フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 新緑の仁田沼 | トップページ | 大正ロマンの館「Tea tree cafe」@矢吹町 »

2018年5月 6日 (日)

男沼・女沼の新緑

仁田沼を後にし、散策路を男沼へ。

分岐から0.8km。コースマップ上で約25分の道のりを行く。

Img_9378_640x427

新緑の散策路は、歩く者を決して飽きさせない。

夏季の深緑も美しいが、春限定の萌黄色を好む向きも多いだろう

Img_9392_640x426

男沼到着

Img_9401_640x426

正面に栂森を望む↓

Img_9402_640x426

反時計回りにのんびりと巡る。

Img_9404_640x427

分岐から程近い場所にある水場↓

Img_9406_640x427
女沼と並んで千数百年前の山津波で誕生したとされる男沼。

水深は約10m。ワカサギやハヤ等の淡水魚が豊富らしい。

Img_9416_640x427

道中に咲く花々は、仁田沼のそれとほぼ同じ。

(名残咲きのカタクリや、咲き始めのヤマツツジは多い)

Img_9396_640x426
Img_9400_640x425
Img_9433_640x427
Img_9436_640x427

Img_9454_640x427t
Img_9460_640x425

南東側では、木道が一部崩壊していた注意喚起はまだされていないようだ。

森林セラピーも謳うだけに、せめてこの辺はきちんと整備しておきたい。

Img_9453_640x427
途中、右手側にある「あけぼの湿原」↓

こちらも遊歩道が荒れており、残念ながら散策といった雰囲気ではない

Img_9473_640x427

仁田沼との分岐から駐車場へと戻る。

途中、水芭蕉のある湿地を幾つか見ることが出来る。

Img_9477_640x426 

************************************************************************

仁田沼の駐車場から車で数分の女沼へ。

こちらは直近まで車を利用できる。

仁田沼から女沼西岸へと下る散策路もあるようだ。

Img_9484_640x426
時間的都合もあり、つつじ山公園のビューポイントのみとした。

Img_9482_640x427

群生するヤマツツジの見頃は、5月中~下旬頃とのこと。

Img_9491_640x427
遅咲きの八重桜やアカヤシオの一部は花を咲かせていた。

Img_9487_640x426
第一休憩所から女沼と高山方向↓

Img_9495_640x426
上部側のベンチから↓

Img_9499_640x426
女沼のほぼ全景を見ることができる。

秋や冬も良さ気な印象だ。

Img_9501_640x427

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 新緑の仁田沼 | トップページ | 大正ロマンの館「Tea tree cafe」@矢吹町 »

お出掛け(福島県)」カテゴリの記事

花紀行」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、こんばんは!

浄土平と違って人影も疎らだったので、
小鳥のさえずりをBGMにのんびりと散策できました
男沼は釣りも楽しめるようですが、この日は釣り人らしき人は
一人もいませんでした
(時期的な要素もあるのかな?)

マインさん、こんばんは!

どちらかと言えば仁田沼が有名ですが、そのすぐ近くに
隠れた名所として?存在しています^^;
一切経山へは早い時間帯に入ったので、その余裕を
緑のグラデーション巡りに費やしました

(* ̄ー ̄*)シィー!
山奥の静けさが伝わってくる写真だねぇ!
寒そうな感じ
でも 緑の季節は進んでいますね。
釣りは海釣りしかしたことがないけど
釣り堀みたいに釣れそうな

男沼、女沼初めて知りました。
季節が変わり、緑のグラデーションが綺麗になりましたね~!
一切経山だけでなく、
その後の散策へと一日楽しんでられますね

FUJIKAZEさん、こんばんは!

ちょっとしたトレッキング感覚で散策路を楽しめます。
その気になれば、ロングルートを取ることも可能です^^;

淡水ダイビングは、海水とはまた違った流儀?があるのでしょうか。
水深は10mほどらしいので、慣れている方には楽勝かもしれません。
記事では省略しましたが、男沼には「赤目鱈王」という伝説の
淡水魚が棲んでいるそうで、是非、カメラに捉えて頂きたいものです
こちらは、釣りも可とのことです。

こんばんは!
トレッキングには最高な場所ですね。
男沼、淡水魚が豊富なようですね。
淡水ダイビングやれば楽しそうです。
やっぱり、潜るには何か許可が必要なんでしょうね。
釣りは可なんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男沼・女沼の新緑:

« 新緑の仁田沼 | トップページ | 大正ロマンの館「Tea tree cafe」@矢吹町 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック