フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 建鉾山@白河市 | トップページ | 山寺「立石寺」の雪景色 »

2019年1月27日 (日)

二ツ小屋隧道の氷柱群@万世大路

福島市飯坂町にある二ツ小屋隧道へ。

福島と山形を結ぶ旧栗子峠(万世大路)に残る隧道の一つで、近代化産業遺産にも数えられている。

厳冬期は損傷個所から滴る水分が凍り、巨大な氷柱群が現れるスポットとしても有名。

 

東栗子トンネル手前から右手側のポンプ施設方向へ進む↓

(スノーシュー装着)

Img_0263_640x426

ポンプ施設を過ぎ、東栗子トンネル入口を望む↓

これまでは空きスペースへの駐車が容認されていたが、除雪車両の邪魔になることから、現在は駐車禁止とのこと

…そのため、福島側の約800m手前にある駐車スペースから歩くこととなった^^;

Img_0264_640x427

林間へと入って行く↓

生憎の天候のためトレースは所々消えがちだったが、木には目印もある。

因みに、写真にある車両はボランティアで付近を管理されている方のもので、決して乗り捨てられている訳ではないそうだ^^;

Img_0265_640x427

トレースのお蔭もあり、約30分で二ツ小屋隧道入口へ↓

万世大路(ばんせいたいろ)は明治14年に開通した旧道で、命名は明治天皇によるもの。

昭和12年の改修を経て昭和41年に国道13号線が完成するまでは、交通の要衝であった。

※県境の栗子隧道が崩落しているため、先に進んでも山形県側へ抜けることは出来ない。

Img_0268_640x427

隧道内を望む↓(総延長384m)

氷柱が見られるのは、30mほど進んだ先からとなる。

Img_0274_640x427

隧道入口から振り返る↓

Img_0276_640x427

隧道内に形成された氷柱の様子↓

(写真は明るめに写しているが、実際の内部はもっと暗い^^;)

Img_0277_640x427

約5mに達する氷柱群は、"氷の神殿"とも呼ばれている。

(奥に進むには、アイゼン等の滑り止めは必携)

Img_0289_640x427_2
Img_0290_640x427
Img_0316_640x427

(振り返って入口側)

Img_0302_640x424
Img_0307_640x427

派手な崩落個所も多く、足元だけでなく頭上にも細心の注意が必要

Img_0321_640x427
Img_0325_640x426

GPSログ↓)

Gpslog_640x420

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 建鉾山@白河市 | トップページ | 山寺「立石寺」の雪景色 »

山歩き(福島県)」カテゴリの記事

コメント

aoiさん、こんばんは!

廃道となったからこそ楽しめる光景ですが、
いつまで楽しめるかは未知数です。。
ここで大きな地震が来たらどうしよう…とか
思いつつ内部を散策していました^^;
因みに、山としては超初級です。

Peeさん、こんばんは!

先人たちが苦労の末に切り開いた道を、
こういったカタチで楽しまさせて頂けることには、
心より感謝せずには居れません

やはり、赤城大沼に殺到していますか…
まぁある意味、予想通りではありますが^^;
今後、立ち入り制限がされたりしないよう
マナーを守りたいところです。

色々な所に氷瀑出来ますね!
古いからポタポタと落ちた水滴が
凍るんですね。
下も、氷が盛り上がってキョロキョロ。
もし転んだり、何かの拍子で、
氷瀑が壊れたら閉じ込められそうですね(>_<)

ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
失われた築道かな?
でも そんな人間の構築物をも
自然の力はこんなに
美しくしてしまうんですねぇ
感動です・・・・!

billさんがUPしてくれたあの赤城沼に観光客が殺到して
猛吹雪の中 滑って転んでは怪我人続出ですってよ
インスタ映え狙っているならせめて 
滑らない靴や冬装備して行って欲しいものですね!

FUJIKAZEさん、こんばんは!

自然の大氷瀑とはまた異なりますが、見応えがありますね。
しかも、比較的短時間で楽しめます♪
メディアの影響もあり、冬山未経験者も少なくないようです。
安易な気持ちでは行程も含め危険なので、注意したいですね。
…長く楽しむためにも。

こんばんは!
これは凄いですね。
実に面白いです。
見てみたいなぁ・・・。
しかし、本当に気をつけないと、頭上から槍が降ってきますね。
でも、本当に見てみたいなぁ・・・。

?さん、こんばんは!

ここのところ、メディアでも賑やかですね^^;
昨年程の寒さではないので、今年の様子が気になっていましたが…
想定より小さいとはいえ、中々のインパクトがありました。
(決して自然そのものではないので、賛否両論ありそうですが)
先人の御労苦を偲ぶ機会としても悪くはないと思います。
今後のためにも…事故を起こさないよう律して楽しみたいものです。

アットマンさん、こんばんは!

このままの状態が続けば、いずれ崩壊に至ると思われます。
それが自然の摂理でもあり、長い年月を経て
元の(自然の)状態に近付いていくのでしょう。
取り敢えず…無事に帰って参りました^^;

こんばんは。
以前はTVや新聞でたびたび取り上げられていたので
情報としては知っていますが
けっこうインパクトがありますね。
トンネル入り口の明かりが見えるものの
実際はもっと暗いようなので相当不気味なんでしょうね。
トンネルとしての役目は終えているのに
立ち入り禁止にしていないのは行政としては粋な計らいですね。

「今晩は」
ウーン、氷の力は 凄いから やがて トンネルは・・・。
氷河でなくて地下水の浸透、氷の神殿、光とのコントラスト。
国道であれば補修の連続、ココは 予算の配分が・・・。
大丈夫ですか?氷は凶器に早変わりします、ブルブル。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二ツ小屋隧道の氷柱群@万世大路:

« 建鉾山@白河市 | トップページ | 山寺「立石寺」の雪景色 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック