フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 宝篋山@つくば市 | トップページ | 長照寺のハス@猪苗代町 »

2017年8月 1日 (火)

曇りのち雨の筑波山

宝篋山を後にし、5年ぶり2度目となる筑波山へ。

 

若干早目の昼食を取りつつ見上げる山頂は、残念ながらガスに覆われている…

テンションの下がる中、2座登頂に拘る同行者に押されるカタチで駐車場を出発

前回同様、筑波山神社から白雲橋コースを登り、女体山&男体山と巡って御幸ヶ原コースを下る。

 

筑波山神社へと続く参道↓

Img_0901_640x427

杉の巨木が目に留まる境内を過ぎ、登山道へ↓

巨木は、登山道周辺でも見られる。

Img_0902_640x427

街中散策の延長のような若者や家族連れに交じり、整備された登山道を進む↓

Img_0903_640x427

迎場コースとの分岐を左へ↓

Img_0905_640x427

白蛇弁天↓

"ここに住む白蛇を見た者は財を成すことが出来る"そうだが、今回もまた白蛇には出会えなかった…

Img_0906_640x427

つつじヶ丘コースとの分岐↓

Img_0907_640x427

弁慶七戻り↓

この辺りから次第に見所でもある奇岩群が増える。

Img_0910_640x427

弁慶七戻りを過ぎて振り返る↓

Img_0914_427x640

母の胎内くぐり↓

Img_0918_640x427

陰陽石↓

Img_0919_427x640

国割り石↓

この辺りで雨が降り出す…

Img_0921_640x427

北斗岩↓

Imgp1322_480x640

女体山山頂到着!

Imgp1324_640x480

双耳峰の南東側に当たる女体山は、筑波山の最高峰。

Imgp1325_640x480

混雑する連絡路をようやく抜け、ケーブルカー山頂駅のある御幸ヶ原へ↓

売店で小休憩した後、もう一方の峰「男体山」へと進む。

Imgp1327_640x480

男体山頂到着!

Imgp1328_640x480

ほんの一瞬だけ、眼下の一部が開けてくれた

Imgp1332_640x480

帰りは、御幸ヶ原コースへ↓

Imgp1334_640x480

白雲橋コースのような奇岩群は見られないが、こちらも巨木の残る樹林帯が続く。

Imgp1335_640x480

男女川(みなのがわ) 源流部↓

ここを過ぎて直ぐ雨脚が強まる…

Imgp1338_640x480

ケーブルカーの線路脇を過ぎる↓

Imgp1340_640x480

どしゃ降りの中、筑波山神社へ↓

無事下山の報告で手を合わせた後、駐車場へと戻る。

Imgp1342_640x480

GPSログ↓)

T_gpslog_640x433

 

ドタバタながらも、何とか筑波山塊の2座を踏破できた今回の山旅。

全身お洒落な装いの初心者(メタボなオッサン)の同行で標準タイムを大幅に超えるスローペースとなったが、お陰で蒸し暑い割には楽であった♪

装備が甘かったりマナーを守らない(知らない)登山者が少なくない等、お手軽な山ならではの光景が目に付きがちな点は残念な印象だが…

 

好条件下で、また再訪してみたい

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 宝篋山@つくば市 | トップページ | 長照寺のハス@猪苗代町 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

コメント

らるごさん、こんばんは!

残念ながら降られちゃいました
2座とも標準タイムなら間に合った計算だっただけに、
スローペースだった同行者の一人も、鍛えなくちゃと
心に誓ったようでした
(結果、周辺の日帰り温泉も間に合わなかったので、
城里町のホロルの湯に立ち寄りました)

弁慶七戻りの時、同じような話題となりました^^;
皆、そう思いますよね…
尾瀬なんかもそうですが、あまりにも軽装過ぎる登山者には
閉口してしまいます
それらしい格好をしていても、どしゃ降りの中で
雨具無しだったり…

三度目こそは、好条件下を狙いたいと思います

マインさん、こんばんは!

一日に2座、頑張っちゃいました~
天候から消去法で選択したつもりでしたが、
結局は雨に降られてしまいました
でも、同行者も満足されていたようですし、
怪我もなく無事に帰宅できたので良しとします♪

こんばんは!

筑波山では降られちゃいましたか
お天気もうちょっと持ってほしかったですね。
白雲橋コースから登られて、御幸ヶ原コースで下山は悪天候ならば理想的だと思います(゚▽゚*)
弁慶七戻りはいつもここで地震が来たらとドキドキです
(;´Д`A ```
筑波山はロープウェイやケーブルカーもありお手軽なだけに、観光と登山のあいまいな人が多いのです
雨の中ビーサンのお姉さんやバスタオル1枚で登る人や、逆にザイルにヘルメットにピッケル持参の人も∑(゚∇゚|||) どこ登るねん??
よかったら、空気のキーンと澄んだ季節にまたいらしてくださいね
o(*^▽^*)o
お待ちしてます(◎´∀`)ノ

一日に2座、あるあるですね

なんとか降らないでって??
間に合いませんでしたね。
特に遠征は、晴天行動に限ります~!

FUJIKAZEさん、こんばんは!

奇岩群は、見方によっても印象が変わりますし、
変化があって飽きさせない魅力がありますね。
薄っすらと霞む奇岩&巨岩は、幻想的でもありました。
…良いことあるといいのですが

Peeさん、こんばんは!

同じ山にある別々の頂ですね。
寄り添うように見える双耳峰は、
微笑ましい感じがしますね
弁慶の七戻りは、通過中に地震が来たら…
と思うと、ハラハラもんです
この日の雨は予報通りでした

こんばんは!
色々な奇岩を眺めているだけでも楽しそうな山ですね。
雨は残念でしたが、霧が立ちこめた中で見上げる奇岩には、何やらパワーを貰えそうな予感です。
良いことがあるかも・・・。

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
billさん筑波から突然日光へ飛んじゃったのかと??
男体山だって!?
女体山もあるのねぇ~!
お見合いでもしてるのかな?
弁慶の七戻りは 
入りと出口の表情が全く違った風景
本州のゲリラ豪雨はどこでも起きるのね
山だからなお更かな!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曇りのち雨の筑波山:

« 宝篋山@つくば市 | トップページ | 長照寺のハス@猪苗代町 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック