フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 大志集落 俯瞰@尻吹峠(2018年6月) | トップページ | 大池公園の大賀ハス@矢吹町 »

2018年7月 9日 (月)

石都々古和気神社のアジサイ

石川町下泉にある石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)へ。(7/6)

古くから山岳信仰の聖地とされ、境内のある八幡山は、かつての城跡でもある。

数少ない祭祀遺跡の一つとして、考古学的にも貴重な存在らしい。

 

今回は、花の名所としての"八幡山あじさい"が一番の目的。

小雨降る中、見頃の紫陽花に囲まれながら参道を散策してみた。

Img_2636_640x425

案内板↓

現在は、隣の旧役場跡地が無料駐車場となっている。

Img_2637_640x425

町指定の文化財でもある2対の飛翔狛犬↓

(向かって左が雌獅子で、右が雄獅子)

Img_2640_640x426

雌獅子には、3匹の子獅子が寄り添っている↓

Img_2638_640x427

雄獅子↓

Img_2639_640x427

かつては名物でもあった急な階段をのぼる↓

現在は、多くの人に優しい参道へと改修された

Img_2643_640x427

敷地内で見られる紫陽花は、主に青系が主体となるようだ。

Img_2645_640x428
Img_2646_640x426
Img_2647_640x427
Img_2648_640x428

参道と紫陽花のコラボは、雨もまたよく似合う。

Img_2652_640x426
Img_2654_640x426

途中の「木の根径」は、古くからある参道をうまく残している。

Img_2658_640x426

登山道で見られるような木の根とはまた違って、比較的歩き易い^^;

Img_2657_640x426

「木の根径」から先が一番のハイライトだろう

モミジなども多く、紅葉スポットでもあるようだ。

Img_2664_640x426
Img_2670_640x427
Img_2679_640x427

足元には、"差し色"の花も↓

Img_2681_640x427

石門の手前へ↓

Img_2683_640x426

石門↓

Img_2691_640x427

「勾玉岩」前を左に折れ、本社本殿へと最後の階段をのぼる。

(直進すると「あじさい小径」へと続く)

Img_2694_640x427

勾玉岩前から本社本殿↓

Img_2697_640x426
Img_2698_640x429

本社本殿↓

詳細は他に譲るが、特徴のある御朱印も人気とのこと。

Img_2706_640x426
Img_2713_640x427

額殿↓

Img_2699640x427

五重塔と高野槇↓

Img_2709_640x426

剣石と末社↓

Img_2704_640x427_2

城碑↓

Img_2715_640x427

あじさい小径の案内板↓

Img_2716_640x427

あじさい小径の南側を上部から↓

概ね、参道の紫陽花と同じようだ。

Img_2718_640x426

雨脚が強くなってきたため、止む無く境内を後にする。

Img_2734_640x426
Img_2735_640x427

来た道を戻る。

Img_2736_640x427

階段部分は特に注意して歩きたい。

Img_2740_640x426
Img_2742_640x426

鳥居前の階段を慎重に下りて駐車場へ↓

Img_2743_640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 大志集落 俯瞰@尻吹峠(2018年6月) | トップページ | 大池公園の大賀ハス@矢吹町 »

花紀行」カテゴリの記事

コメント

らるごさん、こんばんは!

雨の似合う紫陽花を、計らずも雨の日に楽しむことができました
交換レンズ持参で気合いを入れて向かったのですが、強くなる雨脚に
流されるように下りて来ちゃいました

あじさいスポットとしては、まだまだマイナーであることに加え、
この天気の影響もあってか人影は疎らでしたね…
鎌倉の明月院並みに賑わう時が来るかは微妙ですが、
(賑わったところで、階段が危いかも^^;)
逆に、落ち着いて楽しめる点を売りにできそうです

こんにちは

石都々古和気神社、紫陽花がすばらしいですね
小雨にしっとりしてよい日に行かれました!
紫陽花は雨が似合うような気がします
紫陽花小道、情緒があって素敵ですが階段の紫陽花が高低差があってまたよい雰囲気です♪
特に下から上を見上げた時の紫陽花がお見事
紫陽花もたくさんの種類があって楽しめそうo(*^▽^*)o
お天気のせいもあるのかもしれませんが、こんなにきれいなのに人がいないのが不思議。
これが鎌倉の明月院だったら雨だろうと行列です

マインさん、こんばんは!

確かに…舌を噛みそうになるかも
でも、拗音もないし、まだ付いていけそうです

花もさることながら、参道とのコントラストも綺麗でした
雨が似合うよなぁなんて思いいつつも、
本降りに負けて退散するあたり、まだまだ気合いが足りません><

Peeさん、こんばんは!

紫陽花はボクも好きです♪綺麗ですよね~
(小椋佳さんの歌は…勉強しておきます^^;)
いくつになっても程よいロマンチストでありたいですね
ボクもまだまだ夢追い人です!
精神年齢で言ったら、まだ成人してないかも

舌を噛みそうな名前の神社ですね

雨に打たれてるせいか、しっとりして緑も濃く感じます。
石段脇に咲く紫陽花、階段急そうだけど
見ごたえありますね~!!

紫陽花の花が好き♬
昔 小椋佳さんの歌で
6月の雨には 6月の花咲き
花の姿は変わるけれど
変わらぬ心を……♬

ロマンチストな気持ちをずっとと思って。
そしたらさ!
この歳になってもまだまだ夢追い人のまま!
精神年齢は二十歳?

kiriさん、こんばんは!

素晴らしいアジサイの名所でした♪
雨でしたが、雨だからこその紫陽花かもしれませんね
元々は山城だけに急傾斜地を越えますが…
階段数は数百とまではいかないので、大したことはない?のかな^^;
子連れの狛犬は確かに珍しいですね。
現代の技巧をもってしても再現が難しい石像彫刻との事です。

お見事!!
階段は何段あるのでしょう(@_@)
木の根径もあり、ヘタレな私は腰が引けそうですが、
この素晴らしい景色を見たら、疲れも吹き飛びますね。
子連れの狛犬も初めて拝見しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石都々古和気神社のアジサイ:

« 大志集落 俯瞰@尻吹峠(2018年6月) | トップページ | 大池公園の大賀ハス@矢吹町 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック