フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

晩秋の浅間山 【前編】

長野と群馬の県境に位置する浅間山へ。(10/28)

雄大な山容を持つ三重式の成層火山で、標高は2,568m。

秋晴れの下、車坂峠を起点に前回2015年5月と同じルートで巡る。

 

高峰高原ホテル前より、雲海の先に八ヶ岳連峰↓

Img_6657_640x427

甲武信ヶ岳から金峰山へと続く峰々の右手側に富士山↓

Img_6661_640x425

美ヶ原&中央アルプス↓

Img_6669_640x426_2

高峰山の上に浮かぶお月様を確認した後、のんびりと準備を始める。

Img_6665_640x427

登山口↓

Img_6673_640x427

往路は、表コースを選択↓

Img_6674_640x427

朝陽を浴びて輝く紅葉(黄葉)のカラマツ↓

Img_6676_640x427

日影は、まだまだ霜に覆われている↓

Img_6695_640x427

途中にある展望スポットから佐久平を俯瞰↓

Img_6686_640x426

起点の車坂峠を振り返る↓

バックは、高峰山から篭ノ登山へと続く稜線。

Img_6691_640x427

ふと覗いた岩陰にヒカリゴケを発見↓

(分かりにくい写真で恐縮だが^^;)

Img_6692_640x426

槍ヶ鞘手前にある避難壕↓

Img_6699_640x427

槍ヶ鞘より、正面に浅間山↓

左手に見えているトーミの頭へと進む。

Img_6703_640x426_2

トーミの頭と左奥に黒斑山↓

Img_6708_640x427

トーミの頭へ↓

Img_6715_640x427

浅間山と眼下に湯の平↓

ガスに覆われて全貌を望めなかった前回のリベンジ成功!

Img_6716_640x427_2

右手側に牙山と剣ヶ峰↓

浅間山との間に見えているのは、妙義山。

Img_6740_640x427

ガスの抜けた佐久平の先に八ヶ岳連峰↓

左奥には、まだ富士山の姿も確認できる。

Img_6728_640x427

裾野の紅葉はピークだろう↓

Img_6724_640x427

中アから北アに掛けての峰々をバックに槍ヶ鞘↓

Img_6729_640x427

黒斑山↓

Img_6734_640x427

鋸岳へと続く第一外輪山の稜線↓

Img_6719_640x427

黒斑山との分岐↓

ここから「草すべり」と呼ばれる急傾斜地を一気に下って行く

Img_6745_640x427
Img_6757_640x427_2

トーミの頭を見上げる↓

Img_6746_640x426

黄葉のピークが過ぎたとは言え、ここに広がる景色はとても素晴らしい

Img_6755_640x426
Img_6766_640x427

巨大な溶岩塊と浅間山↓

Img_6771_640x427

湯の平口へ↓

Img_6779_640x427

アザミ?だろうか。綿毛を付けた植物が沢山見られる↓

Img_6780_640x427

黒斑山を見上げる↓

Img_6789_640x426

火山館側との分岐↓

Img_6793_640x427

これから向かう賽の河原方向を望む↓

Img_6794_640x427

後編 】へと続く。

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月28日 (日)

"秋の桧原湖"東岸の一コマ

雄国山を後にし、錦秋の桧原湖へ。

短時間ではあったが、東岸の一角から穏やかな湖面を眺めてみた

 

磐梯山↓

Img_6641_640x426
Img_6648_640x426

(以下、空撮編

Dji_0232_640x426

小野川湖や秋元湖の姿も確認できる↓

Dji_0233_640x427

甚九郎山の西側に続く裾野↓

Dji_0234_640x427

桧原湖北岸方向↓

Dji_0235_640x427

西岸↓

Dji_0236_640x427

細野地区方向↓

Dji_0237_640x427

磐梯山方向を望みながら、右下に見えている小島へと近づいてみる。

(名称不明^^;)

Dji_0242_640x427

美しく紅葉している

Dji_0243_640x427
Dji_0245_640x427

動画編 (1分21秒 ・ BGM有)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月26日 (金)

秋深まる雄国山&雄国沼2018

北塩原村大塩地区に位置する雄国山へ。(10/22)

秋晴れの下、深秋の雄国山と雄国沼周辺を散策する。

 

今回の起点は、雄子沢登山口↓

Img_6280_640x427

登山口付近は、まだ色付き始めといった様相↓

Img_6294_640x427

なだらかに高度を上げ、美しいブナ林を進む↓

Img_6306_640x427

雄国沼との分岐を右へ↓

Img_6318_640x427

灌木帯の中、雄国山頂を見上げる↓

Img_6321_640x427

雄国山の頂↓

Img_6323_640x427

雄国沼と、これから向かう1,236m峰(1,236mピーク)

Img_6348_640x426

湿原の草紅葉は、ピークを越えた辺りだろう^^;

Img_6338_640x427

大雲海に覆われる会津盆地と右奥に飯豊連峰↓

Img_6350_640x447

飯豊山頂の一部は、薄っすらと白んでいるようだ。

Img_6325_640x427

磐梯山方向↓

Img_6330_640x427

桧原湖の先に西吾妻山&西大巓↓

Img_6334_640x427

雄国沼を空から↓

Dji_0207_640x426

湿原と会津盆地を覆う雲海↓

Dji_0217_640x427

磐梯山↓

左奥に安達太良連峰。右手前は猫魔ヶ岳。

Dji_0229_640x427

雄国山頂から続く稜線の先に桧原湖↓

Dji_0205_640x427

1,236P上空から雄国山頂↓

Dji_0226_640x427

一旦下って、途中から1,236Pの頂へ↓

バックは雄国山。

Img_6366_640x427

雄国沼の全景↓

Img_6374_640x426

徐々に消えゆく雲海↓

Img_6406_640x426
Img_6409_640x427

上空より、雄国山と1,236P↓

Dji_0219_640x427_3

雄国休憩舎前を過ぎ、金沢峠へと進む↓

Img_6420_640x426

左手側に雄国沼↓

Img_6431_640x427

金沢峠↓

Img_6436_640x426

すっかりガスの抜けた会津盆地↓

Img_6484_640x427

展望スペースから雄国沼↓

Img_6494_640x428

湿原へと下り、木道を一周する↓

Img_6498_640x426
Img_6529_640x427

Img_6525_640x427_2

雄国沼を後にし、再び紅葉最盛期のブナ林を下って登山口へ↓

Img_6620_640x427
Img_6626_640x427

GPSログ↓)

Z_gpslog_640x414

動画編 (3分9秒 ・ BGM有)

【参考】 冬の雄国山(2017年2月) 夏の雄国山(2018年6月) 

  

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月24日 (水)

秋天の猿楽台地

日暮滝を後にし、猿楽台地のそば畑へ。

昨年より早めの訪問となる今回、終盤を向かえた収穫作業のタイミングと重なった。

ホワイトに染まる開花期とはまた違う秋の風情が美しい

Img_6259_640x427

バックは三倉山↓

Img_6264_640x427

新そばに舌鼓を打ちつつ、季節の移ろいを感じたい。

Img_6269_640x427
Img_6262_640x427t_2

空から望む猿楽台地↓

Dji_0163_640x427
Dji_0172_640x427
Dji_0177_640x428

動画編 (約43秒 ・ 音声無し)

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月22日 (月)

秋の"日暮滝"@下郷町

観音沼を後にし、山側へ3kmほど進んだ先にある日暮滝へ。

昨冬以来の再訪となる今回、滝の直近まで向かう。

 

駐車場の奥にある観瀑スペースへ↓

Img_6172_640x427

(駐車場から徒歩で1~2分)

Img_6192_640x426_2

日暮滝は、約40mと16mの二つの滝から成る段瀑。

観瀑スペースからは若干遠く、見えているのは上段の滝となる。

Img_6174_640x427

落葉期であれば、下段側の一部も見えるようだ^^;

陽射しの関係で分かりにくいが、木々の色付きも深まりつつある

Img_6175_640x426

かつてのお殿様は、日暮れまで見惚れていたようだ

Img_6176_428x640

観瀑スペースから滝直下へと下りて行く↓

(雨天等でなければ、普通の靴でもOK)

Img_6194_640x427

下段の滝前より↓

Img_6230_640x427
Img_6202_640x427

【参考】 2018年2月の日暮滝

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月20日 (土)

色づく秋の観音沼森林公園

下郷町南倉沢にある観音沼森林公園へ。(10/18)

間もなく紅葉の見頃を迎えようとしている園内の様子を探る。

 

西岸より、観音山を望む↓

1img_6159_640x428

見頃のピークはこれから

(最盛期の様子 → 2017年秋

1img_6162_640x427

畔の雑木林に差し込む朝日が心地良い

1img_6168_640x428

今回は趣向を変え、上空からドローンにて

沼の全景↓

Dji_0159_640x428

特徴的な浮島や水草、周辺の色付き具合などが分かり易い。

Dji_0157_640x427
Dji_0152_640x427
Dji_0153_640x427
Dji_0156_640x426

観音山と右奥に旭岳↓

Dji_0144_640x428

鍋山方向↓

Dji_0145_640x427

下郷町中心部方向と右奥に小野岳↓

Dji_0148_640x427

中央に斎藤山↓

Dji_0158_640x427

土倉山と中央に三倉山↓

Dji_0149_640x427

動画編 (2分50秒 ・ BGM有)

 

【参考】 2017年秋の観音沼森林公園

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月18日 (木)

乙字ヶ滝

先日、須賀川市と玉川村の境界に位置する「乙字ヶ滝」へ。

新奥の細道に因む名瀑の一つで、日本の滝百選にも数えられている。

なお、源流域の渓流瀑を除けば、阿武隈川唯一の滝とのこと。

 

先ずは、遊歩道などが設けられている右岸側(玉川村)へ。

Img_6084_640x427

滝見不動尊堂↓

向かって右側が乙字ヶ滝となる。

Img_6094_640x426

不動尊堂脇から乙字ヶ滝↓

落差は約6m。幅は水量によって変化するが、最大で約100mの川幅全体に渡る。

小ナイアガラの滝とも称されるようだ

Img_6118_640x427

数年前の来訪時は、降雨の影響で水量は多いものの濁流と化していた…

この日の水量は、おそらく標準的なものと思われる。

Img_6122_640x426
Img_6126_640x426

芭蕉&曽良の像と句碑↓

Img_6113_640x427

芭蕉のみち↓

Img_6139_640x427

下流側から乙字橋をバックに↓

Img_6137_640x427

乙字橋の上から望む↓

左岸側(須賀川市)には、江戸時代に造られたという運河跡が続いている。

Img_6141_640x427

左岸側へと移動し、滝見不動尊堂と乙字ヶ滝↓

(遊歩道や観瀑スペースが設けられていないため、細い車道を辿る)

Img_6146_640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月16日 (火)

伊南川あゆまつり@南会津町

南会津町は古町農村公園で開かれた「伊南川あゆまつり」へ。(10/14)

伊南川で採れた天然の鮎をはじめ、手打ちそばや地場産品などが楽しめるイベントで、例年この時期に開催されている。

Pa140023_640x427

ほのぼのとした雰囲気が漂う祭りだが、中々の賑わいぶりだった

(関東圏ナンバーの車が以外と多いのは、効果的なPRの証だろうか)

Pa140002_640x427
Pa140005_640x426

"主役"は、このように炭火焼きされている↓

大きさによって、400円だったり500円だったりと値段も違っている。

Pa140020_640x427

頑張って、500円也

意外と小ぶり…^^;

Pa140015_640x427

やはり、手打ちそばも外せない^^;

(人気の様で、行列が出来ていた)

Pa140009_640x428

新蕎麦らしく、豊かな香りが楽しめる

敢えて狙ってか、つゆは濃い目だった。

Pa140010_640x427

隣のテントで売られていた温かいそばも美味しい♪

Pa140013_640x426

会場の直ぐ脇を流れる清流"伊南川"↓

Pa140028_640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月13日 (土)

紅葉の絨毯広がる安達太良山2018

紅葉が見頃を迎えている安達太良山へ。(10/9)

前日の西吾妻山同様、知人セレクトの山旅となる^^;

 

…この日は、ベテラン揃いながら目的地以外何も決めていないという体たらくぶり^^;

集合した後に起点を奥岳登山口とし、スタートはまさかの11時過ぎ。。

渋滞や混雑は避けられたものの、結果的に薬師岳経由の山頂ピストンと相成った…。

 

山頂方向を望む↓

Img_5862_640x427

一旦、あだたら渓谷自然遊歩道へ。

紅葉の見頃にはまだ早い渓谷内を速やかに進む。

※ロープウェイを使わず薬師岳方向を目指す場合は、遠回りとなる。

Img_5863_640x427

魚止滝↓

Img_5874_640x426

昇竜の滝↓

魚止滝同様、気合いの手持ち撮影^^;

Img_5878_640x427

ゲレンデ側ルートへと復帰し、動きの速いガスの中を希望を捨てずに?進んで行く

Img_5883_640x427

高度を上げるに従って、徐々に木々の色味が増してくる

Img_5886_640x427

五葉松平へ↓

時折日が差し、所々に青空も見え始める♪

Img_5890_640x427

馬ノ背方向↓

Img_5892_640x428

薬師岳へ(薬師岳パノラマパーク)

山頂駅から徒歩5分程の展望スポット故、多くの人で賑わっている

Img_5896_640x426

山頂方向を望む↓

ここから望む安達太良山麓は、国内でも屈指の紅葉スポット

Img_5941_640x427

(左から)安達太良山頂、矢筈森、鉄山、箕輪山と一大稜線が続く。

ガスの動きに翻弄されたものの、その魅力が少しでも伝われば幸い

Img_5967_640x427

烏川上流部にかかる滝の姿も確認できる↓

なお、紅葉を存分に満喫する場合、薬師岳から稜線経由で勢至平&くろがね小屋方向へ周回(若しくはその逆)するのがベストであろう

Img_5957_640x427

智恵子抄で謳われた「ほんとの空」の碑↓

Img_5908_640x426

ランチタイムは、特製豆から挽いたスペシャルなコーヒーを頂く

(ここでさらに時間ロス^^;)

Img_5976_640x428t

仙女平の分岐付近から山頂を望む↓

Img_5978_640x427

さらに進んで、五葉松平と右奥に薬師岳を俯瞰する↓

Img_5984_640x426

樹林帯を抜け、荒涼としてくると山頂は目前。

右手側に鉄山方向↓

Img_5989_640x427

山頂直下から和尚山↓

Img_6007_640x427

山頂部↓

今年設置されたというアルミ製の梯子(向かって左奥)を使ってみる。

(時間的短縮とはならないようだが、より安全で混雑時等は有効だろう)

Img_6000_640x426

安達太良山頂到着!

Img_6020_640x427

船明神山の先に磐梯山↓

Img_6021_640x427
Img_6023_640x427

船明神山から南に続く裾野↓

Img_6024_640x426

沼ノ平方向↓

遠くに、西大巓や西吾妻山も確認できる。

Img_6025_640x427

峰ノ辻&バックに僧伍台↓

Img_6034_640x428

帰りは、あだたら渓谷自然遊歩道を経由せず直帰する。

あだたら山ロープウェイ山麓駅前から薬師岳を望む↓

Img_6040_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x429_2

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月10日 (水)

秋の西吾妻山2018

吾妻連峰の最高峰「西吾妻山」へ。(10/08)

福島と山形の県境に位置し、なだらかな山容を特徴とする日本百名山の一つ。

無雪期としては6年ぶりとなる今回、初めて秋の様子を探る

 

グランデコリゾートの駐車場から西吾妻山を見上げる↓

(右のピークが西吾妻山。左は西大巓)

Img_5735_640x427

パノラマゴンドラから↓

カラマツの黄葉はこれからといったところ。

Img_5737_640x427

ゴンドラ山頂駅(ブナブナ)を降り立ち、向かって右手側にある登山道入口へ↓

Img_5739_640x427

登山道入口へ↓

ヤマハハコ咲き誇るゲレンデ内をトップまで進んで行く。

Img_5743_640x426

途中振り返って磐梯山↓

Img_5744_640x427

ブナなどを中心に見頃を迎えている紅葉を愛でる

Img_5751_640x427

ゲレンデ歩きを終え、樹林帯へ↓

Img_5752_640x427

視界が開けた後、磐梯山&猫魔ヶ岳方向を望む↓

小さく、雄国沼の姿も確認できる。

Img_5757_640x426

安達太良連峰↓

Img_5761_640x427

西大巓の頂へ↓

Img_5762_640x427

西大巓から磐梯山方向↓

手前には、裏磐梯三湖(桧原湖・小野川湖・秋元湖)

Img_5766_640x427

秋元湖&白布山の先に猪苗代湖↓

Img_5768_640x426

西大巓からの眺望を堪能した後、西吾妻山へと進んで行く↓

Img_5785_640x427

草紅葉が美しい

Img_5787_640x426
Img_5792_640x427

池塘の先に西大巓↓

Img_5800_640x427

西吾妻山の山頂方向へ↓

Img_5804_640x427

西吾妻山山頂到着!

例によって眺望は得られない^^;

Img_5806_640x426

天狗岩方面へと足を延ばす↓

Img_5811_640x427

西吾妻山(左奥)を振り返る↓

Img_5812_640x427_640x427

吾妻神社に手を合わせた後、オオシラビソの森を戻る↓

Img_5815_640x427

西吾妻小屋↓

Img_5827_640x426
磐梯山を望みながらゲレンデを下る↓

Img_5842_640x426

ゴンドラを下り、再び駐車場から見上げてみる↓

Img_5861_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x428

【参考】 冬の西吾妻山

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月 7日 (日)

会津山塩 「奥裏磐梯らぁめんや」

白霧の滝を後にし、桧原湖畔に位置する「奥裏磐梯らぁめんや」へ。

会津三大ラーメンの一つで、貴重な会津の山塩を使ったラーメンが人気のお店

 

かつてSio-Yaだった店舗は、変わることのない佇まいが嬉しい

Pa030004_640x427

玄関を開けて中に入ると、会津山塩の関連商品などが並べられている。

左側は、桧原地区の歴史館(入館料100円)

Pa030022_640x427
Pa030021_640x426

古民家的雰囲気が落ち着きを感じさせる↓

Pa030020_640x426
Pa030012_640x426
Pa030013_640x427

窓の外には、桧原湖↓

ガスに覆われているが、中央奥は磐梯山となる。

Pa030009_640x428_2

メニュー表↓

Pa030007_640x427

会津山塩ラーメン(普通盛り)

Pa030015_640x427

山塩のスープは、透き通るような淡い色合いが特徴的。

あっさりとまろやかながらコク深く、太ちぢれ麺との相性が素晴らしい

チャーシューは柔らかく、こちらもあっさりめだ。

Pa030016_640x427

****************************************************

〇奥裏磐梯 らぁめんや

〇北塩原村大字桧原字荢畑沢1034-19

〇0241-34-2200

〇AM10~15時(火曜日定休)

****************************************************

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月 5日 (金)

中秋の"白霧の滝"

北塩原村は大塩地区にある「白霧の滝」へ。(10/3)

先週末の雨による水量増を期待しての再訪で、無雪期は約3年ぶり。

 

いつものポイントから入り、苔生した沢を百数十メートル進む↓

Img_5651_640x427

安定の?苔生し具合が素晴らしい

Img_5658_640x427

右奥に白霧の滝が見えている↓

Img_5667_640x427

白霧の滝↓

絶対的水量こそ乏しいものの、柱状節理状の岩壁から一筋に流れ落ちる様は、不思議と優美な雰囲気が感じられる

Img_5674_640x427

右岸側から↓

Img_5682_640x427

苔生した樹木とシダを眺めながら、来た道を慎重に戻る。

Img_5700_640x427

 

【参考】 冬季の白霧の滝

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2018年10月 2日 (火)

さすいち@いわき市

いわき市小名浜にある海鮮レストラン「さすいち」へ。(9/30)

漁港に位置する鮮魚直営店ならではの新鮮な海の幸を堪能できる

東日本大震災で全壊の被害から復活を遂げたお店で、数年ぶりの再訪となる。

P9290021_640x427t

店舗は、朝7時から魚料理を楽しめるビュッフェ「小名浜総菜」と、鮮魚やお土産などを扱う「さすいち直売店」が併設する。

正面右奥のレストランへ↓

P9290020_640x426

パンフ↓

01_640x430

待合室に立て掛けられている箸袋の説明書き↓

P9290004_640x427

因みに、ボクの箸袋はキンメダイだった↓

P9290005_640x427

店内の様子↓奥は座敷席となる。

P9290019_640x427_2

メニュー表↓

P9290006_640x427

「イクラ丼」と「サーモン・いくら丼」、「海鮮茶わん蒸し」をオーダー↓(2名)

P9290007_640x426
P9290008_640x427
P9290009_640x427

イクラ丼(1,750円で小鉢、味噌汁、香の物、水菓子が付く)

課題だった?ご飯は、ふっくら&モチモチで、プリプリのイクラとの相性も素晴らしい

P9290011_640x427t

サーモン・いくら丼(1,820円で、他はイクラ丼と同内容)

脂ののったサーモンと新鮮なイクラの組み合わせは、王道ともいえよう

(イクラ丼同様、酢飯と普通の白米のいずれかを選べる)

P9290012_640x427t

海鮮茶わん蒸し↓

磯の香りが全体に染み渡る

P9290014_640x426

水菓子↓

葛餅にきな粉とオリジナルソースが程よく絡んでいる。

P9290017_640x426t

大きなショッピングモールなどが並ぶ激戦区にあって、老舗ならではの伝統を貫いて欲しいものである

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック