フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 冬の磐梯山(イエローフォール編) | トップページ | 晩冬の額取山 »

2018年3月 1日 (木)

冬の磐梯山(登頂編)

イエローフォールを後にし、若干進んだ北側にある取付き部から火口壁の急登へ。

先ずは稜線を目指し、概ね無雪期のルートに沿って付けられたトレースを進む。 

冬の磐梯山(イエローフォール編)より続く ~ 

 

右手側に天狗岩↓

Img_6847_640x427

左手側に櫛ヶ峰から延びる稜線↓

バックは西大巓と西吾妻山。

Img_6866_640x427

振り返って、銅沼と桧原湖↓

左奥に見えている飯豊山周辺は、徐々に霞み始めている…

Img_6856_640x427

イエローフォールの直上部から↓

撮影時は気付かなかったが、ハート型のトレースなんてのも。

Img_6864_640x426

樹林帯を抜け、稜線へ↓

Img_6872_640x427

稜線上から、正面左に磐梯山最高峰の剣ヶ峰

Img_6879_640x427

櫛ヶ峰↓

Img_6883_640x427

目指す剣ヶ峰を左奥に、締まった雪の上を進む↓

Img_6885_640x427

桧原湖をバックに火口原を俯瞰する↓

Img_6895_640x426

イエローフォールへと(から)放射状に続く無数のトレース↓

Img_6895b_640x427

鋭く天を向く天狗岩↓

Img_6904_640x427

中ノ湯方向との分岐↓

Img_6907_640x427

お花畑周辺↓

Img_6913_640x427

弘法清水小屋前へ↓

岡部小屋との間を抜けて山頂へと進む。

Img_6926_640x427

Img_6929_640x426_2

荒々しい剣ヶ峰の東壁↓

Img_6931_640x427_2

沼ノ平を俯瞰する↓

中央右寄りに赤埴山。

Img_6936_640x427

"ベイビーモンスター"(小さな樹(岩)氷)の合間を縫って、最後の急登を進む↓

Img_6940_640x427

Img_6943_640x427

山頂直下にある標識前へ↓

売店の建物は、完全に雪に埋もれている

Img_6946_640x427

山頂到着!

霞んできてはいるが、貴重な冬の晴天下に広がる絶景を堪能する

雪に覆われた祠と猪苗代湖↓

Img_6955_640x427

会津盆地↓

Img_6954_640x426

雄国沼を囲む山々↓

猫魔ヶ岳のバックに雪に覆われた雄国沼の姿も確認できる。

Img_6974_640x427

桧原湖を中心に裏磐梯高原周辺↓

Img_6948_640x427

吾妻&安達太良連峰をバックに櫛ヶ峰と沼ノ平↓

一切経山や家形山なども確認できる。

Img_6950_640x427

赤埴山と長瀬川沿いの平地を挟んで川桁山↓

Img_6951_640x427

猪苗代湖の全景↓

Img_6957_640x427

山頂からの絶景を堪能した後、ほぼ同じルートで下山する。

火口原からイエローフォールと櫛ヶ峰↓

Img_6981b_640x427

天狗岩を左手に見ながら、最短に近いトレースを辿ってリフト乗場へ↓

Img_6985_640x428

Img_6986_640x427

GPSログ↓) トータル6時間弱

Gpslog_640x432

【前記事】 冬の磐梯山(イエローフォール編)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 冬の磐梯山(イエローフォール編) | トップページ | 晩冬の額取山 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、こんばんは!

何だか、地吹雪だの暴風雪だのって、
北海道は大変なことになっているようですね
犠牲者も出ているとの事で、これ以上被害が大きくならないことを
祈るばかりです。
Peeさんも外出の際は、十分ご注意くださいね

ベイビーモンスターなんて表現を使ってしまいましたが、
磐梯山の山頂付近は岩や灌木しかないので、立派な樹氷には
どう頑張っても成り得ません
福島でも西吾妻山周辺は立派な樹氷原となります♪
因みに、国内最大級なんですよ

らるごさん、こんばんは!

冬晴れの磐梯山を堪能してきました
意外に思われるかもしれませんが、条件のいい時の
冬山って、往々にして夏場より楽だったりします
ガレ場や藪はオブラートされ、ショーカットし放題です♪

桧原湖は完全結氷しています。
ワカサギ釣りは、今月末まで氷上で楽しめるとの事です。
イエローフォール前の地上絵?は、年々立派なものが
増えるのを期待したいです
(すぐ消えちゃいますケド)
曽原湖などは、らるごさんが訪れた時期の方がいいかも…^^;

この度は心よりお悔やみ申し上げます。
今後とも宜しくお願い致します。

(。・w・。 )春の嵐で~した!
春の?イヤまだ北海道は冬の爆弾低気圧
仕事なんかできん
気分は
blogも覗かれんくらいの~~~!

でも やっと見れた~!!
美しい青空の時に登れてよかったねぇ!
ベビーモンスター??
今朝のTVで八甲田山のモンスターの映像見たから
そんな感じわかる~
雪と闘いながらの登山
美しい雪景色に感謝でぇす(*^▽^*)。✧♡

おはようございます

イエローフォールから次は磐梯山山頂目指したのですね
冬の絶景にびっくりです
冬の磐梯山、登る山男さんにもびっくりですが
夏に暑くて敗退した時の景色を思い出しながら拝見しましたが冬景色ってやはり別格ですね
檜原湖が真っ白ですが全面結氷してるのでしょうか?
どちらの方面を見ても、風景が雪の濃淡に縁取られてくっきりですねヽ(´▽`)/
ハート模様はナスカの地上絵みたいですね( ´艸`)プププ
素晴らしい雪の磐梯山、ありがとうございました。

前の記事の曽原湖など感動の連続でした。
親族に不幸がありしばらくココログお休みしたのでコメントごめんなさいね。

マインさん、こんばんは!

晴れ(た日にしか登らない)男です。
絶景を堪能して参りました。

イエローフォールの色ですか?
皆、あの場所でキジ撃ちやお花摘みをしているからなんですね。
(いやいや、してないしてない
メープルシロップか、せめて梅シロップにしてあげて下さい

隠れファンさん、こんばんは!

晴天の冬山の魅力が少しでも伝われば幸いです
今回は無駄に体力を消耗するラッセルも殆どなく、
快適に楽しむことができました♪
ハートのトレースを付けてくれた方にも感謝?です^^;
(次回は、もっと大作を期待しています)

八甲田山の落書きの件は、残念としか言いようがありません(;-ω-)ノ
いずれ解けるからとでも思ったのでしょうか。
楽しみ方を間違えてますね。

ハルさん、こんばんは!

素晴らしい絶景でした!
流石にこの好条件だと、イエローフォールも脇役ですね…
氷瀑もいいですが、基本山屋なので尚更です^^;

高尾山の件、了解です。

イエローフォール、蜂蜜みたいなんて
皆さん、いいことおっしゃいますね。
私は違う見方(〇〇っこ)失礼(>_<)
青空と雪で磐梯山から見える山々絶景ですね~!
晴れ男さんですね(*^^)v

おはようございます。
晴天の冬山は素晴らしいの一言ですね。
ラッセルまでして登頂する方がかなりいるということは
やはり冬山ならではの感動は特別なんでしょうね。
ハート型のトレースは上から見られる(見る)ことを意識してのことでしょうね。
八甲田のカラースプレー落書きは困ったもんですが
トレースなら『いいね』をもらえたかも(^_^;)。

素晴らしい絶景でしたね。
有名なイエローフォールが、完全に脇役に回るほどの晴天雪山。
羨ましいです。(v^ー゜)ヤッタネ!!

ところで、高尾山ですが、今度は私の都合でダメっぽいです。
私が幹事ではないので何とも言えませんが・・・。m(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の磐梯山(登頂編):

« 冬の磐梯山(イエローフォール編) | トップページ | 晩冬の額取山 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック