フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

残雪の鎌沼自然探勝路

一切経山から1928Pを経由し、鎌沼分岐へと戻る。

開眼目前!魔女の瞳@一切経山より ~

 

鎌沼分岐から正面に前大巓↓

Img_9078_640x426

酸ヶ平避難小屋を振り返る↓

Img_9082_640x427

酸ヶ平湿原の先に前大巓(左)と1928P↓

なお、1928Pは「平石山」とも呼ばれるが、国土地理院地図にその表記はない。

(1928P1,928mピーク=1,928m峰=平石山)

Img_9090_640x427

鎌沼の西岸へ↓

無雪期の休憩スペースはまだ水没している。

Img_9091_640x427

左奥に東吾妻山↓

Img_9100_640x426

鎌沼西岸の雪原↓

トレースは、夏道に近い位置から上部に掛けて何本か付けられていた。

Img_9106_640x427

左奥に高山。右は東吾妻山↓

Img_9117_640x427

残念ながら"鏡"高山とはならなかった^^;

Img_9127_640x427

歩いて来た方向を振り返る↓

Img_9113_640x427

沼畔を進む↓

(今回、東吾妻山はパス)

Img_9135_640x427

前大巓と1928Pを振り返る↓

Img_9139_640x427

姥ヶ原分岐↓

Img_9144_640x426

浄土平へ向けて緩やかに高度を下げて行く↓

Img_9145_640x427

途中、高山の右奥に安達太良山を望む↓

Img_9149_640x427

吾妻小富士と、右中央に桶沼↓

Img_9155_640x426

桶沼は、一足先に"開眼"していた↓

Img_9152_640x427

蓬莱山の裾野から大穴火口を望む↓

Img_9175_640x427

浄土平から大穴火口↓

昨年に引き続き、噴気量は少ない印象だ。

Img_9186_640x427

GPSログ↓) ※一切経山山頂~

Gpslog_640x425

浄土平を下り、あづま総合運動公園から吾妻小富士と一切経山を望む↓

吾妻小富士の"雪うさぎ"も、かなり痩せ細っていた^^;

Img_9208_640x426

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月28日 (土)

開眼目前!魔女の瞳@一切経山

残雪の一切経山へ。

間もなく目覚める"魔女の瞳"と、残雪期限定の前大巓登頂が今回の目的。

(…結果的に、早い雪解けの影響で前大巓はお預けとなった^^;)

 

浄土平ビジターセンターをスタートし、大穴火口を望む↓

Img_8943_640x427

浄土平湿原の雪は、すっかり消えている。

Img_8945_640x427

雪解け水が盛大に流れる登山道を避け、左脇の残雪を進む↓

Img_8950_640x427

姥ヶ原分岐を右へ↓

Img_8951_640x427

前大巓を左奥に望む↓右は、1928P(1,928m峰)

Img_8955_640x426

鎌沼分岐のやや手前から右に折れ、酸ヶ平避難小屋の東側をショートカットする↓

Img_8959_640x426

鎌沼方向を振り返る↓

Img_8963_640x426

鎌沼はだいぶ解けているようだ。

Img_8971_640x427

東吾妻山の裾野の先に磐梯山↓

Img_8972_640x427

吾妻小富士↓

Img_8981_640x426

一切経山の山頂へ↓

Img_8994_640x427

例によって強風吹き荒れるが、この時期にしては遠望が効く。

左奥に飯豊連峰。

Img_8997_640x427

魔女の瞳(五色沼)

左奥に朝日連峰や月山、右奥には蔵王連峰も確認できる。

写真では判り難いが、辛うじて鳥海山の姿も。

Img_9007_640x427

もう間もなく目覚めの時を迎えそうだ

Img_9005_640x427

【参考】 開眼後の魔女の瞳(昨年5月)

谷地平湿原と烏帽子山周辺の峰々↓

Img_9017_640x427

山頂を後にし、前大巓を目指して先ずは1928Pへと進む↓

Img_9028_640x427

1928Pの頂↓

Img_9044_640x427_2

烏帽子山から西吾妻に掛けての稜線もクッキリ↓

Img_9040_640x427

魔女の瞳と一切経山↓

Img_9039_640x427

前大巓(中央手前)

どこかに行けるルートはないかと色々探ったものの、結局断念…

やはり、もっと残雪量の多いタイミングじゃないと無理なようだ^^;

Img_9045_640x427

鎌沼と東吾妻山↓

左奥は、高山と安達太良連峰

Img_9049_640x427

残雪の上を酸ヶ平避難小屋へと下る↓

Img_9065_640x427

Img_9071_640x427

酸ヶ平避難小屋↓

Img_9075_640x427

鎌沼編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月26日 (木)

亀ヶ城公園&磐梯山牧場の桜

観音寺を後にし、6年ぶりとなる亀ヶ城公園へ。

800年超の歴史を持つ城址で、残雪の磐梯山とソメイヨシノのコラボが美しい

(遅咲きの桜スポットだが、今年は例年より2週間ほど早いとのこと)

 

冠木門前にある入口↓

Img_8852_640x427

本丸跡↓(猪苗代城址)

Img_8838_640x427

本丸跡から磐梯山を望む↓

Img_8815_640x427

Img_8832_426x640

空堀周辺の様子↓

Img_8827_640x427

吾妻連峰↓

Img_8840_640x427

 

***************************************************************

 

亀ヶ城公園の後、猪苗代町営磐梯山牧場へ。

磐梯山麓に広がる牧草地帯の中に、約1.5kmに渡って続く桜並木が彩りを添える。

NHK大河ドラマ「八重の桜」でも取り上げられた名所の一つ。

 

磐梯山(剣ヶ峰)

Img_8879_640x426

桜並木が美しい

Img_8859_640x427

Img_8889_640x427

牧草地の先に猪苗代湖を望む↓

Img_8892_640x427

東側に川桁山

Img_8854_640x427

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月24日 (火)

観音寺の枝垂桜@猪苗代町

川桁山を下りた後、林道の入口にある観音寺へ。

猪苗代三十三観音第1番札所で、亀ヶ城主「三浦家」の菩薩寺でもある。

その境内では、樹齢130年を超える枝垂桜が見頃を迎えていた。

Img_8800_640x427

本堂の脇で境内を見守る様に立っている

直ぐ近くにある観音寺川沿いと違って、こちらは人も少なめ…^^;

Img_8801_640x426

参道の真ん中には、可愛らしいお地蔵様の姿も↓

Img_8799_640x427

ほっこりとした気持ちにさせられる優しい表情が印象的

Img_8798_640x427

参道入口に建つ山門↓

Img_8808_640x427

Img_8806_640x426

Img_8807_640x426

境内北側の敷地に咲くカタクリ↓

Img_8794_640x427

定番"観音寺川の桜並木"を上流側から↓

Img_8781_640x427

こちらは2年ぶりの再訪だが、時間的都合もあって散策はせず^^;

Img_8790_640x428_2_2

林道入口の橋上から、川桁山を望む↓

Img_8787_640x427

 

【参考】 2016年4月の「観音寺川の桜並木」

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月22日 (日)

残雪の川桁山

猪苗代町にある川桁山へ。

磐梯山から長瀬川沿いの平地を挟んで南東部に位置し、どっしりとした山容が特徴的。

標高は約1,413m。あまり眺望に優れないこともあってか、比較的地味な存在だ…^^;

 

亀ヶ城公園から望む川桁山(写真中央)

Img_8834_640x427

今回は、観音寺川コースをピストン。

登山口まで車で行くか迷ったが、早々と断念し、林道を小一時間ほど歩く

Img_8652_640x427

林道に残る雪↓

結果的に、奥の駐車場まで入ることは出来なかった^^;

Img_8656_640x427

登山道入口↓

無雪期なら、ここまで普通車でも乗り入れられる。Pスペースは3台ほど。

Img_8657_640x427

沢と化した登山道を進みながら次第に高度を上げて行く↓

Img_8660_640x427

しっかりと残る残雪を踏みしめながら鞍部手前の急登を行く

因みに今回は、終始ツボ足で十分だった。

Img_8669_640x427

天狗角力取山(てんぐすもうとりやま)との鞍部から、天狗角力取山方向↓

Img_8673_640x427

目指す川桁山を望む↓

Img_8674_640x427

猪苗代湖方向↓

中央の山は、金山と丸山?だろうか。

Img_8678_640x427

やや起伏のある尾根沿いを進む↓

Img_8684_640x427

川桁山へ向けて、最後の急登を行く↓

Img_8697_640x427

途中、開けた場所から天狗角力取山を振り返る↓

左奥は、安達太良連峰。

Img_8699_640x427

川桁山の稜線へ出ると、木々の先に磐梯山が姿を現す↓

Img_8707_640x427

雪庇の残る稜線を山頂へと進む↓

Img_8720_640x427

途中、観音寺川の桜並木を見下ろす↓

Img_8725_640x428

山頂到着!

Img_8728_640x427

Img_8729_640x427

磐梯山は、山頂でも樹木に隠れがち

Img_8735_640x427

猪苗代湖↓

Img_8730_640x427

猪苗代磐梯高原IC付近↓

Img_8747_640x427

雪庇の上から、安達太良連峰↓

Img_8738_640x427

天狗角力取山↓

Img_8737_640x426

山頂にて小休憩後、同じルートを戻る。

雪庇の先に額取山↓

Img_8736_640x426

道中で見掛けた花々をコラージュで↓

Img_8749_640x428c_640x451

GPSログ↓)

Gpslog_kawageta_640x427

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月20日 (金)

東堂山

日影山を下りた後、南東側に位置する東堂山へ。

中腹に建つ満福寺の観音堂や羅漢像等が有名なスポットで、標高は約669m

(四等三角点を持つ山だが、正式な登山ルートは設けられていないようだ

 

案内板↓

Img_8596_640x426

約10年ぶりの再訪にして、山頂を目指すのは初めて^^; 

周回ルートもあるが、今回は駐車場から観音堂経由で山頂をピストンする。

 

先ずは、駐車場から「東堂山のスギ」を見上げる↓

Img_8597_429x640

開山1,200年超の歴史を感じつつ、表参道を進む↓

Img_8602_640x427

仁王門↓

Img_8604_640x427

楼閣へと続く石段を上る↓

Img_8606_640x427

左から、楼閣、毘沙門堂、地蔵堂↓

Img_8613_640x427

観音堂↓

Img_8615_640x427

観音堂の正面を過ぎ、さらに奥へ↓

Img_8619_640x427

羅漢像奉納について↓

Img_8622_640x429

岩不動と460体を越える数の羅漢様。奥に岩不動↓

Img_8625_640x427

何とも不思議な光景…

それぞれに違う表情やアイテム等に見入ってしまう。

Img_8626_640x427

Img_8631_640x427_2

五百羅漢を過ぎ、杉林内を進む↓

Img_8634_640x426

Img_8635_640x427

山頂の北西側にある分岐から山頂方向へ↓

案内板などは設けられていないが、概ね見当は付くだろう。

Img_8637_640x427

道とは言い難い道を3分ほど進み、山頂へ↓

Img_8646_640x427

眺望は、辛うじて常盤鎌倉岳の姿が確認できる程度^^;

Img_8641_640x427

GPSログ↓

(東堂山)

Gpslog_toudou_640x431

(日影山&東堂山)

Gpslog_640x419

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月18日 (水)

日影山

小野町の北西部に位置する日影山へ。(4/16)

町内を見守るかの如くそびえる里山で、標高は879m

現在唯一の登山口?らしい山の東側から山頂を目指す。

 

運動公園内から日影山を望む↓(中央左は、日影山の後に向かった東堂山)

Img_8650_640x427

登山道入口↓

駐車場がないため、通行等の邪魔にならない位置に適宜止める必要がある。

Img_8562_640x427

牧場の敷地脇に続く作業道を兼ねた登山道を行く↓

Img_8563_640x427

登山道は全域に渡って広く、難所も皆無。

Img_8566_640x427

新緑が眩しい

Img_8570_640x426

ほぼ中間地点にある水場↓

写真では判りにくいが、パイプの奥に取水可能な量の水が流れていた。

Img_8572_640x426_2

水場近くで捻りを入れながら成長する桧

Img_8574_640x427

途中にある休憩ポイントから矢大臣山

Img_8576_640x427

山頂付近のなだらかな場所は、かつてヤマツツジが群生していたようだ↓

Img_8578_640x427

山頂到着!

Img_8580_640x425

キジムシロだろうか柱票のそばに咲く可憐な花

他には、僅かだがスミレや水仙などが見られた。

Img_8582_640x427

山頂からは、主に南東方向の眺望が開けている↓

Img_8587_640x427

小野町の中心部↓

右奥には、夏井千本桜の桜並木も確認できる。

Img_8589_640x426

登山道入口へと戻り、民間(ゼノアック)の研究農場を望む↓

Img_8595_640x426

GPSログ↓)

Gpslog_hikage_640x428_2

 

~ 東堂山編へと続く ~

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月16日 (月)

花やしき公園@福島市

福島市飯野町にある「花やしき公園」へ。(4/15)

地元町内会が整備する公園で、"第2の花見山"や"飯野の桃源郷"とも称されるそうだ。

生憎の強風下だったが、時折射し込む西日が満開のハナモモを鮮やかに彩っていた

 

駐車場から県道沿いの歩道を行く↓

Img_8420_640x426

右側の散策路へと入り、先ずは展望スペースへ↓

Img_8424_640x426

展望スペースから↓

Img_8462_640x427_2

県道を挟んだ向側の様子↓

Img_8436_640x427

直下にある休憩スペース周辺↓

Img_8439_640x427t

立ち位置を僅かに変えるだけで、頭上まで花々に囲まれる

Img_8455_640x427

奥の高台にある展望台へと進む。

途中、陽射しに輝くハナモモたち↓

Img_8478_640x426

スッキリとしていれば、遠くに吾妻連峰なども望めるようだ↓

Img_8483_640x427

奥にある展望台(火の見櫓?)から公園内を俯瞰する↓

Img_8499_640x427

中央奥に見えている山は、千貫森だろうか。

Img_8497_640x426

コクのある濃厚な色合いが印象的

Img_8510_640x427

Img_8522_640x427t

展望スペースを下り、側道へ。

Img_8536_640x426

花壇を彩るチューリップ

Img_8557_640x427

休憩所方向へと進む↓

Img_8539_640x427

休憩所前から↓

Img_8546_640x426

Img_8548_640x426

Img_8554_640x426t

Img_8559_640x427t

 

木々の成長と共に、年々見応えを増しているという。

新たな花の名所としてピックアップして欲しいスポットである

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月14日 (土)

護真寺&岩崎山史跡公園&長楽寺のサクラ

長沼城址&永泉寺を後にし、長沼地区内の桜スポットを幾つか巡る。

 

護真寺の桜

護真寺の境内にある枝垂桜は、県指定の天然記念物でもある

先ずは、3年前に訪れた際まだ蕾だったソメイヨシノの参道を行く↓

Img_8297_640x426

距離こそ短いが、桜のトンネルが美しい

Img_8322_640x427

Img_8300_640x427

桜のトンネルを抜けて、階段の先に護真寺の桜↓

こちらが主役^^;

Img_8302_640x427

護真寺の桜の全景↓樹齢は約450年とのこと。

逆光だが、その雰囲気は伝わるだろうか。

Img_8308_640x427

心なしか、前回訪れた時よりやや白っぽい印象を受ける。。

Img_8309_640x427t

<参考> 横田陣屋御殿桜

御真寺のすぐ西隣にある枝垂桜で、こちらも3年ぶり。

この地区で最も早く開花するだけあって、既に最盛期を過ぎていた^^;

(2015年4月の様子 → 横田陣屋御殿桜

Img_8325_640x426

因みに、女優の綾瀬はるか氏も訪れている

(NHK「綾瀬はるかの福島に恋して」)

 

*******************************************************************

 

【岩崎山史跡公園】

鎌倉時代からこの地区の霊地として沢山の供養塔が建てられており、城址(松山城址)でもある。

特に、写真中央奥の枝垂桜が美しいとのことだが、こちらも見頃は過ぎていた^^;

Img_8326_640x427

Img_8327_640x427

第2展望台にある岩崎山供養塔群の一部↓

写真の左奥にも供養塔が幾つもあるようだ。

Img_8335_640x427

第2展望台にある案内板↓

Img_8331_640x429

展望台からの風景は、とても長閑な印象。

Img_8336_640x426

こちらは、第3展望台脇にある石造七観音↓

展望台の視点からはちょっと微妙…^^;

Img_8344_640x426

岩崎山の山頂部(松山城址)↓

(第1展望台)

Img_8330_640x427

 

*******************************************************************

 

【長楽寺の枝垂桜】

何故かあまりPRされていないが、スタンプラリーのチェックポイントでもあるようだ。

市指定文化財の長楽寺山門↓

右奥が枝垂桜

Img_8352_640x426

心あるが故のこと…

Img_8361_640x426

山門を抜けて、枝垂桜↓

Img_8353_640x427

Img_8355_640x427_2

正面に長楽寺↓

Img_8354_640x427

 

花散らしの雨の週末、長沼地区の桜スポットは例年より早い見頃を終えそうである。

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月12日 (木)

長沼城址&永泉寺の桜

大玉村の馬場桜を後にし、お昼を挟んで須賀川市長沼地区へ。

地区内の桜スポットを幾つか巡ってみた。

 

長沼城址の桜

お城山とも呼ばれる長沼城址の南斜面は今、春色に染まっている

(志茂地区から長沼城址全景↓(写真中央の丘陵地))

Img_8287_640x427_2

長沼小学校裏にある駐車場から城址を巡る。

Img_8191_640x427

長沼地区の中心部を望む↓

右奥は、天栄村の妙見山。

Img_8203_640x427

城址らしい、広くなだらかな山頂部↓

Img_8213_640x427

遠望を遮るのもまた、主役たち

Img_8215_640x427

Img_8221_640x427

稲荷神社へと続く参道↓

鳥居前の大銀杏がシンボリック。

Img_8223_427x640

途中にある広場↓

Img_8225_640x427

 

****************************************************************

 

永泉寺のシダレザクラ

長沼城址から数百メートルの場所にある永泉寺へ。

境内に咲く推定樹齢300年のエドヒガンは、美しい樹形が特徴的

Img_8231_640x426

Img_8232_640x427

例年、この地区としては開花が比較的早いのも特徴らしい。

Img_8254_640x427

Img_8245_640x427

左奥は、県指定天然記念物のコウヨウザン↓

樹高は約30m。植栽種としては、国内屈指の大木とのこと。

Img_8257_640x426

コウヨウザンとシダレザクラを正面から↓

Img_8278_640x427

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月10日 (火)

倒伏後の初開花!馬場桜@大玉村

大玉村玉井地区にある国の天然記念物「馬場桜」へ。(4/8)

今年3月の暴風で倒伏してしまったが、幹の上半分を切断し、残りを立て直す処置が施されていた。

その被害から約1ヶ月。残っていた花弁が花を咲かせてくれた

Img_8124_640x427

源義家伝説に因むようだ。

Img_8125_640x426

かつての姿↓(案内板より)

残念ながら写真でしか見たことはないが^^;

Img_8125a_640x428

(左奥は大名倉山

Img_8139_640x426

地元保存会などのご尽力により、目下、懸命なリハビリに努めている。

Img_8131_640x427

1,000年以上前からこの地を見守ってきたエドヒガンの生命力に期待したい

Img_8134_640x427_2

Img_8126_640x427

Img_8136_640x427

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月 8日 (日)

妙関寺の乙姫桜

白河関跡を後にし、白河市金山町にある妙関寺へ。

境内にある乙姫桜は、伊達政宗公が将軍家に献上する苗木の内の一本を譲り受けたものと伝えられている

やや濃い目のピンクが特徴的な紅枝垂桜で、推定樹齢は約400年とのこと。

 

入口から見ると、門に垂れかかるように咲いている↓

Img_8048_640x427

境内へ↓

Img_8053_640x427

高さは約13m。

Img_8058_640x427

実は昨年も訪れていたのだが、残念ながら見頃を過ぎてしまっていた…

今年は、丁度いいタイミングとなったようだ

Img_8064_428x640

"乙姫桜"の名に相応しい色合いが美しい

Img_8093_640x426

Img_8055_640x427_2

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月 6日 (金)

白河関跡「かたくりの花」群生地

堂の下の岩観音を後にし、栃木県内を幾つか巡ってから福島へと戻る。

途中、3年ぶりに白河関跡の「かたくりの花」群生地を巡ってみた。

 

白河関の森公園駐車場から歩き始める。

(社務所前にも駐車場有)

Img_7941_640x427

芭蕉と曽良の像↓

右奥にある花の里周辺の花々は、これからのようだ。

Img_8039_640x427

Img_8038_640x426

白河神社を中心とした丘陵地全体が群生地となる。

普段着のまま、お散歩感覚で楽しめるのが嬉しい

Img_7944_640x427

Img_7946_640x426

群生地内の花々は、圧巻!

平坦な場所から傾斜地まで、様々な角度から俯き加減に咲く様子を楽しめる

Img_7975_640x427

Img_8002_640x427

かたくりがメインだが、ニリンソウが目立つポイントも見受けられる。

Img_8000_640x427

Img_7999_640x427

スプリングエフェメラルの王道と言っても過言ではないだろう

Img_7949t_640x426

関跡前の境内入口↓

(こちら側からの群生地巡りも可能)

Img_7994_640x426

周辺は、カラフルな花々に彩られている。

Img_8005_640x427

案内図↓

(群生地は、向かって左側の白河関跡全域)

Img_7996_640x426

 

因みに、この週末(例年4月第2土日)は「かたくり祭り」も企画されている。

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年4月 4日 (水)

堂の下の岩観音

栃木県那須町芦野にある「堂の下の岩観音」へ。

芦野石の露岩とその中腹に建つ観音堂は、目下、春の彩りが美しい

Img_7769_640x426

Img_7855_640x427_2

駐車場付近から仰ぎ見るだけの方も多いが、折角なので観音堂まで歩いてみる。

Img_7770_640x426

Img_7773_640x427

Img_7778_640x426

観音堂前から芦野岩の露岩部↓

Img_7782_640x428

Img_7784_640x427

観音堂↓

Img_7786_640x427_2

Img_7787_640x426

Img_7799_640x427

下り始めてから、振り返って露岩部↓

Img_7825_640x427

駐車場前より↓

条件によっては、より鮮明な鏡桜になる?かも。

Img_7838_640x426

四季折々の情景が楽しめそうな印象である

Img_7843_426x640_4

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック