フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 冬の桧原湖"東岸の一コマ" | トップページ | お食事処 かなざわ@須賀川市 »

2019年3月 3日 (日)

ブログ写真の盗用問題について考えてみる

ブロガーとして知っておかなければならないルールの一つに、著作権の問題がある。

当たり前の事ながら、ブロガーが撮影した写真(文章含む)の一つ一つには著作権があり、それらは全て当人に帰属する。

それ以外の方法で写真(画像)を掲載するには、ロイヤリティフリー若しくはクリエイティブ・コモンズのものを用いるか、引用のスタイルを取る必要がある。

 

殆どの方は理解していると解したいが、残念ながら守れない輩も中にはいるようだ…

というのも、ボクのブログにある写真が無断転載、つまりパクられている事実を昨年ぐらいから数件確認するに至ったのである。

ボクはプロのライターや写真家ではないため、見過ごすかどうかで迷ったが、しかし、どんなに拙い写真でも自分の足で現地に赴き、時には危険な状況下で撮影したもの…

それを、のほほんと盗用されるのは看過できないためアクションを起こしてみた。

 

先ず、無断転載に至るケースは、大きく二つのパターンに分かれていた。

一つは、「著作権についての知識が乏しく、罪の意識がない」ケース。

もう一つは、「明らかに著作権侵害の認識があって盗用している」ケース。

前者については解決に至ったものの、後者については、連絡を取ることすら難しかったりする。

 

そこでボク自身の名誉のため、かつ、誤解を解く必要があると認められる2事案について、不本意ながら取り上げさせて頂く。

*******************************************************************

 

<パワスポ>(http://pawasupo.net/

全国各地のパワースポットを紹介するサイトの様だが、この中の一部記事にボクの写真が無断でアップされていた。

無断転載が認められる記事(http://pawasupo.net/1568

赤い四角部分がボクのブログ(https://bill-bp.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-56cc.html)から盗用されている。

Pawasuponet_1568_2_640x462_2

"ユーザーが投稿した"とあるが、ボクはユーザーではないし、投稿した人物が誰なのかは全く知る由もない。

事実関係を確認しようにも、ユーザー登録しない限り一切問い合わせ出来ないシステムとなっており、そこにも当該サイトの性質が伺えよう。

Pwa2kaku_640x434

*********************************************************************

<会津の四季パート2>(http://siki623.blog.fc2.com/

会津地方の四季の風景等を中心に取り扱っているようだが、ここでもボクの写真が勝手に使われている。

 

無断転載が認められる記事(http://siki623.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

赤い四角がボクのブログ(https://bill-bp.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/2019_01-efc3.html)から盗用されているものだ。

Siki623blogfc2com_blogentry12html

"友人と新聞社の写真をお借りしました"とあるが、ボクは友人でも新聞社でもない。

そもそも、ブログ管理人を存じ上げてはいないのである。

Shikip2_640x432

因みに、本日時点のトップページには当分の間ブログを更新しない旨が記されているが、記事自体は閲覧できる状態にある。

車イス生活12年やら運転免許返上やらといった情に訴えかけるような文言が並んでいるが、写真の盗用は紛れもない事実であり、そこに一切の言い訳は通用しない。

こちらもコメントやメールでの問い合わせが出来ないため、事実関係の確認が難しい。

Shikip_640x430

*******************************************************************

以上、身近にも無断転載がある事実を知って頂くとともに、各自ご確認頂ければと思う。

(写真の確認については、Googleの画像検索が最も手っ取り早い)

画像はモニタ上に表示されればキャプチャできてしまうので、公開している以上、盗用を完全に防ぐのは難しい…

なお、現時点ではウォーターマークを入れるのが最善の策?とされるようだ。

*******************************************************************

 

関連する事項として「肖像権」の問題も取り沙汰されている。

写真に写る第三者の顔が個人を識別できる状態の場合、肖像権の侵害に当たるとされるものである。

ボクはモザイク処理を施してからアップしているが、そのままの方も少なくない…

そこに居たことが周知されては困ることもあろうし、ネット上に顔写真が公開されるのを良しとしない方が大多数であろう。

 

…対策をお願いしたい

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 冬の桧原湖"東岸の一コマ" | トップページ | お食事処 かなざわ@須賀川市 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

ウォーターマークは賛否ありますね。
端の方だとトリミングされる可能性が高いし、
そうなると、違う画像と主張され兼ねないという…
盗用するような惨めな方には、因果応報の
出来事が待っているでしょうから、素人としては
放置するのが一番楽かもしれませんね。

こんばんは!
私もウォーターマークっぽいものを入れていますが・・・。
左右どちらかの下角ですから、あまり意味はありません。
これを透かしにして写真の真ん中に入れると、写真が台無しですしね。
盗用は半分諦めています。
しかし、自分が撮ったものではない写真を使って嘘のブログを書いても、惨めなだけのような気がしますがねぇ・・・。

雪ん子さん、こんばんは!

ボクも初めて知った時は驚きました!
いい写真ならネット上に沢山あるのに、何で?みたいな^^;
全てを調べた訳ではないので他にあるかもしれませんが、
ここ辺で一旦、問題提起しておこうと思いました。

雪ん子さんの記事も素敵な写真に溢れていますので、
機会がございましたら検索してみるといいかもしれません。

おはようございます。

ビックリ!です。
bill さんの写真はステキな風景写真が多いし
けっこう大変なご苦労をして撮られたものも多いので
それを無断で盗用されてはたまりませんね。

kiriさん、こんばんは!

こんなことがあるんですよね~^^;
他人の写真をパクってまで目立ちたいのなら、
逆説的ではありますが、協力すべく記事にしました

肖像権の問題、スナップメインの場合はそれなりに
苦労も多かろうと思います…
>祭りだったら大丈夫と言っている講師も居る
これ、聞いた事あります^^;群衆の場合はOK?なんだとか?!
個人が特定できてしまうならNGでは?と思いますが、
色々と解釈はあるようですね…

こんばんは^^
有るんですね、こんなこと。
そう言えば、写真blogなどでは断り書きが書いてあるのを目にしますが、
被害に遭われたのかもしれませんね。
酷い話です。
肖像権の問題は、最近とみに厳しくなっているようで、
師事しているカメラマンの先生からも注意するように何度も言われています。
スナップは人も重要なので、声掛けが必須です。
ただ、若い方のみならず、そういう事に疎い高齢者の方も多いです。
祭りだったら大丈夫と言っている講師も居る事に驚かされます。
私も、十分気を付けなくてはいけないと肝に銘じました。

aoiさん、こんばんは!

あらら、お顔を世界中に公開されてしまったのですね…
それも、知人?だったのでしょうか。
色々と残念でした…
事前に確認すればいいだけなのに、それが出来ないとは、
人間性が何となく想像できますね。

ボクだって、本当ならこんな記事を書きたくはないのです。
ただ、問題提起をしておくことも必要と思い、已む無く
取り上げさせて頂いた次第です。

Peeさん、こんばんは!

困ったYouTuberさんも多いですね^^;
オッサン世代には全く理解できませんが、
今の若者(という表現はしたくありませんが)は
どこまでやったらアウトかどうかの判断ができないのでしょうか…
写真をパクるブロガー同様、残念な方々ですね。
パクってまで目立ちたいようなので、ここで紹介させて頂きました

?さん、こんばんは!

旅行会社の件は話題となりましたが、どうも減りませんね…
バレなければいいという問題ではないですし、
何より、そういうモラルのない残念な人間にはなりたくないものです。
ボクの記事に取り上げる程度では、たいして晒されているという
訳でもないでしょうけど、その重みを知って頂ければと。

大手サイトから写真利用の承諾依頼があるとは、また素晴らしいですね。
恐れ入りました…
ボクもより精進していきたいと思います。

ハルさん、こんばんは!

今回は容赦しないつもりで望みました。
黙って拝借よりも酷いケースについては、多くの方々に知って頂く必要があろうかと。
何があったのかは全く興味がありませんが、堂々と釈明できないのなら、
そのままネット上からお引き取りされるのがよろしいかと。

連絡が取れない場合は、サイトの運営側への連絡や画像削除要請等の方法も
考えられますが、当分の間、ここで取り上げさせて頂こうと思います。

やはり、あるんですね。
絶対、承諾なくしてやってはいけないことです。
ブログや他SNSもそうですが不特定多数の人が見ています。
わからない人が多過ぎますね。

前に、ブログに顔が出されてしまい、
ビックリしたことがありました。
カッカきて煮えくまくりました。
billさんの場合、それ以上ですね。
連絡出来る方だったので、勇気を出して言ったら、
逆切れされました。
自分の顔を出すのは自由ですが、同行者等の
顔写真は止めてほしいです。
集合写真などは、なるべく顔を隠すなり前の人の後ろに隠
れるようにしたり、変装できるならしたいです。
それ以来、その方とは一緒に写らないようにしています。

(*゚θ゚*)β"""ピヨピヨ
問題だよねぇ!
billさんの写真は味があるから
つい「いただきたい」って思っちゃうんでしょうか?
何かとインターネットの世界は問題が
噴出してるのに これも心無い炎上YouTuberと
似たり寄ったりですね。゚(゚´(00)`゚)゚。ぶひぃーん。

おはようございます。

うん、うん、あるある。
今は画像検索で自分が撮った写真をすぐ確認できバレるんだから
みな確信犯じゃないでしょうか?
私の場合は海外旅行でとある特定の地域の写真がよく無断利用されています。
海外のサイトもあれば日本人個人もいます。
以前大手旅行会社の支社がパンフ写真の無断利用が社会的問題になり
大手の会社が無断で利用することは格段に減っているとは思います。
『地球の歩き方』などはわざわざ私の連絡先を調べ
希望の写真を使わせてくれないかと相談がありました。
使用料は寸志(1点5000円)程度でしたが
私もプロじゃないので全国誌に写真が載るのは名誉なので
快く承諾したケースなど3回くらいあります。
ちゃんとハンドルネームのクレジットも入れてくれました。
無断利用者には怒りを禁じえませんが半ばあきらめています。
本来ならbillさんのように苦情を訴え、無断利用を根絶するのが正しい判断だと思います。
私的には連絡や承諾はともかく
載せたならリンク元をしっかり表示して欲しいと思います。

これは酷いですね。
他人の写真を無断で使用するだけでなく、さも許可を得て載せてますみたいな断り書き。

まだたいした記事の数も無いのに、もう中止にするあたり、何かあったんでしょうかね。
例えば他の写真も、他の方の写真を拝借していたとか。
似てる写真があるとか疑いのレベルじゃないですからね。これは。

最初写真左の女性がブログ主かと思っちゃいました。
そうじゃなくて、連絡は取れないご様子で。
こういう場合はどう対処されるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ写真の盗用問題について考えてみる:

« 冬の桧原湖"東岸の一コマ" | トップページ | お食事処 かなざわ@須賀川市 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック