フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 滝沢川の甌穴群(2018秋) | トップページ | 三坂山&美坂高原 »

2018年11月10日 (土)

幽の沢渓谷の滝群

滝沢川の甌穴群を後にし、その上流側に位置する幽の沢渓谷へ。

アバランチシュート(雪食地形)と名瀑が織りなす光景が美しい奥会津の秘境

 

今回の目的は、もちろん奥部にある男滝&女滝

例年10月末に行われるという刈り払い後を狙っての再訪となる

Img_7347_640x426

滝沢川甌穴群の入口を道なりに進んだ先にある駐車場まで車で進む↓

貸し切りを想定していたため、先客様ありの状況に軽く驚く^^;

(しかも、東京や千葉、埼玉№の車が複数台)

Img_7344_640x426

美しい紅葉の中、幽の沢出合まで快適に進んで行く。

前回と違って、藪漕ぎとなる箇所は皆無であった

Img_7348_640x427
Img_7355_640x428
Img_7357_640x427

幽の沢出合を左に折れ、橋を渡る↓

橋を渡った先には、幽と呼ばれる山の神様が祀られた大岩がある。

Img_7370_640x426

幽を過ぎて左岸側を暫く進むと、コース一番の難所である岩場へと辿り着く↓

(写真の場所を過ぎ、さらに直ぐにもう一つの岩場が現れる)

Img_7382_640x427

途中、何か所か渡渉を繰り返す↓

恥ずかしながら、片足をドボン!…してしまった><

Img_7389_640x427

ようやく奥に目的の滝の一部が見えてきた↓

Img_7394_640x427

男滝&女滝の手前で、右岸側にある枯沢奥の観瀑スペースへと向かう↓

なお、枯沢に入って直ぐ右手側に斜めに進む。

(前回は、この枯沢を直登してしまっていた…^^;)

Img_7398_640x427_2

観瀑スペース↓

写真は上部側に当たり、この直下にも小さなスペースがある。

Img_7399_640x427

男滝&女滝↓

撮影条件的にはかなり厳しかったが、少しでもその魅力が伝われば幸いである

(昼頃の到着でこの日差し具合…この季節の好天時は、もう少し早い時間帯がベターだろう><)

Img_7405_640x426

向かって左下が女滝で、右奥が男滝となる↓

2週連続来訪という埼玉の方は、車中泊して翌日も早朝から入るという気合の入れようであった^^;

Img_7421_427x640

空撮編↓

※他の撮影者に配慮する必要性から、滝そのものは僅かしか撮れていない。

Dji_0296_640x428

中央下に女滝と、右に男滝↓

女滝の上流には、かなり大きめの滝(上部左端)も確認できる。

Dji_0282_640x427

女滝上流の峡谷をトリミング↓

Dji_0278_640x426_2

男滝の上流部に続く流れ↓

こちらにも複数の滝が確認できる。

Dji_0279b_429x640_2

男滝上流側の谷↓

Dji_0287_640x426

動画編 (32秒 ・ 音声無し)

※空撮静止画同様、映像は渓谷の一部のみ^^;

 

【参考】 2107年9月の幽の沢渓谷

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 滝沢川の甌穴群(2018秋) | トップページ | 三坂山&美坂高原 »

滝巡り」カテゴリの記事

コメント

ハルさん、こんばんは!

何とかうまい具合に綺麗なポイントに当たっています^^;
(でも、確かにイマイチな感はあります…)
ドローンは、コントローラーにスマホを装着して
リアルタイムで映像を確認できます。
ボクのモデルは比較的軽いのが特徴の一つですが、
撮影条件的な事情もあって、常時携帯出来ないのが残念です><

今年は紅葉の色付きが悪いと聞いてますが、billさんは相変わらず綺麗な紅葉を見つけ出していますね。
ドローンって、手元にモニターみたいなのがあるんでしょうか?
山には一眼レフさえ持って行かないヘタレの私には、一眼ばかりかドローンまで担いで登るbillさんの体力は想像が付きません。新風景ですね。(^^)v

FUJIKAZEさん、こんばんは!

奥会津には、まだまだ素晴らしい光景が残されています。
陽射しの計算を誤ってしまいましたが、それでも
錦秋の渓谷を満喫できました♪
マイナーな場所なので、誰もいない前提?でしたが、
ボクが居た時間帯に7~8人ほど入っていたようです。
絶対的には極少でも、まぁ上々だろうと思われます^^;

?さん、こんばんは!

ドローンは、一応お声掛けをさせて頂いてから
飛ばしてますが、やはり、カメラを構えている方の
構図に入らないよう気を使いました^^;
陽射しは、時に悩ましかったりもしますね。
(結局、秋晴れをうまく活用できず仕舞いの一日でした)
国内各地を回られているという埼玉の方をして、
ここは他にはない貴重な光景とのことです♪

こんばんは!
奥会津ですか。
素晴らしい紅葉、滝もあって最高ですねぇ・・・。
こんな自然林の紅葉の中をトレッキング・・・憧れます。
人も多そうですが、いかがだったのですか?

おはようございます。

滝沢川の甌穴群の次は期待通り幽の沢渓谷の滝群の登場ですね。
でも今回はドローンバーションがあるのでシュチュエーションが良く分かります。
とくに滝上流部分の雪食圏谷撮影はドローンならではですね。
晴天だと紅葉や青空は美しく撮れますが
シルキーな滝の撮影は難しいですよね。
私も今の時期の滝や渓谷の撮影は晴天を選ぶか曇天を選ぶか悩ましいです。
私も行ってみたいけど、奥会津遠いな・・・・
『2週連続来訪という埼玉の方は、車中泊して翌日も早朝から入るという気合の入れようであった^^;』
このくらい気合を入れないと最高の写真は撮れないんでしょうね。


アットマンさん、こんばんは♪

撮り鉄を中心に?モラルの欠如が叫ばれている昨今、
カメラ好きの端くれとしては、他者様と共存共栄の精神で
共に楽しむようにしています。
実際、複数の方々と友好かつ有意義な情報交換が出来ましたので、
この奥地に出向いた甲斐があったなぁと思います

「今晩は」
カメラにも、客観的視点が備わってきましたね。
これも、一種の飛び道具、ヤラレタ-、ジタバタ。
ハハハ、完全に制圧されました、無条件降伏します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幽の沢渓谷の滝群:

« 滝沢川の甌穴群(2018秋) | トップページ | 三坂山&美坂高原 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック