フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

あじさい寺「高林寺」@二本松市

二本松市太田にある高林寺へ。(6/29)

境内には約30種・5,000株の紫陽花が植えられ、「あじさい寺」として親しまれている。

 

因みに、故石原裕次郎の七回忌法要においては、こちらの紫陽花が祭壇に使われたそうだ。

Img_4994-640x427

…しかし今年は、昨年から引き続く雨&雪不足のため生育状況が芳しくなく、本来の姿を望めないという…

Img_4995-640x427

Img_4998-640x427

Img_4999-640x427

来シーズン以降の持ち直しに期待したい。

Img_5020-640x427

Img_5000-640x426

Img_5008-640x427

園内より、向かい側の住宅付近の様子↓

多くの紫陽花が咲き誇っており、殆どの方はこちらにも足を運んでいる。

Img_5017-640x427

道路脇にある入口↓

Img_5034-640x426

入口脇にある掲示板↓

周辺道路にも約1万株の紫陽花が植えられており、こちらは色彩も豊富。

伝統ある東和ロードレース大会のコースは、紫陽花の見頃と丁度重なるようだ。

Img_5035-640x427

高林寺の向かい側に位置する民家の敷地へ↓

Img_5040-640x427

Img_5078-640x427

Img_5061-640x427

Img_5064-640x426

高林寺を望む↓

Img_5075-640x426

高林寺周辺では数少ない赤系の個体↓

Img_5081-640x426t

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年6月26日 (水)

初夏の沼沢湖'2019

金山町にある沼沢湖へ。

東北屈指の透明度を誇るカルデラ湖の初夏の様子を伺う。

(記事的に前後するが、先日の霧幻峡の後に訪れた際の様子となる^^;)

 

妖精美術館近くより、沼沢湖を挟んで中央奥に惣山↓

Img_4411-640x426

前山と惣山の位置関係↓

(以下、空撮編)

Dji_0569-640x427

徒歩や車で散策できるのは、主に沼の北西から南東側に掛けて。

ハイライトともいえる美しい湖岸と、中央奥に惣山↓

Dji_0597-640x427

ブルーエメラルド風の色合い✨

(この界隈は、紅葉期の美しさもまた格別♪)

Dji_0595-640x427

Dji_0576-640x427

中央左奥に高森山↓

Dji_0566-640x427

三坂山と沼の東岸↓

Dji_0582-640x427

バックの稜線は、新潟県境の峰々↓

Dji_0588-640x426

【動画編】 (1分40秒・BGM有

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

2019年6月22日 (土)

梅雨曇の安達太良山2019

くろがね小屋を後にし、安達太良山の頂を目指す。

2日目は、安達太良山から鉄山方向へと進み、沼ノ平を反時計回りに巡る。

 

小屋前より矢筈森方向を望む↓

Img_4776-640x427

くろがね小屋に別れ、山頂方向へと進む↓

Img_4777-640x427

濃霧により視程僅か数mの峰ノ辻を過ぎ、安達太良山頂直下へ↓

(やや改善するも、この状況につき山頂はパス)

Img_4788-640x426

馬ノ背を過ぎた辺りから次第に視界が開け始める。

鉄山の手前より、くろがね小屋(中央左寄りの四角い建物)を俯瞰↓

Img_4793-640x427

沼ノ平↓

Img_4807-640x426

鉄山の山頂直下より、これから向かう稜線↓

右奥には、鉄山避難小屋が見えている。

Img_4808-640x427

イワカガミの群生↓

今回のルート全域で見られたが、鉄山付近が最も素晴らしい♪

Img_4812-640x427

鉄山避難小屋↓

右奥のなだらかなピークは、箕輪山。

Img_4821-640x427

避難小屋内部の様子↓

Img_4824-640x427

避難小屋を進んだ先より、沼ノ平↓

結局この日は、反対側の稜線を完全に見ることは出来なかった^^;

Img_4829-640x426

沼ノ平の北側は、荒々しい岩壁が続く↓

Img_4833-640x427

山頂方向↓

Img_4852-640x427

沼ノ平の先に続く沼尻元湯方向↓

Img_4845-640x427

西側の先は、裏磐梯&秋元湖方向↓

Img_4849-640x427

胎内岩↓

中央に見える岩の合間を潜るように通り抜ける。

Img_4855-640x427

やや下った位置より、胎内岩を見上げる↓

Img_4860-640x427

途中で見掛けたホシガラス↓

Img_4880-640x425

高度を下げると、再び硫黄臭が漂ってくる。

Img_4896-640x427

沼ノ平に源を持つ硫黄川の上流部↓

Img_4905-640x427

沼尻元湯↓

ここから下流域にある温泉街へと源泉が引かれている。

Img_4907-640x426

硫黄川を渡るルートとの分岐↓(今回は直進)

かの有名な野天風呂は、この付近から下流域が適温となる♨(入るのは自己責任)

Img_4913-640x427

温泉の流れと共に進む↓

Img_4914-640x427

白糸の滝上部に当たる洞窟↓

Img_4919-640x432

硫黄川に掛かる白糸の滝↓

流れ落ちているのは主に温泉水となる♨

Img_4927-640x427

道中で見掛けた花々をコラージュで↓

(最も多く見られたのはアカモノ。樹林帯の先はミネズオウやイワカガミ等が主役となる)

Img_4687c-640x429

GPSログ↓)

Gpslog-640x403

 

【前記事】~ くろがね小屋編

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年6月20日 (木)

くろがね小屋@安達太良山

安達太良山麓の一角に建つくろがね小屋へ。

源泉かけ流しの温泉と特製カレーが有名な公共の山小屋。

東北唯一の通年営業を貫き、多くの登山者や温泉好きに愛されている。

 

今回は、安達太良山登山と併せ一泊二日の日程で巡る。

沼尻登山口を出発↓(船明神山~牛ノ背~峰ノ辻~くろがね小屋)

Img_4686-640x427

いきなりだが、くろがね小屋到着~^^;↓

終始ガスに覆われ眺望なし…。船明神山から先の稜線では、立つことさえ困難なほどの暴風に見舞われた><

Img_4689-640x427

入口へ↓

Img_4694-640x427

くろがね小屋のシンボルでもある「黒鐘」↓

世界の山小屋における鐘の歴史や、同様の鐘の存在等々、小屋番さんから伺ってみて頂きたい。

L_44383719524158-640x432

内部の様子↓

築50年超の古い建物だが、レトロな雰囲気がまた味わい深い。

なお、来年度以降の建て替えが予定されているため、現在の小屋に宿泊出来るのは来年3月末までとなる。

Img_4756-640x427

発電機が回る時間帯は、スマホ等の充電も可能↓

Img_4723-640x427

肌寒かったこの日は、到着時点で暖房が入れられていた。

そのお陰もあり、梅雨時期にも拘らずジメジメとした感覚はない。

Img_4760-640x427

Img_4765-640x427

2階より↓

Img_4751-640x427

Img_4749-640x427

宿泊スペースの一部↓

靴は、壁側の床下に収納する作りとなっている。

Img_4747-640x427

小屋一番の魅力でもある「くろがね温泉」(男風呂)

岳温泉の源泉に最も近く、濃厚な温泉成分を存分に堪能できる♨

国内屈指の"美肌の湯"でもあるそうだ。

Img_4697-640x427

湯上りに外へ出て矢筈森方向を望む↓

視界は若干持ち直していた。

Img_4734-640x427

夕食は、秘伝のレシピによる特製「くろがね小屋カレー」↓(福神漬け&らっきょう漬け有り)

これまたファンの多い逸品で、小屋番さんが丹精込めて仕込んでいる。

お代わり自由というのも嬉しいところだろう。

Img_4769-640x427

翌日の朝食↓

温泉卵、牛すじとこんにゃくの煮込み、漬物等々といったメニュー

(朝食は5:30~)

Img_4772-640x427

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年6月18日 (火)

五社山@川内村

平伏沼を後にし、五社山へ。

村の中心部からも良く見えるシンボル的な里山で、標高は約600m。

山頂直下に五社八幡神社が祀られており、信仰の山としても親しまれている。

 

今回は、下川内地区側から山頂をピストンする。

(登山道入口↓)

Img_4640-640x427

因みに、登山道入口周辺の道路は…

Img_4678-640x426

鳥居を潜って参道を兼ねた登山道へ↓

Img_4643-640x427

基本的に沢沿いを進む↓

Img_4645-640x427

手前側に建つ祠↓

(向かって右奥に分岐があるが、いずれも直ぐに合流する)

Img_4647-640x426

早渡登山口分岐を直進↓

Img_4649-640x427

山頂直下に建つ五社八幡神社↓

かつては、社殿が建てられていたようだ。

Img_4651-640x426

八幡神社脇から山頂へ↓

岩の合間にロープが設けられている。

Img_4656-640x427

山頂到着!

山頂はやや広めの露岩部となっており、かつての建物跡のような基礎も見受けられる。

(案内板と村の中心部↓)

Img_4658-640x427

北東方向には、「おおたかどや山標準電波送信所」が確認できる↓

電波時計用の標準電波を送信する施設で、国内に2か所のみ。(もう一か所は九州)

Img_4667b-640x427

Img_4668-640x425

北東方向に大滝根山(右奥)↓

先の平伏沼は、左奥手前付近となる。

Img_4674-640x427

<空撮編>

Dji_0613b640x427

川内村中心部↓

Dji_0619-640x427

中央左寄りに登山口周辺↓

Dji_0606-640x426

右奥に大滝根山↓

向かって左奥は、滝根小白井ウインドファーム。

Dji_0617-640x427

GPSログ↓)

Gpslog-640x427

【動画編】 (1分37秒・BGM有

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

2019年6月14日 (金)

平伏沼(モリアオガエル繁殖地)@川内村

川内村にある平伏沼(へぶすぬま)へ。(6/12)

希少なモリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物にも指定されている。

(天然記念物の指定地は、平伏沼と岩手県八幡平にある大場沼の2か所のみ)

 

今回は、そのモリアオガエルの産卵がピークを迎えるタイミングを狙ってみた。

Img_4546-640x427

沼へと向かう散策路↓

傾斜も緩やかで、概ね歩き易い。

Img_4547-640x427

管理棟↓

Img_4634-640x427

平伏沼の様子↓

沼の面積は約12a。周回する遊歩道が設けられている。

Img_4636-640x427

平伏山(標高842m)の山頂に位置し、流入&流出する川はないという。

深い山間にあるため、小鳥のさえずり位しか聞こえない静寂の空間が広がっている。

Img_4571-640x427

広葉樹に囲まれ鬱蒼とした雰囲気がとても神秘的✨

緑を映し込む穏やかな水面がまた美しい。

Img_4624-640x427

紅葉期もさぞ素晴らしいだろう。

Img_4628-640x427

Img_4590-640x426

小枝の先にポツポツと白く見えているのがモリアオガエルの卵↓

今年は、例年より多くの個体が見られるとのこと。

(参考:川内村観光協会公式HP

Img_4560-640x427

近くで見ると、特徴的な白い泡状の物質が確認できる。(実際の卵は、この泡に包まれている)

数日後、溶けるように沼に落ち、再び命を繋いでいくそうだ。

Img_4604-640x426

二日前にも来たという地元の方は、産卵中のカエルの姿を確認できたとのこと。

Img_4616-640x427

自重で小枝ごと落下してしまっている個体も散見される↓

状態によっては、中にある丸い卵が見えることもあるという。

Img_4572-640x426

散策路の一角には、"カエルの詩人"とも称された草野心平の歌碑が建つ↓

(「うまわるや 森の蛙は 阿武隈の 平伏の沼べ 水樽のかげ」)

Img_4625-640x426

沼辺で見られるキショウブ↓

Img_4611-640x427

青系は、カキツバタだろうか。

Img_4613-640x427

管理棟近くで見られたギンリョウソウ↓

(果実へと成長中のため、ピーク時とはまた違った趣となる)

Img_4563-640x426

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年6月11日 (火)

霧幻峡の川霧(2019年6月)

第一只見川橋梁を後にし、霧幻峡へ。

只見川沿いの渓谷で、これまた幻想的な川霧のスポット。

尾瀬から流れる清流とのコラボは、相も変わらず美しい✨

 

早三橋より↓

Img_4355-640x426

川霧は丁度消えゆくタイミングとなったようだ…^^;

しかし、刻々と変化する様子は見る者を飽きさせない。

Img_4362-427x640

雨沼集落奥の駐車場より↓

視界が効くようになったので、霧幻庵周辺まで歩いてみることに。

Img_4366-640x426

「こんこん清水」↓

沼沢湖からの浸透水とされる。

Img_4369-640x427

同様の清水は複数個所で見られ、涼しげな雰囲気が心地よい。

Img_4370-640x427

近くの木で佇む?リス↓

Img_4371-640x427

只見川らしい色合い↓

Img_4407-640x427

霧幻峡の渡しの船着場へ↓

Img_4375-640x427

右奥の建物は、早戸温泉 つるの湯

川霧はだいぶ薄らいだが、リフレクションがまた美しい♪

Img_4376-640x428

下流側(右方向)に早三橋↓

Img_4391-640x427-3

Img_4381-640x427

昭和19年建立の霧幻地蔵↓

Img_4394-640x427

案内板↓

Img_4395-640x427

霧幻庵↓

リノベーションされ、古民家として利用されている。

Img_4401-640x427

消えゆく川霧を左手側に見ながら来た道を戻る↓

Img_4405-640x427

【参考】 秋の様子(2018年11月

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年6月 8日 (土)

朝靄に煙る第一只見川橋梁(2018年6月)

飯谷山へ登る前の時間調整を兼ねて、只見川沿いをしばし散策。

先ずは、今年1月以来となる三島町の第一只見川橋梁ビューポイントへ。

この時期特有の川霧と雨上がりの朝靄とが相まって、幻想的な雰囲気に包まれていた✨

Img_4291-640x427

第二只見川橋梁方向↓

Img_4296-640x426

始発のタイミングは、靄というより濃い霧のため敢え無く撃沈…

半ば賭けのような状況だが、上流側にある第一橋梁を下から望むポイントへ移動↓

Img_4310-640x427

ホワイトアウトを憂慮しつつ、7時台1本目の列車を待つ↓

(先程までいた展望台は、右奥に見える鉄塔下部)

Img_4314-640x427

川霧に浮かぶ第一只見川橋梁と只見線↓

何とか持ってくれた~^^;

Img_4332-640x427

<空撮編>

第一只見川橋梁周辺↓

右奥に道の駅(尾瀬街道みしま宿)が確認できる。

Dji_0550-640x427

先程までの川霧は、僅か数分の間に消えようとしていた…

Dji_0540b-640x427

対岸となる西方地区方向↓

Dji_0546-640x427

朝陽に照らされる第一只見川橋梁を下流側より↓

Dji_0557-640x427

【動画編】 (1分15秒・BGM有

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

2019年6月 6日 (木)

飯谷山

柳津町と西会津町に跨る信仰の山「飯谷山」へ。

会津坂下から柳津に掛けての只見川沿いからも良く目立つ里山で、標高は783m。

その名は、新編会津風土記に因む(「背後から見ると、飯を盛ったのに似ているから」)

 

今回は、野老沢(ところざわ)集落先からの周回ルートで巡る。

林道の途中にある登山道入口↓

Img_4418-640x426

歩き始めて直ぐに現れる「飯谷山神社御神田跡」↓

Img_4423-640x427

想定外だったヒメサユリ↓

見頃の終盤で個体数も少ないが、ノーマークだったので嬉しい誤算^^;

Img_4426-640x426

所々に設置してあるクマ除けの一斗缶↓

(叩いて音を出し、クマを遠ざける)

Img_4432-640x427

ブナに囲まれた尾根を進む↓

小木に混じる大木が何とも印象的な空間。

Img_4452-640x427

飯谷神社旧本殿(奥ノ院)

Img_4459-640x427

ちらほらとギンリョウソウの姿も↓

Img_4462-640x427

直前まで高度を上げる↓

Img_4465-640x427

ブナに囲まれた場所にある展望案内板↓

眺望は全くなく、何故このポイントに立つのかは不明^^;

Img_4471-640x426

山頂到着~

残念ながら、あまり眺望には恵まれない…><

Img_4479-640x426

山頂はややナイフリッジ的で、特に西側は切れ落ちている↓

新編会津風土記には、「慶長16年に地震で山崩れを起こした」とも記されているそうだ。

Img_4476-640x427

西側に新潟県鏡の峰々↓

Img_4480-640x426

西会津町の中心部↓

スッキリしていれば、飯豊連峰も確認できそうだ。

Img_4482-640x427

東側は、木々の先に会津盆地方向↓

Img_4486-640x427

山頂を後にし、小杉山コースとの分岐を左へ↓

Img_4490-640x426

途中にある展望スポットから柳津町の中心部とその先に会津盆地↓

磐梯山や安達太良連峰なども見える筈なのだが…^^;

因みに、先の展望案内板の絵がこちらを指すのだろう。

Img_4500-640x427

只見川に掛かる柳津橋と柳津町の中心部↓

中央左寄りには、福満虚空蔵尊圓蔵寺も見えている。

Img_4498-640x427

清水頭の滝分岐へ↓

折角なので、3分ほど歩いた先にある滝へと向かう。

Img_4507-640x427

清水頭の滝↓

陽射しが強過ぎる><

Img_4512-640x427

水量は控え目だが、涼感がとても心地いい♪

Img_4521-640x427

林道へ出た後、10分ほど歩いて起点へ。

見頃も終盤となったホオノキの花↓

Img_4538-640x426

GPSログ↓)

Gpslog-640x426

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年6月 1日 (土)

歓満の滝@南会津町

竜神滝を後にし、歓満の滝(南会津町木賊地区)へ。

木賊温泉傍を流れる西根川にかかる滝で、幅約20m、落差は約10m。

そこには、"滝を訪れた人に幸せが満ち溢れるように"との願いが込められているという。

 

道路脇の駐車場にある案内板↓

(「蛇滝」や「日詰滝」とも呼ばれているそうだ)

Img_4245-640x428

河川敷へと下りる途中より↓

Img_4285-640x427

滝前の右岸側から↓

(約10mとされる落差は微妙だが、左岸側を水平投影すると?…^^;)

Img_4249-640x425

乳白色に濁る流れは、昨年の豪雨災害以降引き続く現象とのこと。

(上流域で発生した大規模な土砂崩れの影響)

Img_4276-640x426

<空撮編>

滝の上空より、木賊温泉街(向かって左)を見守るようにそびえる長卸山

Dji_0492-640x427

歓満の滝↓

Dji_0494-640x427

Dji_0506-640x427

滝の上流側↓

(地上の観瀑ポイントから見ることは出来ない)

Dji_0511-640x427
Dji_0520-640x427

【動画編】 (45秒・BGM有

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック