フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 直売カフェ こころや@泉崎村 | トップページ | 春霞の天狗山 »

2018年3月27日 (火)

一盃山

郡山市と小野町の境界に位置する一盃山(3/24)

伏せた盃のように見える山容が特徴的な里山で、標高は約860m

今回は、柿ノ木登山口から山頂をピストンする。 

 

南西側から一盃(いっぱい)を望む↓

Img_7414_640x427

民家脇の案内板から駐車場へと進む↓

Img_7416_640x427t

案内板↓

Img_7417_640x427

駐車場へ↓

Img_7419_640x426

駐車場から進入路を一旦右に折れ、直ぐに左折↓

Img_7422_640x426

納屋前のT字路から緩やかに登っていく↓

Img_7424_640x427

初めは杉林の中をのんびり進む↓

Img_7427_640x427

雑木林へ変わると直ぐ、深沢清水との分岐となる↓

Img_7429_640x427

深沢清水↓

取水可能な量の水流が確認できる。分岐からの距離は数十メートル。

Img_7431_640x427

再び分岐へと戻り、雑木林の中を進んで黒甫林道と合流↓

Img_7432_640x427

林道との合流地点から振り返る↓

Img_7433_640x427

林道からは、蓬田岳から宇津峰山にかけての展望が開けている。

(左から、蓬田岳、沢又山、東山、宇津峰山)

Img_7434_640x427

林道との合流地点を若干進んで、再び登山道へ↓

Img_7440_640x427

「大志の広場」と呼ばれる山頂一帯へ到着↓

Img_7443_640x427

山頂標識のあるポイント↓

「音の岩」を目指して奥へ進む。

因みに、三角点はここから北へ5分ほど歩いた藪の中にあるようだ。

(三角点の標高は、大志の広場や音の岩周辺より4m程度低い)

Img_7445_640x427

音の岩↓

山頂の東端に当たるポイントで、阿武隈山地の主な峰々を望むことが出来る。

Img_7449_640x427

大滝根山方向↓

(左から、高柴山、桧山、大滝根山、羽山、日影山)

Img_7453_640x427

小枝の先に、石の採掘場が目立つ黒石山↓

Img_7478_640x427

高柴山をズーム↓(左奥は、常盤鎌倉岳)

ツツジの咲く頃が楽しみな山の一つ

Img_7477_640x427

蓬田岳方向↓(中央右寄り)

Img_7469_640x427

道中、最も存在感のある蓬田岳↓

Img_7464_640x427

下山は同じルートを戻る。

途中、黒甫林道手前から郡山市南部↓

Img_7489_640x427

Img_7490_640x427

手前左側に宇津峰山↓

霞んでいるが、須賀川市街地を挟んだ奥に那須連峰が見えている。

Img_7496_640x427

GPSログ↓) ※トータル約1時間半

Gpslog_640x423 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 直売カフェ こころや@泉崎村 | トップページ | 春霞の天狗山 »

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、こんばんは!

久々に全く雪のない山歩きとなりました。
中通り風?に言うと「一盃山で一杯やっぱい」でしょうか
これからの季節、春霞で遠望が効きにくくなるので、
個人的にはあまり好きな季節ではありません^^;
我が家近郊も連日の20度越えで、ちょっと対応しきれないぐらいです><

(◎´∀`)ノおはよ~!
残雪もなくなってる(=^・^=)b
低めの山だからだねぇ!
盃って言われると 花見したくなるなぁ
緑が恋しい季節だけどもうすぐだね!
札幌も二桁の気温が続き 5月並みΣ(゚Д゚)ビックリだよ~~!

FUJIKAZEさん、こんばんは!

一盃山で一杯
…オヤジギャグがさく裂しそうな里山です
決してメジャーな山ではありませんが、
ハイシーズンは、小学生たちが遠足で訪れたりもするようです。
音の岩は、辺りの岩を叩くと音が響く…が由来とのこと^^;
試してみれば良かったかもしれません><

マインさん、こんばんは!

中々ユニークな名称の里山ですね
最初に言ったモン勝ち?なのでしょうか。。
高柴山は、広い山頂一帯にツツジの花が咲き乱れます
(南斜面は手入れ中ですが、それでも十分楽しめるかと♪)
最近は、県外からのツアーもあるらしく、人気が高まりつつあります。
登山というよりハイキングといった感じの山ですが、
ご案内致しますので、是非ご検討頂ければと思います

こんばんは!
一盃山ですか?
面白い名前ですね。
音の岩?何か謂われがあるのでしょうかね?
トレッキングにはちょうど良さそうな山ですね。

一盃山、いろいろな名前の山がありますね。
雪は全くないんですね。
高柴山のツツジが楽しみ・・・
一面ツツジの山になるのでしょうか?
あまり人が入らないような山の
感じがしますが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一盃山:

« 直売カフェ こころや@泉崎村 | トップページ | 春霞の天狗山 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック