フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 五社山@川内村 | トップページ | 梅雨曇の安達太良山2019 »

2019年6月20日 (木)

くろがね小屋@安達太良山

安達太良山麓の一角に建つくろがね小屋へ。

源泉かけ流しの温泉と特製カレーが有名な公共の山小屋。

東北唯一の通年営業を貫き、多くの登山者や温泉好きに愛されている。

 

今回は、安達太良山登山と併せ一泊二日の日程で巡る。

沼尻登山口を出発↓(船明神山~牛ノ背~峰ノ辻~くろがね小屋)

Img_4686-640x427

いきなりだが、くろがね小屋到着~^^;↓

終始ガスに覆われ眺望なし…。船明神山から先の稜線では、立つことさえ困難なほどの暴風に見舞われた><

Img_4689-640x427

入口へ↓

Img_4694-640x427

くろがね小屋のシンボルでもある「黒鐘」↓

世界の山小屋における鐘の歴史や、同様の鐘の存在等々、小屋番さんから伺ってみて頂きたい。

L_44383719524158-640x432

内部の様子↓

築50年超の古い建物だが、レトロな雰囲気がまた味わい深い。

なお、来年度以降の建て替えが予定されているため、現在の小屋に宿泊出来るのは来年3月末までとなる。

Img_4756-640x427

発電機が回る時間帯は、スマホ等の充電も可能↓

Img_4723-640x427

肌寒かったこの日は、到着時点で暖房が入れられていた。

そのお陰もあり、梅雨時期にも拘らずジメジメとした感覚はない。

Img_4760-640x427

Img_4765-640x427

2階より↓

Img_4751-640x427

Img_4749-640x427

宿泊スペースの一部↓

靴は、壁側の床下に収納する作りとなっている。

Img_4747-640x427

小屋一番の魅力でもある「くろがね温泉」(男風呂)

岳温泉の源泉に最も近く、濃厚な温泉成分を存分に堪能できる♨

国内屈指の"美肌の湯"でもあるそうだ。

Img_4697-640x427

湯上りに外へ出て矢筈森方向を望む↓

視界は若干持ち直していた。

Img_4734-640x427

夕食は、秘伝のレシピによる特製「くろがね小屋カレー」↓(福神漬け&らっきょう漬け有り)

これまたファンの多い逸品で、小屋番さんが丹精込めて仕込んでいる。

お代わり自由というのも嬉しいところだろう。

Img_4769-640x427

翌日の朝食↓

温泉卵、牛すじとこんにゃくの煮込み、漬物等々といったメニュー

(朝食は5:30~)

Img_4772-640x427

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 五社山@川内村 | トップページ | 梅雨曇の安達太良山2019 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

山小屋と温泉、ある意味最強の組み合わせかと♪
カレーは、ボクは2杯頂きました^^;
この日の宿泊者は10人未満だったのですが、
ハイシーズンは大変そうですね。

2枚目の写真にさり気なく写っていますが、
ここまで軽自動車(ジムニー)が入れるだけのルートが
整えられています。(一般車はNG)
おそらくそれで搬送されているものと思われます。

Peeさん、こんばんは!

岳温泉は桜スポット(桜坂)としても名を上げているので、
登山者や温泉好き以外にも愛されているようです♪
くろがね小屋は、どこから登っても2時間は歩く必要があるので、
そういう意味では敷居が高いかもしれないですね^^;
でもでも、著名人も多く訪れる名湯です♨

こんにちは!
山小屋に温泉とは驚きですねぇ・・・。
で、カレーはおかわり自由ですか。
そこらの温泉旅館のようですね。
これはリピーターになります。
しかし、これでは利用客も多いでしょうに、物資はどうやって揚げているのでしょうか?

(*´▽`*)アハハ!
安達太良山のくろがね♨は聞いたことあるけど
行ったことが無かったなぁ!
「岳温泉は近すぎて行かねぇな」って
弟が言ってたけど すごくステキな山小屋があるのねぇ!
父を連れては行けそうもないけどね('◇')ゞヘヘヘ


kiriさん、こんばんは!

お、立ち寄っておられたんですね♪
何度も登っている安達太良山ながら、
くろがね小屋に泊まるのは今回が初めてでした^^;

黒鐘の話は…是非とも現地で直接!!m(__)m
(一つではないこと、発祥の地は国内でないこと…等々)

しゅうちゃんさん、こんばんは!

源泉の直ぐ傍に建つ宿ですから、それはそれはもう
濃厚な温泉成分を存分に満喫できちゃいます♪
湯ノ花の詰まり防止に湯守さんが活躍せざるを得ない訳ですね^^;
通年営業というのがとてもありがたい山小屋です。
冬場が最も混み合い、紅葉シーズンがそれに続くとか。
次回は、厳冬期に訪ねてみたいなぁと思います。

こんばんは^^

懐かしいです。
下山中に立ち寄り、
小屋で頂いたビールがとても美味しかったのを覚えています。
「黒鐘」の話、伺いたいです。

岳温泉の温泉施設を利用しても、効能を楽しめる温泉。
岳温泉の湯元に一番近いお風呂、温泉効能を満喫できるんでしょうね。
『くろがね小屋』通年営業されていることを初めて知りビックリです。

アットマンさん、こんばんは!

温泉付きの山小屋がいかに贅沢であるかは、
山を知る者なら想像に難しくはないと思います。
新築されると聞いて駆け込むファンも多いらしく、
ボクもその一人です^^;
新築時は、今の雰囲気をうまく引き継いで欲しいものです。

「今晩は」
山小屋の温泉とは 驚き。
階段と2階の回廊の贅沢な構え。
「ハイハイ」行きたくなりますね。
新築では寝室も改善されるのかなぁ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五社山@川内村 | トップページ | 梅雨曇の安達太良山2019 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック