フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 第80回「やぶき軽トラ市」@矢吹町 | トップページ | 蔵王山(熊野岳&刈田岳) »

2018年6月19日 (火)

花の稜線「南蔵王」

宮城県刈田郡にある蔵王連峰へ。(6/18)

刈田峠から不忘山まで続く南蔵王の主稜線は、花の百名山にも数えられている。

20数年ぶりとなる今回、梅雨の合間の穏やかな一日に恵まれた

 

蔵王エコーライン沿いにある登山道入口↓

Img_1366_640x427

多くは背丈を越える樹木に覆われるが、視界の開けた場所はとても爽快♪

Img_1367_640x427

最初のピーク「前山」へ↓

Img_1392_640x427

振り返って、刈田岳&熊野岳↓

中央奥には、月山が見え始めている。

Img_1393_640x427

山形県側の眺望↓

Img_1394_640x427

安達太良&吾妻連峰↓

Img_1399_640x427

朝日連峰↓

Img_1395_640x427

飯豊連峰↓

Img_1400_640x427

主に西側の景色を望みながら、杉ヶ峰へと進んで行く↓

Img_1402_640x427

杉ヶ峰手前から、北東側の眺望↓

Img_1403_640x425

杉ヶ峰の頂へ↓

Img_1426_640x427

杉ヶ峰から蔵王連峰最高峰の熊野岳を望む↓

Img_1428_640x427

エコーラインの先に月山↓

Img_1433_640x427

芝草平と呼ばれる湿原へ↓

Img_1493_640x427

目下、チングルマの大群落が広がっている↓

(バックは、南屏風岳)

Img_1451_640x427
Img_1454_640x427

チングルマに囲まれながら、先へと進む↓

Img_1484_640x427

ミネザクラ

Img_1465_640x427

芝草平の南側にある登山道から西へ延びる木道↓

Img_1495_640x427

芝草平南部のチングルマは花を終え、果穂へと移行しつつある↓

Img_1502_640x426

後烏帽子岳方向との分岐を過ぎ、左前方に馬ノ神岳↓

Img_1513_640x427

南蔵王の稜線上で最も高いピークとなる屏風岳へ↓

Img_1525_640x444

屏風岳から北東側に広がる大雲海↓

Img_1427_640x428

南屏風岳へ向けては、主に稜線の東側の眺望が開けてくる↓

Img_1536_640x426

南屏風岳と、左奥に不忘山↓

Img_1544_640x427

南屏風岳↓

(振り返って、熊野岳)

Img_1595_640x427

ここから視界の開けた稜線歩きとなる。左奥に不忘山。右は1,732ピーク↓

ここから先、足元にはハクサンイチゲが目立ってくる。

P6180006_640x427

雲海の先に福島県↓

(安達太良&吾妻連峰)

Img_1613_640x427

不忘山到着!

P6180040_640x427

歩いて来た方向を振り返る↓

P6180041_640x427

安達太良&吾妻連峰方向↓

P6180045_640x427

仙台市街地方向↓

残る雲海を望みながら、同じルートで登山口へ。

P6180046_640x427

道中で見掛けた花々↓

Img_1416_c_640x512
Img_1541c_640x512
P6180083c_640x512

GPSログ↓)

Gpslog_640x420

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 第80回「やぶき軽トラ市」@矢吹町 | トップページ | 蔵王山(熊野岳&刈田岳) »

山歩き(県外)」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

雲海の上に青空とはいきませんでしたが、
その豊富な湿気からか、昼を過ぎてもなお残る雲海は
稜線沿いの景色と相まって、とても美しい光景でした♪

あ、スミマセン^^;
登山客は沢山おりました。駐車場もほぼ満車です。
個人的な好みもあって、出来るだけ人がフレームアウトした
写真をアップするようにしています。
スケール感や臨場感には欠けまちゃいますね

こんばんは!
この山も素敵ですねぇ・・・。
眼下に広がる大雲海を私も見てみたいものです。
18日に登られたようですが、他の登山客は写ってませんね。
もう登山シーズンに突入した様に思いますが、登山者はまだ少ないのですか?

ひらっちさん

往復に要する時間で変わりますね…
でも、茨城からなら何とか狙える範囲?ではないでしょうか
確かに蔵王は、スキーのイメージが強いですよね。
ボクも最初はスキーでした^^;

こんなに盛りだくさんで日帰りコースですか?いいですねえ。茨城は低山しかないのでうらやましいですね~。スキーでは蔵王はよく行ってましたが、夏の蔵王もいいですね~。

マインさん、こんばんは!

同じ蔵王でも、熊野岳とは全く雰囲気が異なりますが、
やはり、快適な稜線歩きは山の大きな魅力の一つですよね!
これからは、ウスユキソウも見られるようですよ
アクセスも悪くないですし、是非ご検討されてみてください

ひらっちさん、こんばんは!

いい所を歩いてきました~♪
好展望の山歩きは、ストレス発散に最適ですね
今回のルートは、コースタイム上で約7時間前後となります。
(慣れていれば、5時間半位で行けるかと思います)
他の1座と含め、日帰りで十分に楽しめました。

南蔵王いいですね~!
熊野岳は行ったことありますが、
ウハウハ,ニヤニヤしそうな稜線歩き、
堪らないですね
花が咲いてるこの時期がよさそう
お楽しみ様でした~

いやいやこれまたいい所を歩いてますね~ヽ(´▽`)/ こんな所を歩いたらストレスなんて吹っ飛んでしまうでしょうねー。ちなみにこれは何日くらいの行程ですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の稜線「南蔵王」:

« 第80回「やぶき軽トラ市」@矢吹町 | トップページ | 蔵王山(熊野岳&刈田岳) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック