝近くの安全に下りられそうなポイントを探す。

通行規制の場所から約2.2km地点(滝の北東付近)に決定↓

Img_0929_640x427

視界を遮られる程ではないものの、傾斜地の藪漕ぎとなる

尾根状の地形を確認しながら、それに沿って進むのがベターだろう。

(写真左側奥の沢には下りないよう注意したい)

Img_0960_640x427

観音川沿いから上流側を望む↓(左奥からの本流と三輪滝のある支流の合流部)

釜滝は、下流側直ぐ傍にある砂防ダムの下に位置している。

最も遠方となる三輪滝から巡るべく、写真右手方向へ進む。

Img_0934_640x427

周囲は、柱状節理の岩が盛大に崩落している↓

(写真の左側奥へと進む)

Img_0937_640x427

支流を流れる滑滝↓※名称不明

Img_9692_640x426

岩の崩落個所上部から三輪滝方向へ進む↓

Img_9694_640x426

名称不明の滝↓(奥には右岸を進む)

この時点で、フィルター類が持参した2本のレンズ用ではないことが判明…

車へ戻る気になるような場所でもなく、一気にテンションガタ落ちとなった

Img_9701_640x427

Img_9696_640x427

右岸上部の山側にも上ってみた↓

…が、こちらは進まない方がいいだろう。

Img_9700_640x426

ここから先は普通の登山靴では滑り易く、水に浸からずして進むのは極めて困難><

(幸いにも水深は膝下20㎝ほどだった)

Img_0945_640x418

轟音と共に三輪滝が見えてきた↓

Img_9713_640x427

三輪滝↓

落差は20m程だろうか。中々美しい

Img_9706_640x427

勢いのある水飛沫がとても心地いい♪

Img_9712_640x427

一旦、観音川との合流地点まで戻り、観音川上流へ。

柱状節理の露岩と観音川↓

Img_9715_640x427

Img_9717_640x427

段状の滑滝↓※名称不明

Img_9720_640x427

Img_9724_640x427

観音川を下って、砂防ダムの下にある釜滝を上流側から↓

特徴的なポットホール(甌穴)が見て取れる。

Img_9727_640x426

独特の色合いが美しい

(左上部は砂防ダムからの流れ)

Img_9756_640x426

Img_9742_640x426

深さは、少なくとも1.5m以上はありそうだ。

Img_9741_640x427

Img_9744_640x427

Img_9747_640x426

Img_9764_640x427

下流側を望む↓

Img_9750_640x426

旧国道へと戻って大白森山を目指すも、ガスの動きから途中で山行きを断念…

何だか不完全燃焼の一日となってしまった

Img_0966_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x422

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月 3日 (木)

長照寺のハス@猪苗代町

猪苗代町三ツ和にある長照寺へ。(7/30)

慶長8年の建立で、「野口英世」博士の菩提寺でもある。

門前にある休耕田を利用した池(約8a)では、目下、ハスの花が見頃を迎えている。

Img_9578_640x427

Img_9643_640x427

ハスの花は全部で7種。昼頃の来訪だったが、結構咲いていてくれた

(早朝に開き始め、昼過ぎには閉じるという)

左奥は、山頂をガスに隠す磐梯山↓

Img_9585_640x420

Img_9689_640x428

Img_9672_640x427

Img_9630_640x426

Img_9659_640x423

蝶やトンボ等も羽を休めていた↓

Img_9650_640x427

Img_9653_640x427

Img_9676_640x427

Img_9685_640x427

9月下旬頃まで楽しめるとのこと

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年8月 1日 (火)

曇りのち雨の筑波山

宝篋山を後にし、5年ぶり2度目となる筑波山へ。

 

若干早目の昼食を取りつつ見上げる山頂は、残念ながらガスに覆われている…

テンションの下がる中、2座登頂に拘る同行者に押されるカタチで駐車場を出発

前回同様、筑波山神社から白雲橋コースを登り、女体山&男体山と巡って御幸ヶ原コースを下る。

 

筑波山神社へと続く参道↓

Img_0901_640x427

杉の巨木が目に留まる境内を過ぎ、登山道へ↓

巨木は、登山道周辺でも見られる。

Img_0902_640x427

街中散策の延長のような若者や家族連れに交じり、整備された登山道を進む↓

Img_0903_640x427

迎場コースとの分岐を左へ↓

Img_0905_640x427

白蛇弁天↓

"ここに住む白蛇を見た者は財を成すことが出来る"そうだが、今回もまた白蛇には出会えなかった…

Img_0906_640x427

つつじヶ丘コースとの分岐↓

Img_0907_640x427

弁慶七戻り↓

この辺りから次第に見所でもある奇岩群が増える。

Img_0910_640x427

弁慶七戻りを過ぎて振り返る↓

Img_0914_427x640

母の胎内くぐり↓

Img_0918_640x427

陰陽石↓

Img_0919_427x640

国割り石↓

この辺りで雨が降り出す…

Img_0921_640x427

北斗岩↓

Imgp1322_480x640

女体山山頂到着!

Imgp1324_640x480

双耳峰の南東側に当たる女体山は、筑波山の最高峰。

Imgp1325_640x480

混雑する連絡路をようやく抜け、ケーブルカー山頂駅のある御幸ヶ原へ↓

売店で小休憩した後、もう一方の峰「男体山」へと進む。

Imgp1327_640x480

男体山頂到着!

Imgp1328_640x480

ほんの一瞬だけ、眼下の一部が開けてくれた

Imgp1332_640x480

帰りは、御幸ヶ原コースへ↓

Imgp1334_640x480

白雲橋コースのような奇岩群は見られないが、こちらも巨木の残る樹林帯が続く。

Imgp1335_640x480

男女川(みなのがわ) 源流部↓

ここを過ぎて直ぐ雨脚が強まる…

Imgp1338_640x480

ケーブルカーの線路脇を過ぎる↓

Imgp1340_640x480

どしゃ降りの中、筑波山神社へ↓

無事下山の報告で手を合わせた後、駐車場へと戻る。

Imgp1342_640x480

GPSログ↓)

T_gpslog_640x433

 

ドタバタながらも、何とか筑波山塊の2座を踏破できた今回の山旅。

全身お洒落な装いの初心者(メタボなオッサン)の同行で標準タイムを大幅に超えるスローペースとなったが、お陰で蒸し暑い割には楽であった♪

装備が甘かったりマナーを守らない(知らない)登山者が少なくない等、お手軽な山ならではの光景が目に付きがちな点は残念な印象だが…

 

好条件下で、また再訪してみたい

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック