フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 槍・穂高連峰縦走【ジャンダルム編】 | トップページ | 槍・穂高連峰縦走【涸沢岳~北穂編】 »

2019年10月 5日 (土)

槍・穂高連峰縦走【ジャン~奥穂編】

ジャンダルムの天使にお別れを告げ、奥穂経由にて穂高岳山荘へと進む。

奥穂までの間にもロバの耳や馬ノ背などの難所が続くため、全く油断はできない。

槍・穂高連峰縦走【ジャンダルム編】より続く ~

 

ピークから西穂側の基部へ一旦戻る↓

Img_0477-640x427

信州側をトラバースしてジャンダルムを巻く↓

ここから先も高い緊張感が続く。

Img_0478-640x427

巻いた後、ジャンダルムのピークを見上げる↓

直登ルートは、登りに使う分はまだ良さげな印象だ^^;

Img_0485-640x427

ロバの耳を正面に望む↓

左奥に奥穂、右に吊尾根と前穂。

Img_0487-640x427

ジャンダルムを振り返る↓

Img_0492-640x427

ロバの耳は直登とトラバースを繰り返しながら進み、全体としては高度を一旦下げる↓

Img_0496-640x427

飛騨側を巻きながらジャンダルムを振り返る↓

…こちらの緊張感も中々だ^^;

Img_0497-640x427

今度はガレ場で高度を上げる↓

Img_0504-640x427

やや広いポイントより、ロバの耳とジャンダルムを振り返る↓

(ジャンを超えた後)向かって右の崖(写真中央付近)をトラバースしてくる。

Img_0506-640x426

人々が集う奥穂の頂を見上げる↓

Img_0517-640x426

何かと話題となるナイフリッジ状の岩場「馬ノ背」へ↓

リッジを跨ぐより、信州側(写真右側)に両足をホールドする方がベターだろう。

Img_0521-640x427

左右に切れ落ちた岩場が続く↓

Img_0527-640x427

馬ノ背を通過して広いガレ場へ出ると、この区間の核心部分は終了!

振り返って、馬ノ背、ロバの耳の先にジャンダルム↓

(最近は、奥穂~ジャンのピストンが増加傾向にあるようだ)

Img_0528-640x427

奥穂山頂との分岐へ↓

(目的上はピークをパスでもOKだが、目前なので一応向かってみる^^;)

Img_0529-640x427

山頂部に建つ祠へ↓

(ガスのため眺望的には前回に及ばないが、十分御の字だ^^;)

Img_0537-640x427

涸沢カールを俯瞰する↓

バックは、常念、大天井、燕へと続く稜線。

Img_0533-640x427

前穂にも薄っすらとガスが掛かり始めている↓

Img_0534-640x427

そして、ジャンダルム↓

ガスを纏うその姿からは、ただならぬ雰囲気が漂ってくる…

Img_0540-640x427

山頂で居合わせた方々と情報交換の後、穂高岳山荘へと下る↓

今回は様々な好条件に恵まれ、テン泊装備ながらもコースタイムを1時間以上巻くことが出来た^^;

混雑期は不慣れな方が渋滞を起こしがちとのことなので、時間管理はより厳密にする必要がありそうだ。

Img_0542

穂高岳山荘

翌日向かう予定のルート上に涸沢岳(正面)と右に北穂を望む。

<山荘直前で撮影したヘリによる荷揚げ作業の様子(動画)を後段にアップ>

Img_0544-640x427

テラス前より望む涸沢カールのテン場と涸沢ヒュッテ↓

僅かだが、左端に涸沢小屋も一部が見えている^^;

Img_0551

 

****** 3日目 **********************************************

 

先ずは、テン場でご来光を待つ。

ヘッデンの光が揺らめく奥穂のシルエットと、明りの灯る穂高岳山荘↓

Img_0554

マジックアワーの真っ只中に身を置く贅沢なひと時♪

Img_0557

浅間山の向かって右奥にご来光🌄

Img_0566

テントを撤収し、山荘前を涸沢岳へ向けて出発する↓

Img_0581

 

涸沢岳~北穂編へと続く ~

 

********************************************************************

【動画編】 ヘリによる荷揚げの様子(1分・音量注意

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

« 槍・穂高連峰縦走【ジャンダルム編】 | トップページ | 槍・穂高連峰縦走【涸沢岳~北穂編】 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

コメント

玉井人ひろたさん、こんばんは!

ほぼ全域が岩稜帯となります。
(似たような写真続きで恐縮ですが^^;)
それなりの靴じゃないと、足首やられます…

ガレ場ばかりで、足首をやられそうです

FUJIKAZEさん、こんばんは!

こちら側から見ると、圧倒的な迫力を感じます。
人を寄せ付けないかの如き風貌に魅せられてこそ、
人はそこに向かうのだと思います。
(ボクもその一人ですが^^;)

あの崖を歩く時ですが、命綱を付けずに通過しました。
一応、簡易ハーネス、スリング&カラビナを準備しましたが、
結果的に、それらに頼ることはありませんでした。

こんにちは!
ひぇ~やっぱり私には無理ですよ。
凄い岩場ですね。
まるで巨大なノコギリの歯の様です。
これでガスが掛かって周りが見えなくなったら転落してしまいそうですよ。
7枚目の写真の様な崖の中腹?を歩く時は、何か命綱の様な物を付けるのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 槍・穂高連峰縦走【ジャンダルム編】 | トップページ | 槍・穂高連峰縦走【涸沢岳~北穂編】 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック