フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 中土合公園展望台@桧枝岐村 | トップページ | 夏の燕岳(初日編)その2 »

2019年8月 9日 (金)

夏の燕岳(初日編)その1

長野県にある燕岳へ。(8/6~7)

花崗岩と砂礫が印象的な美しい山で、北アの入門編としても絶大な人気を誇る名峰。 

10年以上前に蝶ヶ岳から縦走しているが、単発では今回が初。

中房温泉を起点に、合戦尾根経由で山頂周辺を巡ってみた♪

 

中房温泉脇の登山道をスタート↓

Img_6378-640x427

合戦尾根コースは北アで最も早く山頂に辿り着ける一方、北ア三大急登の一つ。

標高差は1,300m弱。ポイントごとに設けられているベンチが嬉しい。

Img_6385-640x427

第四ベンチに当たる富士見ベンチより、富士山(中央)を望む↓

Img_6399-640x427

大天井岳が見えてくると、アルプスらしさが高まってくる↓

Img_6405-640x427

合戦小屋へ↓

Img_6412-640x427

合戦小屋を過ぎて少し進むと、いよいよ槍の穂先が見えてくる↓

Img_6416-640x427

視界が広がり、針ノ木岳周辺なども見え始めてきた↓

Img_6437-640x427

三角点のある合戦尾根の頭より、大天井から常念に掛けての稜線と槍ヶ岳↓

Img_6441-640x427

さらに高度を上げ、穂高岳も見え始める↓

Img_6456-640x427

燕山荘と燕岳を望みながら最後のひと踏ん張り

Img_6458-640x427

燕山荘直下の稜線へ到着~

裏銀座ルートは全域が見えている♪

Img_6470-640x427

右手側に燕岳↓

Img_6469-640x427

木段を上って燕山荘↓

(宿泊はテン場)

Img_6472-640x427

お久しぶり♪

Img_6481-640x427

燕山荘前より、テン場と左奥に燕岳↓

Img_6479-640x427

雲行きが怪しくなりつつあるので、昼食を後回しにして山頂へと向かう。

Img_6487-640x427

アイコン的存在のイルカ岩↓

ロープで規制され、近づけないようになっていた^^;

Img_6500-640x427

途中、燕山荘を振り返る↓

Img_6507-640x427

山頂方向↓

Img_6518-640x427

山頂直下の花崗岩↓

Img_6519-640x427

そして、コマクサ↓

視界に入る砂礫のほとんどに群生しており、稜線上では終始目にすることができる♪

まさに、見飽きるほど…といっても過言ではない^^;

Img_6534-640x427

めがね岩↓

風化が進んでいるのだろう。こちらも立入りが規制されていた。

Img_6524-640x427

めがね岩と左奥に燕山荘、さらに奥へと続く稜線↓

Img_6531-640x427

北燕岳との分岐↓

(北燕岳へは、燕岳ピークからも向かうことが可能)

Img_6538-640x427

燕岳山頂到着!

Img_6542-640x427

有明山と安曇野市街地方向↓

Img_6546-640x427

左奥に鹿島槍ヶ岳。右手前は餓鬼岳だろうか↓

Img_6558-640x427

表銀座の稜線と槍&穂高連峰↓

Img_6550-640x427

槍ヶ岳と裏銀座の一大稜線↓

Img_6553-640x427

裏銀座の奥に立山&剱岳↓

手前の稜線先に、これから向かう北燕岳の頂。

Img_6555-640x427

 

初日編その2へと続く ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 中土合公園展望台@桧枝岐村 | トップページ | 夏の燕岳(初日編)その2 »

山歩き(県外)」カテゴリの記事

コメント

ハルさん、こんばんは!

燕岳です!
テントを張って泊まってまいりました♪
楽勝だろうとタカを括っていましたが、
今シーズン初のテン泊装備での山行き故か、
筋肉痛に見舞われました^^;

日頃の勤務、誠にお疲れ様でございます。
山へ足を運び、絶景に癒されながら日々を過ごせれたら
いいですよね。
ダイエット、あまりご無理をなさいませんよう…

燕岳ですか?
きつい登りを終えると、そこは真っ白な夢世界。
そしてイルカが迎えてくれます。
初日編ってことは宿泊ですか?それはつまりテン泊?
北アは遠いですが、やっぱり非日常な景色がリラックスさせてくれます。

私はどうもダイエットが必要みたいです。(^^;
仕事で疲れて、怠けたつもりはないですが、山からは遠ざかっているので。
北アの風景を見ると、頑張って行きたくなりますね。

FUJIKAZEさん、こんばんは!

燕岳は、花崗岩とその砂礫によって構成されているようです。
登っても眺めても美しい山ですね♪
コマクサは、中高山の砂礫地でよく見られます。
高山植物の女王とも呼ばれる可憐な花です。
海も綺麗ですが、山も綺麗ですよね。
(両方を網羅されるFUJIKAZEさんが羨ましいです^^;)

こんばんは!
美しい山頂ですね。
花崗岩で出来た山なのでしょうか。
コマクサが群生しているんですね。
私、未だ見たことがありません。
見てみたいものです。
こんな山頂にテントを張って、夜空を見上げたら最高でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中土合公園展望台@桧枝岐村 | トップページ | 夏の燕岳(初日編)その2 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック