フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

槍・穂高連峰縦走【初日&西穂編】

北アルプス南部に広がる槍&穂高連峰へ。(9/25~28)

西穂~ジャン~奥穂を経て涸沢~北穂&大キレットを超え、槍へと続く一大稜線を繋ぐ!

⚠毎年の様に犠牲者を出し続ける"国内最難関の岩稜尾根"を通過する⚠

今回はその難ルートを直接確めるべく、満を持してのファースト・トライとなる。

 

****** 今回の行程 **********************************************

<初 日> 鍋平P~新穂高ロープウェイ~西穂山荘(テン泊)

<二日目> 西穂山荘~西穂~ジャンダルム~奥穂~穂高岳山荘(テン泊)

<三日目> 穂高岳山荘~涸沢岳~北穂~大キレット~槍ヶ岳山荘(テン泊)

<四日目> 槍ヶ岳山荘~飛騨沢~右俣谷~新穂高~鍋平P

***************************************************************

 

【参考】 弓折岳より望むルートの全景↓(昨夏)

Img_4564-640x425

新穂高ロープウェイに乗り、絶対に生還することを誓いつつ鍋平を後にする↓

Img_0217-640x427

ガスで展望の得られない西穂高口駅を後にし、西穂山荘を目指す↓

(好天時の様子→2016年10月の西穂

Img_0222-640x426

西穂の稜線もガスの中…↓

Img_0226-640x426

西穂山荘へ↓

Img_0228-640x427

霞沢岳や焼岳のピークにも微妙なガスが残る↓

Img_0229-640x427

テント設営の後、のんびりと夕景を眺める↓

(西穂側へ5分ほど登ったポイントより)

Img_0256-640x427

19時過ぎ、山荘脇より満天の星空を見上げる↓(南方向)

Img_0281-640x427

(北方向↓)

Img_0282-640x427

 

***** 二日目 **************************

 

すっかり明るくなった5時半頃、西穂へ向けてテン場を出発↓

※奥穂を目指すには遅い時間となるため、注意願う⚠

Img_0287-640x427

西穂丸山↓

Img_0288-640x427

途中、ガスがスッと抜け、雲海の先に笠ヶ岳が現れる↓

Img_0303-640x427

ピラミッドピークから続くルートを望む↓

Img_0308-640x427

右手側に上高地↓

Img_0309-640x427

遠く右奥、雲海の先に白山↓

Img_0312-640x427

西穂独標↓

Img_0314-640x427

再びガスに覆われるも、好条件が重なって幻想的なブロッケン現象が現れてくれた♪↓

(右奥のピークは笠ヶ岳)

Img_0322-640x425

後光の如き神秘的な丸い虹と、その中央に映るボク^^;

中々お目に掛かれないブロッケンはボク自身、十数年ぶり…

Img_0323-640x426

西穂の頂へ↓

Img_0331-640x427

辿って来た方向↓

霞沢をバックに上高地。左奥に富士山。右奥には焼、乗鞍、御嶽の頂が確認できる♪

Img_0342-640x427

本行程で終始存在感を放つこととなる笠ヶ岳

Img_0346-640x427

これから進む稜線を望みつつ、気持ちを引き締める↓

Img_0337-640x427

 

ジャンダルム編へと続く ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年9月22日 (日)

雲海に浮かぶ薬師岳(下山編)

絶景の薬師岳山頂を後にし、テン場へと戻る。

東南稜ピークを巻くほかは登りと同じ。午後の斜光と引き続く雲海が美しい♪

雲海に浮かぶ薬師岳(登頂編)より続く ~

 

中央カール↓

Img_8468-640x427

南稜カール↓

黒部五郎へと続く稜線の数か所に滝雲が見られる。

Img_8483-640x427

富山湾方向↓

Img_8491-640x427

薬師峠へ流れ込む滝雲↓

タイムラプス撮るならこちらの方が良さげ^^;

Img_0113-640x427

南稜カールの先に雲ノ平↓

槍の穂先は昼頃からずっと隠れがち…

Img_8518-640x427

薬師平より、雲海へと近づいていく太陽↓

Img_8531-640x427

樹林帯手前より、太郎平小屋周辺↓

雲海の満ち引きの様子が分かりやすい。

Img_8537-640x427

薬師峠のテン場へ↓

コルに当たるテン場周辺は安定的なガスに覆われ、夕景は期待値に遠く及ばず…

日が落ちてしばらくするとガスが抜け、明るい月に照らされたテントで眠りについた。

Img_8560-640x427

************************************************************************

<二日目>

モルゲンロートを期待して太郎平小屋手前の木道で待機するも、思ったほど染まってはくれず…

Img_8548-640x427

丁度いい筈のタイミングで再びガスに覆われる…

三俣蓮華&黒部五郎方向↓

Img_8555-640x427

薬師岳↓

Img_8552-640x427

テン場へ戻って朝食&テント撤収の後、再び下山の途へ。

太郎平小屋へと木道を進む↓

Img_8626-640x427

太郎平小屋前より、雲ノ平方向↓

Img_8633-640x427

太郎平小屋前を折立へ向けて出発↓

Img_0138-640x427

雲海の先に白山↓

Img_8643-640x427

五光岩ベンチ付近より、太郎平小屋方向を振り返る↓

Img_8649-640x427

そして、薬師岳↓

Img_8651-640x427

剱の頂には、薄っすらとガスがかかり始めている↓

Img_8673-640x426

雲海に浮かぶ鍬先山もまた中々の存在感↓

Img_8668-640x427

次第に高度を下げ、折立へ向けて雲海の中へ↓

Img_8684-640x427

雨に降られることなく無事に登山口到着~

Img_0162-640x427

GPSログ↓)

Gpslog-640x426_20190922151301

(前記事:登頂編

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年9月20日 (金)

雲海に浮かぶ薬師岳(登頂編)

北アルプス中部に位置する薬師岳へ。(9/15~16)

古くから信仰のある山で、国指定特別天然記念物の薬師岳圏谷群(カール)を有する名峰。

ゆったりとした気品のある山容から、北アの貴婦人とも呼ばれている。

 

7年ぶりとなる今回は、富山県側の折立を起点に一泊二日でのんびりと巡る。

(駐車場から望む5時半頃の北東の空↓)

Img_8193-640x426

樹林帯を抜け、薬師岳の上に昇る朝日に照らされる↓

Img_8213-640x427

左手側に剱岳が見え始める↓

Img_8255-640x427

右手側に有峰湖と、左奥に薄っすらと白山↓

Img_8220-640x427

振り返って、富山湾方向↓

登山道は、五光岩ベンチ付近を中心に植生復元等の整備が行われていた。

Img_8246-640x427

五光岩(左中央付近)と右奥に薬師岳↓

Img_8265-640x426

太郎平小屋の建つ稜線へ向け、さらに進む↓

Img_8277-640x427

太郎平小屋

テン泊の手続きを済ませ、20分ほど先のテン場へと向かう。

Img_8282-640x427

薬師岳を正面に木道を行く↓

Img_8304-640x427

ようやく槍の穂先が見え始める↓

Img_8309-640x427

薬師峠キャンプ場↓(テント設営後、山頂へ)

Img_8320-640x426

薬師平より、太郎山&太郎平小屋周辺↓

僅かな樹林帯を抜けた先、素晴らしい絶景に囲まれる♪

Img_8335-640x427

黒部五郎岳↓

(前回は薬師岳と併せたが、今回は眺めるだけ…^^;)

Img_8340-640x427

三俣蓮華&双六周辺の峰々と槍ヶ岳↓

Img_8343-640x427

山頂方向↓(山頂は見えていない^^;)

Img_8358-640x427

東南稜(東南尾根)と南稜カール↓

Img_8361-640x427

カールの先は黒部川の源流域↓

中央に雲ノ平。バックには鷲羽から黒部五郎にかけての稜線が続く。

Img_8370-640x427

薬師岳山荘

山荘前を過ぎ、ガレた道をさらに進む。

(一見、山頂の様に見える白いピークの奥が山頂となる^^;)

Img_0055-640x427

左手側に広がる雲海↓

Img_8381-640x427

東南稜ピークのとの分岐↓

こちらは巻く方も多い。

Img_8395-640x427

Img_0059-640x427

薬師峠方向を振り返って、ケルンと荒廃の進む避難小屋↓

…かつての遭難事故の犠牲者を偲ぶ。

Img_0061-640x427

薬師岳山頂へ↓

Img_0062-640x427

中央カールを右手に稜線を進む↓

カール正面は赤牛岳。

Img_0066-640x427

薬師岳山頂到着!

ガスの極み…だった前回とは打って変わって、360度の大絶景♪

Img_0070-640x426

金作谷カールを挟んで北薬師岳と、その先に剱&立山連峰↓

Img_8426-640x427

後立山連峰の主稜線と赤牛岳↓

Img_8429-640x427

水晶(黒岳)&ワリモ、鷲羽周辺と雲ノ平↓

Img_8447-640x427

雲ノ平&祖父岳の先に槍の穂先↓

Img_0089-640x426

辿ってきた稜線↓

Img_8417-640x427

薬師岳西側の裾野の先に広がる大雲海↓

Img_8437-640x427

雲海は次第に容量を増し、至る所で滝雲となって溢れ出ていた♪

(北薬師の稜線と、その先に流れる滝雲↓)

Img_8444-640x427

<タイムラプス動画>(8秒・BGM無し)

 

下山編へと続く ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

2019年9月18日 (水)

初秋の布引高原

郡山市湖南町にある布引高原へ。(9/10)

風車とお花畑、そして高原台地から望む眺望が美しい♪

場所が場所だけに、2年前にはクマを目撃しているが、好きで何度も足を運んでいる^^;

 

新調された案内板↓

Img_8071-640x427

駐車場からほど近いお花畑を散策する。

この日時点での主役は、元気なひまわりたち🌻

Img_8097-640x427

磐梯山の頂は、残念ながらガスに覆われてる…^^;

Img_8082-640x426

滞在中は"風の高原"らしい強風だった。

(回っていない風車も散見されるが…^^;)

Img_8103-640x427

背あぶり山の風車群をバックに風に揺れるひまわり↓

もう間もなく、コスモスが台頭してくる。

Img_8118-640x427

Img_8122-640x427

Img_8100-640x426

ひまわり畑は区画によって見頃の時期が異なるが、今年は全体的に開花のタイミングが遅かったとのこと。

例年なら花期を終えている区画もまだ見頃だったのは嬉しい誤算♪

Img_8088-640x427

<空撮編>

前回に引き続き、関係者様より立入禁止区域からの撮影許可を頂いた。

折角なので空撮をメインとしたが、強風に加え遠望がイマイチと、色々中途半端となってしまった…><

 

(高旗山方向↓)

Dji_0932-640x427

(猪苗代湖&磐梯山方向)↓

Dji_0926-640x427

【動画編】 (1分55秒・BGM有

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

2019年9月12日 (木)

唐松岳(登頂編)

雨で迎えた2日目の朝、冴えない気持ちで準備を整える…。

メンバーの意見と体調を見極め、予定より約2時間繰り下げて山頂へと向かう。

唐松岳(初日編)より続く~

 

山荘脇を出発↓

Img_7806-640x427

降ったり止んだりを繰り返す雨模様の中、尾根道を進む。

Img_7808-640x427

第3ケルン脇より八方池↓

Img_7810-640x427

ダケカンバ中心の樹林帯へ↓

Img_7813-640x427

小さくなりつつも形を残す扇雪渓↓

Img_7820-640x427

雪渓脇を過ぎて稜線に出る頃、空が明るくなり安定的に雨が上がる。

もふもふとしたガスの合間に山肌を現し始めた白馬三山↓

Img_7831-640x425

工事中の迂回ルートを避け、尾根沿い(写真右手側)を進む↓

Img_7840-640x427

振り返って、右奥に頸城山塊の稜線↓

Img_7843-640x427

眼下に南股入の源流部を望む↓

Img_7851-640x427

唐松岳頂上山荘裏のピークへ↓

ガスの向こうに五竜岳や立山&剱岳が確認できる。

Img_7860-640x427

唐松岳の山頂部はまだガスの中…☁

Img_7861-640x426

唐松岳頂上山荘前にて小休憩↓

Img_7867-640x427

一時的にガスが抜けてくれた♪

Img_7881-640x427

姿を現した唐松岳の頂へと向かう↓

Img_7878-640x427

右手側に不帰瞼と白馬三山↓

Img_7890-640x427

遠くに薄っすらと富山湾↓

Img_7895-640x427

動きの激しいガスの中、忙しそうに舞うホシガラス↓

Img_7899-640x427

唐松岳山頂到着!

バックは剱岳。槍&穂はガスに隠れるも立山や毛勝三山周辺まで一望♪

(この後すぐに見えなくなってしまったが^^;)

Img_7900-640x427

唐松沢を挟んで不帰瞼と八方尾根↓

Img_7932-640x427

五竜岳へと続く稜線の全景↓

Img_7948-640x427

山頂で1時間以上まったりと過ごした後、下山開始。

山荘裏のピークを過ぎ、唐松岳から続く不帰瞼の稜線を望む↓

Img_7968-640x427

相変わらずガスの抜け切らない白馬三山↓

Img_7970-640x427

草紅葉が広がりつつある稜線↓

Img_7979-640x427

眼下に広がるガスは疎らに↓

Img_7983-640x427

丸山ケルン脇より天狗の頭と白馬三山↓

Img_8021-640x427

第3ケルン脇より八方池と白馬三山↓

登りでスルーした池の畔へと向かう。

Img_8039-640x427

西側の展望スペースより不帰瞼と天狗の頭↓

Img_8050-640x427

八方池北東側のポイントより不帰瞼↓

Img_8065-640x426

リフトを乗り継いで黒菱駐車場へ↓

Img_8069-640x427

GPSログ↓)

Gpslog-640x401

 

~ 前記事:唐松岳(初日編) ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年9月 9日 (月)

唐松岳(初日編)

北アの唐松岳へ。(9/3~4)

後立山連峰のほぼ中央に位置し、比較的楽に絶景を楽しむことができる名峰。

今回はスキル差のあるパーティのため、一泊二日でのんびりと唐松岳を目指す。

(初日は八方池周辺を散策し、二日目にピークを踏んで下山)

 

黒菱ラインにて八方池山荘へ↓

Img_7666-640x426

黒菱駐車場の先に白馬村中心部方向を望む↓

Img_7671-640x427

本日の宿「八方池山荘」↓

Img_7675-640x427

宿泊手続き&昼食の後、八方池とその周辺散策へ出発。

尾根道より、振り返って八方池山荘↓

Img_7681-640x427

八方山ケルン↓

前回と違って、眺望が殆ど得られない><

Img_7682-640x427

道中で見かけた花々を幾つか↓

今回もまた沢山の花々に囲まれながら歩くことができた♪

Img_7683-640x426c

アイコン的存在の八方ケルン↓

Img_7694-640x427

第3ケルンとの分岐を八方池へ↓

Img_7698-640x427

八方池北東側のポイントより↓

Img_7703-640x427

花々に囲まれた畔を進む↓

Img_7707-640x427

南側にあるベンチ付近より↓

白馬三山付近の稜線は、終始ガスに隠れたまま…^^;

Img_7729-640x427

天狗の頭から不帰瞼(かえらずのけん)に掛けての荒々しい山肌と、それを映す八方池↓

Img_7746-640x426

刻々と変化する雲を眺めつつ、夕方までのんびりと過ごす♪

<参考> : 2年前の夏の八方池(唐松岳&五竜岳)

Img_7743-640x427

最後まで全景を望むことが叶わなかったが、昼以降では最もいい条件だったようだ^^;

不帰Ⅲ峰(左)とガスを纏うⅡ峰↓

Img_7733-640x426

Img_7762-640x427

第3ケルン脇より八方池の全景↓

Img_7765-640x427

五竜岳から続く遠見尾根を望みながら下り始める↓

Img_7770-640x427

第3ケルン分岐手前より、八方池&白馬三山方向↓

Img_7771-640x427

帰りは木道ルートにて↓

Img_7782-640x427

至る所に秋っぽさが漂い始めている↓

Img_7783-640x427

Img_7793-640x427

木道ルートの花々は登りに使った尾根道と同様だが、ハッポウウスユキソウの数は圧倒的に多い印象だ。

(見頃のピークは過ぎているが^^;)

Img_7789-640x428

八方池山荘へと戻り、お風呂&ディナータイム♪

因みに、お風呂はボディソープ有(シャンプーはなかったが)、洗面所では歯磨き粉の使用も可とのこと。

…これって、何気に凄い。

Img_7801-640x427

食事はバイキング形式。ビールは生をチョイス🍺(別途)

ついつい取り過ぎてしまうので一応セーブしてみたが、食べ応えは見た目以上^^;一品一品がとても美味しい♪

なお、食事後の団欒スペースは同じ場所となる。

Img_7804-640x427

グラートクワッドリフト上部の先に白馬村方向を覆う雲海↓

翌日の天候に一縷の望みを賭けつつ、眠りについた💤

Img_7802-640x427

 

唐松岳(登頂編)へと続く~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年9月 6日 (金)

大桃の舞台

二重滝を後にし、南会津町大桃地区にある大桃の舞台へ。

国内でも珍しい兜造の茅葺屋根を有する農村舞台で、国の重要有形文化財にも指定されている。

檜枝岐の舞台と並んで、奥会津に残る伝統的建築物の一つ。

(参考:檜枝岐歌舞伎

Img_7574-640x427

国道352号線沿いの居平集落奥にある駒嶽神社境内↓

Img_7578-640x427

案内板↓

Img_7585-640x427

今なお、現役の舞台でもある。

Img_7586-640x427

大桃の舞台と駒嶽神社↓

Img_7603-640x426

Img_7591-640x427

Img_7596-640x427

Img_7607-640x427

Img_7633-640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年9月 2日 (月)

二重滝@南会津町

三岩岳&窓明山の下山後、登山者用駐車場脇にある二重滝へ。

三岩岳に源を持つ黒檜沢と伊南川との出合にかかる段瀑で、国道の下で上段と下段に分かれているのが特長的。

観瀑環境が整えられていないマイナー滝の中でも、"隠れ名瀑"の一つ^^;

 

二重滝(にじゅうたき)上空より、滝周辺の様子↓

赤〇は、全貌が分かりにくい下段側

Dji_0913-640x428

登山者駐車場より、二つの小豆温泉スノーシェッドの間へ↓

Img_7548-640x426

国道(R352)脇より、二重滝の上段側↓

この上部にも小滝がある。

Img_7563-640x427

Img_7571-640x426

下段側の様子↓

(流れ落ちる先は伊南川)

Img_7557-640x428

アングルの自由度は極めて低い^^;

覗き込み過ぎたり、また、通過車両には十分な注意が必要だ⚠

Img_7561-640x427

<空撮編>

Dji_0916-640x426

二重滝の全景♪

下段側の落差は、15mほどだろうか。

Dji_0895-640x427

滝前より、伊南川上流方向を望む↓

Dji_0900-640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック