フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 飯谷山 | トップページ | 霧幻峡の川霧(2019年6月) »

2019年6月 8日 (土)

朝靄に煙る第一只見川橋梁(2018年6月)

飯谷山へ登る前の時間調整を兼ねて、只見川沿いをしばし散策。

先ずは、今年1月以来となる三島町の第一只見川橋梁ビューポイントへ。

この時期特有の川霧と雨上がりの朝靄とが相まって、幻想的な雰囲気に包まれていた✨

Img_4291-640x427

第二只見川橋梁方向↓

Img_4296-640x426

始発のタイミングは、靄というより濃い霧のため敢え無く撃沈…

半ば賭けのような状況だが、上流側にある第一橋梁を下から望むポイントへ移動↓

Img_4310-640x427

ホワイトアウトを憂慮しつつ、7時台1本目の列車を待つ↓

(先程までいた展望台は、右奥に見える鉄塔下部)

Img_4314-640x427

川霧に浮かぶ第一只見川橋梁と只見線↓

何とか持ってくれた~^^;

Img_4332-640x427

<空撮編>

第一只見川橋梁周辺↓

右奥に道の駅(尾瀬街道みしま宿)が確認できる。

Dji_0550-640x427

先程までの川霧は、僅か数分の間に消えようとしていた…

Dji_0540b-640x427

対岸となる西方地区方向↓

Dji_0546-640x427

朝陽に照らされる第一只見川橋梁を下流側より↓

Dji_0557-640x427

【動画編】 (1分15秒・BGM有

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

« 飯谷山 | トップページ | 霧幻峡の川霧(2019年6月) »

只見線アーカイブ」カテゴリの記事

コメント

kiriさん、こんばんは!

いよいよ、川霧のシーズン突入です♪
最も賑わいをみせる時期でもあります。
kiriさんが切りとる川霧の只見線🚃
kiriさんが撮影する姿もまた絵になりそう✨
是非!

こんにちは。

ふぅ~、憧れの只見線。
やっぱりkiriが(^_^;)霧がお似合いですね。
いつか、いつか、いつか、、いつかばかりが増えていきます(>_<)

アットマンさん、こんばんは!

眼科に行かなくても(恐らく)大丈夫かと思われます^^;
川霧&朝靄が霞んだ情景をもたらしています。
この時は、小雨が混じりの濃霧だったり朝日が射したりと、
短時間でも刻々と状況が変化していました。

FUJIKAZEさん、こんばんは!

そうです!例のオモチャのような?機関車の走る鉄橋です^^;
川霧に浮かぶ様子は、実は割と見ることが出来るのですが、
頻繫に出向くことも中々出来ないので訪ねてみた次第です。
只見線沿線は、他にも沢山の撮影ポイントがあるので、
少しずつ記事にしていけたらと思います。

>もっとも、これが海上だと船は大変なんですが・・・
なるほど、FUJIKAZEさんらしい視点ですね。
確かに、素人でも大変であろうことは想像に難しくありません。

「今晩は」
ウワー、目がかすむ眼科へ行かなければ・・・。
あれー途中から凄く見えるようになった・・・。
霞みから陽光へ、悩みも晴れた思い。

こんばんは!
あぁ、例のオモチャのようなディーゼル機関車の走る鉄橋ですね。
川霧に浮かぶ鉄橋と車両は幻想的で素敵ですよ。
何だかんだで霧は絵になりますね。
写真に撮るには最高だと思いますよ。
もっとも、これが海上だと船は大変なんですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飯谷山 | トップページ | 霧幻峡の川霧(2019年6月) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック