フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 大桃の舞台 | トップページ | 唐松岳(登頂編) »

2019年9月 9日 (月)

唐松岳(初日編)

北アの唐松岳へ。(9/3~4)

後立山連峰のほぼ中央に位置し、比較的楽に絶景を楽しむことができる名峰。

今回はスキル差のあるパーティのため、一泊二日でのんびりと唐松岳を目指す。

(初日は八方池周辺を散策し、二日目にピークを踏んで下山)

 

黒菱ラインにて八方池山荘へ↓

Img_7666-640x426

黒菱駐車場の先に白馬村中心部方向を望む↓

Img_7671-640x427

本日の宿「八方池山荘」↓

Img_7675-640x427

宿泊手続き&昼食の後、八方池とその周辺散策へ出発。

尾根道より、振り返って八方池山荘↓

Img_7681-640x427

八方山ケルン↓

前回と違って、眺望が殆ど得られない><

Img_7682-640x427

道中で見かけた花々を幾つか↓

今回もまた沢山の花々に囲まれながら歩くことができた♪

Img_7683-640x426c

アイコン的存在の八方ケルン↓

Img_7694-640x427

第3ケルンとの分岐を八方池へ↓

Img_7698-640x427

八方池北東側のポイントより↓

Img_7703-640x427

花々に囲まれた畔を進む↓

Img_7707-640x427

南側にあるベンチ付近より↓

白馬三山付近の稜線は、終始ガスに隠れたまま…^^;

Img_7729-640x427

天狗の頭から不帰瞼(かえらずのけん)に掛けての荒々しい山肌と、それを映す八方池↓

Img_7746-640x426

刻々と変化する雲を眺めつつ、夕方までのんびりと過ごす♪

<参考> : 2年前の夏の八方池(唐松岳&五竜岳)

Img_7743-640x427

最後まで全景を望むことが叶わなかったが、昼以降では最もいい条件だったようだ^^;

不帰Ⅲ峰(左)とガスを纏うⅡ峰↓

Img_7733-640x426

Img_7762-640x427

第3ケルン脇より八方池の全景↓

Img_7765-640x427

五竜岳から続く遠見尾根を望みながら下り始める↓

Img_7770-640x427

第3ケルン分岐手前より、八方池&白馬三山方向↓

Img_7771-640x427

帰りは木道ルートにて↓

Img_7782-640x427

至る所に秋っぽさが漂い始めている↓

Img_7783-640x427

Img_7793-640x427

木道ルートの花々は登りに使った尾根道と同様だが、ハッポウウスユキソウの数は圧倒的に多い印象だ。

(見頃のピークは過ぎているが^^;)

Img_7789-640x428

八方池山荘へと戻り、お風呂&ディナータイム♪

因みに、お風呂はボディソープ有(シャンプーはなかったが)、洗面所では歯磨き粉の使用も可とのこと。

…これって、何気に凄い。

Img_7801-640x427

食事はバイキング形式。ビールは生をチョイス🍺(別途)

ついつい取り過ぎてしまうので一応セーブしてみたが、食べ応えは見た目以上^^;一品一品がとても美味しい♪

なお、食事後の団欒スペースは同じ場所となる。

Img_7804-640x427

グラートクワッドリフト上部の先に白馬村方向を覆う雲海↓

翌日の天候に一縷の望みを賭けつつ、眠りについた💤

Img_7802-640x427

 

唐松岳(登頂編)へと続く~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 大桃の舞台 | トップページ | 唐松岳(登頂編) »

山歩き(県外)」カテゴリの記事

コメント

ロココさん、こんばんは!

山の魅力は沢山ありますけど、花もその内の一つで
しかも大きな割合を占めるという方が多いですね。
山野草を中心とした野山歩きも十分楽しいと思います。

ご照会の花は、ミヤマコゴメグサです。
この八方尾根が有名らしいのですが、福島でも
2,000m級の山で見ることが出来るので、広範囲に
分布している印象があります。

こんばんは~。

山はいいですね~、私は花を見たくて山へ登ってきましたが
今年は野山歩きばかりで・・・まだ登れていません。
そろそろ登山は引退の歳なのかもしれません。

花の集合写真?の中で、左上の花の名前は何というのでしょうか?

Peeさん、こんばんは!

台風の前に行ってきました!
天気予報的にイマイチだったのでソロなら決行しませんが、
普通の雨模様?っぽいので、パーティのメンバーを考慮し、
緩めの行程で楽しんできました♪
続きはまぁビミョーですが、無事の帰宅が何よりのご報告です。

ハルさん、こんばんは!

雲ノ平までちゃっちゃと歩いてしまうハルさんの事ですから、
八方池&唐松岳は全然余裕かと♪
今回は二日目の天候が期待できないこともあり、ちょっと無理して
初日に八方池まで登ってみた次第です。

それにしても、登山口までは遠いですよね^^;
我が家からも5時間超は掛かります…
続きは…スミマセン。期待値には及ばないと思います><

kiriさん、こんばんは!

さすがkiriさん!
八方池は網羅されてるんですね。
今回は、八方池を見たいという知人のリクエストに応えた山旅です。
小屋での食事も美味しく頂いて参りました♪
山頂は"ついで"的でしたが、一泊だとかなり余裕がある印象です。
山は逃げません。まだまだチャンスはありますよ~
(あまり期待できない続きは…数日中にアップします^^;)

FUJIKAZEさん、こんばんは!

唐松岳です!おススメできる山の一つです!!
FUJIKAZEさんなら、余裕をもって楽しめると思います♪
山小屋で風呂&ビールは、贅沢なひと時ですね。
FUJIKAZEさんレポ、楽しみにしています。

billさん(◍ ´꒳` ◍)b
台風の前に行って来れたのかな?
日本アルプスは憧れ✩.*˚
眺めるだけどねぇ(笑)

白馬岳の残雪の勇姿見えるといいなぁ(っ'ヮ'c)ワクワク

私も今年行って来ました。
ここはゴンドラがあるから、歩くのは割りと楽ですが、現地まで遠いのが難点ですね。
私の所からだと6hぐらい運転します。billさんの所からでも結構あるのでは?
八方池まではそれこそハイキング。花も沢山あって写真を撮りながら楽しめますね。

でもこのコース、意外とキツイ気がします。
と言うのも、初日に八方池まで行くと、2日目もそこまでは同じルートですから「また登るのか」となりそう。
山頂付近では雷鳥やおこじょの目撃情報もあるので、どんな風景が見れたのか、続きが楽しみです。

こんばんは^^

八方池、懐かしいです。
池に映る美しい景色を思い浮かべながら行ったのですが、
残念ながら、雲が多くて絶景は拝めませんでした。
唐松岳に登っていく人を、指を咥えて眺めていたのを思い出します。
今となっては、何故登らなかったのかと後悔しています。
山小屋のお食事、美味しそうですねぇ。
続き、楽しみです。

こんばんは!
唐松岳ですか。
これ位の山行ならば、私でも余裕で付いて歩けそうですね。
山小屋で風呂に入ってビールなんて最高です。
多少ガスが掛かっていても、十分に絶景ですよ。
写真を拝見しているだけでワクワクします。
北アルプスでねぇ・・・。
唐松岳、憶えておきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大桃の舞台 | トップページ | 唐松岳(登頂編) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック